離乳食に豆腐ハンバーグはいつから? 冷凍保存はできるの? 目的別レシピ集

離乳食の豆腐ハンバーグは生後9ヶ月が目安!

離乳食の豆腐ハンバーグは生後9ヶ月が目安!
豆腐は栄養価が高いので、豆腐ハンバーグは離乳食におすすめのメニューです。ただし豆腐のように食感が柔らかくなく、材料にお肉を使うため離乳初期から与えることはできません。豆腐ハンバーグを与えるのは、歯ぐきで食べ物をカミカミできるようになり、全ての種類のお肉が食べられるようになる離乳後期(生後9ヶ月〜11ヶ月)を目安にしましょう。小さく作った豆腐ハンバーグは手づかみで食べやすいメニューでもあるので、赤ちゃんの食べる意欲をさらに高めてくれるでしょう。

【管理栄養士監修】離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
【管理栄養士監修】離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。

食材により離乳中期からOK

豆腐ハンバーグは使う食材によっては離乳中期(生後7〜8ヶ月頃)からでも食べられます。お肉を使う場合は、赤ちゃんの体に負担をかけないように消化吸収のよい鶏肉からはじめ、次に豚肉、牛肉の順番で与えるようにしてください。

食材(お肉類) 月齢の目安 与え方&注意点
鶏ささみ 生後7〜8ヶ月 筋は取り除く。
すりおろしたりつぶしたりして、細かくほぐす。
鶏ひき肉 生後7~8ヶ月 色の変化がわかりづらいので、しっかり火が通っているかきちんと確認する。
豚肉・牛ひき肉 生後9~10ヶ月 脂肪部分はなるべく使わない。
「牛豚合いびき肉」は脂肪分が多いので、完了期以降から使用する。
ハム・ソーセージ 生後12〜18ヶ月 無添加で低塩タイプのものを選ぶようにする。赤ちゃんは皮を噛み切れないので、取り除くか皮なしのものを選ぶ。

離乳食の豆腐ハンバーグは栄養豊富!

離乳食の豆腐ハンバーグは栄養豊富!
さまざまなアレンジが可能な豆腐ハンバーグは、離乳食にぴったりのメニュー! 基本の豆腐ハンバーグをベースに不足しがちな食材をプラスすることで、手軽に栄養を取れますよ。

豆腐はタンパク質や脂質が豊富

豆腐は体の基礎的な栄養素である良質なタンパク質や脂質をはじめ、ビタミン・ミネラルも豊富に含まれています。さらに、消化の吸収があまりよくないとされている大豆は、豆腐になることで消化力が上がり、92~98%が消化吸収されるようになるので、離乳食メニューにぴったりです。

離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食に豆腐はいつから使えるのでしょうか。アレルギーや下ごしらえ、保存方法も気になりますね。離乳食といえば絹ごし豆腐のイメージですが、木綿豆腐や高野豆腐、玉子豆腐は? 離乳食にまつわる豆腐のこと、離乳食時期別レシピもあわせて紹介します。

肉は骨や筋肉をサポートする成分がいっぱい

鶏肉・豚肉・牛肉には、人間の体で作り出せない9つの「必須アミノ酸」をはじめ、20種類のアミノ酸からなるタンパク質を豊富に含んでいます。良質なタンパク質は赤ちゃんの骨や筋肉の成長をサポートしてくれますよ。また、牛肉などの赤身には不足しがちな亜鉛や鉄が豊富です。ただし、牛肉は脂肪分が多く赤ちゃんの胃に負担がかかってしまうので、赤身部分のみを与えるようにしましょう。

離乳食の鶏肉はいつからOK? ささみから? 進め方やおすすめのレシピも紹介
離乳食の鶏肉はいつからOK? ささみから? 進め方やおすすめのレシピも紹介
離乳食の鶏肉(ささみ、ひき肉、もも肉、胸肉)はいつから食べさせてもいいのか悩みませんか? アレルギーの心配があるので、進め方に注意しなくてはいけません。離乳食の鶏肉がOKな時期や進め方、おすすめレシピを動画ありで9つ紹介します。

プラスα食材が栄養と効果を高める

プラスα食材が栄養と効果を高める
豆腐ハンバーグに野菜やひじきなどを入れると、栄養がさらにアップするのでおすすめです。ピーマンやにんじん、きのこなどのクセがある食材も、細かく刻んでハンバーグのタネにすれば赤ちゃんでも食べやすくなります。ですが食物繊維の取りすぎは赤ちゃんの体に負担がかかるのであげ過ぎに注意してください。ほうれん草や小松菜の茎やにんじんの皮は生後8ヶ月頃までは与えないようにしましょう。また、にんじん・ピーマン・玉ねぎはペースト状にすれば離乳初期から使えますが、ハンバーグのタネにする場合は離乳食中期〜後期からにしましょう。

豆腐ハンバーグにおすすめの食材:ひじき

ひじきには、歯や骨の形成を助けるカルシウムが牛乳の約12倍、お腹の調子を整える食物繊維がごぼうの約7倍、血液の循環を正常に保つマグネシウムがアーモンドの約2倍も含まれています。さらに、皮膚を健康に保つビタミンA(レチノール当量)も取れるので、ママにとっても嬉しい食材です。

豆腐ハンバーグにおすすめの食材:にんじん・ピーマン・トマトなどの緑黄色野菜

βカロテンが多く含まれているにんじんやピーマンは、体内でビタミンAに変換して皮膚や粘膜を丈夫にし、視力の維持やがんの予防、免疫力の強化、アンチエイジングなどにも効果を発揮します。また、トマトは風邪予防や美肌効果に効果があるビタミンC、老化を抑制するビタミンE、塩分の排出を助けるカリウム、腸内環境を整える食物繊維などをバランス良く含んでいるのです。トマトは水分が多いので、ハンバーグのタネとして使うのではなく粗く刻んでソースとして使うのがおすすめですよ。

【管理栄養士監修】離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
【管理栄養士監修】離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
にんじんは栄養もあり、彩もいいので離乳食にピッタリですが、赤ちゃんにはいつから食べさせることができるのでしょうか。甘みもあるので離乳食の初めての野菜としても適しています。にんじんペーストの作り方、冷凍保存の方法、おすすめのレシピなどを紹介します。
【管理栄養士監修】離乳食でトマトはいつから食べられる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
【管理栄養士監修】離乳食でトマトはいつから食べられる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。

豆腐ハンバーグにおすすめの食材:玉ねぎ

玉ねぎに含まれる硫化アリルは、体内に侵入した病原菌を退治し、ぜんそくや風邪、インフルエンザ、食中毒などを抑える働きがあります。また高血圧など血管の病気に効果的な硫化アリル(アリシン)や老化を防ぐケルセチン(ポリフェノールの一種)も豊富に含まれています。

離乳食に玉ねぎはいつから? レンジで作れる? 冷凍保存は? おすすめレシピも紹介
離乳食に玉ねぎはいつから? レンジで作れる? 冷凍保存は? おすすめレシピも紹介
離乳食に玉ねぎを使いたいけど、使える時期や調理方法に悩みませんか? 玉ねぎって独特のニオイと辛みがあるので離乳食作りに困りますよね。離乳食に玉ねぎが使える時期やレンジでのペーストの作り方、冷凍保存方法、おすすめのレシピなどを紹介します。

離乳食の豆腐ハンバーグは冷凍できる?

離乳食の豆腐ハンバーグは冷凍できる?
豆腐ハンバーグは冷凍保存も可能です。豆腐を生のまま冷凍すると高野豆腐(凍り豆腐)のような食感になってしまうため、必ず焼いてから冷凍保存をするようにしてください

焼いたハンバーグの熱が取れたら一つずつラップに包み、ジップロックなどに入れて冷凍保存をします。冷凍した豆腐ハンバーグは一週間以内に使い切るようにしてください。解答方法は、自然解凍や電子レンジで温めればOKです。

離乳食の豆腐ハンバーグを食べさせる前の注意点

離乳食の豆腐ハンバーグを食べさせる前に注意!
離乳食に便利な豆腐ハンバーグですが、赤ちゃんに与える上でいくつかの注意点があります。順に見ていきましょう。

初めての豆腐ハンバーグはひと口から

大豆は食物アレルギーの「推奨20品目」のひとつです。また、卵や小麦は「特定原材料7品目」に、鶏肉・豚肉・牛肉は「推奨20品目」であり、それぞれアレルギーのリスクがあります。そのためアレルギー反応が出た場合にどの食材がアレルゲンかわかるように、まずはそれぞれの食材を一口ずつあげて問題がないかを確認してから、豆腐ハンバーグに使うようにしてください。初めて豆腐ハンバーグを食べさせる時はひと口だけにして、問題が無ければ翌日から食べさせる回数を増やしていきましょう

食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。
【管理栄養士監修】離乳食の卵はいつから? 進め方は? マヨネーズや生卵は? 与える頻度やレシピも紹介
【管理栄養士監修】離乳食の卵はいつから? 進め方は? マヨネーズや生卵は? 与える頻度やレシピも紹介
栄養価が高く料理にも使いやすい卵は、卵黄のみ離乳食初期から使えます。卵白はいつ頃から与えるのかなど、アレルギーが気になる卵の離乳食の進め方や注意点を紹介します。卵の冷凍保存方法や離乳食の時期別レシピも参考にしてください。

豆腐ハンバーグはしっかり加熱すること

豆腐ハンバーグはお肉を使うレシピが多いので、しっかり加熱して食べ残しは捨てるようにしてください。特に夏場などの熱い季節は食中毒に気を付けましょう。

遺伝子組み換え作物とは?

「遺伝子組み換え作物」とは、遺伝子を組み換えて新たな性質を持たせた作物のことです。厚生労働省は厳しい審査を行っているため、遺伝子組み換え作物はアレルギーを引き起こす可能性があるような作物は市場に出まわらないと発表していますが、その安全性は研究者の間でも意見が分かれています。

日本ベビーフード協議会は、「法律で表示義務のある遺伝子組換え食品は使用しない」としています。そのため赤ちゃんに与える豆腐には、遺伝子組み換え大豆を使用していないものを選ぶ方がいいでしょう。

遺伝子組換え食品|日本ベビーフード協議会

離乳食の豆腐ハンバーグレシピ! 肉・卵なしなど目的別に紹介

離乳食の豆腐ハンバーグレシピ! 肉・卵なしなど目的別に紹介
お肉や卵を使わない豆腐ハンバーグや和風あんかけ、ひじき入りなど、離乳食におすすめのレシピを目的別・食材別にご紹介します!

離乳食の豆腐ハンバーグレシピ:肉なし

お肉を使わなくても豆腐ハンバーグは作れるんです! 美味しいおすすめレシピをご紹介します。

肉なし豆腐ハンバーグ

お肉を使わないのでとってもヘルシー! 授乳中によく乳腺炎になってしまうママにもおすすめの豆腐ハンバーグです。

お肉なし 豆腐ハンバーグ

豆腐と魚のハンバーグ

お肉の代わりにお魚(鮭)を使った豆腐ハンバーグ。ワンボールで作れるから洗い物を少なくしたい時におすすめです。

豆腐とお魚のハンバーグ

離乳食の豆腐ハンバーグレシピ:卵なし

卵を使っていないので、アレルギーの子でも安心して食べられますね。

卵なし豆腐ハンバーグ

豆腐、タマネギ、パン粉の3種類だけでつくれるお手軽ハンバーグです。あらかじめ材料をレンジで温めておくので、ハンバーグはフライパンで焼き目がつけばOK! パン粉の量を変えることで固さの調節もできるので、兄弟の月齢でハンバーグの固さを変えたいパパママにもおすすめです。

卵なし豆腐ハンバーグ

鶏肉バーグ

大葉がアクセントの豆腐ハンバーグ。味付けをしなくてもそのまま食べられるので塩分を控えめにしたい時にぴったりです。

やわらか鶏バーグ

離乳食の豆腐ハンバーグレシピ:あんかけ

あんかけハンバーグなので、パサパサした食感が気になってしまう赤ちゃんにおすすめです。

あんかけ豆腐ハンバーグ

お野菜をいっぱい使った本格的なあんかけ豆腐ハンバーグ。大人用のハンバーグを作る過程で、一緒に離乳食も作れるので時短にもなりますよ。

おろしあんかけハンバーグ

にんじんと大根のすりおろしをあんに使った豆腐ハンバーグ。コンソメ味のシンプルなあんかけなので、他の料理のトッピングにもおすすめです。

おろしあんかけハンバーグ

離乳食の大根やかぶはいつからOK? 冷凍保存はできる? おすすめレシピ8選
離乳食の大根やかぶはいつからOK? 冷凍保存はできる? おすすめレシピ8選
「離乳食に大根やかぶはいつから使えるの?」「大根やかぶを使った離乳食レシピは?」と悩んでいませんか? 初めて離乳食に使う食材は、アレルギーや食べさせ方が心配ですよね。 離乳食に大根やかぶはいつからOKなのか、食べさせ方のコツとおすすめレシピを紹介します。

離乳食の豆腐ハンバーグレシピ:鶏ひき肉

鶏肉を使ったヘルシーなハンバーグレシピを紹介します。

レンジで簡単豆腐ハンバーグ

材料は豆腐・ひき肉・片栗粉・加熱した野菜のみのお手軽な豆腐ハンバーグ。レンジで簡単に作れるので時間が無い時にぴったりです。

鶏豆腐ハンバーグ

豆腐の水切り不要の豆腐ハンバーグ。スプーンで形をととのえるので、手を汚さず簡単に作れますよ。

豆腐ハンバーグ

離乳食の豆腐ハンバーグレシピ:ひじき

ひじきや野菜が入った栄養満点のハンバーグは離乳食にぴったりです。

ひじき入り豆腐ハンバーグ

ひじきとにんじんをこまかく刻んだ豆腐ハンバーグ。ハンバーグの種に味付けをしないので、和風あんやトマトソース、ポン酢などお好みの味付けで楽しむのも良いですね。

豆腐ハンバーグ

ふわふわひじき豆腐ハンバーグ

ひじきの他にキャベツやにんじんなどの野菜を使った栄養満点の豆腐ハンバーグ。まだ歯が生えていない赤ちゃんでも食べやすい柔らかさです。

ふわふわひじき豆腐ハンバーグ

まとめ

まとめ
タネにさまざまな食材を混ぜ込むことで、不足しがちな栄養をバランスよくとれる豆腐ハンバーグ。卵やお肉を使わないものもあるので、食物アレルギーがある赤ちゃんにも安心して食べられます。ご家庭毎に、オリジナルの豆腐ハンバーグを作ってみてください!

人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
離乳食がそろそろ始まる生後5ヶ月の赤ちゃんがいる方、離乳食は始まったけど今後どう進めて行ったらいいのか分からない方には離乳食アプリがおすすめ。離乳食アプリのメリットや人気の離乳食アプリを紹介します!
離乳食作りにおすすめなブレンダー10選! 買うべき? 選び方は?
離乳食作りにおすすめなブレンダー10選! 買うべき? 選び方は?
赤ちゃんの生後5ヶ月ごろから始まる離乳食。手間がかかる離乳食作りの強い味方が「ブレンダー」です。ブレンダーは離乳食作りにかかる時間を大幅に短縮してくれて、忙しいママにおすすめ。ブレンダーは、離乳食作りにどう使えるのか、離乳食におすすめブレンダーを紹介します。
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!