【生後6ヶ月の離乳食】2回食の進め方は? スケジュールやレシピなどを紹介

生後6ヶ月は離乳初期(ゴックン期)

生後6ヶ月は離乳初期(ゴックン期)

2回食に進む赤ちゃん

離乳食の開始目安の月齢は生後5、6ヶ月ごろです。生後5ヶ月から離乳食を始める赤ちゃんもいれば生後6ヶ月から離乳食を始める赤ちゃんもいます。生後5ヶ月から離乳食を始めている赤ちゃんは1回食から2回食に進める時期です

2回食になると1回食の時と比べて少し固さのあるものを食べられるようになるころです。
1回食ではポタージュ状のさらさらのものでしたが、2回食ではヨーグルト状のものぽってりとした状態の固さでも飲み込めるようになります。お粥は少し粒が残っても大丈夫になります。

この時期の離乳食はたくさん食べることを目的にはしていません。この時期の離乳食は食べる楽しみや野菜や魚本来の味や舌触りを楽しむことなので急に量を増やさないように気をつけましょう。

離乳食の2回食はいつから始まる? 量は? あげる時間は? 手作りに便利な食材も!
離乳食の2回食はいつから始まる? 量は? あげる時間は? 手作りに便利な食材も!
赤ちゃんが離乳食を始めて1ヶ月を過ぎたくらいから、2回食への移行を始めましょう。2回食では赤ちゃんにいろいろな食材に慣れてもらうため、料理の手間も増えますね。母乳・ミルクとのバランスやよくあるトラブルなども詳しく解説します。

生後6ヶ月から離乳食を始める赤ちゃん

赤ちゃんの成長には個人差があるので、生後5ヶ月で離乳食を食べる準備ができていない場合、生後6ヶ月から離乳食を始める赤ちゃんもいます

離乳食を開始できるサインは、首や腰が据わっていること、赤ちゃん1人5秒程度座っていられること、よだれの量が増えていること、食べ物に興味があること、生活のリズムが整ってきていること、赤ちゃんの口にスプーンを入れても押し出す回数が少なくなっていること、などです。

初めての離乳食は10倍粥を裏ごししたものを1日1さじからあげていきます。離乳食をあげる時は、スプーンを赤ちゃんの下唇に乗せて自分で食べてくれるのを待ちましょう。スプーンを口の奥まで入れないように注意してくださいね。

離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食の開始目安は生後5ヶ月~6ヶ月頃とされていますが、具体的にはいつから始めればいいのでしょう? いざ始めても10倍粥や裏ごしなど、戸惑うことも。離乳初期の進め方やコツ、注意点なども紹介します。

生後6ヶ月(2回食)の離乳食 1回の目安量は?

生後6ヶ月(2回食)の離乳食 1回の目安量は?
生後6ヶ月で2回食に進んだ場合、1回の目安量を紹介します。

  • 10倍粥  30g
  • 野菜   15g
  • 豆腐のみ 25g
  • 魚のみ  5~10g

2回食を始めた最初のころは1回目の食事はいつも通りの量を、2回目はお粥を10gから始めるなど、少しずつ量を増やしていきます。急に離乳食の量を増やしてしまうとお腹がびっくりしてしまいます。2回食の献立を考えるときは炭水化物、タンパク質、ビタミン・ミネラルをバランスよく取れるように考える必要がありますね。豆腐と魚を一緒にあげる時は、魚と豆腐の量を調節しましょう。

生後6ヶ月の離乳食(2回食)のスケジュール例と授乳量

生後6ヶ月の離乳食(2回食)のスケジュール例と授乳量
06:00 授乳
10:00 授乳+離乳食
14:00 授乳
18:00 授乳+離乳食
22:00 授乳

母乳は赤ちゃんが欲しがるだけあげてOkですが、授乳のリズムを心掛けましょう。
粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、飲ませている粉ミルクメーカーの規定量を守り、1回200~220mlを1日3回、離乳食後は140mlを午前と午後の2回あげましょう。

2回食に進めるときの注意点は?

2回食に進めるときの注意点は?
2回食を始めるサインは一定量を機嫌よく食べられるようになること、食べ物を噛むようにしてごっくんできていることが目安です。離乳食を始めて1ヶ月経ったから必ず2回食にしなくてはいけないというわけではありませんので、赤ちゃんの様子を見て無理なく進めてあげましょう。

2回食にしたあとも初めての食材を食べるときはアレルギーやかぶれなどが出る可能性がありますので、病院の開いている午前中に小さじ1杯から始めることを心掛けてくださいね。

食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!

【2回食】生後6ヶ月の離乳食おすすめレシピ5選

【2回食】生後6ヶ月の離乳食おすすめレシピ5選
離乳食を始めて1ヶ月以上たち2回食になると離乳食にバリエーションが欲しいと思う時期ではないでしょうか。離乳食に味付けはせず素材の味と舌触り、食べることの楽しさを味合わせてあげることを意識しましょう。離乳初期に使える野菜や魚を使い、味付けをしなくてもバリエーションのある離乳食を作ることができるレシピを紹介します。

ブロッコリーを使ったレシピ

ブロッコリーはビタミンcとベータカロチンが豊富な食材です。ビタミンC免疫力を高めてくれるので離乳食時期の赤ちゃんに食べてほしい栄養素です。比較的アレルギーの出にくい食材なので離乳初期からよく使われる野菜です。柔らかく茹でて穂の部分を使うようにしましょう。

トマトを使ったレシピ

トマトは離乳初期に使える食材です。しかし注意事項があるので注意も必要です。まずはしっかり湯剥きして皮と種をとることです。赤ちゃんは皮や種をまだ上手に消化することが出来ません。皮が喉に詰まる可能性もあります。7.8ヶ月ごろになると生のままでも食べられるようになりますが、6ヶ月だとまだ加熱が必要です。加熱することで酸味も抑えられ食べやすくなります。それでも酸味が苦手な子には粉ミルクを使ってミルク味にするいいですよ。

【管理栄養士監修】離乳食でトマトはいつから食べられる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
【管理栄養士監修】離乳食でトマトはいつから食べられる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。

小松菜を使ったレシピ

小松菜は茎のほうは繊維が多く食べずらいので、離乳初期、中期は葉先の方だけを使います。茹でてあく抜きをすることで小松菜のえぐみも抑えることができます。小松菜やほうれん草などの葉物はぺらぺらしていて葉のない赤ちゃんの口では噛みづらい食材です。ブレンダーやミキサーを使ってしっかりペースト状にしましょう。繊維が残っていると嫌がったり嫌いになって口にしてくれなくなる赤ちゃんがいます。小松菜を上手にペーストにするコツが下記のURLで見れます。

しらすを使ったレシピ

しらすはカルシウム豊富でタンパク質やビタミンDなど野菜では取りずらい栄養素が豊富に含まれています。消化しやすいしらすは離乳初期からたべられる食材ですが、塩分が多いのでそのままではなく下茹でをする必要があります。そのまま食べると舌触りも悪くザラつきがあるのですりつぶして滑らかなペースト状にするようにしましょう。

【管理栄養士監修】離乳食のしらすはいつからOK? 注意点・保存方法・レシピも紹介
【管理栄養士監修】離乳食のしらすはいつからOK? 注意点・保存方法・レシピも紹介
おかゆや野菜からスタートした離乳食も、進むにつれて豆腐や魚からタンパク質を摂る必要が出てきます。そこでおすすめなのが、しらすです。栄養も豊富で、離乳食にぴったりのしらすは、いつから食べられるのでしょうか?アレルギーや塩抜き、保存方法やレシピなどを紹介します。

白身魚を使ったレシピ

魚を離乳食に取り入れる時は白身魚、赤身魚、青魚の順番に取り入れます。赤身魚は7.8ヶ月から、青魚は9ヶ月から11ヶ月。鯖に関してはアレルギー物質を含む食材なので1歳以降の離乳完了期以降まで与えないようにしましょう。しかし魚は良質なタンパク質なので離乳初期に積極的に是非取り入れたい食材です。しかし、裏ごししてもぱさぱさしていて苦手な赤ちゃんも多い食材です。パサつきやすい白身魚はとろみをつけると食べやすくなります。

まとめ

まとめ
生後5ヶ月から離乳食を始めている子は2回食に移行し始める生後6ヶ月の赤ちゃんですが、この時期は個人差が大きいので無理に2回食にする必要はありません。あくまで目安のスケジュールです。赤ちゃんの様子を見ながら無理のない範囲で楽しい食事が取れるのが一番だということを忘れないでくださいね。時間帯もママの生活リズムに合わせてあまり神経質にならないで続けていきましょう。

ベビージムの選び方やおすすめ10選! いつまで使える? 手作りできる? メリットやデメリットも紹介
ベビージムの選び方やおすすめ10選! いつまで使える? 手作りできる? メリットやデメリットも紹介
ベビージムにはねんね期の赤ちゃんが楽しめる工夫がたくさん! ハイハイやつかまり立ちの時期まで長く遊べるものはどんなもの? おしゃれなデザインは? 手作りできるの? と悩むパパママもいるでしょうか。ベビージムの選び方やおすすめなどを紹介します。
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつからどう進める?  離乳初期~完了期までそれぞれ紹介!
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつからどう進める?  離乳初期~完了期までそれぞれ紹介!
赤ちゃんが生後5、6ヶ月になり、下の前歯が生え始める頃に離乳食が始まります。初めて子育てをするパパママは、初めての離乳食でどのような物を食べさせればいいのか不安でしょう。離乳食の基本的な内容を、離乳初期、中期、後期、完了期に分けて紹介します。
【育児漫画・育児あるあるvol.3】「張り切って作った離乳食を食べさせると…!?」
【育児漫画・育児あるあるvol.3】「張り切って作った離乳食を食べさせると…!?」
毎日、育児に奮闘中のパパママが「あるある」と頷く育児エピソードを育児漫画でご紹介! 張り切って作った離乳食を赤ちゃんが食べてくれない…!? 忙しい日々の育児や家事の合間に漫画を読んで、ほっと一息ついてくださいね。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!