時短勤務で働くママの1日のスケジュール 仕事と育児を両立させる方法、コツは?

時短勤務の基本情報から産休・育休から仕事に復帰したママが実際に体験した時短勤務体験談、1日のスケジュールを紹介します。時短勤務のメリットやデメリット、時短勤務からフルタイム勤務に切り替えた理由も解説します。

目次

時短勤務とは? 労働時間は何時間? 利用の際の条件は?

時短勤務とは?

時短勤務は育児・介護休業法で定められた労働者の権利です

時短勤務制度とは、育児をしながらでも仕事ができるように、勤務時間をフルタイムより短くして働くことができる制度です。産休や育休明けのママがいきなりフルタイム勤務で職場復帰するのは難しいですよね。時短勤務は「育児・介護休業法」で定められた制度で、条件を満たす労働者が時短勤務を希望すれば男女誰でも利用することができます。時短勤務の規定は会社によって少しずつ違いますが、まずは基本的な時短勤務の知識と、時短勤務を申請できる条件についてご紹介します。

関連記事

育児介護休業法とは? パパママにどんなメリットがある法律なの?

時短勤務での勤務時間は1日6時間、残業は拒否できる

時短勤務での1日の労働時間は「育児・介護休業法」で原則6時間と定められています。ただし、フルタイム時の労働時間が7時間45分(例えば、勤務時間が9時~17時45分)の人は、時短勤務時間を1日5時間45分~6時間の範囲で決めることが可能です。

勤務時間が短いことは時短勤務のメリットだと思われがちが、勤務時間が短くなる分、給料が下がってしまう可能性があります。そのため、時短勤務の労働時間は2時間や3時間ではなく「原則6時間」とわざわざ法律で定めているわけです。給料が少ないと時短勤務で復帰しようという人が減ってしまう可能性があるため、時短勤務での勤務時間については国は慎重に定めているんですね。

また、時短勤務では「所定外時間外労働(残業)の免除」は必須とされており、時短勤務で働くママが残業を求められた場合、拒否することができます。ママが了承した場合は残業も可能ですが、本人が残業を拒否したのに会社側が残業を強制した場合は違法となります

どんな人が時短勤務を認められるの?

時短勤務を利用するための条件について、以下にまとめてみました。

  1. 3歳未満の子どもを育てている
  2. 入社から1年以上たっている
  3. 1週間に3日以上働く
  4. 日々雇用される人でない(日雇い労働者ではない)
  5. 時短勤務中に育休を取得していない

上記の条件を満たすパパママは「子どもが3歳になる誕生日の前日」まで時短勤務制度を利用できます。また、派遣社員やパートタイムで働いていたり、配偶者が専業主婦(夫)だったりしても、条件を満たしていれば時短勤務制度を利用することができます。ただし、会社によっては独自のルールを設けている場合もありますので、時短勤務を希望する場合は事前に会社に確認しておきましょう。

時短勤務を選んだら給料が下がるって本当?

時短勤務での短縮時間分の給料は減ってしまうが、年金受給額は変わらない

時短勤務での短縮時間分の給料は減ってしまうが、年金受給額は変わらない

時短勤務を選んだ場合、短縮された勤務時間分の給料が下がってしまうのはご存知でしょうか? 時短勤務時の給料については法律では保障されていません。そのため、時短勤務を利用すると、会社から受け取れる給料が下がってしまうことが一般的です。今の日本では「働いた時間分の給料を支払う」という会社が多いため、フルタイムが日に8時間勤務の会社で、1日6時間の時短勤務を選ぶと、給料はそれまでの3/4になってしまいます。また、時短勤務を選ぶと、賞与や退職金の算定に影響する会社もあります。

一方で、年金受給額については減額にならない特別な制度があります。会社から支払われる給料が減ると、本来は年金保険料も下がってしまいます。将来の年金受給額は毎月の給与から計算され、天引きされている年金保険料の支払額で変わるからですね。しかし、時短勤務制度を利用する場合は、給与が下がる前の年金保険料を支払い続けているとみなされます。これが「養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置」という制度です。この制度を利用するには、会社から年金事務所に申請する必要がありますので、時短勤務に変更するタイミングで申請してもらいましょう。この制度は、過去2年分までさかのぼって申請することができますので、忘れずに申請しておきましょう。

子育てママに時短勤務が必要なわけ

時短勤務が必要なわけ

時短勤務は仕事と育児を両立する選択肢の1つ

産休、育休が明けてママが仕事に復帰したら、家にいる時間が少なくなり、朝と夜の限られた時間で育児と家事をすることになります。時短勤務制度を利用することで、育児や家事にかけられる時間が増え、仕事に復帰するママにも気持ちの余裕ができますよね。また、帰宅時間が早ければ子供の就寝時間も早くできるので、3歳未満の子供の健康や成長にもメリットがあります。こういった理由で小さな子供を育てるママは時短勤務を選ぶことが多いのです。

関連記事

育児休暇って何? 育休中に免除が控除される税金があるって本当?
産休期間はいつからいつまで? 出産手当金はいくらもらえて、申請方法は?

時短勤務は会社の人手不足を解消するために整備された制度

時短勤務はママのために整備された制度というイメージがありませんか? それも確かに正解です。しかし、人手不足に悩む会社や労働人口の減少に取り組む国にとっても、時短勤務でママの離職を防ぐことができ、働く人を確保できるメリットがあります。女性を活用するのが会社や国の成長に欠かせないので、時短勤務が生まれ、制度化され、多くの人に利用されています。そのため、時短勤務で働くことにママが後ろめたい気持ちを持つ必要はありません。

育休明けの復職時にママが時短勤務を選んだ理由、1日のスケジュールは?

育休明けの復職時に、私が時短勤務を選んだ理由

ママはなぜ時短勤務を選んだ?

私も育休から職場復帰する際に時短勤務制度を利用しました。職場復帰前は、毎日「家事、育児、仕事」をこなせるかとても不安でした。また、職場復帰後は子供を保育園に預けることになるので、親と離れて子供にさみしい思いをさせてしまうのではないかという罪悪感もありました。そのため、少しでも子供と長くいられる時短勤務を選ぶことにしたのです。

時短勤務を選ぶと給料が下がってしまうため、フルタイムでの職場復帰とで悩みましたが、子供との時間が増えることだけではなく、家事ができる時間を少しでも長く取るため時短勤務で働くことに決めました。時短勤務は子供が3歳になるまでしか利用できないことや、希望すれば時短勤務からフルタイムに変えられる点も時短勤務で働く決め手になりましたね

時短勤務での働き方はママによってさまざま

働き方について会社に相談することも大切

勤務日や勤務時間を会社に相談するのをおすすめします

各家庭の育児についての考え方や、ママが求める収入によって希望する働き方はさまざまでしょう。時短勤務は「週3日以上で原則6時間勤務」の条件内であれば、いろいろな時短勤務の形があります。いくつかの時短勤務の例をあげてみましょう。

  1. 1日6時間、週5日勤務
  2. 1日8時間、週3日勤務
  3. 週2日8時間、週1日は4時間勤務

などですね。どういった勤務時間が認められるのかは会社によって違い、フルタイムと比較しての月の労働時間で給与が決まるのが一般的です。仕事状況や会社の規定で希望する働き方ができるとは限りませんが、まずは会社に相談してみることが大切です。同じ会社で時短勤務をしている人がどのような働き方をしているのかを聞いてみるのも参考になりますよ。私は会社に相談し、10時~17時の勤務時間(休憩1時間を含む)で週5出社の時短勤務を選びました。

時短勤務だったときの1日のスケジュール

1歳の息子がいる筆者が10時~17時の時短勤務だったときの1日のスケジュールを紹介します

時間 内容
7時 ママ起床
7時~8時 自分の支度。洗濯物を干す
8時 子供を起こし、朝食
8時半 子供の着替えさせ、Eテレ「いないいないばあっ!」を見せる。その隙に連絡帳の記入、持ち物チェック
8時45分 保育園に出発
9時 登園し検温。着替えやおむつを補充。子供とハイタッチしてバイバイ
10時 出社。勤務時間中にどれだけ仕事を進められるか勝負!
13時 お昼。デスクでパパっと食べて、仕事を再開することが多い
17時 退勤
17時40分 子供のお迎えで保育園へ。やっと会えた~! 1日おつかれさま~とハグするのがお約束
18時 帰宅、洗濯物を取り込み、夜ご飯の準備
18時半 夜ご飯
19時 たまっているプライベートのLINEなどを返したら、子供と遊ぶ時間
20時 お風呂
21時 寝かしつけ。絵本を読んでも寝なそうな時は、ママが寝たふり作戦
22時 洗い物、洗濯物をたたむ、保育園の持ち物を準備(おむつ、着替え)
23時 自分の時間 テレビを見たり、子どもの写真を見返したり
25時 就寝

実際に時短勤務で働いてみると、想像以上に時間に余裕はありませんでした。もし、育休明けでいきなりフルタイムで復帰していたら、体力的につらかったでしょう。私は今はフルタイム勤務に戻っていますが、現在と比べると子供との時間をしっかりとれていたと感じています。

関連記事

保育園の連絡帳って何を書けばいいの? 自由記入欄で困ったときの記入例も紹介!

時短からフルタイムに勤務に変わったママの1日のスケジュール

フルタイムでも会社で6時間+在宅で2時間という働き方

今は会社で6時間、在宅で2時間でフルタイム勤務中

筆者は今は時短勤務を終了し、フルタイムで働いています。しかし、一般社員のフルタイム勤務とは違う勤務時間を会社に認めてもらえました。出社時間は時短勤務のときと同じ10時~17時です。会社に出社できないフルタイム分は、在宅で仕事をしています。私がシングルマザーだということもあり、時短勤務中に会社に相談、このような勤務時間で仕事をするのを認めてもらいました。

フルタイム勤務(会社で6時間、在宅で2時間)での1日のスケジュール

時間 内容
6時 ママ起床
6時~7時 洗濯、夜ご飯の準備
7時 子供を起こし、朝食
7時半 子供と自分の支度、連絡帳の記入
8時10分 出発。引っ越したため、保育園までは少し遠くなり、電動自転車で送っていくようになりました
8時半 登園
9時 帰宅。自転車を自宅に置き、電車で通勤します
10時 出社。退勤時間まではあっという間なので必死
13時 お昼。デスクで15分くらいで食べて仕事再開。会社にいる時間でなるべく仕事を進めたい
17時 退勤。お迎えのタイムリミットが決まっているので、残業できても5分か10分ほど
17時40分 帰宅。自転車でお迎えに出発
18時 保育園お迎え。帰り道は今日は何して遊んだのー?や歌をうたったりして帰ります
18時半 帰宅。洗濯物を取り込む。夜ご飯の準備
19時 夜ご飯
19時半 洗い物を終えたら、洗濯物をたたみ、子供と遊びます
20時 お風呂。貴重な子供と遊ぶ時間
21時 寝かしつけ。絵本の読み聞かせで寝てくれます
22時 在宅の仕事をします
24時 保育園の持ち物準備(おむつ、着替え)など
24時半 就寝 布団でごろごろしながら友人にLINEを返して寝ます

フルタイムの1番のメリットは、収入が元に戻ったことです。現在の働き方は、時短勤務時と変わらない時間に保育園のお迎えにいくことができ、子供を今まで通り夜9時に寝かしつけることができるのでとても助かっています。ただし、フルタイム勤務で在宅勤務時間ができたことで自分の時間はほとんどなくなりました。子供を寝かしつけた後に仕事をするので、絶対に寝落ちできないというプレッシャーもあり、深夜に仕事を終えるまでは気が抜けません。

夜9時に子供を寝かしつけるときに、私も寝落ちしそうになることがよくあります。寝落ちしそうな日はスマホでアラームを設定し、起きるようにしています。私の息子は一度寝てしまうと少々の音では起きません。寝落ちしてしまった時にスマホのアラームで起こしてもらったことは何度もあります。

関連記事

子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
子供の寝かしつけにおすすめの入眠グッズ 絵本? アプリ? YouTube?
絵本の読み聞かせの教育効果とは? 年齢別の絵本の読み聞かせ方法も紹介!
子供乗せ電動自転車の選び方を徹底解説!おすすめ8選!

フルタイム復帰した今だからわかる時短勤務のメリット

フルタイム復帰した今だからわかる時短勤務のメリット
私の場合、今は少し特殊な勤務時間で働いていますが、フルタイム勤務に復帰した今だからわかる時短勤務のメリットをご紹介します。これから職場復帰をするママの参考になれば幸いです。

時短勤務だと子どもと一緒にいる時間を多く作ることができる

時短勤務で早く家に帰ることができれば、子供と過ごす時間も多く作ることができます。ただ、平日の日中に家にいないので当然、家事はたまります。時短勤務で早く帰ることができても、家事をあれもこれもと詰め込んでしまうと、子供と遊ぶ時間はそれほどありません。フルタイムに比べると子供と遊ぶ時間を作りやすいのは確かですが、時短勤務で少し時間に余裕があっても「この時間は子供と遊ぶ」など、自分の中でルールを決めておいた方がいいでしょう

私の時短家事テクニック

子供と過ごす時間を増やすために家事は時短家電を使ったり、家事を工夫したりしています。特別なことではありませんが、ご紹介しますね。私のおすすめの時短家事テクニックは…

  1. 洗濯は全自動洗濯機で乾燥まで行う
  2. お湯を沸かすのはティファール 電気ケトル
  3. 1週間の食事のレシピは週末にまとめて考えて、買い物も済ます
  4. 味を簡単に変えられるミネストローネを大量に作っておけば、スープには困らない

などです。他の先輩ママの時短家事テクニックがまだまだあるので、いろいろな工夫を取り入れて真似していこうと考えています。

時短勤務だと延長保育を利用しなくてもいい

多くの保育園は、18時30分頃までを通常保育時間とし、それ以降を延長保育としています。延長保育の場合、毎月の保育料とは別に園長保育料がかかってしまいます。フルタイムで働いたとしても、給料から延長保育料を差し引いたら時短勤務の給料とあまり変わらない、という人もいます。時短勤務は退社時間が早く、残業がないため、延長保育を使わずに済むメリットがあります

保育園の料金、費用は世帯年収で違う? ウチの子供の保育料はいくら?

時短勤務なら保育園の帰りに病院にも連れて行ける

子供は頻繁に熱や風邪などにかかり、病院へ連れていかなければいけないこともあります。都心では19時頃まで診療時間を設定している小児科が増えてきました。18~19時頃まで診療時間を設けてくれている病院なら、時短勤務のママなら保育園のお迎え後に子供を連れていくことも可能です。フルタイム勤務だと、遅くまで開いている小児科でも診療時間に間に合わない場合が多く、会社を早退して病院へ連れていくか、夜間小児科があれば夜に連れていく、もしくは休日に病院に連れていくことになります。子供が病気の時はできるだけ早く病院に連れていきたいので、その日のうちに病院に連れていくことができる勤務時間で働くことができるのは安心です。

時短勤務だと自分の時間が確保しやすい

時短勤務は帰宅時間が早いため、家事や育児にあてられる時間が多くなります。効率よく家事を終わらせ、子供を早く寝かしつけることができれば、自分の時間を作ることもできます。フルタイムになると家にいる時間が減るので、その分自分の時間は作りにくくなります。実際、私は今、自分の時間はほとんど無くなってしまいました…

時短勤務のデメリット

時短勤務のデメリット
仕事と育児のバランスを取るために選択する時短勤務ですが、働く時間が短くなるということは当然ながらデメリットもあります。時短勤務を選ぶ人はデメリットについても、あらかじめ知っておいた方がいいでしょう。

時短勤務だと給料が大幅に下がる

時短勤務を選ぶと、フルタイムと比べると給料が大幅に減ってしまうことは覚悟しておきましょう。仕事に復帰すると新たに保育園の保育料がかかってくるので、収支のバランスも考える必要があります。

関連記事

保育園の料金、費用は世帯年収で違う? ウチの子供の保育料はいくら?

時短勤務だと出世しづらくなる?

時短勤務を利用するママは勤務時間が短かったり、急な子供の病気で出社できない可能性があったりするため、できる仕事の幅が狭くなることもあります。時短勤務でも仕事内容で評価してくれる会社も増えてきましたが、時短勤務を選ぶと出世コースから遠ざかってしまう覚悟が必用な会社もまだまだあるでしょう。「出世に響く…」というのが、パパが育休や時短勤務を利用しづらい理由の1つになっています。

時短勤務の大変さをわかってもらえない

時短勤務を利用するとフルタイムの人より早く帰ることができますが、保育園のお迎えから子どもの寝かしつけまでは、ほとんどノンストップで動いているママが多いのではないでしょうか。また、子供が家ににいると家事がスムーズにいかないことも多く、精神的にも体力的にもハードです。そういったママの苦労を同僚や上司の方がわかってくれないこともあるかもしれません。また、時短勤務の大変さをパパが理解していない家庭もあり、仕事と育児の両立に悩みを抱えるママもいます。

時短勤務時の仕事、家事、育児のバランスのとり方

時短勤務時の家事、育児とのバランスのとり方
最後に私が時短勤務時、フルタイムの今も意識し、実践していることをご紹介します。下で紹介することを頭の片隅に留め、無理をせず仕事と育児のバランスを取るようにしてくださいね。

オンオフの切り替えを徹底する

仕事に復帰すると、家でも仕事のことを考えたり、メールに返信したりすることもあるでしょう。しかし、家にいる時は、育児と家事でバタバタしていますし、子供と遊ぶ時間やママが一息つく休憩時間も必要です。家でも仕事をしなければいけないこともあるかもしれません。しかし、仕事はできるだけ会社で完結させ、家に帰ったら仕事のことは考えないようにしてください。仕事のオンオフの切り替え徹底するのは、仕事と育児のバランスを取るには非常に重要です。家で子供や家族と過ごす時間が仕事での疲れを癒してくれるので、家で過ごす時間を大事にしてくださいね。

完璧を目指さない! 平日は手抜き家事でもOK

時短勤務とはいえ、働きながらの家事や育児は大変です。職場復帰する前にこなしていた家事を、毎日同じようにやるのはママに大きな負担となります。家事を完璧こなさなきゃと無理をしてしまうくらいなら、手抜き家事をオススメします。例えば、「洗濯物はすぐにたたまなくてもOK」、「掃除機は土日にまとめてかける」など、自分の中でルールを決めておけば、家事ができない日があっても、自分を責めることはないはずです。

事前に助けてもらえる環境を作っておく

職場復帰したら、子供の熱や病気で仕事を休まなければいけないことがあります。子供が3歳になる頃までは熱は頻繁に出ますし、保育園で病気をもらってくることも増えるでしょう。子供を保育園に預けることができないが仕事も休めない、となった時にどうするのかを決めておくと、緊急時でも落ち着いて対応できます。

パパはどんな日なら仕事を休めるのか、おじいちゃんおばあちゃんに子供が病気の時に預かってもらえるか、など確認し、事前にお願いしておくといいでしょう。また、身近な人に預かってもらえない場合は、病児保育という選択肢もあります。ただし、病児保育を利用する時は事前登録が必要になるので、あらかじめ利用方法を確認しておきましょう。

関連記事

病児保育・病後児保育の費用は? 病児保育のベビーシッターに助成金がでるって本当?

まとめ:仕事にも育児にも無理なく取り組むためには時短勤務も選択肢の1つ


時短勤務の1番のメリットは、フルタイム勤務に比べると時間に余裕ができることでしょう。子供と一緒にいられる時間が少し増えるため、我が子の成長を感じられる機会も増えます。産休、育休からの仕事復帰はママも大変ですが、ママと長時間離れるのは子供も初めての経験です。ママも子供も、なるべく無理をせず新しい環境に慣れることができるよう、時短勤務を含めた働き方を考えたいですね。