保育園は公立と私立でどう違うの? 保育料に違いはある? 園数や教育方針も紹介!

公立の認可保育園と私立の認可保育園、どちらの方が多いの?

公立の認可保育園と私立の認可保育園、どちらの方が多いの?
公立の保育園と私立の保育園って考えてみたらどっちが多いの? と聞かれて即座に答えられるパパママは意外と少ないのではないでしょうか。2017年の厚生労働省の調査によると、全国に27137ある認可保育園のうち、市区町村が運営する公立保育園は8716と全体の約32%ほど。想像以上に公立保育園が少ない調査結果です。認可保育園は公立というイメージがあるかもしれませんが、実は公立保育園より私立保育園の方が圧倒的に多いのです。

認可保育園の公立、私立の園数は?

種別 園数
市区町村 8,711
私立 18,421
合計 27,137

認可保育園の公立、私立の園数の具体的な園数は上記になります。

私立の認可保育園の運営団体の内訳

種別 園数
社会福祉法人 14,493
医療法人 15
公益法人・日赤 56
営利法人(会社) 1,686
その他 2,171

私立の認可保育園のうち、どのような団体が運営主体となっているのかも参考までにご紹介します。

認可保育園とは? 認可保育園の基準は都道府県で違う?  保育内容や無償化の範囲を解説!
認可保育園とは? 認可保育園の基準は都道府県で違う? 保育内容や無償化の範囲を解説!
多くの人が保活の際に第一希望に挙げる認可保育園。認可保育園とは、どのような基準で作られた保育園なのでしょうか。保育内容はみんな同じなのか、幼保無償化によって料金はかからないの? などパパママが気になる情報をまとめました。

私立の保育園が多いのは、保育園は民間から始まったから

私立の方が多いのは、民間から始まった施設だから
幼児保育施設の成り立ちをさかのぼってみると、戦前に3歳以上の幼児教育を行うために民間の幼稚園ができたのが始まりです。保育園も、働くママの育児をサポートするために託児所という呼び名で民間から誕生しました。戦後の1948年(昭和23年)には児童福祉法が制定され、それとともに保育園は法的に認められた「児童福祉施設」として国から認可されていきます。こういった流れで、今の私立の認可保育園が増えてきたのです。

一方の公立保育園ですが、私立保育園だけでは施設が足りない地域に整備されていった経緯があります。私立保育園だけで地域の保育ニーズが満たされている場合は、自治体が公立保育園を整備することは基本的にありません。そのため今でも、私立保育園の方が数が多いのです。私立が多いのは、幼稚園に関しても同じ結果となっています。

幼稚園と保育園の違いは? どっちがいい? 費用や保育時間などを徹底比較!
幼稚園と保育園の違いは? どっちがいい? 費用や保育時間などを徹底比較!
「子供を保育園か幼稚園のどっちに通わせよう?」と悩むママも多いですよね。ママ自身が働いていると「長く預けられるのは保育園だけれど、教育を考えたら幼稚園がいいのかも?」と思うことも。まずはそれぞれの違いを知ることから始めてみましょう。ママたちが保育園・幼稚園に決めた理由も紹介します。

公立保育園の民営化(私立化)が進みつつある

公立保育園の民営化(私立化)も進みつつある
今、各自治体は保育園運営費の負担軽減などが目的で、公立保育園を民営化し、私立保育園に変わる動きがあります。公立保育園が民営化されると保育士がそっくり入れ替えることになったり、子供一人あたりの保育面積が減ってしまったりなどのデメリットがあります。新しく採用した保育士に子供が慣れるのに時間がかかってしまうなども考えられますね。

しかし、公立保育園の民営化(私立化)には良い点もあります。保育園民営化のメリットとして、早朝保育や延長保育が充実するなどがあげられます。働くパパママには嬉しいサービス向上ですね。民営化により正規職員のほか非常勤職員やアルバイトなどを増やして、効率的に保育園が運営できるように変わったり、保育士が増えて保育園の受け入れ児童数も増やせることになったりと、問題となっている待機児童を減らす対策としても公立保育園の民営化は期待されています。

待機児童問題の原因と対策 全国や東京23区での待機児童数は?
待機児童問題の原因と対策 全国や東京23区での待機児童数は?
待機児童問題は長い間、問題となってきたのに、今もなかなか改善されていません。出産後に働こうとしても、子供を保育園に預けることができないため、育休を延長しなければいけないママもいます。待機児童問題の原因とその対策についてわかりやすく説明していきます。

認可外保育園はすべて私立

認可外保育園はすべて私立
認可外保育園とはどんな保育園かは皆さんご存知でしょうか? 保育園の中でも、国への届け出は行っているものの、国からの認可を受けていない施設が認可外保育園です。児童福祉施設としての位置づけではなく、サービス業的な側面があり、認可外保育園はすべて私立園となります。認可外保育園は保育士1人あたりが担当できる児童数は認可保育園と同じ基準に基づいていますが、施設や設備の基準が認可保育園より緩かったり、自由な教育目標を持って運営できたりする特徴があります

認可外保育園の保育料は国からの補助金が支給されていないため、認可保育園より高くなりがちですが、認可のような厳しい保活をせずに入園することができ、親が働いていなくても預けることができます。地域の家庭のニーズに合わて自由な保育園運営ができるので「下の子の育児休暇中も、上の子を保育園に預かってもらえて助かった」というママの声も聞いたことがあります。

保育園の種類が知りたい! 認可、認可外、認証って何が違うの?
保育園の種類が知りたい! 認可、認可外、認証って何が違うの?
1人目の子どもの保活をスタートさせて初めて保育園にいろいろな種類があることを知り、それぞれの違いがわからず困っている人も多いのではないでしょうか? 保活をスタートさせる際に知っておくべき、保育園の種類について簡単にまとめてみたので、参考にしてください。
保活はいつからはじめるべき? 保活の進め方3ステップと注意ポイント4つ!
保活はいつからはじめるべき? 保活の進め方3ステップと注意ポイント4つ!
待機児童が多く認可保育園の入園競争が激しい地域では、どう保活するのかが重要になってきます。産休後、育休後に仕事復帰をしたいと思っている場合、いつからどのような保活をする必要があるのでしょうか。保活についてわかりやすく説明します。

次のページでは公立・私立保育園、それぞれの特徴や保育料についてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!