【助産師監修】ママの初乳はいつからいつまで出るの? 成分や量、利点、カロリーなど詳しくご紹介

監修者紹介

監修: 池田匠美先生

監修:助産師 池田なおみ先生

助産師・整体師・まるまる育児やトコちゃんベルトアドバイザー。1男1女の母であり、難しく考えない母乳育児や、幸せな卒乳を推奨。ママが楽に、赤ちゃんも楽に、結果、育児が楽しめるスパイラルアップとなるよう、常に研究中。オンラインやリアル講座の自由が丘みひかるサロン代表。

ママの初乳はいつからいつまででる?

初乳はいつからいつまででる?
母乳は三段階に変化します。産後すぐにでるのが「初乳」、その後「移行乳」とよばれる母乳を経て、最終的に「成乳」となります。初乳がでる期間は、個人差があり、産後〇日間などといった明確な定義はありません。初乳が2~3日しか出ない人もいれば、10日以上でる人もいるようです。お産の現場では3~4日3,4日で濃い黄色が薄くなり始め、7日頃に白に近づいてきて、成乳になってきたなと思うことが多いです。

どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。
【助産師監修】「母乳が出ない」原因は? 母乳の出をよくする方法と先輩ママ達の乗り越え方
【助産師監修】「母乳が出ない」原因は? 母乳の出をよくする方法と先輩ママ達の乗り越え方
母乳が出なくて子供に十分に飲ませてあげられない。そんな悩みで辛い思いをしていませんか。母乳の量はコントロールできるものではなく、出る・出ないはママのせいではないのです。助産師の池田なおみ先生に原因や対処法について聞きました。

初乳の成分や量など

初乳の成分や量など
母乳と聞くと、牛乳のように白くてサラサラとした液体を想像する人が多いと思いますが、初乳はそれとは異なります。まずは、初乳とはどのような成分でできているのかなど、その特徴について説明します。
  

初乳の成分やカロリー

初乳には、赤ちゃんを守る免疫成分や、赤ちゃんの成長に必要な栄養素が豊富に含まれています。含有量の多いタンパク質には、感染症やアレルギー予防の働きがあるIgA抗体とラクトフェリンが多く含まれています。その他、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンβカロテンなどのビタミン類や、ナトリウム、カリウム、亜鉛などのミネラル、炭水化物、酵素、ホルモン成分などがバランスよく含まれています。

また、初乳は成乳に比べ脂肪分が少なく、赤ちゃんの未発達な消化器官でも消化・吸収しやすくなっています。また、100mlあたりのカロリーは、通常の母乳(成乳)は60kcal程ですが、初乳は80~150kcalもあると言われています。
初乳の時期はたくさん分泌しないし、赤ちゃんの胃袋も小さいので、少量で栄養満点。新生児にはこの上ない食事といえますね。
  

初乳の量

初乳は一般的に産後直後から数日間しかでません。初乳が1日に分泌される量も、成乳に比べると、格段に少ないのが特徴です。初乳の量が少ないのは、生まれたばかりの赤ちゃんの小さい胃袋にあわせて、ママの体が必要な量の初乳を作っているから。その為、初乳の量が少ないからといって、不安になる必要はありません。
まだまだ吸うのがぎこちない赤ちゃんもペロペロしているだけでも効果的です。ママの体はちゃんと赤ちゃんのことを考えているとは、なんとも神秘的ですね。
  

初乳の色

初乳は少しどろっとした濃厚な液体で、黄色っぽく、カスタードクリームのような色をしています。初乳が出てから数日後に、だんだん淡い黄色に変化し、初乳から移行乳と呼ばれる母乳が出るようになります。初乳が数日出たあとは、移行乳が1週間ほど続き(これも個人差があります)、その後、成乳と呼ばれるサラサラとした牛乳のような白い母乳に変化していきます。

初乳を赤ちゃんにあげるメリット

初乳を新生児に与えることの利点は?

初乳は生まれたばかりの赤ちゃんの最初の食事であり、赤ちゃんの成長を促す成分が豊富に含まれています。特に初乳に多く含まれる免疫グロブリンという成分が、赤ちゃんを感染症やアレルギーから守ってくれるため、初乳が出るなら飲ませるのがベストです。また授乳をすることで、ママの子宮が収縮するので、産後の母体回復を助ける働きもあります。

おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説
おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説
授乳中に赤ちゃんに噛まれて乳首が傷ついた、乳首が合わないのかうまく飲んでくれない、乳首がとにかく痛い…そんな悩みがある時は「乳頭保護器」を使用してみませんか?ママの乳首を保護して、授乳負担を軽くしてくれる便利な乳頭保護器についてご紹介します。
授乳ブラは必要? ママたちが使っているおすすめの人気授乳ブラ14選
授乳ブラは必要? ママたちが使っているおすすめの人気授乳ブラ14選
授乳中は授乳用の機能に特化した「授乳ブラ」の使用がおすすめです。授乳が楽になるだけでなく、卒乳後の垂れ防止や補正にも効果があります。おすすめの授乳ブラを4つのタイプごとにご紹介し、「いつまで使うの?」「代用できる?」などママたちの疑問も解説します。

次のページでは初乳をあげられない場合や赤ちゃんへの初乳の飲ませ方についてご紹介します。

続きを読む

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!