おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説

乳頭保護器って何?

乳頭保護器とは
乳頭保護器とは、乳首に傷や痛みがあるときでも授乳しやすいようにママの乳首を保護してくれるシリコン素材のカバーで、ニップルシールドとも呼ばれています。乳首はデリケートなのでトラブルが起きやすいもの。トラブルが起きてしまうとママも授乳が嫌になってしまいますよね。乳頭保護器はそんなママのストレスを和らげてくれる心強いアイテムなんです。

関連記事

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの授乳時間が知りたい! 長い時や短い時、切り上げるタイミングは?
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児で子供を育てたい 出ないときの対処法や解決策について

どんなときに乳頭保護器を使うと良い?

どんなときに乳頭保護器を使うと良い?
乳頭保護器はママの心強いアイテムですが、実際にどんなときに使うと良いのでしょうか? 詳しくご紹介していきたいと思います。

陥没乳首・扁平乳首で赤ちゃんがうまく飲めない

陥没乳首や扁平乳首だと赤ちゃんがうまく飲めない場合がありますが、乳頭保護器を使うと吸いやすい形を作ってくれるので、赤ちゃんもスムーズに母乳を飲むことができます。同様に乳首が小さかったり、赤ちゃんが吸いつきにくい形だったりした場合にも活躍してくれますよ。

乳首が痛い

授乳中に赤ちゃんが乳首を噛んだり強く吸ったりしてしまうと、傷ができて痛くなることも。乳頭保護器を使うことで赤ちゃんの口に直接あたらなくなるため、痛みが軽減されて授乳しやすくなり、傷の予防にもなるんです。

乳頭混乱を起こして母乳を飲まない

母乳とミルクの両方を飲んでいる赤ちゃんに起きることがある乳頭混乱は、哺乳瓶のミルクなら飲むのに母乳だと飲んでくれなくなる状態のことを言います。乳頭混乱を起こして母乳を飲まない原因の多くは、ママの乳首が陥没、扁平している場合。なのでこの場合も乳頭保護器を使って乳首を赤ちゃんが母乳を飲みやすい形にしてあげましょう。

乳頭保護器の種類と選び方

乳頭保護器の種類と選び方
乳頭保護器にはソフトタイプとハードタイプの2種類があります。それぞれ仕様や特徴が異なるので、どちらのタイプが良いのか参考にしてみてくださいね。

ソフトタイプ

ソフトタイプの乳頭保護器は、薄いシリコン素材でできているため乳首にぴったり密着し、赤ちゃんが違和感を覚えにくいのが特徴です。半円形の形は赤ちゃんの鼻に当たらない設計になっており、ママの匂いを感じながら安心して母乳が飲めます。ぴったり密着するので乳首が小さい場合や陥没、扁平して直接母乳を授乳できないママにおすすめですが、やわらかく支えづらいため、授乳中に外れたりずれたりすることも。また乳首に傷や亀裂がある場合に使いますが、素材が薄く傷を保護する力が弱いため、傷が大きく痛みがひどいママには不向きかも知れません。サイズはS、M、Lの2種類。密着して使うので選ぶときは自分の乳首に合わせたサイズを選んでくださいね。

ハードタイプ

ハードタイプの乳頭保護器は、ソフトタイプに比べて厚みがあり哺乳瓶の乳首とほぼ同じ形。特に混合の場合は赤ちゃんが混乱することなく使えます。シリコン素材が硬く、支えやすいので安定して授乳ができ、外れにくさも抜群です。サイズはフリーサイズのみになり、大きめなので乳首の大きなママにも安心して使えます。乳首に直接当たらないため、乳首にひどい傷や亀裂、痛みがあるママに向いており、使うと痛みを緩和することができます。その反面、ママの乳首との違和感があるため、感触を嫌がる赤ちゃんも。また、赤ちゃんの吸う力も必要になってきます。

乳頭保護器の上手な使い方

乳頭保護器の上手な使い方
乳頭保護器の使い方はいくつかコツがあります。初めは慣れないかと思いますが、何回か試すことでコツを掴みスムーズに授乳ができるようになります。

ソフトタイプ

赤ちゃんの鼻に当たらないように乳頭保護器の欠けている部分を上にして乳首にかぶせ、手で押さえながら授乳します。乳頭保護器を少しめくった状態で乳首に付けると、接着する部分が増えるため授乳中に外れにくくなりますよ。赤ちゃんが慣れるまでは乳頭保護器の先端部に母乳を溜めながら吸わせましょう

ハードタイプ

乳頭保護器の通気孔を上向きにして、ママの乳首に触れないようにして乳房にかぶせます。このときに周囲を手で押さえながら胸に密着させてくださいね。授乳するときは通気孔を指で塞がないように注意し、ソフトタイプ同様に先端部に母乳を溜めながら吸わせましょう。先端部に母乳を溜めることで赤ちゃんの吐き戻しを防ぐメリットも。乳頭保護器の乳首全体を深く咥えさせるようにするとより痛みがなくなり、母乳の出も良くなります

使用前にはバストマッサージを

使用前にはバストマッサージを
乳頭保護器を使うと直接授乳するよりも刺激が弱くなり母乳が出にくくなるため、使う前は必ずマッサージを行いましょう。脇から乳首に向かって軽くさする、上下に軽くゆする、乳首を軽くつまんで刺激するなどの方法があり、ママの母乳の出方で方法を選んでくださいね。必要に応じておっぱいをホットタオルであたためると母乳が出やすくなりますよ。

関連記事

おっぱいマッサージはいつから始めたら良い? 方法と注意点は?

乳頭保護器の使い方に関するQ&A

乳頭保護器の使い方に関するQ&A
乳頭保護器の基本的な使い方をご紹介しましたが、今度は乳頭保護器の使い方に関するQ&Aにいくつかお答えします。

いつまで使うものなの?

乳頭保護器に使用期限はないので、以下のような状態になれば使用をやめても良いでしょう。

  • 赤ちゃんの吸う力が強くなった
  • ママの乳首の傷が治った
  • 慣れてきた
  • 直接授乳ができるようになった

もともとママの乳首が陥没や扁平、小さいなど直接授乳することが難しい場合は、無理のない範囲で乳頭保護器を続けましょう。

お手入方法は? 消毒はいつまで必要?

乳頭保護器のお手入れ方法は基本的に哺乳瓶と同じで、煮沸消毒、電子レンジ消毒などがあります。お手入れをする時は乳首の先部分を専用のスポンジでよく洗ってから消毒をしてくださいね。商品によってお手入れ方法が異なる場合があるので、時前に確認しておきましょう。

関連記事

哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?

【ソフトタイプ】人気のおすすめ乳頭保護器

ソフトタイプの乳頭保護器はさまざまなメーカーから販売されています。それぞれ形や特徴が違うので、自分に合ったメーカーを選んでみてください。

Medela(メデラ)「コンタクト ニップルシールド」

スイス生まれのMedelaは化学物質であるBPA素材を使用していないため、ママも安心して使うことができます。波型にカッティングされた上部は、赤ちゃんの鼻がママの肌に触れて安心できるような仕様になっており、薄くて柔らかいシリコンが肌に馴染みやすいですよ。サイズはS、M、Lの3サイズ。2個入りで専用ケースも付いているので持ち運びにも便利です。

S M L
直径16ミリ 直径20ミリ 直径24ミリ

Kaneson(カネソン)「ママニップルシールド」

Kanesonの乳頭保護器は、乳孔がY字にカットしてあるので赤ちゃんの吸う力に合わせて母乳が出てきます。こちらも上部がカットがされており、ずれないようにすべり止め付き。サイズはS、Mの2サイズになり、専用ケースは消毒容器として使えますよ。(2個入り)

S M
直径12ミリ 直径14ミリ

Kaneson(カネソン)「プチパッドα 乳頭保護器」

妊娠中から使える乳頭保護器は、陥没、扁平乳頭を引き出して赤ちゃんが吸いやすい形に補正してくれる優れもの。乳首に密着させるだけなので簡単に装着でき、吸引圧による変形を防ぐ変形防止リングも付いています。乳頭部の押し方で吸引力の調節が可能。こちらもS、Mサイズで、消毒容器としても使える専用ケースも付いています。(2個入り)

S M
内径18ミリ・外径34ミリ 内径22ミリ・外径34ミリ

 

Pigeon(ピジョン)「乳頭保護器 ソフトタイプ」

Pigeonの乳頭保護器は、赤ちゃんの鼻に当たりにくいカーブ状になっているのはもちろん、上部に向かって素材が薄く柔らかくなっているので、違和感なくママのバストにフィットします。直接当たらないので乳首の傷がひどいときにも使え、指でしっかり押さえられるくぼみ付き。サイズはM、Lの2サイズになり、専用ケースが付いています。

M L
直径11ミリ 直径13ミリ

【ハードタイプ】人気のおすすめ乳頭保護器

ハードタイプもソフトタイプと同様にさまざまなメーカーから販売されています。サイズや使い方をチェックしつつ選んでくださいね。

Pigeon(ピジョン)「乳頭保護器 ハードタイプ」

Pigeonのソフトタイプの乳頭保護器を使っても乳首が痛む場合や、傷が深い場合には、哺乳瓶の乳首と同じ硬さのハードタイプがおすすめです。哺乳研究で開発された乳首の形は、赤ちゃんが口を開けて捉えやすいうえに、ママのおっぱいを飲むときと同じ舌の動きができるようになっています。サイズはM、L、フリーサイズ。透明のシリコン素材なので、赤ちゃんが母乳を飲めているのかもチェックできますよ。(1個入り)

M L フリー
直径11ミリまで 直径13ミリまで 直径14ミリ以上で、特に痛みが強い方

Kaneson(カネソン)「ママニップルガード 乳頭保護器」

乳孔がY字にカットされてあるKanesonの乳頭保護器は、「ママニップルシールド」と同様に乳首への密着力が高く、赤ちゃんの飲む力に合わせて母乳がでる仕組みになっています。外れにくいすべり止め付き。乳頭下部はくぼんだ形になっているので、赤ちゃんもくわえやすいですよ。サイズはフリーサイズのみ。痛みや傷がひどい場合以外にも乳首が大きめのママにもおすすめです。専用ケースは電子レンジ消毒が可能なのも嬉しいですよね。(1個入り)

フリー
外径60ミリ・内径24ミリ

乳頭保護器でよくあるトラブルと対処法

乳頭保護器でよくあるトラブルと対処法
乳頭保護器を使っていてトラブルや悩みも出てきてしまうことも。そんなママたちのありがちなトラブルや悩みの対処法をご紹介します。

サイズが合わない

乳頭保護器のトラブルで多いのはサイズが合わないことです。特にソフトタイプの乳頭保護器は乳首の上に密着させて使うので、サイズが合わないと赤ちゃんが吸えない場合があります。ソフトタイプはS、M、L、フリーサイズと揃っていますが、メーカーによってサイズの数値が異なり、例えば、同じサイズでも日本製と海外製では11センチも違うことも。購入する時はパッケージに記載されているサイズを確認し、自分に合ったサイズを選びましょう

・サイズの測り方
乳首の直径をメジャーなどで測ります。サイズを測るのが難しい場合は、助産師さんに相談しサイズを確認してもらうと良いですよ。

外れやすい

乳頭保護器が外れやすい場合はサイズが合っていないことが原因かもしれません。また、ソフトタイプの乳頭保護器は柔らかく支えづらいため、外れてしまうことがあります。ソフトタイプの場合はママの乳首のサイズにぴったりフィットするものを選び、しっかりと密着させて使いましょう。それでも外れてしまうのなら、外れにくいハードタイプを選んでみてください。ハードタイプを使う場合は先ほども述べたように、ママの乳首に乳頭保護器が触れないように周囲を手で押さえながら乳房にかぶせると外れにくくなりますよ。メーカーでも形が異なるので、ママの乳首の形に一番近い乳頭保護器を見つけましょうね。

使うのをやめたいときはどうすれば良い?

使うのをやめたいときはどうすれば良い?
基本的に乳頭保護器を使わなくても授乳ができそうであれば使うのをやめても良いですが、乳頭保護器に慣れてしまった赤ちゃんは外すのを嫌がってしまう場合があります。そんなときは、赤ちゃんが母乳を飲まなくても乳首を唇や口に当ててみたり、吸わせる格好だけしてみたりしてください。陥没乳首や扁平乳首のママの場合だと、乳頭保護器を使い続けることで乳首が出てきて赤ちゃんが吸いやすい形になってくるので、諦めずに何度か練習してみてくださいね。乳頭保護器を使っていてママに負担がかかる、出血がある場合は無理をせずにミルクに切り替えてもいいでしょう。ママがゆったりとした気持ちでいることが大事ですよ。

関連記事

どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?

まとめ


乳首に傷がついたり、痛かったり、赤ちゃんがうまく母乳を飲んでくれなかったりすると、ママも授乳するのが苦痛になってきてしまいます。そんなときにあると便利な乳頭保護器。乳頭保護器を使うことでママも赤ちゃんも幸せな授乳タイムを過ごせると良いですね。

関連記事

いくつ共感できる? 授乳中のママたちに聞いた「授乳あるある」
授乳服で着回しできるアイテムとは? 授乳服の選び方と人気のブランド7選
ママが選ぶおしゃれ授乳服ワンピース13選 おすすめから簡単手作り方法まで