おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説

乳頭保護器って何?

乳頭保護器とは
乳頭保護器とは、乳首に傷や痛みがあるときでも授乳しやすいようにママの乳首を保護してくれるシリコン素材のカバーで、ニップルシールドとも呼ばれています。乳首はデリケートなのでトラブルが起きやすいもの。トラブルが起きてしまうとママも授乳が嫌になってしまいますよね。乳頭保護器はそんなママのストレスを和らげてくれる心強いアイテムなんです。

おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説
おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説
赤ちゃんに噛まれて乳首が傷ついた、乳首が合わないのかうまく飲んでくれない、とにかく授乳が痛い…そんなお悩みがあるときはぜひ「乳頭保護器」を使ってみてください。ママの乳首を保護して、授乳負担を軽くしてくれる便利な乳頭保護器についてご紹介します。
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児は赤ちゃんとのスキンシップの時間が楽しい一方、昼夜問わずの授乳生活に正直疲れてしまうこともありますよね。中には1日20回の頻回授乳をしているママも。なぜ赤ちゃんの授乳間隔があかないのか、その理由をご紹介します。頻回授乳でよくあるトラブルの対処法も紹介いたします。
おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説
おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説
赤ちゃんに噛まれて乳首が傷ついた、乳首が合わないのかうまく飲んでくれない、とにかく授乳が痛い…そんなお悩みがあるときはぜひ「乳頭保護器」を使ってみてください。ママの乳首を保護して、授乳負担を軽くしてくれる便利な乳頭保護器についてご紹介します。

どんなときに乳頭保護器を使うといい?

どんなときに乳頭保護器を使うと良い?
乳頭保護器はママの心強いアイテムですが、実際にどんなときに使えばいいのでしょうか? 詳しくご紹介していきたいと思います。

陥没乳首・扁平乳首で赤ちゃんがうまく飲めない

陥没乳首や扁平乳首だと赤ちゃんがうまく飲めない場合がありますが、乳頭保護器を使うと吸いやすい形を作ってくれるので、赤ちゃんもスムーズに母乳を飲むことができます。同様に乳首が小さかったり、赤ちゃんが吸いつきにくい形だったりした場合にも活躍してくれますよ。

乳首が痛い

授乳中に赤ちゃんが乳首を噛んだり強く吸ったりしてしまうと、傷ができて痛くなることも。乳頭保護器を使うことで赤ちゃんの口に直接あたらなくなるため、痛みが軽減されて授乳しやすくなり、傷の予防にもなるんです。

乳頭混乱を起こして母乳を飲まない

母乳とミルクの両方を飲んでいる赤ちゃんに起きることがある乳頭混乱は、哺乳瓶のミルクなら飲むのに母乳だと飲んでくれなくなる状態のことを言います。乳頭混乱を起こして母乳を飲まない原因の多くは、ママの乳首が陥没、扁平している場合。なのでこの場合も乳頭保護器を使って乳首を赤ちゃんが母乳を飲みやすい形にしてあげましょう。

乳頭保護器の種類と選び方

乳頭保護器の種類と選び方
乳頭保護器にはソフトタイプとハードタイプの2種類があります。それぞれ仕様や特徴が異なるので、どちらのタイプが良いのか参考にしてみてくださいね。

乳頭保護器の種類と選び方1:ソフトタイプ

ソフトタイプの乳頭保護器は、薄いシリコン素材でできているため乳首にぴったり密着し、赤ちゃんが違和感を覚えにくいのが特徴です。半円形の形は赤ちゃんの鼻に当たらない設計になっており、ママの匂いを感じながら安心して母乳が飲めます。ぴったり密着するので乳首が小さい場合や陥没、扁平して直接母乳を授乳できないママにおすすめですが、やわらかく支えづらいため、授乳中に外れたりずれたりすることも。また乳首に傷や亀裂がある場合に使いますが、素材が薄く傷を保護する力が弱いため、傷が大きく痛みがひどいママには不向きかも知れません。サイズはS、M、Lの2種類。密着して使うので選ぶときは自分の乳首に合わせたサイズを選んでくださいね。

乳頭保護器の種類と選び方2:ハードタイプ

ハードタイプの乳頭保護器は、ソフトタイプに比べて厚みがあり哺乳瓶の乳首とほぼ同じ形。特に混合の場合は赤ちゃんが混乱することなく使えます。シリコン素材が硬く、支えやすいので安定して授乳ができ、外れにくさも抜群です。サイズはフリーサイズのみになり、大きめなので乳首の大きなママにも安心して使えます。乳首に直接当たらないため、乳首にひどい傷や亀裂、痛みがあるママに向いており、使うと痛みを緩和することができます。その反面、ママの乳首との違和感があるため、感触を嫌がる赤ちゃんも。また、赤ちゃんの吸う力も必要になってきます。

乳頭保護器の上手な使い方

乳頭保護器の上手な使い方
乳頭保護器の使い方はいくつかコツがあります。初めは慣れないかと思いますが、何回か試すことでコツを掴みスムーズに授乳ができるようになります。

乳頭保護器の上手な使い方1:ソフトタイプ

赤ちゃんの鼻に当たらないように乳頭保護器の欠けている部分を上にして乳首にかぶせ、手で押さえながら授乳します。乳頭保護器を少しめくった状態で乳首に付けると、接着する部分が増えるため授乳中に外れにくくなりますよ。赤ちゃんが慣れるまでは乳頭保護器の先端部に母乳を溜めながら吸わせましょう

乳頭保護器の上手な使い方2:ハードタイプ

乳頭保護器の通気孔を上向きにして、ママの乳首に触れないようにして乳房にかぶせます。このときに周囲を手で押さえながら胸に密着させてくださいね。授乳するときは通気孔を指で塞がないように注意し、ソフトタイプ同様に先端部に母乳を溜めながら吸わせましょう。先端部に母乳を溜めることで赤ちゃんの吐き戻しを防ぐメリットも。乳頭保護器の乳首全体を深く咥えさせるようにするとより痛みがなくなり、母乳の出も良くなります

使用前にはバストマッサージを

使用前にはバストマッサージを
乳頭保護器を使うと直接授乳するよりも刺激が弱くなり母乳が出にくくなるため、使う前は必ずマッサージを行いましょう。脇から乳首に向かって軽くさする、上下に軽くゆする、乳首を軽くつまんで刺激するなどの方法があり、ママの母乳の出方で方法を選んでくださいね。必要に応じておっぱいをホットタオルであたためると母乳が出やすくなりますよ。

おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説
おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説
赤ちゃんに噛まれて乳首が傷ついた、乳首が合わないのかうまく飲んでくれない、とにかく授乳が痛い…そんなお悩みがあるときはぜひ「乳頭保護器」を使ってみてください。ママの乳首を保護して、授乳負担を軽くしてくれる便利な乳頭保護器についてご紹介します。

次のページでは乳頭保護器の使い方に関する疑問、おすすめの乳頭保護器、使うのをやめるタイミングなどをご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!