保育園は公立と私立でどう違うの? 園数や教育方針、保育料の違いを紹介!

保育園には公立、私立の2種類があります。公立と私立で保育内容や保育料に違いはあるのでしょうか? どちらに通わせた方が安心なのでしょうか? これから保活を始めるママ向けに公立、私立保育園について調査してみたので、参考にしてください。

公立の認可保育園と私立の認可保育園、どちらの方が多いの?

公立の認可保育園と私立の認可保育園、どちらの方が多いの?
公立の保育園と私立の保育園って考えてみたらどっちが多いの? と聞かれて即座に答えられるパパママは意外と少ないのではないでしょうか。2017年の厚生労働省の調査によると、全国に27137ある認可保育園のうち、市区町村が運営する公立保育園は8716と全体の約32%ほど。想像以上に公立保育園が少ない調査結果です。認可保育園は公立というイメージがあるかもしれませんが、実は公立保育園より私立保育園の方が圧倒的に多いのです。

認可保育園の公立、私立の園数は?

種別 園数
市区町村 8,711
私立 18,421
合計 27,137

認可保育園の公立、私立の園数の具体的な園数は上記になります。

私立の認可保育園の運営団体の内訳

種別 園数
社会福祉法人 14,493
医療法人 15
公益法人・日赤 56
営利法人(会社) 1,686
その他 2,171

私立の認可保育園のうち、どのような団体が運営主体となっているのかも参考までにご紹介します。

私立の保育園が多いのは、保育園は民間から始まったから

私立の方が多いのは、民間から始まった施設だから
幼児保育施設の成り立ちをさかのぼってみると、戦前に3歳以上の幼児教育を行うために民間の幼稚園ができたのが始まりです。保育園も、働くママの育児をサポートするために託児所という呼び名で民間から誕生しました。戦後の1948年(昭和23年)には児童福祉法が制定され、それとともに保育園は法的に認められた「児童福祉施設」として国から認可されていきます。こういった流れで、今の私立の認可保育園が増えてきたのです。

一方の公立保育園ですが、私立保育園だけでは施設が足りない地域に整備されていった経緯があります。私立保育園だけで地域の保育ニーズが満たされている場合は、自治体が公立保育園を整備することは基本的にありません。そのため今でも、私立保育園の方が数が多いのです。私立が多いのは、幼稚園に関しても同じ結果となっています。

公立保育園の民営化(私立化)が進みつつある

公立保育園の民営化(私立化)も進みつつある
今、各自治体は保育園運営費の負担軽減などが目的で、公立保育園を民営化し、私立保育園に変わる動きがあります。公立保育園が民営化されると保育士がそっくり入れ替えることになったり、子供一人あたりの保育面積が減ってしまったりなどのデメリットがあります。新しく採用した保育士に子供が慣れるのに時間がかかってしまうなども考えられますね。

しかし、公立保育園の民営化(私立化)には良い点もあります。保育園民営化のメリットとして、早朝保育や延長保育が充実するなどがあげられます。働くパパママには嬉しいサービス向上ですね。民営化により正規職員のほか非常勤職員やアルバイトなどを増やして、効率的に保育園が運営できるように変わったり、保育士が増えて保育園の受け入れ児童数も増やせることになったりと、問題となっている待機児童を減らす対策としても公立保育園の民営化は期待されています。

関連記事

待機児童問題の原因と対策 東京23区の待機児童数は?

認可外保育園はすべて私立

認可外保育園はすべて私立
認可外保育園とはどんな保育園かは皆さんご存知でしょうか? 保育園の中でも、国への届け出は行っているものの、国からの認可を受けていない施設が認可外保育園です。児童福祉施設としての位置づけではなく、サービス業的な側面があり、認可外保育園はすべて私立園となります。認可外保育園は保育士1人あたりが担当できる児童数は認可保育園と同じ基準に基づいていますが、施設や設備の基準が認可保育園より緩かったり、自由な教育目標を持って運営できたりする特徴があります

認可外保育園の保育料は国からの補助金が支給されていないため、認可保育園より高くなりがちですが、認可のような厳しい保活をせずに入園することができ、親が働いていなくても預けることができます。地域の家庭のニーズに合わて自由な保育園運営ができるので「下の子の育児休暇中も、上の子を保育園に預かってもらえて助かった」というママの声も聞いたことがあります。

関連記事

保育園の種類が知りたい! 認可、認可外、認証って何が違うの?
保活はいつからはじめるべき? 後悔しない保活のための4つのポイント

公立保育園の特徴

公立保育園の特徴
公立保育園にはどのような特徴があるのでしょうか。今、子供が公立保育園に通っているママの声とあわせてご紹介しますね。

公立保育園の特徴1:教育内容がほぼ共通

公立保育園の教育内容はおおむね共通
公立保育園は自治体が運営してるため、教育内容や保育の目標などが標準化されている特徴があります。同じ保育内容がすべての公立保育園で受けられるように工夫されているのです。しかし、自治体で決められたルール通りに運営されるため、臨機応変な対応ができないと感じるパパママもいるでしょう。また、預かり時間が私立に比べて短いといった点も共働きのパパママにとっては懸念点かもしれません。

公立保育園は走り回れるほど広い園庭を持つ園が多く、地域の乳幼児向けに平日の午前中など、園庭を解放してくれる園もあります。午後はお昼寝の時間帯とぶつかるため、園庭では遊べなくなることもありますが、園庭解放の情報は公立保育園や役所の保育課などで教えてくれます。実際に園に行ってみると、施設や園の雰囲気、保育士の園児たちへの対応、園児たちの実際の過ごし方も見えてくるので、近隣で園庭解放している園があれば入園前の見学に行ってみるのも良いですね。

関連記事

保育園選びで知っておくべき14のポイント! 見学から園を決めるまでを徹底解説

公立保育園の特徴2:保育士が全員公務員

公立保育園の保育士は全員公務員
公立保育園で働く保育士は、その自治体で働く地方公務員です。私立に比べると待遇がいいため、長く働いているベテランの保育士が多く、保育士自身が子育ての経験があることも珍しくありません。初めて子育てをするパパママには頼りになる保育士に出会えることも多いでしょう。

公立保育園の特徴3:保育士が他の園に異動することがある

公立保育園の保育士は他の園に異動がある
一方で、公立保育園の保育士は自治体内での人事異動があり、転勤があります。人事異動を発表する日は自治体で決められているため、担任の異動であっても「学年が上がるギリギリの3月下旬まで異動を知らなかった…」ということを経験したママもいました。

私立保育園の特徴

私立保育園の特徴
では私立保育園にはどのような特徴があるのでしょうか。大きく分けて3つのポイントから見ていきましょう。

私立保育園の特徴1:教育に独自のカラーが出せる

教育に保育園独自のカラーが出せる
私立保育園は学校法人やNPO法人などの団体が運営し、運営団体や園長の教育方針などによって園の個性が違ってきます。保育園によっては指定の通園カバン、帽子、運動着、などを用意することもあり、そういった面でも公立保育園より費用がかかるかもしれません。

モンテッソーリ教育など独自の教育プログラムを取り入れたり、外国人教師を招いて週1回程度、英語教育を取り入れたりと教育内容に独自のカラーを出している園もあります。オムツを布オムツに統一して、オムツを替えている間は保育士と赤ちゃんが一対一でしっかりと向き合う努力をしています、という園や、お迎えに来たパパママがほっと一息するために、お迎え時にお茶が飲めるスペースが用意された保育園もあったりします。

私立保育園は園によって保育内容にもさまざまな違いがあり、それぞれの家庭の教育方針に合う保育園を見つかりやすい点がパパママに人気です。

関連記事

幼稚園・保育園で導入が増えているモンテッソーリ教育って何? 家庭でも実践できる?

私立保育園の特徴2:保育士の異動がない

保育士の異動がない
私立保育園は保育士の異動が基本的にありません。学年が上がり、それまでの担任の保育士が他のクラスの担任になったとしても、異動がないためその方が働いている限り、子供のことを良く知ってくれている保育士に囲まれて過ごすことができます。子供も知っている保育士に見守られながら生活できると安心するでしょう。気心が知れた保育士に預けて働くことができれば、預けるときも子供がグズることが少なかったりと、忙しいママにとっても安心ですね。

兄弟がいて同じ保育園に通うことになったら、上の子でお世話になった保育士にもう一度お世話になることもあるでしょう。子供の癖や性格は言葉で伝えるのはなかなか大変なので、そんな時にも時間をかけて作られた信頼関係があれば、保育園生活もスムーズに進みそうです。

私立保育園の特徴3:保育時間が長い園が多い

私立の方が保育時間が長い園が多い
私立保育園は、早朝や夜の保育時間が公立保育園に比べて長いのも特徴の一つです。延長保育に融通が効いたりする場合が多いでしょう。長い時間預けていて、うちの子はどうしてるのかな?と、ふと思った時も、保育園内の様子をWebカメラで撮影し、保育中の子供の様子を確認できるようなサービスを取り入れている園もあります。通勤電車や職場で子供の様子が見られると安心ですね。また、お迎えが遅い子供には補食や夕食を出すなど、働くパパママに寄り添った内容の有料サービスがある園もあります。

保育料は認可保育園なら公立も私立も同じ金額です

保育料は認可保育園なら公立も私立も同じ金額です
認可保育料は公立園でも私立園でも基本的に同じです。子供の年齢、世帯年収、住む地域によって保育料は違いますが、保育料が違ってくる条件については下記で紹介する記事をご覧ください。

関連記事

保育園の料金、費用は世帯年収で違う? ウチの子供の保育料はいくら?

まとめ:公立か私立よりも自宅からの距離や保育時間で決めるママが多い

まとめ:公立か私立よりも自宅からの距離や保育時間で決めるママが多い
私立保育園と公立保育園の特徴はわかっていただけたでしょうか? それぞれのメリットやデメリット、細かな特徴などをご紹介しました。いろいろ調べて悩んだ末、結局は公立保育園や私立保育園かよりも、自宅からの距離や保育時間で決めるパパママが多いのではないでしょうか。毎日、晴れの日ばかりではなく、大雨や風の日など天候の良くない日も荷物を持って、子供を保育園に連れて行くのには大変ですからね。

教育内容に共感したから、と言って自宅から遠い保育園を選んでしまった結果、雨の日はタクシーを使うようになったというママの話も聞きます。保育園を選ぶポイントとしては、家からの距離や自転車通園か、地域によっては車通園が許可されているか、通いやすい道であるか、時短勤務が終わっても無理なく送り迎えが可能かなど、家庭の事情に合った保育園で決めるようにしてください。

関連記事

時短勤務で働くママの1日のスケジュール 仕事と育児を両立させる方法、工夫は?