保育園無償化はいつからスタート? 全額無料? 所得制限は? 幼保無償化とは?

2019年10月からスタートが決定した幼保無償化について、保育園に通う子どもはどんなサポートを受けられるのかはご存知でしょうか? いつから始まるのか、所得制限はあるのか、認可・認証・認可外、どの園も対象になるのか、預かり保育や給食費も無償化の対象になるのか、など、現時点でわかる幼保無償化について保育園の内容に絞って調べてみました。

2019年から保育園が無料になるって本当?

2019年から保育園が無料になるって本当?

幼保無償化は2019年10月にスタート

2019年から保育園が無料になるという話を耳にしたことがあるパパやママは多いと思います。以前から度々話題になっていた保育園の無償化ですが、2019年10月より幼児教育・保育の無償化の実施が決定しました。

保育園が無償化される制度の正式名称は幼保無償化と言います。幼保無償化と同時期に消費税の8%から10%へと引き上げも予定されていますが、消費税増税によって得られる税収の一部が、幼保無償化費用にあてられます。消費税が高くなるのは嫌だな…と思っていた方も、支払った税金が一部補助金として戻ってくるのを知ると、少し気持ちが落ち着きますね。ちなみに、幼保無償化の費用としては7764億円が見込まれています。消費税の2%増税で見込まれる税収増は5兆6000億円とされていますから、増えた税収の15%弱が幼保無償化に充てられるわけですね。

無償化と呼ばれているけれど、無料になるわけじゃない

さて、幼保無償化と聞くと、「保育園が無料になるの!?やった!!」と思う方も多いでしょう。しかし、幼保無償化は対象年齢や補助の上限金額が設定されており、保育園に預けることができる0歳から5歳までの利用料全てが無料になる訳ではありません。すでに保育園に子供を預けている方も、今後、子供を保育園に預ける予定のある方も、今のうちに幼保無償化の正しい情報を知っておきましょう!

なお、幼保無償化の一般的な話については下記記事で紹介しています。こちらの記事は保育園の内容に特化した幼保無償化についての記事になります。

関連記事

【幼保無償化って?】 最新情報を紹介!

そもそも保育園無償化(幼保無償化)とは?

そもそも保育園無償化(幼保無償化)とは?
幼保無償化と聞くと保育園の保育料がすべて無料になると勘違いされがちですが、保育園にかかる費用の一部を国が補助する制度です。近年、人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性が再認識され、全ての子供に質の高い幼児教育を提供することを国は目指しています。しかし、子育て世帯にとって保育園の保育料などの教育費は少なからず家計の負担となっています。その支援として、国は2019年10月から幼保無償化の実施へと踏み出しました。

年齢や保育園のタイプによって受けることができる内容が変わってきますが、大まかには、幼稚園、保育園、認定こども園等を利用する0歳~5歳の子供たちの保育料、教育費の一部が補助されると考えてください。

幼保無償化の補助金は所得制限はなく、平等に支給される

また、幼保無償化の補助については世帯年収の制限や、世帯年収で補助金額が変わるなどはありません。これまでの児童手当(こども手当)では世帯年収で支給額が変わっていましたが、幼保無償化は子供がいる世帯なら、どの家庭にも平等に補助金が支給されます。

幼保無償化の概要

保育園無償化の概要
保育園については、3歳児クラス(3歳になった後の最初の4月以降)から全世帯が幼保無償化の対象となります。0歳~2歳の子供たちについては、住民税非課税世帯(世帯年収が約200~300万円)だけが幼保無償化の対象となります。

ただし、保育園で実費として徴収されている費用(例えば行事費、制服や体操着等の費用など)は、幼保無償化の対象外となる予定です。幼保無償化の対象となる各費用については後ほど詳しくご説明します。

幼保無償化で認証、認可外保育園の保育料も無料になる?

幼保無償化で認証、認可外保育園の保育料も無料になる?
認可保育園以外の保育園、認証保育園や認可外保育園に子供を預けている方は一番気になるポイントかと思います。安心してください、認証保育園や認可外保育園に通う子供も幼保無償化の対象です。また、地域型保育(小規模保育、家庭的保育、居宅訪問型保育、事業所内保育)、企業主導型保育事業に通う子供についても同様に幼保無償化の対象となります。ただし、幼保無償化での補助には上限金額が設定されているので、利用料金の一部が補助されるくらいに考えておいた方がいいでしょう。

幼保無償化になぜ上限金額が設定されているのでしょうか? 認可外保育施設では、月に10万円以上と高額な保育料がかかる施設もあり、認可保育園に通う子供への補助金額との公平性を考え、上限金額が設定されました。

認証や認可外保育園の利用料金補助の上限金額は?

認証や認可外保育園の利用料金補助の上限金額は?
0歳~2歳の子供たちについては、住民税非課税世帯(世帯年収が約200~300万円)の子供たちを対象として月額4万2000円までの利用料が、3歳~5歳の子供たちについては、認可保育園の保育料の全国平均額である月額3万7000円までが補助されます。

無償化の対象となる認可外保育施設は国が定める認可外保育施設の指導監督基準を満たすことという条件が定められています。ただし、経過措置として指導監督基準を満たしていない認可外保育施設であっても、自治体の判断で5年間の猶予期間を設けて幼保無償化の対象となる場合もあります。

幼保無償化で補助が受けられる費用について

幼保無償化で補助が受けられる費用について
パパママは幼保無償化で補助を受けることができる費用の内訳が気になりますよね。そこで、保育園でかかる費用について、それぞれの項目で幼保無償化の対象となっているのかを調査してみました。

保育料:幼保無償化の対象

保育料については幼保無償化の補助対象となります! ただし、上記でお話したように、幼保無償化で補助される金額には上限があります。0~2歳の子供の保育料については補助が受けられる条件が厳しいため、幼保無償化の対象になる家庭は少ないでしょう。しかし、3歳以上の子供の場合は3万7000円までなら保育料の補助が受けられます

認可保育園の保育料は世帯年収によって決まります。世帯年収が高い家庭の保育料は幼保無償化での補助上限額を超えるでしょうから、保育料が全額無償化になることはありません。しかし、家庭によっては幼保無償化の上限金額内に保育料が収まることもあるかもしれません。

なお、国から補助金を受けずに運営されている認可外保育園については世帯年収に関係なく保育料が設定されています。認可外保育園の保育料を幼保無償化の補助でまかなうのはまず無理だと考えた方がいいでしょう。

延長保育料:幼保無償化の対象

延長保育料も幼保無償化での補助対象となります。しかし、認可保育園なら保育料+延長保育料を上限金額に収めることはできるかもしれませんが(世帯年収によっては保育料だけで上限金額を超えてしまいます)、認可外保育園の場合は保育料だけで幼保無償化の上限金額を超えることがほとんどのため、延長保育料は補助金でまかなえないと考えた方がよいでしょう。

給食費:幼保無償化の対象外

保育園の給食費については幼保無償化の対象外となりました。実は幼保無償化の当初の計画では給食費も無料となる予定でした。しかし、給食費が実費払いの幼稚園と比較して不公平が生じることが問題視され、保育園でも食事代は利用者負担となった経緯があります。

その他、雑費:幼保無償化の対象外

保育料以外については基本的に補助を受けることができません。認可、認可外などの保育園のタイプや、地域などによって保育園ごとに異なるので一概には言えませんが、例えば以下の費用となります。

入園料(認可外保育園の場合は、必要な保育園がほとんど)、給食費、行事費、諸経費(教材費、プール料他)など。また、保育園入園前の準備として、布団カバー・シーツや保育園バッグ、タオルや歯磨きなどの備品、体操着などが必要な保育園もありますが、こういったものは全て幼保無償化での補助の対象外となります。

幼保無償化はママたちから賛否両論?

幼保無償化はママたちから賛否両論?
なにはともあれ、働くママにとって、保育園無償化はとっても嬉しいニュースですよね。ただしよく耳をすませてみると嬉しいとは反対の声もちらほら。
「保育料を無料にするよりも待機児童問題を何とかして欲しい」
「2019年10月にはすでに子供達は保育園を卒園しているので意味がない」
「認可保育園に入れなかったため、保育料の高い認可外保育園へ入れているのに上限金額があるのは悲しい」
「保育園の保育士の待遇改善の方が先では?」
「大学の教育費も負担して欲しい」
などなど。
教育問題は家庭によって事情がさまざまに違うので、いろいろな意見があるのは当然のことです。より多くの人にとって良い制度になることを願うばかりです。

まとめ:幼保無償化で保育料が全額無料になるわけではない


世帯年収が少ない家庭では認可保育園だと保育料、延長保育費用は無料になるかもしれませんが、保育料が全額無料になるということはほぼなさそうです。特に認証、認可外保育園に子供が通う世帯では、保育園にかかる費用の50%弱くらいしか補助を受けられないのではないでしょうか。

ただし、幼保無償化については制度の詳細はまだ決定していません。2019年10月の導入までにさまざまな変更点があるかもしれないので、日々のニュースで幼保無償化が取り上げられるのをチェックしておいた方がいいでしょう。子供の年齢や、実際に通っている保育園のタイプによっても補助内容が変わってくるため、幼保無償化の全体像を把握するのは大変ですが、続報があればこちらの記事も更新しますので引き続きチェックしてください。