水道水で粉ミルクを作る時の沸騰時間や注意点! ミネラルウォーターやウォーターサーバーは安全?

赤ちゃんの粉ミルクは水道水で作っても大丈夫?

赤ちゃんの粉ミルクは水道水で作っても大丈夫?
「水道水って粉ミルク作りに使っても大丈夫なのかな…?」と初めての育児では、こんな疑問や不安を持つパパママも多いのではないでしょうか。日本の粉ミルクは、国内の水道水で調乳した時に最適なミネラル量になるように設計されているので、水道水が問題なく使える場合は原則として水道水で調乳することが望ましいとされています。ただし、水道水を調乳に使う場合は「必ず沸騰させて湯冷ましにしたものを使う」など、いくつかの注意点があるため、以下で詳しくご説明します。

完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
最近は母乳で育てたいというママも多いでしょうか。完全粉ミルク育児にもメリットはたくさんありますよ! 粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、アレルギーになりやすい? 肥満になりやすい? など、ママが不安に思う情報についても解説していきます。
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは月齢や赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを選ぶ必要があります。でも種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、粉ミルクの種類や選ぶ時の注意点、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。
赤ちゃんに湯冷まし(白湯)は飲ませるべき? 水道水やミネラルウォーターは使える? 作り方も紹介
赤ちゃんに湯冷まし(白湯)は飲ませるべき? 水道水やミネラルウォーターは使える? 作り方も紹介
「お風呂上りの赤ちゃんに湯冷ましを飲ませるといい」と聞いたことがあるパパママもいるでしょうか。沸騰させた水を冷まし湯冷ましを作りますが、水道水、ミネラルウォーターなどどんな水を使うといいのでしょう。正しい湯冷ましの作り方や注意点をご紹介しますね。

まず水道水の安全性や危険性について知っておこう!

まず水道水の安全性や危険性について知っておこう!
世界一安全性が高いとも言われている日本の水道水ですが、安心しきれない面があるのも事実です。粉ミルク作りに水道水を使う場合は、日本の水道水の安全性と危険性について知っておきましょう。

日本の水道水は厳しい水質基準をクリアしている

日本の水道水は厳しい水質基準をクリアしている
日本の水道水は、厚生労働省が定める「水道法」に基づき水質基準が定められ、水質が厳しく管理されています。水質基準は、2019年現在51項目にも及び、検査を受けて大腸菌、ヒ素、水銀などすべての項目の水質基準に適合した安全な水だけが私たちの家庭まで届けられています

「では、家庭に届いている水道水は安全なのね!」と思いたいところですが、「水道水は絶対に安全」と言い切れない理由もあるのため、以下でご説明します。

「残留塩素」や発がん性のある「トリハロメタン」が含まれているが人体には影響がない量とされている

「残留塩素」や発がん性のある「トリハロメタン」が含まれているが人体には影響がない量とされている
水道水には、「残留塩素」や発がん性のある「トリハロメタン」という物質が含まれています。水道水は、大腸菌などの有害な菌を殺菌するために塩素消毒が行われており、殺菌消毒後は残留塩素が水道水にわずかに残り続けます。また、トリハロメタンは、塩素消毒過程で、元々水に含まれていた有機物質と化学反応を起こして発生し、発がん性や催奇形性のおそれがあります。

日本の水道水に含まれる「残留塩素」や「トリハロメタン」の量は、厳しい水質基準をもって安全性に問題がないレベルに保たれていますが、赤ちゃんは免疫力が弱く体が未熟なため、水道水をそのまま与えるのは避けた方が良いでしょう。水道水を粉ミルクに使う場合は、残留塩素やトリハロメタンを取り除く必要があります。

鉛製の給水管を通った時に「鉛」が溶け出す可能性がある

鉛製の給水管を通った時に「鉛」が溶け出す可能性がある
水道水の水質自体は厳しく管理され安全だとしても、古い鉛製の給水管を使っている場合には注意が必要です。1980年代後半まで日本でも多用された鉛製の給水管ですが、長時間水道を使用せず水道水が鉛製の給水管に留まっていた場合、鉛が溶け出し安全な水質基準を超えてしまう場合があるのです。水質基準の値を超える鉛の摂取は、健康に悪影響を及ぼします上に、沸騰させても除去することができません。もしご自宅の給水管が鉛製であれば、赤ちゃんに水道水を使うのは避けた方が良いでしょう。

貯水槽の管理方法もチェックしよう

貯水槽の管理方法もチェックしよう
住まいがマンションの場合は、貯水槽がどのように管理されているかについても気を配らなければなりません。多くのマンションでは、水道水は一度貯水槽に貯められ、その後それぞれの住戸に供給される仕組みとなっています。安全な水道水を使用するためには、この貯水槽の清掃や管理がきちんと行われていることが必須条件です

マンションの貯水槽の場合、貯水槽の検査を行うのは国ではなく厚生労働大臣の登録検査機関であり、10立方メートル以下の小規模貯水槽については、検査の義務がありません。そのため、すべての貯水槽が十分に管理維持されているとは言えない状況です。貯水槽のサビや汚れなどで水質が悪化してしまうおそれがあるため、貯水槽の管理に少しでも不安がある場合には、赤ちゃんには水道水以外の水を使用することを考えた方が良いでしょう。

水道水で粉ミルク用のお湯を作る方法

水道水で粉ミルク用のお湯を作る方法
水道水で粉ミルク用のお湯を用意する場合は、水道水を10分以上沸騰させ続け、残留塩素とトリハロメタンをしっかりと取り除くことが原則です。トリハロメタンは、沸騰から5分程で一時的に濃度が上昇しますが、その後も沸騰させ続けることで蒸発し濃度は減少します。必ず10分以上時間をかけてしっかりと沸騰を続けてください

「やかん」や「鍋」を使う

「やかん」や「鍋」を使う
やかんや鍋に水道水を入れ、沸騰開始から10分以上沸騰させます。この時、塩素やトリハロメタンを蒸発しやすくするために、ふたを開けたままの状態で沸騰させてください。タイマーで時間を計り、火の消し忘れがないように注意しましょう

「電気ポット」や「ケトル」を使う

電気ポットやケトルを使ってお湯を沸かす場合は、一度の沸騰では残留塩素やトリハロメタンの除去が不十分です。たとえ電気ポットに「カルキ抜き機能」があり残留塩素は取り除けたとしても、10分以上の沸騰が必要となるトリハロメタンの除去は十分にできないことがあるのです。電気ポットやケトルで残留塩素やトリハロメタンを取り除く場合は、再沸騰機能が付いている電気ポットなら、3~4回ほど沸騰を繰り返し、沸騰時間が合計10分以上になるようにしましょう

再沸騰機能の付いていない電気ポットやケトルは、一度沸騰した後にスイッチを入れ直して、沸騰が繰り返せるか試してみてください。中には中身のお湯の温度が高いと、スイッチを入れ直しても保温状態が続き再沸騰できない機種もあります。その場合は、電気ポットやケトルを使ってではなく、やかんや鍋を使って沸騰させる方法を選んでくださいね。

カルキ抜き機能付きの電気ポット

カルキ抜き沸騰機能が付いた電気ポットです。保温温度も98℃・90℃・70℃の3段階があり、調乳に適した70℃を選びお湯を保温しておけば、素早くミルク作りができます。

調乳に十分な800mlのお湯を沸かすことができる電気ケトル

満水0.8Lのコンパクトなケトルです。例えば140ccくらいの量ならば50秒程度と、沸騰までの時間が短いのが特徴なので、沸騰させたお湯が早く欲しい時に役立ちます。

水道水を使うタイプのウォーターサーバー

パパママの中には、調乳のためにウォーターサーバーを使うかどうか悩んでいる人も多いでしょう。ウォーターサーバーは、ボトル交換の手間や重いボトルを産後のママが持ち上げる必要があるなど、ハードルが高い一面も…。またボトルごとにかかる費用も気になりますよね。そんなパパママにおすすめなのが、水道直結タイプのウォーターサーバーです。ROろ過フィルターを使って、水道水の不純物を取り除いてくれるので調乳の水が気になるパパママはチェックしてみてくださいね。

次のページでは水道水で粉ミルクを作る時の注意点やおすすめアイテム、浄水器やウォーターサーバーを使った方がいいかについてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!