意外と知らない幼稚園と保育園の違い ウチの子はどちらに通わせるべき?

皆さんは”幼稚園と保育園の違い”について説明できますか? 「専業主婦の家の子は幼稚園、共働きの子どもは保育園」、「0歳から預けられるのが保育園で、3歳から預けらるのが幼稚園」のようなイメージでしょうか。幼稚園と保育園には他にもいろいろな違いがあります。意外と知られていない”幼稚園と保育園の違い”について、こちらの記事でご紹介します。

幼稚園ってどんな施設なの?

幼稚園ってどんな施設なの?

文部科学省が管轄するのが幼稚園

幼稚園の概要
管轄 文部科学省
対象年齢 3~5歳(2歳児受け入れ園もあり)
教育時間 9~14時ごろ(それ以降は預かり保育で対応)
長期休み 有り(春休み、夏休み、冬休み)
先生の資格 幼稚園教諭免許

幼稚園は小学校や中学校と同じく文部科学省が管轄する教育機関です。法律でどういった教育を行うのかが定められており、幼稚園教育要領に従って3~5歳までの未就学児の教育が行われます

預かり保育もあるが、定時退社でもお迎えが間に合わない場合も多い

幼稚園は専業主婦家庭の子供が通う場所というイメージが強いですが、それは9~14時頃までと短い教育時間が理由にあげられます。預かり保育を行う幼稚園も増えてきましたが、園によっては預かり保育が16時半まで、などフルタイムで働くパパママだとお迎えが難しい場合もあります。最近では夫婦共働きの家庭が増えてきたため、18時、19時までの預かり保育を行う園も登場しはじめました。

幼稚園には夏休み、冬休みの長期休暇がある

保育園に子供を通わせている家庭でも、幼稚園の教育プログラムに魅力を感じ「3歳からは幼稚園に通わせたい」と考えている方は多いです。しかし、幼稚園には春休み、夏休み・冬休みがあります。休み期間は小学校とほぼ同じと考えてください。共働きの家庭の子供が幼稚園に通うのが難しい理由として、この長期休み問題もあげられますが、最近では長期休み中の預かり保育を行う園も増えてきました。その他、親の参加が望ましい行事や活動が行われることもあり、祖父母が同居、もしくは近くに住んでいるご家庭でない限り、共働き家庭の子供が幼稚園に通うハードルは高いかもしれません。

保育園(保育所)はどんな施設なの?

保育園はどんな施設なの?

保育園は厚生労働省管轄の児童福祉施設

保育園の概要
管轄 厚生労働省
対象年齢 0~5歳
保育時間 7時30分~18時30分ごろまで(それ以降は延長保育で対応)
長期休み 無し
先生の資格 保育士資格

保育園は「保育に欠ける事情」がある子供のために児童福祉法で規定された児童福祉施設です。今は共働き家庭の子供が多く通うため、福祉施設と言われてもピンとこないかもしれません。保育園に入所する際に、家庭の事情によって入所できる優先順位が違ってくるのは、各家庭の「保育に欠ける事情」の度合いを自治体チェックして決めるからです。なお、保育園は「保育所」と呼ばれることもありますが、保育園は通称で保育所が児童福祉法など法律で定められた正式名称です。

正社員、派遣社員で働く家庭の多くが保育園を希望

共働き家庭の子供の多くが保育園に通うのは、保育時間が長いこと、長期休みがないことが大きな理由でしょう。一般的な企業では9~17時が定時となっています。通勤時間も考えると8~18時頃まで子供を預かってくれる保育園は、働くパパママの強い味方となっています。そのため、夫婦共働き家庭を支援する施設として、最近は都市部での保育園の整備が急速に進みました。

保育園には認可、認可外(無認可)の違いがある

保育園は認可・認可外の2種類に分けることができます。認可外保育園は無認可保育園と呼ばれることもありますね。認可保育園は児童福祉法で規定された設備、人員などを満たした保育園で、運営費のほぼすべてが国からの補助金で賄われています。認可保育園の入園の可否は、自治体が各家庭の「保育に欠ける事情」をチェックして行います。毎年2~3月にかけて「保育園に落ちた」などがニュースになるのは認可保育園の話です。

関連記事

保育園の種類が知りたい! 認可、認可外、認証って何が違うの?

認可外(無認可)の違いがある

一方の認可外(無認可)保育園は、入園者は各保育園が選ぶことができますが、運営費の一部しか補助金を受けていなかったり、補助金無しで運営したりする園もあります。認可外と聞くとサービスが悪いというイメージを持つかもしれませんが、都心部では児童福祉法が定める園庭などの施設・設備の確保が難しい地域もあり、子供が通いやすい便利な場所の保育園は認可外ということも珍しくありません。また、独自の教育プログラムを提供する、自社社員を受け入れるため、などの理由からあえて認可外で運営し続ける保育園もあります。

認証保育園は認可外保育園に近い

また、一部地域では認可外(無認可)保育園にも独自に補助金を出していることがあります。東京都の場合だと、都から補助金を受けている認可外保育園は「認証保育園」と呼ばれています

都から補助金を受けているものの、園児の募集は園が独自で行い、認可保育園のように自治体による選考が行われることはありません。ですので、認証保育園への入園申し込みは認可外と同様、園に直接行います。

最近、よく耳にする認定こども園って何?

最近、よく耳にする認定こども園って何?

内閣府が管轄する幼保一体型施設

認定こども園は簡単に言えば幼稚園、保育園のいいところを併せ持つ施設だと考えてください。認定こども園が誕生した背景としては、待機児童問題があります。これまで共働き家庭では利用しづらかった幼稚園を、保育園と同等の時間で子供を預かることができる認定こども園に移行させ、待機児童問題の解消を狙ったのです。共働き家庭の増加で入園者が減少している幼稚園は多く、そういった園が認定こども園に移行しています。

最近の幼稚園は共働き世帯を支援するため、保育園の延長保育と同様に”預かり保育”を行っています。保育園は幼稚園のような教育の充実を求める声に応え、魅力的な教育プログラムを導入しはじめました。幼稚園と保育園、それぞれのイイところを満たす施設が今は求められており、国が制度としてそういった声に応えたのが認定こども園という一面があるのです。

認定こども園には、幼稚園から移行して認定こども園になった”幼稚園型”と保育園が移行した”保育所型”があり、幼稚園型の認定こども園は平日の行事が”保育所型”より多いこともあるため、入園申し込みをする際にはそこを確認しておいた方がいいかもしれません。

認定こども園はどのように入園を申し込むの?

認定こども園の入園申し込みは、子供の年齢や希望する保育時間によって申し込み方法が違います。簡単に説明すると、保育時間が短い、幼稚園のような預け方を希望する場合は園に直接申し込み、保育園のように保育時間が長い預け方を希望する場合は保育園と同様に自治体に入園申し込みをするようになっています。

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!