ほうれん草の離乳食レシピ8選! 下ごしらえや保存方法、注意点も紹介

ほうれん草の離乳食レシピ8選

ほうれん草を使った離乳食におすすめのレシピ8選
おすすめのほうれん草レシピを離乳食の段階ごとに紹介します。

離乳初期におすすめ:ほうれん草のミルク粥

まずは食べ慣れたおかゆにほうれん草のペーストを合わせて赤ちゃんに食べさせてあげましょう。ほうれん草は独特のくせがある場合がありますが、粉ミルクを入れ甘みを足すことで赤ちゃんでも食べやすくしてあります。
ほうれん草のミルクがゆ/Rakutenレシピ

離乳初期におすすめ:ほうれん草バナナマッシュ

ほうれん草の青臭さやえぐみが苦手でなかなか食べてくれない赤ちゃんにおすすめのレシピです。甘みのあるバナナとほうれん草ペーストを混ぜ合わせるので、赤ちゃんもとても食べやすくなりますよ。
ほうれん草バナナマッシュ/palsystem

離乳中期におすすめ:豆腐とほうれん草のあんかけ

ほうれん草と豆腐を使った和風のあんかけレシピです。ほうれん草から鉄分やβ-カロテン、豆腐からタンパク質が摂れます。大人用のほうれん草と豆腐の味噌汁メニューから取りわけてもいいですね。
豆腐とほうれん草のあんかけ/Rakutenレシピ

離乳食の豆腐はいつから? 量は? 種類別の使い方や月齢別レシピも紹介
離乳食の豆腐はいつから? 量は? 種類別の使い方や月齢別レシピも紹介
離乳食に豆腐はいつから使えるのでしょうか。アレルギーや下ごしらえ、保存方法も気になりますね。離乳食といえば絹ごし豆腐のイメージですが、木綿豆腐や高野豆腐、玉子豆腐は? 離乳食に使う場合の豆腐の基本情報、月齢別のおすすめレシピをご紹介します。

離乳中期におすすめ:ほうれん草としらすの柔らか煮

ほうれん草としらすと合わせた煮物レシピです。ほうれん草は細かいみじん切りにしましょう。しらすは調理が簡単な上にタンパク質やカルシウムが豊富で、離乳食におすすめの食材です。しらすは塩分が多いので、しっかりと塩抜きしてから使いましょう。
ほうれん草としらすのやわらか煮/palsystem

【管理栄養士監修】離乳食のしらすはいつからOK? 注意点・保存方法・レシピも紹介
【管理栄養士監修】離乳食のしらすはいつからOK? 注意点・保存方法・レシピも紹介
おかゆや野菜からスタートした離乳食も、進むにつれて豆腐や魚からタンパク質を摂る必要が出てきます。そこでおすすめなのが、しらすです。栄養も豊富で、離乳食にぴったりのしらすは、いつから食べられるのでしょうか?アレルギーや塩抜き、保存方法やレシピなどを紹介します。

離乳後期におすすめ:ほうれん草の納豆あえ

赤ちゃんが納豆を食べられるなら、ほうれん草と合わせて与えてみましょう。離乳後期になったら、ほうれん草は3mm~4mmくらいの大きさに刻みます。納豆はひきわり納豆を使うと便利ですよ。納豆の風味でほうれん草の青臭さもやわらぎます。

ほうれん草の納豆あえ/kurashiru

【管理栄養士監修】離乳食や幼児食に納豆がおすすめ? いつからOK? 子供が喜ぶ人気の納豆レシピ12選!
【管理栄養士監修】離乳食や幼児食に納豆がおすすめ? いつからOK? 子供が喜ぶ人気の納豆レシピ12選!
離乳食期の赤ちゃんや子供のご飯は、栄養面が気になりますよね。そんなママにぜひおすすめしたいのが納豆! 納豆は体に必要な5大栄養素が全て入ったとても優秀な食材です。おすすめの納豆アレンジレシピを年齢別でご紹介します。

離乳後期におすすめ:ほうれん草とひき肉卵焼き

ほうれん草と鶏ひき肉を使った卵焼きレシピです。ほうれん草は小さく刻んで卵に入れて焼きましょう。卵と鶏ひき肉で良質なタンパク質が摂れます。卵はじっくりと焼いて、完全に火を通してから赤ちゃんに与えましょう。

ほうれん草とひき肉卵焼き/cookpad

【管理栄養士監修】離乳食の卵はいつから? 進め方は? マヨネーズや生卵は? 与える頻度やレシピも紹介
【管理栄養士監修】離乳食の卵はいつから? 進め方は? マヨネーズや生卵は? 与える頻度やレシピも紹介
栄養価が高く料理にも使いやすい卵は、卵黄のみ離乳食初期から使えます。卵白はいつ頃から与えるのかなど、アレルギーが気になる卵の離乳食の進め方や注意点を紹介します。卵の冷凍保存方法や離乳食の時期別レシピも参考にしてください。

離乳完了期におすすめ:鮭とほうれん草のバター炒め

ほうれん草のバター炒めは定番料理ですよね。離乳完了期になったら、ほうれん草はやや大きめの5mm~1cm程度に刻んで調理しましょう。タンパク質補給として、鮭の代わりに卵やひき肉などを使ってアレンジするのもいいですね。大人の料理からの取りわけも簡単にできるメニューです。

鮭とほうれん草のバター炒め/cookpad

離乳完了期におすすめ:ポパイチャーハン

ほうれん草のチャーハンレシピです。ごはんに溶き卵を混ぜることで、簡単にパラパラとしたチャーハンを作れます。卵以外にしらすやひき肉などを混ぜるのもいいですね。味つけは少量の塩だけにして、薄味に仕上げましょう。
ポパイチャーハン/palsystem

市販のほうれん草やベビーフードも便利!

市販のほうれん草やベビーフードも便利!
ほうれん草は栄養価が高く積極的に離乳食に取り入れたい食材ですが、すりつぶしたり細かく刻んだりといった下ごしらえはなかなか大変ですよね。離乳食づくりが負担にならないよう、ベビーフードを上手に活用するのもおすすめです。

和光堂 はじめての離乳食 裏ごしほうれんそう(生後5ヶ月~)

フリーズドライの裏ごしほうれん草です。お湯を注ぐただけで簡単に裏ごしほうれん草が準備できます。おかゆにプラスしたり、出汁汁でのばしておかずスープにしたりできます。国産ほうれん草使用で、砂糖・食塩は使われていないので安心です。

和光堂 ほうれん草と小松菜(生後5ヶ月~)

手作り応援 ほうれん草と小松菜 (2.0g×8包)×6個

手作り応援 ほうれん草と小松菜 (2.0g×8包)×6個

1,242円(12/08 17:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

お湯を注ぐだけで簡単にほうれん草のペーストができ上がります。お湯の量を調節すれば離乳食の段階に合わせた固さにできるので、工夫次第でいろいろな離乳食メニューに役立てられます。小松菜も一緒に含まれているので、カルシウムをたっぷり摂れますね。筆者もこちらの商品をよく使用していました。離乳後期~完了期には茹でたパスタに和えて軽く粉チーズを振ってパスタにするなど、長く活用していました。

離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
チーズは種類によって離乳中期からあげることができますが、どんな種類をいつからあげることができるのでしょうか? 離乳食で赤ちゃんにチーズをあげる場合、塩分も気にする必要があります。アレルギーや加熱が必要かどうか、おすすめレシピなども紹介します。
離乳食に活躍! 和光堂のベビーフードのおすすめ商品は? 選び方や使い方は?
離乳食に活躍! 和光堂のベビーフードのおすすめ商品は? 選び方や使い方は?
離乳食といえば「毎日手作りが大変」「せっかく作ったのに食べてくれない」といった悩みがありませんか? そんな時は和光堂のベビーフードがおすすめ! 和光堂は毎日の離乳食をサポートしてくれるポイントがたくさんあります。月齢別におすすめ商品を紹介します。

栄養マルシェ 鮭とほうれん草の雑炊弁当(生後9ヶ月~)

調理済みで温めなくてもそのまま赤ちゃんに食べさせられるベビーフードです。使い捨てスプーンもついているので、外出先で離乳食を食べさせる場合など非常に役立ちます。ほうれん草など具材に使われている野菜はすべて国産で安心です。

キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!

和光堂 赤ちゃんのおやつ+Ca カルシウム ほうれん草と小松菜せんべい

赤ちゃんの初めてのおやつにぴったりな、ほうれん草と小松菜のおせんべいです。鉄分・カルシウムがたっぷり配合されており、口どけがよく赤ちゃんでもつまみやすく握りやすい形状に工夫されています。香料・着色料・保存料は使われていないので安心です。

【育児漫画・育児あるあるvol.3】「張り切って作った離乳食を食べさせると…!?」
【育児漫画・育児あるあるvol.3】「張り切って作った離乳食を食べさせると…!?」
毎日、育児に奮闘中のパパママが「あるある」と頷く育児エピソードを育児漫画でご紹介! 張り切って作った離乳食を赤ちゃんが食べてくれない…!? 忙しい日々の育児や家事の合間に漫画を読んで、ほっと一息ついてくださいね。

野菜の力 ほうれん草パウダー

さらさらしたパウダー状のほうれん草です。九州産のほうれん草を、保存料や着色料などを一切使用せずに自然のまま加工しています。離乳食専用商品ではありませんが、おかゆに足したりハンバーグに混ぜ込んだりして活用できるほか、蒸しパン作りなどにも役立てられます。

離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。
離乳食の蒸しパンはいつから? 食べさせ方の注意点と簡単レシピ10選
離乳食の蒸しパンはいつから? 食べさせ方の注意点と簡単レシピ10選
離乳食の蒸しパン、いつから食べさせてもいいのか悩んでいませんか? 離乳食中期からOKですが、食べさせ方やアレルギーに注意が必要です。離乳食の蒸しパンの食べさせ方やホットケーキミックスを使ってもいい時期、おすすめのレシピ10個を紹介します。

まとめ

まとめ
ほうれん草は鉄分がとても多く、β-カロテンや葉酸などほかの栄養素もたくさん含んでいる優秀な野菜なので、ぜひ赤ちゃんに食べさせてあげたいですね。赤ちゃんはほうれん草の独特のえぐみや青臭さを敏感に感じ取ってなかなかほうれん草を食べてくれないこともあるので、しっかりとアク抜きして、赤ちゃんがほうれん草に慣れるまでは甘みのある食材と合わせ食べさせてあげましょう。簡単にペーストが作れるフレーク状やフリーズドライ状の便利なほうれん草もあるので、毎日の離乳食作りに取り入れてみるのもおすすめですよ。

子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)のかわいい乳歯も虫歯になるのでしょうか? 乳歯が虫歯になる原因や乳歯の虫歯の見分け方を解説します。また、虫歯にならないための予防方法も紹介するので、子供の大切な歯を守りましょう!
2歳児の食事のポイント! 食べられない食材は? 献立例や食べない時の対処法などを紹介
2歳児の食事のポイント! 食べられない食材は? 献立例や食べない時の対処法などを紹介
2歳になると離乳食から幼児食に変わりますが、まだ大人と全く同じメニューを食べることはできません。2歳児が食べられない食材には注意が必要です。2歳児におすすめの献立例、ご飯を食べてくれない時の対処法などもご紹介します。
【管理栄養士監修】離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
【管理栄養士監修】離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
さつまいもは、甘くて赤ちゃんにも食べやすい食材です。離乳初期からさつまいもを食べさせてもいいのでしょうか? 固いさつまいもを簡単に下ごしらえする方法も知っておくと便利ですよ。アレルギーや調理する時の注意点、おすすめのレシピなども紹介します。
離乳食のオートミールはいつから? 量やレシピを中期・後期・完了期ごとに解説!
離乳食のオートミールはいつから? 量やレシピを中期・後期・完了期ごとに解説!
オートミールは栄養豊富な食材で赤ちゃんの離乳食にも使えますが、いつからあげてもいいのでしょう? どの種類のオートミールを使うかも注意が必要です。離乳中期・後期・完了期ごとに食べさせてもいい量やおすすめレシピについて解説します。
離乳食のかぼちゃはいつから? 初期・中期・後期以降のレシピや下ごしらえのコツも紹介
離乳食のかぼちゃはいつから? 初期・中期・後期以降のレシピや下ごしらえのコツも紹介
離乳食のかぼちゃは離乳初期の赤ちゃんから食べさせられる食材です。自然な甘みがあり、赤ちゃんもよく食べてくれるかもしれませんが、あげすぎには注意が必要です。硬いかぼちゃの下ごしらえの方法やコツ、中期・後期・完了期のアレンジレシピも紹介します。
離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
いちごを離乳食に使いたいけど「いつから食べさせてもいいの?」「冷凍できるの?」といった悩みがたくさんありませんか? 赤ちゃんにも甘酸っぱいいちごを食べさせたいですよね。離乳食のいちごはいつから食べさせられるのか、便利に使える保存方法などを詳しく解説します。

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!