初めての保育園選びで、知っておきたい14のポイント!

周囲に頼れる人がいないと保育園選びってどうすればいいのかわかりませんよね? まず何から調べればいいのか、見学は必要なのか、保育園を決める際のチェックポイントまで、わかりやすくご紹介していきます。この記事で紹介する内容を押さえておけば、大切な子供を安心して預けられる保育園がきっと見つかるはずです。

保育園について知っておくべきこと、最初にやることは?

保育園について知っておくべきこと、最初にやることは?
まずは保育園とはどういったところなのかを知っておきましょう。保育園にはどんな種類があるのか、それぞれの違いとは? 自宅周辺の保育園の探し方などをご紹介します。保育園選びをはじめる際にある程度の基礎知識は身につけておけば、保活の際にいろいろな園と出会っても混乱することはありませんよ。保育園と幼稚園の違いについても知りたいパパママもいるでしょう。そちらについては下記の別記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。

意外と知らない幼稚園と保育園の違い

認可保育園と認可外保育園の違いを知ろう

保育園は「認可保育園」と「認可外保育園」の2種類に分けられます。東京都の場合、認証保育園もありますが、こちらの記事では省略します。下記で紹介する別記事で解説していますので、そちらをご覧ください。

認可保育園と認可外保育園の大きな違いとしては、国が定めた基準(施設の広さ、保育士などの職員数、給食設備、衛生管理など)を満たし、国に認可されているかどうかです。国の基準を満たした保育園は認可保育園となり、運営費等は国から支給されます。注意して欲しいのは認可保育園の方が認可外保育園より優れているわけではないということ。子供を預けやすい都心にある保育園は限られた面積で運営するため、認可保育園にはなれないなど、園それぞれで事情があるのを知っておきましょう。

「認可保育園」には、市区町村が運営する公立保育園と企業や社会福祉法人などが運営する私立保育園があります。どちらも国からの補助金を受けることができます。認可保育園に子供を通わせると、世帯年収によって保育料の一部を国や自治体から支援してもらえます。そのため、認可外保育園より認可保育園の方が保育料は安く、保活の際に認可保育園が人気な理由の1つとなっています。

「認可外保育園」は、国に認可されていないため、国の運営費や支援を受けていない保育園です。国に認可されていないからといって、認可保育園に劣るわけではなく、認可以上に人気がある認可外保育園もあります。保育園独自の教育プログラムを実施していたり、延長保育が認可に比べて長いなど、認可保育園にはないサービスを提供している園もあります。なかには24時間体制で保育を行っている認可外保育園もあり、夜に仕事をしなければならないパパママは、こういった園に助けられて子育てをしています。認可外保育園の保育料は園が独自に決定します。保育料は子供の年齢による違いはありますが、認可保育園のように世帯年収によって保育料が変わることはありません。

保育園の種類が知りたい! 認可、認可外、認証って何が違うの?

幼保無償化の実施で認可外に通う子供にも保育料補助が始まる

なお、2019年10月より幼保無償化という制度がスタートします。幼保無償化が始まると認可保育園に通っている子供であっても、国から最大3万7000円の補助が受けられます。保育園の幼保無償化については別の記事にまとめていますので、そちらも合わせてご覧ください。

保育園無償化はいつからスタート? 全額無料? 所得制限は? 幼保無償化とは?

保育園情報を集めよう

保育園情報を集めよう
保育園について理解いただけたら、いよいよ保育園探しです。パパママの自宅周辺にある保育園の情報はどうやって集めるのでしょうか? 
単に自宅周辺の保育園を探すだけならGoogleマップでも検索できます。しかし、認可保育園を探すのであれば、お住いの自治体(市役所や区役所)の保育窓口(保育課などの担当課があるはず)に行くことをオススメします。保育園情報や申し込み方法について職員の方に質問もできますし、入園申し込みに必要な書類をもらうことができます。

認可外保育園についても自治体のWebサイトで一覧が確認できることもあります。しかし、新設の認可外保育園の情報が掲載されていないなど、すべての認可外保育園が網羅されていない場合もあります。一般的な認可外保育園とは少し違う事業所内保育施設(企業主導型保育園)などは自治体のWebサイトに掲載されていないこともあります。認可外保育園を探す際は、自治体のWebサイトだけを頼りにせず、検索サイトで調べたり、自宅周辺を散歩して見つけた保育園について調べてみるのもいいでしょう。自宅近くに下記記事で紹介している子育て支援センターがあるなら、そちらの職員に相談してみるのもオススメです。地域の保育施設について非常に詳しいので頼りになりますよ。

子育て支援センターとは? どんなときに頼りになる施設なの?

育休中に保育園探しを始めたら、職場への相談も忘れずに!

職場に復帰し、子供を保育園に預ける場合、勤務(内定)証明書や就労証明書の提出が必要になります。各証明書は会社に発行してもらう必要があるので、保育園の申し込み締め切りに間に合わないことがないように、会社には早めに相談しましょう。

保育園見学前の下調べで知っておきたい5つのポイント

保育園見学前の下調べで知っておきたい5つのポイント
保育園選びの際には、気になる保育園を見学するパパママがほとんどでしょう。ただ、いくら子供のために慎重に保育園選びをしたいからといって、育児や家事、仕事をしながらいくつもの保育園に見学に行くのは大変です。事前に下調べをしてからであれば無駄のない見学を行うことができるはず。そこで保育園見学のポイントについてもご紹介しますね。

家からの距離はどのくらい? 無理なく通える保育園を探そう

数年間、毎日通うことになる保育園を、家からの距離で探すパパママは多いのではないでしょうか。自宅周辺のどの範囲で保育園を探すのかは、下記のようなどういう交通手段で子供を送り迎えするのかで判断してください。

  1. 徒歩での送り迎え
  2. 自転車での送り迎え
  3. 自動車での送り迎え
  4. 電車での送り迎え

徒歩での送り迎えの場合、子供を送ってそのまま仕事に向かうのであれば、自宅周辺というより自宅から通勤に使う最寄り駅の周辺が選択肢になります。電動自転車などで送り迎えをする場合は徒歩圏内より少し離れた園も選択肢に入れていいかもしれません。自動車で送り迎えをする際は選択肢はさらに広がります。電車で子供を保育園に連れていくパパママはあまりいないと思いますが、その際は自宅周辺以外にも職場周辺の園も選択肢に入ります。

職場周辺で保育園を探すのは通勤ラッシュに巻き込まれると大変です。そのため、そういう選択肢を考えるパパママはあまりいませんが、子供が熱を出した時や災害の時に早くお迎えにいけるメリットがあります。また、職場から保育園までのお迎え時間が短く済むので、延長保育を使わなくていい場合もあるかもしれません。ただし、保育園行事があった時は、休日でも会社の近くまで行くことになります。

なお、ベビーカーで子供を保育園に送っていく方は、保育園に自転車やベビーカー置き場があるかどうかも確認しておきましょう。折り畳み式ベビーカーなら、ベビーカーを保育園に預けて、そのまま仕事に向かえる園もありますよ

園選びの際にイメージして欲しいのは、雨の日や夏の暑い日、冬の寒い日など、片道10~20分かけての登園は楽ではないこと。送り迎えの際には子供のオムツやお着換えが入ったバッグを持っています。週末にはお昼寝用のお布団シーツなどを持ち帰る保育園もあります。子供を連れて、保育園の荷物や会社の荷物を持っての送り迎えになる姿を想像してみて下さい。

上記の内容を踏まえて、子供と無理なく通える保育園はどこか、を考えてみてください。

保育で子供を預かってくれるのは何時から何時まで?

保育で子供を預かってくれるのは何時から何時まで?
保育園によって時間は多少違いますが、一般的な認可保育園は、朝7時30分頃に開園し、夜6時30分頃まで子供を預かってくれる園が多いでしょう。開園が遅い保育園だと、子供を預けてすぐに職場に向かっても始業開始時刻に間に合わない可能性があります

延長保育も実施時間は園によってさまざまです。19時、20時、21時までなど、何時まで延長保育で子供を預かってくれるのかを必ず確認するようにしてください。職場復帰しても通常通りに働くことができるのか、時短勤務を申し出る必要があるのかは、保育園に子供を預けられるかどうかで変わってきます。

パパママの就労状況によっては認可外保育園の方が子供を預けやすい場合もあります。気になる保育園を見つけたら、直接連絡して開園や延長保育終了時間を確認、希望通りの保育園だったなら園見学をお願いするのもいいでしょう。

延長保育料はどう計算するの?

延長保育については、園によってルールや料金が異なります。公立の認可保育園であれば、延長保育料金は世帯収入から計算されます。私立の認可保育園や認可外保育園の延長保育料金については規定がないため、保育園によってさまざまなので、見学前に電話や園のWebサイトで確認しておきましょう。

また、延長保育をお願いする予定がないパパママも急な残業などで延長保育を利用することがあるかもしれません。そういう方向けに「スポット延長保育」や「一時延長保育」という制度を設けている保育園もあります。こういったサービスがあるかどうかも確認しておきたいですね。スポット延長保育の利用料は保育園によってさまざまで、15分や30分、1時間単位で料金が発生するところや、1日ごとに料金が決まっている園もあります。

保育園の定員や規模

保育園の定員や規模
保育園によって、子供を受け入れ可能な定員が異なります。認可保育園では、年齢ごとにクラス分けがされており、各年齢で募集人数が決まっています。一方で認可外保育園では、受け入れ可能人数にばらつきがあります。100名以上の子供を受け入れてくれる大規模保育園や、限られたスペースで少人数の子供を預かる小規模保育園もあります。

保育園の規模が小さいほど、保育士の目が子供に行き届きやすく、1人の子供に対してきめ細やかな保育が期待できます。パパママと保育士のコミュニケーションが取りやすいことも小規模保育園のメリットです。

一方、大規模保育園のメリットは、子供が多くの子供や大人と関わるため集団生活を経験できることでしょう。他の子供とおもちゃを取り合うなどの生活の中で、自分の思い通りにならないことがあるのを学ぶことができます。保育園自体の施設が大きく、園庭も設備されているところが多いのもメリットと言えるでしょう。

また、保育園の規模に関係なく、他学年との交流がある「縦割り保育」を実施している保育園もあります。年齢が異なる子供同士のコミュニケーションは教育効果が高いと言われています。年上の子供と関わることで刺激を受けられたり、年下の子の面倒をみられるようになったり、思いがけない教育効果も期待できるでしょう。

教育方針から子供に合った保育園を見つけよう

保育園によって教育方針はさまざまです。保育園がどのような方針を掲げているかで、保育士の子供への接し方や教育方法が異なります。学習カリキュラムが豊富な保育園では、外国人講師が英会話を行ったり、文字や数字の読み書きを教えている園もあります。一方で、自由時間が多く設けられている園では、子供がのびのび過ごす時間を大切に教育方針を掲げていたりします。最近、人気が高いモンテッソーリ教育を導入している保育園も増えてきましたね。

幼稚園・保育園で導入が増えているモンテッソーリ教育って何?

保育園見学に行こう チェックするべき6つのポイント

保育園見学に行こう チェックするべき6つのポイント
では、保育園見学に行った時に確認しておくべきポイントをご紹介します。ネットの情報だけで調べていても、実際に見学に行ってみたら、思っていた印象と違った、ということはよくあります。現地でチェックしたいポイントをあらかじめ考え、見学にいくのをおすすめします。

子供が安全に過ごせる設備が整っているか

見学に行ったら、園舎や遊具を一通り見てみましょう。きちんと掃除が行き届き清潔か、子供が怪我をしそうな場所がないかを確認してください。見た目だけで判断するのは難しいのですが、遊具や水まわりなどの設備が定期的にメンテナンスされているかどうかも可能であればチェックしたいですね。

セキュリティについても保育園の入り口にはしっかり鍵がかかっていて、外部から人が入ってきづらい環境になっているかも確認しておきましょう。都心の保育園の中には保育園入り口に防犯カメラがあり、パパママだと確認してからドアを開錠してくれる園もありますよ。

園児の様子を確認しよう


見学に行ったら、保育園で過ごす子供たちの様子をみてみましょう。自由遊びの時間は子供たち同士で笑っていたり、時にはケンカをして言い合いになったり、泣いている声も聞こえるでしょう。子供たちが元気にのびのび過ごしているかどうかの確認は、子供たちの声や表情から想像できます。

土日に保育園見学が行われ、子供たちの様子が見られない場合は、平日に少しでも保育の様子を見せてもらえないか聞いてみましょう。見学をさせてもらえない場合は、思い切ってその園への申し込みは控えた方がいいかもしれません。子供を預ける保育園が決まってから後悔しないためにも、園児の様子は必ず確認したいですね。

保育士の様子や、子供への接し方を見てみよう

保育士の様子や、子供への接し方を見てみよう
保育士の子供への接し方を見る場合は、褒め方や叱り方、言葉づかいなどをチェックしてみてください。積極的に子供たちと関わっているか、子供たちから先生に話しかけているかどうかもポイントです。見学の時に、明るく挨拶をしてくれたり、質問に対して丁寧に答えてくれる保育士の方がいる保育園なら安心して子供を預けられますよね。

お昼寝と給食事情

お昼寝と給食についても保育園見学の際に確認できるなら、チェックしておきたいですね。保育園で子供たちがお昼寝をしている時は、必ず部屋に保育士がいて、子供たちの様子を確認しているはずです。乳児クラスの場合は保育士が子供たちの様子に注意を払っているかを確認しておきたいですね。

乳児は頻繁に寝がえりをうち、うつ伏せ寝になってしまいます。うつぶせ寝で子供が窒息してしまう事故も稀に起きているので、保育士が乳児の様子にどれだけ注意を払っているのかは確認したいポイントです。

子供たちが寝ている部屋は、暗すぎず、うるさい環境でないか、また換気はされているかなど、子供たちにストレスがなく快適にお昼寝ができる環境が整っているかもポイントです。

認可保育園では、お昼ご飯の給食は基本的に園の調理室で調理された給食を食べます。認可外保育園では調理室がないところもあるため、その場合は外注のお弁当やパパママ手作りのお弁当になります。給食でもお弁当でも、味付けや食材の硬さなど、年齢に応じて子供が食べやすいような工夫がされているかどうかも聞いてみてください。

アレルギー対応については、子供に合わせて給食からアレルギー食材の除去をしてくれるところもありますが、アレルギーを持っている子供の場合は手作りのお弁当を持っていく必要がある保育園もあります。保育園に調理室がある場合は、中も見せてもらうと実際の調理の様子や環境が分かり安心ですね。

子供が病気の時の対応

子供が病気の時の対応
保育園によって登園のルールが決まっており、パパママは毎朝子供の体調をチェックしてから保育園に預けます。ほとんどの保育園では子供が37.5℃以上の熱が出ると登園禁止というルールでしょう。子供が小さいうちは熱が出たなどで保育園から頻繁に連絡がきます。どうしてもパパママがお迎えに行けない時は、臨時でおじいちゃんおばあちゃんが代わりにお迎えに行くこともあると思います。普段と違う人がお迎えに行く場合はどういったルールがあるのか、なども確認しておきましょう。

保育園入園後にパパママがやらなければいけないこと

子供の洋服やオムツ、持ち物には必ず名前を書くのはどの保育園でも必ずやらなければならないことです。子供の使用済みオムツを毎日持ち帰ったり、週末にはお昼寝用のお布団シーツを持って帰る保育園もあります。なるべく送迎時の荷物が少ない方がパパもママも嬉しいので、見学に行った時にそういった点も確認してみると良いでしょう。

保育園を決めるときのポイント

保育園を決めるときのポイント
どれほど素晴らしい保育園でも、パパママの理想をすべて満たしてくれることはないでしょう。子供を通わせたい保育園をいくつかに絞り込んだ後には最終的どの保育園に入園申し込みをするのかを選ばなければなりません。悩んでしまったときは下記の項目に優先順位をつけ、どの園が一番項目を満たしているのかを考えてみてはいかがでしょうか。

園長や保育士との子供の相性

保育園の雰囲気は、保育園の責任者である園長先生の性格や人柄も大きく関係しています。トラブルが起きてしまった時の対処なども、園長先生によって対応が異なります。子育ての悩みを保育士さんに聞いてもらうこともあるでしょうから、パパママと保育士のコミュニケーションがうまく取れることも大事です。園長先生をはじめ、保育士との相性で、子供を通わせる保育園を選ぶというのも一つの方法です。

保育園の教育方針が子供の性格やパパママの理想と合っているか

保育園の教育方針がパパママの理想と合っていることも保育園選びのポイントですが、子供の性格が保育園に合っているかを決め手にするのもいいでしょう。パパママが保育園の教育方針に共感したとしても、子供が保育園に馴染めないということもあります。せっかく入園できた保育園なのに、そこから転園させるとなると大変です。「うちの子は活発なので園庭が広い保育園がいいな」や「マイペースなので、自由時間が多い保育園が良さそう」など、保育園を見学した際に感じたことから子供の性格に合っている園かどうかを判断するのもいいでしょう。

最終的には直観も大切に

細かいチェックポイントを説明してきましたが、一番大事なことは子供を安心して預けられるかです。見学に行った時に、保育園全体の雰囲気を肌で感じて「ここなら安心して預けられそう!」という直感も大切にしてください。

まとめ:保育園選びのポイントは子供が安心して過ごせる環境かどうか

保育園選びのポイントは子供が安心して過ごせる環境かどうか
子供は平日の昼間にパパママと離れている間、多くの時間を保育園で過ごします。パパママ以上に保育園の保育士やお友達と過ごす時間の方が長くなります。いい保育士さんやお友達に出会えたら、子供はすくすくと成長していくでしょう。そのためには保活の際の保育園の下調べが肝心です。できるだけ多くの保育園の中から、子供にあった園を見つけてあげてください。パパや周囲の先輩ママに相談したり、インターネットで保育園の口コミを検索したりと、じっくり時間をかけて子供がのびのび過ごせる保育園が見つけてあげてください。