ピジョンの人気哺乳瓶「母乳相談室」はいつから使える? 「母乳実感」との違いは?

ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」って?

ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」って?
「母乳相談室」とは、赤ちゃんが上手におっぱいを吸えるように練習するための哺乳瓶のこと。母乳育児へ移行するための哺乳瓶として以下のママや赤ちゃんにおすすめです。

  • 乳頭に出っ張りがない「扁平乳首」や乳房が内側に埋没した「陥没乳首」の問題を抱えるママ
  • 一時的な乳頭乳房トラブルなどで母乳をあげられないママ
  • 口を大きく開けて乳首をくわえられない赤ちゃん
  • 母乳とミルクの混合育児で「乳頭混乱」を起こし、母乳を嫌がるようになった赤ちゃん

赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? 人気のピジョンなど、おすすめ5選!
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? 人気のピジョンなど、おすすめ5選!
赤ちゃんの授乳には欠かせない哺乳瓶はピジョンやコンビなどの育児用品メーカーから、いろいろな種類が販売されています。どれを買うべきか迷ってしまいますよね。どのサイズを買えばいいのか? 哺乳瓶の消毒は利用の度に必要なのか? おすすめは? などパパママの疑問にお答えします。
ピジョンの哺乳瓶は2タイプ! どう使い分ける? 乳首は共通? 詳しく解説します
ピジョンの哺乳瓶は2タイプ! どう使い分ける? 乳首は共通? 詳しく解説します
ピジョン(pigeon)は哺乳瓶などの赤ちゃんの育児に関するグッズを製造・販売している会社のひとつです。なかでも哺乳瓶はその種類の豊富さ・使いやすさからママの信頼が厚いことで知られていますね。今回はピジョン(pigeon)の哺乳瓶について詳しくみていきます。
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。

ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」の種類は? 赤ちゃんの月齢がいつから使う?

ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」の種類は? いつから使える?
「母乳相談室」は新生児用に特化しており、生後0ヶ月から使えます。哺乳瓶と乳首はそれぞれ一種類のみです。

乳首のサイズ SSサイズ(丸穴、低流量タイプ)
タイプ 耐熱ガラス製
容量 160ml
対象月齢 新生児〜

ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」の使い方は?

ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」の使い方は?
「母乳相談室」は、助産婦の故桶谷そとみさんが考案した乳房マッサージと母乳育児方法を実践する「桶谷式母乳育児相談室」で、授乳トレーニング用の哺乳瓶としても使われています。母乳移行用の哺乳瓶であるため、桶谷式認定者の指導のもと使用することが推奨されています。

おっぱいマッサージはいつから始めたら良い? 方法と注意点は?
おっぱいマッサージはいつから始めたら良い? 方法と注意点は?
母乳で子供を育てる場合、少しでも母乳が出やすくする方法のひとつにおっぱいマッサージがありますが、それでも出ないという場合は、もしかしたらやり方が間違っているのかも。そこで、母乳マッサージを始める時期や方法についてご紹介したいと思います。

桶谷式認定者の指導のもと使用する

桶谷式母乳育児推進協会の認定を受けた母乳相談室(助産院)は全国に約330施設ありますので、各相談室に問い合わせてください。授乳以外にも、「おっぱいが出ない」「おっぱいが張って痛い」などの様々な母乳育児のトラブルを助産師の国家資格を有する桶谷式乳房管理士に相談できますよ。

また、「母乳相談室」は西松屋やアカチャンホンポなどでは取り扱っておらず、全国の桶谷式母乳相談室での購入となります。ただしamazonや楽天など、一部のインターネットサイトでは業務用として取り扱いがあるので、気になる方は在庫があるかどうか確認してみてくださいね。

関連リンク

全国の桶谷式母乳相談室

「母乳相談室」の使い方

「母乳相談室」は、桶谷式認定者の指導のもと正しい飲ませ方や使い方のアドバイスが必要とされています。ここでは簡単な使い方の手順をご紹介しますね。

  1. 赤ちゃんの下唇をママの乳首で触って、口を開けるように促す。
  2. 赤ちゃんが大きく口を開いたら、舌の上に「母乳相談室」の乳首をそっと入れる。
  3. そのまま、乳首を深く入れていく。
  4. 上と下の唇を外側にめくり、ゆっくりミルクを飲ませる。

ピジョン「母乳相談室」の哺乳瓶とさく乳カップ

ピジョンの「母乳相談室」では、哺乳瓶のほかに、さく乳カップも展開しています。どちらもママの乳頭乳房トラブルなどで、一時的に赤ちゃんに直接授乳できない時に使います。

ピジョン 桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 哺乳びん SSサイズ乳首付

耐熱ガラス製で熱に強く、煮沸や電子レンジ、薬液で消毒できます。哺乳瓶の形が広口タイプなので洗浄しやすく、傷もつきにくいため衛生面でも安心です。またガラスはプラスチックよりも熱伝導が優れているのでミルクを作るときの温度調節がしやすい点もポイント。哺乳瓶の扱いに慣れていないママでも使いやすいでしょう。
・乳首:新生児~SSサイズ(丸穴)
・哺乳瓶:耐熱ガラス製、160ml

ピジョン 桶谷式直接授乳訓練用「母乳相談室」さく乳カップ

「母乳相談室」に取り付けられるさく乳カップ。左右にくぼみがあり受け口が広いので、片手でマッサージをしながら母乳をこぼさずにさく乳できます。
※「母乳相談室」のほか、「母乳実感」の哺乳瓶にも取り付けて使えます。

月齢に合わせてピジョンの「母乳実感」の乳首に付け替えるのがおすすめ

月齢に合わせてピジョンの「母乳実感」の乳首に付け替えるのがおすすめ
「母乳相談室」は同メーカーのピジョンが発売する「母乳実感」と互換性があり、乳首を付け替えることが可能です。

ピジョンの哺乳瓶「母乳実感」って?

【プラスチック製 240ml】 ピジョン Pigeon 母乳実感 哺乳びん アニマル柄 0ヵ月から(付属の乳首は3ヵ月頃...

「母乳実感」は赤ちゃんがママのおっぱいを飲む口の動きを60年に渡って研究して作られた哺乳瓶です。

「母乳相談室」と「母乳実感」の違いは?

「母乳相談室」は主に新生児期の授乳トレーニングに適した哺乳瓶です。吸う力が弱い生後0ヶ月〜1ヶ月頃までの赤ちゃんが上手におっぱいをすえるようになるよう、ちくびは固めに作られています。またサイズはSSの1種類のみです。一方、「母乳実感」の乳首はSS・S・M・L・LLの5サイズあり、哺乳瓶はガラス製とプラスチック製の2種類あります。「母乳相談室」と「母乳実感」の哺乳瓶はどちらも同じ口径の広口タイプで、乳首やキャップの互換性があります。そのため赤ちゃんの成長に伴い、「母乳相談室」から「母乳実感」に乳首をつけかえて使うことができます

ピジョン「母乳実感」の哺乳瓶と乳首の商品紹介

ピジョン「母乳実感」の哺乳瓶と乳首
「母乳実感」の哺乳瓶は耐熱ガラスとプラスチック製があり、柄のバリエーションが豊富。手に持って支えやすく転がりにくいフォルムや、広口タイプで洗いやすく調乳しやすい点が特徴です。乳首やフードキャップとの互換性があるので耐熱ガラスは自宅用、軽いプラスチックはお出かけ用と使い分けるのもおすすめですよ。

ピジョン「母乳実感」哺乳瓶はガラスとプラスチックの2種類がある

赤ちゃんが母乳を飲む口の動きを研究して作られた、生後0ヶ月から使えるピジョンの哺乳瓶。ママのおっぱいと同じ口の動きで飲める工夫がされています。母乳との併用がしやすいため、ミルクから完全母乳に移行したいママにもぴったりです。【たまひよ赤ちゃんグッズ大賞 哺乳瓶部門1位】を10年連続で受賞し、【マザーズセレクション大賞2016】でも受賞するなど、多くのママたちに支持されています。

耐熱ガラス製の母乳実感

耐熱ガラスの哺乳瓶は、3タイプを展開しています。

種類 サイズ 特徴
ベーシックタイプ 160ml、240ml オレンジイエロー、ライトグリーン 無地の哺乳瓶で、キャップの柄が2色から選べます。
Coating 160ml、240ml tree、fruits、wind※
※「wind柄」はアカチャンホンポ限定のデザイン
哺乳瓶の表面にレースのような質感のコーティングがされており、万が一割れても飛び散りにくく安心です。
my Precious 80ml、160ml クマ、ハリネズミ 持ちやすさにこだわった手にフィットするデザイン。新生児の赤ちゃんにあげる時や、ミルクを飲み足りない時にちょっとプラスするのにぴったりの哺乳瓶です。

プラスチック製の母乳実感

軽くて割れにくい、医療機器にも使われている上質なプラスチック(PPSU)製の哺乳瓶です。

サイズ
160ml、240ml、330ml※ オレンジイエロー、ライトグリーン、アニマル、スター、トイボックス、ミッキー、キリン、ゾウ

※330mlサイズはキリン、ゾウの絵柄のみ。

ピジョン「母乳実感」乳首には5つのサイズがある

赤ちゃんのおっぱいの飲み方を研究して作られた乳首。乳首のサイズは新生児から卒乳まで使えるSS~LLの5タイプ。段階的に乳首をサイズアップしていけるので、必要以上にミルクが出る心配がなく赤ちゃん自身のペースでゆっくりと飲めます。また、やわらかいシリコーンゴム製で赤ちゃんの口にフィットする乳首や、べたつきを抑えるための表面加工など、様々な工夫がされています。

ピジョン「母乳実感」キャップ・フードセット

キャップとフードのセット。しっかりキャップをしめられるので、ミルクが漏れず持ち運びにとっても便利! 様々なタイプの「母乳実感」に取り付けられます。

ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」を使った感想

ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」を使った感想
実際に「母乳相談室」を使ってみたママたちのリアルな声をご紹介します!

完母を目指して頑張ってます

完全母乳を目指して「母乳相談室」を購入。最初はミルクの出が悪いかな? と思っていましたが、簡単に哺乳瓶でミルクを飲めてしまうと、ママからおっぱいをもらうのを面倒がってしまうとのこと。時間はかかりますが、授乳のトレーニングだと思って頑張っています。

どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。
「母乳が出ない」原因は? 母乳の出をよくする方法と先輩ママ達の乗り越え方
「母乳が出ない」原因は? 母乳の出をよくする方法と先輩ママ達の乗り越え方
母乳が出なくて子供に十分に飲ませてあげられない。そんな悩みで辛い思いをしていませんか。母乳の量はコントロールできるものではなく、出る・出ないはママのせいではないのです。母乳が出ない原因と先輩ママ達の体験談をご紹介します。

乳頭混乱で「母乳相談室」のお世話に

母乳とミルクの混合育児を行っていましたが、生後2ヶ月で我が子が乳頭混乱になってしまいました。母乳は出るのにおっぱいを嫌がって飲んでくれず何とかしたい一心で「母乳相談室」のお世話に。おっぱいの吸い方が上達したのか、1ヶ月後には1日1回夜にミルクを足す程度に減りました。このまま順調にいけば完全母乳に移行できそうです。

生後3ヶ月からスタート

ずっと母乳だけだったのですが3ヶ月過ぎから体重増加が気になったため、桶谷式母乳相談室に相談しました。そこで「母乳相談室」の哺乳瓶をすすめられ、母乳の後に「母乳相談室」のSSサイズの哺乳瓶でミルクを追加することに。3ヶ月で今更かなと思ったのですが根気良く、授乳→「母乳相談室」の順番であげていたら母乳もたくさん飲んでくれるようになり、体重も順調に増えてくれました!

まとめ

まとめ
赤ちゃんが上手におっぱいを飲めるようにサポートしてくれる「母乳相談室」。授乳にトラブルを抱えるママや完全母乳を目指すママだけでなく、母乳とミルクの混合育児のママにとっても嬉しいアイテムです。ベビー用品の老舗メーカーであるピジョンが長年研究を積み重ねてきた商品だからその効果は折り紙付き。授乳に悩みを持つママたちの力強い味方になってくれるはずです!

完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
最近は母乳で育てたいというママも多いでしょうか。完全粉ミルク育児にもメリットはたくさんありますよ! 粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、アレルギーになりやすい? 肥満になりやすい? など、ママが不安に思う情報についても解説していきます。
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの? 注意点と選ぶポイント
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの? 注意点と選ぶポイント
粉ミルクは月齢や赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを選ぶ必要があります。でも、種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、粉ミルクの種類や選ぶ時の注意点、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。
赤ちゃんが母乳やミルクを吐く! 飲む量が多過ぎた? 吐くのは何か病気なの? 詳しく解説
赤ちゃんが母乳やミルクを吐く! 飲む量が多過ぎた? 吐くのは何か病気なの? 詳しく解説
赤ちゃんがミルクや母乳を飲んだ後、吐くことを吐乳(とにゅう)といいます。また口の端からたらたらと漏れてしまうことを溢乳(いつにゅう)といいます。厳密にいうと吐乳と溢乳では原因も親がとるべき対処も違ってくるのです。今回は吐乳と溢乳の違いやその後の対応方法について解説します。
母乳の保存には母乳パックがおすすめ! 選び方や先輩ママの口コミ、人気の母乳パックを紹介
母乳の保存には母乳パックがおすすめ! 選び方や先輩ママの口コミ、人気の母乳パックを紹介
母乳育児中のママには母乳パックがおすすめです。母乳育児をしていると、子供をパパに預けて外出しても「早く帰らないと」という気持ちになりますよね? そんなときに搾乳した母乳を保存できる母乳パックを使えば、ママがいなくても母乳をあげることができます。母乳パックについて詳しくご紹介します。
哺乳瓶ウォーマーのメリットや使い方の注意点! 選び方やおすすめ5選も紹介
哺乳瓶ウォーマーのメリットや使い方の注意点! 選び方やおすすめ5選も紹介
哺乳瓶ウォーマーは哺乳瓶にお湯を入れた状態で調乳に最適な温度のままストックしておくことができ、粉ミルク作りを楽にしてくれます。哺乳瓶ウォーマーは、液体ミルクや母乳の温め直しにも便利です。哺乳瓶ウォーマーの選び方やおすすめ、使い方の注意点も紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!