認定こども園って? 保育園、幼稚園と料金や保育時間が違うの? メリット、デメリットも紹介!

認定こども園とは?

認定こども園とは?
認定こども園は幼稚園が行う「幼児教育」と保育園が担う「保育」の両方の役割を持つ施設です。少子化によって定員割れが課題となっている幼稚園と、待機児童問題が深刻な保育園の課題の双方を解消するため、2006年10月に認定こども園が設立されました。幼稚園は文部科学省の管轄で、保育園は厚生労働省の管轄ですが、両方の機能を持つ認定こども園は内閣府の管轄となることも特徴の一つです。園の認定は各都道府県が行っており、条例により独自の認定基準が設けられています。1学級あたりの園児数も各都道府県によって基準が違ってきます。

幼稚園と保育園の違いとは? 保育時間や料金、教育内容などを比較してみました
幼稚園と保育園の違いとは? 保育時間や料金、教育内容などを比較してみました
「幼稚園と保育園の違い」についてご存知でしょうか? 「専業主婦家庭の子は幼稚園、共働きの子どもは保育園」、「0歳から預けるのが保育園で、3歳から預けるのが幼稚園」のようなイメージでしょうか。幼稚園と保育園には他にもいろいろな違いがあり、こちらの記事でご紹介します。
待機児童問題の原因と対策 全国や東京23区での待機児童数は?
待機児童問題の原因と対策 全国や東京23区での待機児童数は?
待機児童問題は長い間、問題となってきたのに、今もなかなか改善されていません。出産後に働こうとしても、子供を保育園に預けることができないため、育休を延長しなければいけないママもいます。待機児童問題の原因とその対策についてわかりやすく説明していきます。

0~5歳の子供の教育と保育と一体的に行う施設

教育を目的とした幼稚園、保育を目的とした保育園の両方の機能を持つ認定こども園では、受け入れ児童の対象年齢も「0歳~就学前」と幅広くなります。そのため、認定こども園では子供の過ごし方についても、年齢ごとにさまざまな工夫がされています。多くの認定こども園では、0~2歳児については保育園と同じような過ごし方をしますが、3~5歳児については14:30頃までの4時間程度を教育時間として設けています

2015年から急に認定こども園が増えた理由

2015年に「子ども・子育て支援新制度」が本格始動し、認定こども園の数が一気に増加しました。子ども・子育て支援新制度は下記の3課題の解決を目指し、制定されました。

  1. 親の働く状況の違いにかかわらず、質の高い幼児期の学校教育・保育を受けられることが望まれていること
  2. 少子化や核家族化、家庭や地域での子育てが孤立しがちで負担感が増加していること
  3. 保育園に入れない待機児がいること

この制度を受け、2015年に認定こども園法が一部が改正され、従来より認定こども園の設置手続きが簡単になり、また財政支援が充実したため、2015年に認定こども園の数は大きく増えました。日本で初めての認定こども園が誕生した2006年の翌年には、わずか105園だった認定こども園は、2015年には2836園に、さらに2018年には3762園にまで増加しています。

認定こども園と幼稚園、保育園の違いを表で比較

認定こども園 幼稚園 保育園
管轄 内閣府 文部科学省 厚生労働省
対象年齢 0~5歳 3~5歳(2歳児受け入れ園もあり) 0~5歳
教育・保育時間 1号認定:9~14時ごろ
2号、3号認定:7時30分~18時30分ごろ
9~14時ごろ(それ以降は預かり保育) 7時30分~18時30分ごろまで(それ以降は延長保育)
長期休み 無し 有り(春休み、夏休み、冬休み) 無し
教育内容 国の方針に基づいて同等の教育が行われている
給食の有無 児童の認定区分によるがほぼ提供 任意 義務
平均的な月額費用 児童の認定区分、年齢や世帯年収によって違う 公立2万円、私立4万円 年齢や世帯年収によって違う
入園申し込み時期 1号認定:9月~11月頃
2号、3号認定:12月頃
9月~11月頃 12月頃
先生の資格 幼稚園教諭免許、保育士資格のどちらか 幼稚園教諭免許 保育士資格

認定こども園は簡単に言えば、幼稚園と保育園のいいとこ取りの施設のため幼稚園や保育園との比較が少しわかりづらくなっています。保育園にも入園が認められる児童(2号、3号認定)は保育時間や保育料、給食の有無は保育園と同じ、幼稚園に入園するタイプの児童は教育時間や教育料、給食は幼稚園と同じと考えてください。「1号~3号認定って何?」などの詳細は次の章以降で解説します。

認定こども園には4種類ある

認定こども園には4種類ある
認定こども園は家庭や地域の状況に応じて選択ができるよう、「幼保連携型」、「幼稚園型」、「保育園型」、「地方裁量型」の4種類に分けることができます。どのタイプの認定こども園も小学校と連携を図り、スムーズに小学校へ進学し教育が受けられるよう考えられた施設となっています。下記のそれぞれの認定こども園の特徴を紹介しましょう。

幼保連携型の認定こども園

幼保連携型の認定こども園は、幼稚園教育要領に基づく幼稚園の機能と、保育所保育指針に基づく保育所の機能の両方を併せ持つタイプです。幼保連携型の認定こども園は1日11時間、また土曜日も開園することが原則となっています

幼稚園教育要領って何? 幼児教育の基準になる法令です
幼稚園教育要領って何? 幼児教育の基準になる法令です
幼稚園教育要領という名前を聞いたことはありますか? 「幼稚園での幼児教育がどのように行われるべきか」の指導基準になる法令が幼稚園教育要領です。皆さんの子供がどんな方針で教育されるのかを理解するために、幼稚園教育要領について学んでみましょう。
2018年改定の保育所保育指針って何? これを見れば保育園の保育方針がわかります
2018年改定の保育所保育指針って何? これを見れば保育園の保育方針がわかります
1965年に最初に制定された保育所保育指針は、保育園でどのような保育を行うのかの指針となる法令です。この指針が2018年3月に改定されました。新しい保育指針で保育園はどのような保育、教育を行うことになったのか、パパママ向けにわかりやすく解説します。

幼稚園型の認定こども園

幼稚園型の認定こども園は、公立・私立の認可幼稚園をベースとするタイプです。長時間保育を行い、保育の必要な子供を預かったり、また0歳からの乳児も預かったりと、保育園的な機能も備える施設として認定こども園の機能を果たしています。幼稚園型の認定こども園では保育時間が11時間より短く、土曜日は休みの園もあります。園児の定員割れに危機感を覚えた幼稚園が幼稚園型の認定こども園に移行するケースが多く、認定こども園のなかでは幼稚園型がもっとも多くあります。

保育所型の認定こども園

保育所型の認定こども園は公立・私立の認可保育所をベースとするタイプです。保育を必要としない子供も受け入れるなど、就労していないパパママでも利用ができる幼稚園的な機能を備える施設として、認定こども園の機能を果たしています。幼保連携型と同様、保育所型の認定こども園も1日11時間、また土曜日も開園しています。

地方裁量型の認定こども園

地域の教育・保育施設がベースとなるタイプで、認可外保育園が自治体に認定され、認定こども園になったケースが多いです。待機児童の解消を目的に、新たに増やされた認定こども園と考えていいでしょう。

次のページでは認定こども園のメリット、デメリット、認定区分ごとの保育料の違いをご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!