マタニティブルーは産後に起こる? 症状や解消方法とパパにできること

マタニティブルーとは

マタニティブルーとは
妊娠出産をしたママのふたりにひとりが経験するというマタニティブルー。言葉だけ聞くと、妊娠してから出産までの間に気分が落ち込んだりふさぎ込んでしまうことをイメージする方が多いかもしれません。しかし、実はマタニティブルーは出産後にやってくるママの気持ちの変化のことなのです。では、実際にマタニティブルーになってしまう時期やその症状は一体どんなものなのでしょうか。以下に詳しく解説していきます。

マタニティブルーの時期や期間

マタニティブルーとは前述の通り、出産後に起こるネガティブな気持ちの変化のことを指します。マタニティブルーが起こる時期は、一般的には出産2日後から2週間以内の間です。通常の場合、特に治療などをしなくても約10日ほどで自然におさまっていくものとされており、一過性の気持ちの変化ですから病気ではありません。

マタニティブルーの症状

では、次にマタニティブルーの具体的な症状についてご説明します。マタニティブルーになった際によく見られるのは以下のような状態です。

  • 理由がわからないのになぜか落ち込む
  • 赤ちゃんの顔を見ていると悲しくなる
  • なんだかそわそわして落ち着かない
  • わけもなく緊張している
  • 体の疲れを常に感じる
  • 食欲が無い
  • 頭痛が起こる

マタニティブルーの症状の原因と考えられているのはホルモンバランスの変化です。妊娠中に作られた様々なホルモンが出産後から減少していく過程で、気分の落ち込みや不安などの気持ちの変化が起こるとされています。

マタニティブルーと妊娠うつの違い

マタニティブルーと妊娠うつの違い
マタニティブルーと良く似た言葉として、妊娠うつや産前・産後うつなどを耳にした事はありませんか? 妊娠うつや産前・産後うつはマタニティブルーと混同されやすいのですが、本当は全く異なるものです。では、マタニティブルーと妊娠うつがどう違うのか、正しく確認していきましょう。

産前うつ

産前うつは、赤ちゃんを妊娠して間もなくの妊娠初期、出産が間近に迫ってきた妊娠後期に起こりやすいとされています。せっかく赤ちゃんを授かったのに、いつまで経っても不安が消えなかったり、眠れない日々がずっと続いてしまっている場合には産前うつを疑った方が良いでしょう。妊娠初期はホルモンバランスも急激に変化する時期です。もちろんそれに伴う気持ちの変化の可能性も十分にあります。でも、つわりなどの体の不調とは別に、10日間以上経っても改善が見られない症状がある場合は産前うつの可能性が高いです。

産後うつ

産後うつは特にマタニティブルーと勘違いしやすいので注意が必要です。大変な出産を乗り越えてやっと会えた赤ちゃんなのに、なぜかお世話が億劫だったり、イライラが収まらないなどの気持ちの変化が見られます。自然に治まっていけば良いのですが、毎日イライラして頭痛が起きたり、不眠になったりする際にはマタニティブルーではなく産後うつを疑いましょう。産後うつの場合はママとしての体の機能や母性がうまく働かなくなり、育児もうまくいきません。最悪のケースも考えられますので慎重に対応することが求められます。

関連記事

子育てでイライラしたらどうすればいい? 子供にイライラするのは私だけ? 

パパとマタニティブルー

パパとマタニティブルー
これまでマタニティブルーはママにだけ起こるものと考えられていましたが、昨今ではパタニティブルーと呼ばれ、赤ちゃんを迎えたパパにもマタニティブルーのような心の変化が起こることがわかっています。ホルモンバランスの変化などの影響はないはずなのに、どうしてそのようなことが起こるのでしょうか。

パパのマタニティブルーとは

パパのマタニティブルーの要因は、以下のようなものがあげられます。

  • 突然ママにかまってもらえなくなる
  • 妊娠期間がないので、パパになる心の準備ができていない
  • 育児と仕事のバランスが上手く取れない
  • 急に家庭中心の生活になり、社会的な居場所を見失う

男性は女性のように妊娠中に心の準備ができないことや、それまでのママとの生活が一変したり、仕事に育児に家事にとやることが大幅に増えることで精神的に参ってしまうことが原因として考えられています。赤ちゃんが産まれて大変なのはママだけではないということですね。

ママがマタニティブルーのとき、パパにできること

ママがマタニティブルーのとき、パパにできること
ママがマタニティブルーになってしまったとき、パパにできることは何なのでしょうか。ママと赤ちゃんにとっていちばん身近にいてくれるのがパパですから、どう対処したら良いかを知っておくことはとても大切です。

家事や育児を手伝ってくれる

赤ちゃんが産まれて、更に仕事に精を出すパパも多いと思います。けれど、マタニティブルーになっているママは一人での育児や家事の時間が増えることで不安を感じやすのです。上手にできなくても積極的に育児や家事を手伝い、ママを応援してあげましょう。

関連記事

夫婦共働き世帯で家事分担する時のポイント! 妻が夫にストレスをためない方法は?

ママに気分転換をさせてあげる

毎日、一日中赤ちゃんと一緒のママはどうしても気が滅入ってしまいがちです。健康な状態でも連日家に閉じこもっていると気分が悪くなりますよね。育児中でも同じなのです。ときにはパパが赤ちゃんを預かり、ママを外出させてあげるなど気分転換をさせてあげることも必要です。パパひとりで赤ちゃんを見るのが不安な場合は、パパママの両親を頼るなど工夫をしましょうね。

感謝を言葉で伝え、話を聞いてくれる

日々の育児や家事をしてくれることを当たり前だと思わず、感謝はこまめに言葉で伝えましょう。マタニティブルーになっているママは、自分が役立たずなのではないかという不安に陥りがちです。そのため、たとえ些細なことでも「ママがいてくれて助かるよ、ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることでママの気分も落ち着き、穏やかに過ごしやすいのです。

マタニティブルーの解消方法

マタニティブルーの解消方法
マタニティブルーを解消する方法は人によって様々なのですが、比較的多くのママに当てはまるのが以下の解消法です。

気分転換をする

育児が始まると、どうしても他のことを考えられなくなってしまいますが、時には育児を忘れて羽を伸ばしましょう。お友達とランチでも良いですし、歌が好きなままであればカラオケなども良いでしょう。育児中にできていないことを思いっきり楽しむことで気分もスッキリしますし、ストレス発散にもなりますよ。

完璧にやろうと思わない

初めての育児の際は特にですが、何でも完璧にやろうとしてしまう傾向があります。完璧を求めてしまうと、うまくいかなかった場合に自己嫌悪に陥りやすく、マタニティブルーの症状も出やすくなってしまいます。初めての育児のママも、2人目や3人目のママも、その赤ちゃんとの生活は初めてです。うまくいかないことがあって当たり前なので、何事もほどほどを心がけましょう。

周囲に相談する、助けてもらう

核家族化が進んでいることもあり、ママがひとりで育児をしているという家庭も珍しくありません。ひと昔前なら、家にはお姑さんがいて育児をサポートしてくれることも多かったのですが、パパママと赤ちゃんだけの世帯が多い現代ではそうもいきません。そのため、ママは周りに頼ってはいけないと思いがちです。家族や身近な人と育児を共有することは全く恥ずかしいことではありませんので、積極的に周囲の人を巻き込んでいきましょう。

子育て支援センターを利用する

これはあまり世間に浸透していないのですが、子育てをサポートしてくれる機関がかなり多くあるのです。例えば、日本助産師会が運営している子育て支援センターでは、育児に関する悩みを気軽に相談することができます。直接相談したい場合には居住地区の保健センターへ相談しにいくことも可能です。ひとりで抱え込まず、悩んだときにはこういった機関も利用してみてくださいね。

関連記事

子育て支援センターとは? どんなときに頼りになる施設なの?

マタニティブルーが良くならないとき

これまでにもご説明してきましたが、マタニティブルーはあくまで一過性のもので、病気ではありません。いつまでも良くならず、改善の兆しが見られないときには妊娠うつという病気であることが考えられます。その際は医療機関への受診も検討しましょう。症状が重篤化したママが命の危険にさらされることもあるのです。いつか治ると安易に考えず、思い当たる症状がある場合には家族と相談し、赤ちゃんのためにもすみやかに専門の医療機関を受診することをおすすめします。

関連リンク

日本産婦人科医会:妊産婦メンタルヘルスケアマニュアル

まとめ


マタニティブルーについておわかりいただけたでしょうか。女性にとってホルモンバランスと心の変化は避けられない問題ですが、その仕組や解消方法、注意点などを知っていると少しは安心できますよね。マタニティブルーは一過性のものですのであまり深刻になりすぎず、せっかくの赤ちゃんとの時間を楽しんでくださいね。

関連記事

産後から食欲が止まらないママが急増? その理由と対処法をご提案
あなたはいくつ当てはまる? 産後ガルガル期のママの特徴とエピソード
宿泊型の産後ケアセンターって何? サービス内容・料金・ママたちの体験談も紹介

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!