幼稚園と保育園の違いとは? 保育時間や料金、教育内容などを比較してみました

「幼稚園と保育園の違い」についてご存知でしょうか? 「専業主婦家庭の子は幼稚園、共働きの子どもは保育園」、「0歳から預けるのが保育園で、3歳から預けるのが幼稚園」のようなイメージでしょうか。幼稚園と保育園には他にもいろいろな違いがあり、こちらの記事でご紹介します。

幼稚園と保育園の違いを表で比較!

幼稚園 保育園
管轄 文部科学省 厚生労働省
対象年齢 3~5歳(2歳児受け入れ園もあり) 0~5歳
教育時間 9~14時ごろ(それ以降は預かり保育) 7時30分~18時30分ごろまで(それ以降は延長保育)
長期休み 有り(春休み、夏休み、冬休み) 無し
教育内容 国の方針に基づいて同等の教育が行われている
給食の有無 任意 義務
平均的な月額費用 公立2万円、私立4万円 年齢や世帯年収によって違う
入園申し込み時期 9月~11月頃 12月頃
先生の資格 幼稚園教諭免許 保育士資格

幼稚園と保育園の違いを表で簡単にまとめてみました。子供を預かってくれる時間、長期休みの有無などが幼稚園と保育園の大きな違いと言えます。幼稚園と保育園にかかる費用の違いについても気になると思いますが、こちらは対象年齢や料金の算出方法が違うため、単純な比較は難しいです。おおざっぱに言うと、保育園の方が保育時間が長い分、保育料は高いと考えていいでしょう。保育料についての詳細は幼稚園、保育園それぞれについての解説記事を用意していますので、そちらをご覧ください。

関連記事

幼稚園の費用っていくらかかる? 公立と私立の園での教育費は違うの?
保育園の料金、費用は世帯年収で違う? ウチの子供の保育料はいくら?

では、以下で詳細な違いについて幼稚園、保育園のそれぞれで解説していきましょう。

幼稚園ってどんな施設なの?

幼稚園ってどんな施設なの?

文部科学省が管轄するのが幼稚園

幼稚園の概要
管轄 文部科学省
対象年齢 3~5歳(2歳児受け入れ園もあり)
教育時間 9~14時ごろ(それ以降は預かり保育で対応)
長期休み 有り(春休み、夏休み、冬休み)
先生の資格 幼稚園教諭免許

幼稚園は小学校や中学校と同じく文部科学省が管轄する教育機関です。小学校に上がる前の子供に、年齢にあった教育を受けてもらうために整備された施設です。幼稚園での教育は幼稚園教育要領という指針で定められており、公立も私立も幼児教育での目標は共通です。この幼稚園教育要領に従って3~5歳までの未就学児の教育が行われています

関連記事

幼児教育の基準になる幼稚園教育要領って何? どんな法令なの?

幼稚園の教育時間外は預かり保育で対応

幼稚園の教育時間外は預かり保育で対応
幼稚園は専業主婦家庭の子供が通う場所というイメージが強いですが、それは9~14時頃までと短い教育時間が理由にあげられます。保育園の延長保育のようなサービスとして、幼稚園には「預かり保育」というサービスがあります。しかし、幼稚園によっては預かり保育は16時半までなど、フルタイムで働くパパママだとお迎えが難しい場合もあります。ただし、最近では夫婦共働きの家庭が増えてきたため、18時、19時までの預かり保育を行う園も登場しはじめました。

共働き家庭の子供が保育園に通えない待機児童が深刻な問題になる中、自治体は積極的に保育園を増やしてきましたが、自治体の予算や保育園を開所できる場所にも限界があります。そこで、最近では幼稚園の預かり保育時間を延長し、待機児童解消につなげられないかと自治体もいろいろな工夫をするようになりました。今後、幼稚園の預かり保育は共働きのパパママにも使いやすくなってくるでしょう。

関連記事

幼稚園の預かり保育って何? 保育園の延長保育とどう違うの?
待機児童問題の原因と対策 東京23区の待機児童数は?

幼稚園には夏休み、冬休みなどの長期休みがある

幼稚園には夏休み、冬休みの長期休みがある
保育園に子供を通わせている家庭でも、幼稚園の教育プログラムに魅力を感じ「3歳からは幼稚園に通わせたい」と考えている方もいます。しかし、幼稚園には春休み、夏休み・冬休みがあります。休み期間は小学校とほぼ同じと考えてください。共働きの家庭の子供が幼稚園に通うのが難しい理由として、この長期休み問題があげられます。祖父母が同居、もしくは近くに住んでいるご家庭でない限り、共働き家庭の子供が幼稚園に通うハードルは高いと感じるパパママも多いでしょう。

これまでは幼稚園の長期休み問題や預かり保育時間が短いため、共働き家庭の子供は保育園入園を選ぶことが多く、定員割れする幼稚園が出始めていました。そのため、これらの問題についても、幼稚園は対応しはじめています。長期休みの期間中も子供を預かってくれ、預かり保育も保育園と同じくらいの時間帯で受け入れてくれる幼稚園が都心を中心に増えはじめています。

幼稚園の見学会は6月~9月に、説明会は9月~10月に開かれるのが一般的

幼稚園に入園を希望する方は入園前年度の春頃から準備を開始しましょう。入園説明会や願書配布は9月~10月に行われますが、それ以前の6月~9月に開催される幼稚園の見学会に参加し、子供にあった幼稚園を探すことをおすすめします。幼稚園によっては有料でプレ保育を行っていることもあり、他の園児と一緒に園の教育を体験できるので可能なら参加した方がいいでしょう。幼稚園の入園準備については下記記事に詳しくまとめていますので、そちらをご覧ください。

関連記事

幼稚園は何歳から入れるの? 入園準備はいつからすべき?

幼稚園が共働き家庭に配慮しはじめた?

最近では長期休み中の預かり保育を行う幼稚園も増えてきました。パパママの参加が望ましい行事は土曜日に開催してくれたり、平日の活動にパパママが参加しなくてもいいように配慮してくれる幼稚園もあらわれはじめました。その結果、共働き家庭であっても幼稚園に通わせることを考えているパパママが少しずつ増えているように感じます。子供の教育という点で見ると幼稚園は魅力的な教育施設ですから、預かり保育が長かったり、夏休みや冬休みも子供を預かってもらえる幼稚園なら入園を考えてみてもいいのではないでしょうか。なお、幼稚園は入園前に見学できる園が多くあるので、パパママの目での施設のチェックや幼稚園に確認しておきたいことは見学の際に忘れずに確認するようにしてくださいね。

保育園(保育所)はどんな施設なの?

保育園はどんな施設なの?

保育園は厚生労働省管轄の児童福祉施設

保育園の概要
管轄 厚生労働省
対象年齢 0~5歳
保育時間 7時30分~18時30分ごろまで(それ以降は延長保育で対応)
長期休み 無し
先生の資格 保育士資格

保育園は「保育を必要とする」子供のために児童福祉法で規定された児童福祉施設です。今は共働き家庭の子供が多く通うため、福祉施設と言われてもピンとこないかもしれません。認可保育園に入所する際に、家庭の事情によって入所できる優先順位が違ってくるのは、各家庭の「保育を必要とする」度合いを自治体チェックして決めるからです。この「保育を必要とする」度合いは保育指数という点数で計算することができ、この点数をいかに獲得し、我が子を希望の認可保育園に入園させるかの競争を「保活」といい、パパママの深刻な悩みとなっています。なお、保育園は「保育所」と呼ばれることもありますが、保育園は通称で保育所が児童福祉法など法律で定められた正式名称です。

関連記事

保活はいつからはじめるべき? 後悔しない保活のための4つのポイント

今の保育園は幼稚園と同じ水準の教育も行っている

今の保育園は幼稚園と同じ水準の教育も行っている
かつての保育園は何らかの事情で家庭で充分な保育が受けられない子供を支援する「福祉施設」とされてきました。この背景があるので保育園は今も厚生労働省管轄となっています。一方の幼稚園は未就学児の教育を行う施設で、文部科学省が管轄です。そのため、幼児教育は幼稚園の方が優れているイメージが今もあります。しかし、夫婦共働き家庭が当たり前になり、保育園でも幼稚園のような教育を求める声が強くなった結果、現在は保育園でも幼稚園と同様の教育が行われています

国も保育園の運営方針を定めた「保育所保育指針」を2018年に改定し、幼稚園と同等の教育を保育園でも行うようにという方針を定めました。保育所保育指針は保育園でどのような教育、保育が行われているのかを定めた文書です。下記記事で詳細を紹介していますので、気になる方はご覧ください。

関連記事

保育所保育指針って何? これを見れば保育園の保育方針がわかります

正社員、派遣社員で働く家庭の多くが保育園を希望

正社員、派遣社員で働く家庭の多くが保育園を希望
共働き家庭の子供の多くが保育園に通うのは、保育時間が長いこと、長期休みがないことが大きな理由でしょう。一般的な企業では9~17時が定時となっています。通勤時間も考えると8~18時頃まで子供を預かってくれる保育園は、働くパパママの強い味方となっています。そのため、夫婦共働き家庭を支援する施設として、最近は都市部での保育園の整備が急速に進みました。

保育園には認可、認可外(無認可)の違いがある

保育園には認可、認可外(無認可)の違いがある
保育園は認可・認可外の2種類に分けることができます。認可外保育園は無認可保育園と呼ばれることもありますね。認可保育園は児童福祉法で規定された設備、人員などを満たした保育園で、運営費のほぼすべてが国からの補助金で賄われています。認可保育園の入園の可否は、自治体が各家庭の「保育を必要とする」状況をチェックして行います。毎年2~3月にかけて「保育園に落ちた」などがニュースになるのは認可保育園の話です。

関連記事

保育園の種類が知りたい! 認可、認可外、認証って何が違うの?

認可外(無認可)保育園って何?

一方の認可外(無認可)保育園は、入園者は各保育園が選ぶことができますが、運営費の一部しか補助金を受けていなかったり、補助金無しで運営したりする園もあります。認可外保育園と聞くとサービスが悪いというイメージを持つかもしれませんが、都心部では児童福祉法が定める園庭などの施設・設備の確保が難しい地域もあり、子供が通いやすい便利な場所の保育園は認可外ということも珍しくありません。また、独自の教育プログラムを提供する、自社社員を受け入れるため、などの理由からあえて認可外で運営し続ける保育園もあります。

認証保育園は認可外保育園に近い

また、一部地域では認可外(無認可)保育園にも自治体が独自に補助金を出していることがあります。東京都の場合だと、都から補助金を受けている認可外保育園は「認証保育園」と呼ばれています

都から補助金を受けているものの、園児の募集は園が独自で行い、認可保育園のように自治体による選考が行われることはありません。ですので、認証保育園への入園申し込みは認可外と同様、保育園に直接行います。

また、2019年1月10日のニュースで、東京都が夜間や休日も開所する認証保育園の人件費補助を行うと発表されました。夜間や休日の保育については、これまで認可外保育園が担ってきましたが、都に認められた認証保育園での保育時間の選択肢も増えるとパパママは安心ですね。

認可保育園への保活は子供が生まれて間もなくスタート?

幼稚園に比べ、希望する保育園への入園は前もっての準備が大変です。特に認可保育園への入園は大都市圏では「保活」と呼ばれるほど激戦になることがあります。認証、認可外に比べて保育料が安く、施設も整った認可保育園への保活は、まず自宅周辺の子供を通わせたい保育園を探すことからスタートします。

幼稚園と同様、認可保育園も見学することができるので、子供にあった認可保育園を探しましょう。幼稚園のように希望する幼稚園に入園しやすいわけではないので、なるべく多くの認可保育園を見学することをおすすめします。認可保育園の入園申し込みは毎年10~11月頃に翌年4月入園の案内資料が自治体から配布されます。入園募集を行っている認可保育園を選び、12月頃に自治体に入園申し込みを行います。入園の可否の発表は翌年1月~2月頃に発表されることが多いでしょう。

認可保育園の入園選考は保育指数と呼ばれる点数で優先順位が決められており、夫婦共働きでないと認可保育園への入園は難しいでしょう。認可保育園への入園が期待できない場合は認証や認可外保育園も含めて保育園探しを行うことをおすすめします。保活や保育指数については下記記事に詳しくまとめていますので、よろしければご覧ください。

関連記事

認可保育園の選考で計算される「保育指数」とは?
認可保育園に落ちて不承諾通知が届いた…保活に失敗したらどうすればいいの?
保活はいつからはじめるべき? 後悔しない保活のための4つのポイント

最近、よく耳にする認定こども園って何?

最近、よく耳にする認定こども園って何?

幼稚園と保育園、どちらの特徴も持つ教育・保育施設

認定こども園は簡単に言えば幼稚園、保育園のいいところを併せ持つ施設だと考えてください。認定こども園が誕生した背景としては、待機児童問題があります。これまで共働き家庭では利用しづらかった幼稚園を、保育園と同等の時間で子供を預かることができる認定こども園に移行させ、待機児童問題の解消を狙ったのです。共働き家庭の増加で入園者が減少している幼稚園は多く、そういった園が認定こども園に移行しています。

最近の幼稚園は共働き世帯を支援するため、保育園の延長保育と同様に”預かり保育”を行っています。保育園は幼稚園のような教育の充実を求める声に応え、魅力的な教育プログラムを導入しはじめました。幼稚園と保育園、それぞれのいいところを満たす施設が今は求められており、国が制度としてそういった声に応えたのが認定こども園です

認定こども園には、幼稚園から移行して認定こども園になった”幼稚園型”と保育園が移行した”保育所型”があり、幼稚園型の認定こども園は平日の行事が”保育所型”より多いこともあるため、入園申し込みをする際にはそこを確認しておいた方がいいかもしれません。

関連記事

認定こども園って何? 幼稚園、保育園と何が違うの?

認定こども園はどのように入園を申し込むの?

認定こども園の入園申し込みは、子供の年齢や希望する保育時間によって申し込み方法が違います。簡単に説明すると、保育時間が短い、幼稚園のような預け方を希望する場合は園に直接申し込み、保育園のように保育時間が長い預け方を希望する場合は保育園と同様に自治体に入園申し込みをするようになっています。

幼稚園、保育園、認定こども園はどれも幼保無償化の対象です

幼稚園、保育園、認定こども園はどれも幼保無償化の対象です
最近、ニュースで「幼保無償化」という言葉をよく耳にしませんか? 2019年10月から未就学児の教育費を国が補助する制度がスタートするのですが、幼稚園、保育園、認定こども園はすべて幼保無償化の対象となります。子供を通わせる施設によって補助を受けられる金額は違いますが、最大で37000円の教育費補助が受けられる制度なため、パパママにとってはありがたいですね。幼保無償化の詳細については下記リンクにまとめていますので、詳細はそちらをご覧ください。

関連記事

幼保無償化(幼児教育無償化)って? 2019年10月から保育園、幼稚園の保育料が無料になる?

まとめ:共働き=保育園ではなくなってきた

共働き=保育園ではなくなってきた
幼稚園には夏休み、冬休みなどの長期休暇があることなどを紹介しましたが、共働き家庭に配慮し、長期休暇中も幼稚園を開所したり、預かり保育を行う幼稚園が最近は増えてきています。また、共働き家庭に理解がある幼稚園はここ数年で認定こども園に移行する例も増えてきています。国も深刻な待機児童問題を解決するために幼稚園を待機児童の受け皿にしようと、幼稚園の認定こども園移行を積極的に推し進めてきました。

最近は2歳児の受け入れを始める幼稚園が増えるなど、幼稚園のままで共働き家庭の子供を受け入れようとする園もあらわれてきました。今は、昔のような「専業主婦家庭=幼稚園、共働き家庭=保育園」という図式では無くなってきています

皆さんの子供を園に預ける際には自宅近くの通える範囲にある保育園、幼稚園、認定こども園はすべて把握した上で、希望する時間、子供を預けられるのか、どんな教育をしているのか、パパママが参加する行事がどのくらいあるのか、などを総合的に見て子供を通わせる園を決めるようにしてください。