小規模保育って何? 一般の認可保育園と何が違う? メリット、デメリットは?

小規模保育とは? 一般的な保育園とどう違うの?

小規模保育とは? 一般的な保育園とどう違うの?

定員6~19名の乳児保育を行う認可保育園です

定員数が20名以下の小規模な保育施設は、少し前まではすべて「認可外保育園」として認定され、国が定める認可保育園にはなれませんでした。そんな小規模な保育施設が、2015年にスタートした「子ども・子育て支援制度」によって、国や自治体からの補助を受けられる、認可保育園として運営できるようになりました。それが今回紹介する「小規模保育」です。小規模保育と通常の認可保育園との大きな違いは、保育対象年齢が0歳~2歳の乳児保育に限られることと、定員が6名以上、19名以下と決められて運営されている点にあります。この違いについて、以下より詳しく紹介していきましょう。

認可保育園とは? 認可保育園の基準は都道府県で違う?  保育内容や無償化の範囲を解説!
認可保育園とは? 認可保育園の基準は都道府県で違う? 保育内容や無償化の範囲を解説!
多くの人が保活の際に第一希望に挙げる認可保育園。認可保育園とは、どのような基準で作られた保育園なのでしょうか。保育内容はみんな同じなのか、幼保無償化によって料金はかからないの? などパパママが気になる情報をまとめました。

小規模保育はどうして0~2歳限定の認可保育園なの?

年齢区分 利用児童数(2017年) 待機児童数(2017年)
0歳児 146,972人 4,402人
1・2歳児 884,514人 18,712人
3歳以上 1,515,183人 2,967人
全年齢児童の合計 2,546,669人 26,081人

待機児童が最も多いのが0歳~2歳の子供だから

上記表は2017年に厚生労働省がまとめた年齢別の保育園利用者数と待機児童数の調査結果です。数値を見てみると、待機児童26,081人のうち、0歳~2歳児が占める割合が全体の88.6%、23,114人ということがわかりました。待機児童の約9割が0歳~2歳児ということですね。

国が2015年に「子ども・子育て支援制度」を制定した大きな目的のひとつとして「待機児童の解消」がありました。保育士の不足などさまざまな問題を抱えるこの待機児童問題を、限られたスペースと人員を使ってより効果的に解決するために、「子ども・子育て支援制度」では待機児童数の多い0歳~2歳の乳児保育に限定して小規模保育を運営することに決めたのです。

待機児童問題の原因と対策 全国や東京23区での待機児童数は?
待機児童問題の原因と対策 全国や東京23区での待機児童数は?
待機児童問題は長い間、問題となってきたのに、今もなかなか改善されていません。出産後に働こうとしても、子供を保育園に預けることができないため、育休を延長しなければいけないママもいます。待機児童問題の原因とその対策についてわかりやすく説明していきます。

小規模保育の定員はどうして19名以下なの?

小規模保育の定員はどうして19名以下なの?

一般の保育園が整備できない都心部にコンパクトな保育園を増やすため

国や自治体は待機児童解消のため、積極的に保育園を整備していますが、都心部はビルが密集しており広い土地が確保できず、大規模な保育園が作れないという問題がありました。そのため、多くの子育て世帯が住むエリアにも関わらず保育園の数が少なく、結果として待機児童が増えていました。

そういった問題を解決するために、都心部にも保育の受け皿が増やせるよう、限られたスペースでも開園できる「小規模保育」が2015年に制度化されました。コンパクトな保育園にすることで広い保育園用地確保の必要性を減らすため、「19名以下」という人数制限が決められました

また、大規模な保育園は、土地を整備して建物を建設し、開園するまでに数年の期間を必要とします。しかし、小規模保育であれば、マンションの一室など既存の建物の一部で保育を行うことが可能なため、計画から保育園開園まで数ヶ月で進めることも可能です。保育園の開園スピートを早め、施設数を増やすことで、より多くの待機児童を受け入れられるようになります。そのため、小規模保育は今後の待機児童問題解消のため、大きな期待を受けています。

小規模保育は何種類あるの? それぞれの特徴は?

小規模保育の種類 対象年齢 保育園定員 職員数 職員基準
A型 0~2歳 6~19名 一般の保育園の基準+1名 全職員が保育士
B型 職員の半数が保育士
C型 6~10名 子供3人につき職員1人(補助者がいれば5人につき2人) 家庭的保育者

子供の定員や保育士数の違いでA型、B型、C型があります

具体的な形態についてご紹介します。小規模保育にはA型、B型、C型の3種類あり、それぞれ「子供の定員数」「職員の数」「在籍する職員のうちの保育士資格保有者の割合」が異なります。上記の表を見ながらご説明しましょう。

A型の小規模保育は、定員数が6名以上、19名以下となっており、職員の数は下記表で紹介した保育園の職員配置基準+1名と設定されています。つまり、0歳児が3名、1歳児が8名、2歳児が8名の園だった場合、一般の保育園では職員は最低5名が必要となりますが、小規模保育の場合、最低6名の職員が必要ということになります。

参考:一般的な保育園の保育士配置基準

年齢区分 保育士数の基準
0歳児 児童3人につき保育士1人
1、2歳児 児童6人につき保育士1人
3歳児 児童20人につき保育士1人
4、5歳児 児童30人につき保育士1人

また、A型は在籍するすべての職員が保育士資格を保有していることが条件となっています。B型の小規模保育は子供の定員数・職員の数はA型と同様ですが、「保育士資格保有者の割合」が1/2以上と設定されています。B型小規模保育の職員全員が保育士の資格があるわけではなく、一部はその保育士をサポートする子育て支援員などの職員で構成されているということですね。

C型の小規模保育は、定員数が6名以上、10名以下と、3つの中では最も規模が小さい施設になります。職員の数は、子供3人につき職員1人(補助者を置く場合は5人に2人) とされており、職員の保有資格は「保育士」である必要はありません。C型の小規模保育に従事する職員は各自治体の研修を受け、保育士と同等以上の知識・経験があると認められた「家庭的保育者」や「子育て支援員」であることが条件となっています。

保育園の年齢ごとの定員って? 0歳、1歳、2歳はなぜ受け入れ可能枠数が少ないの?
保育園の年齢ごとの定員って? 0歳、1歳、2歳はなぜ受け入れ可能枠数が少ないの?
0歳、1歳児の保活で認可保育園の子供の受け入れ可能な定員が少なすぎると思ったことはありませんか? 0歳や1~2歳児の認可保育園での受け入れ可能定員が少ないのには理由があります。各年齢の受け入れ可能枠にどんな基準があるのか、なども含めてご紹介しますね。
子育て支援員ってどんな資格? 保育士資格がなくても保育園で働けるって本当?
子育て支援員ってどんな資格? 保育士資格がなくても保育園で働けるって本当?
保育園では保育士の国家資格を持っていない人でも「保育補助」という役割で働くことができます。子育て支援員も保育補助スタッフの一種です。大切な子供を安心して預けるためには保育園には保育士以外にどんな職員がいるのか、パパママは気になりますよね。子育て支援員とはどのような資格を持つ職員なのか、わかりやすくご説明します。

次のページでは小規模保育の保育料や通わせるメリット、デメリットをご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!