子供への幼児教育はいつからがおすすめ? 自宅でできる教材はあるの? 通信教育&通販で買える人気の教材8選

幼児教育とは?

幼児教育とは?
幼児教育は小学校就学前の幼児を対象に「生きる力」の基礎を育成することです。

文部科学省は「変化が激しく、新しい未知の課題に試行錯誤しながらも対応することが求められる複雑で難しい時代を担う子どもたちにとって、将来の職業や生活を見通して、社会において自立的に生きるために必要とされる力が『生きる力』であるということである」としています。

幼児期は学習の基盤を作るとても大切な時期です。また、幼児教育と早期教育はイコールではありません。早期教育では英語や読み書き、能力の開発などの「教育」をメインと考えるため、幼児教育と早期教育は目的が違うことを理解しておきましょう。

資料11 「生きる力」と資質・能力について(平成20年中央教育審議会答申抜粋)|文部科学省

幼児教育が大切な3つの理由

幼児教育が大切な3つの理由
幼児教育は気になるけれど、本当に必要なのか、どのような効果があるのかが気になりますよね。幼児教育が大切なポイントは3つあります。ぜひ幼児教育の本質を理解してみてくださいね。

幼児教育が大切な理由①:地頭を鍛える

幼児教育は、子供の地頭が鍛えられます。「地頭」とは実社会に出た時に必要な能力を指します。勉強がよくできる、知識が豊富な状態ではなく、人とのコミュニケーション能力やとっさの判断能力があるなどです。社会で生き抜く力を身につけることができます。

幼児教育が大切な理由②:IQやEQが高まる

幼児教育を行うことで、子供の「IQ」や心の知能指数である「EQ」が高まります。IQと聞くと、学力の高さを表す数値だけと思ってしまいますが、IQを高めることで思考能力や記憶力なども身につけることが可能です。さらにEQも高まるため、思いやりや自立心の育成にも繋がります。

幼児教育が大切な理由③:忍耐力が高まる

子供の忍耐力を高めることが可能になります。めげない心やすぐに諦めないタフな力を身に付けることは生きていく上でとても大切です。社会に出て子供がどのような状況でも、自分らしく生き抜くために幼児教育は必要だといえるでしょう。

大人になって成功するかは幼児期が影響する?

大人になって成功するかは幼児期が影響する?

幼児期に「人間形成の基礎」が培わるといわれています。子供に幼児教育を取り入れることで、小学校に入ってからもスムーズに学習習慣が身につきやすかったり、継続もしやすかったりすることもあります。そのあたりについて触れているおすすめの書籍があるので気になるパパママは、一度読んでみてください。

幼児教育の経済学

幼児教育の経済学

幼児教育の経済学

ジェームズ・J・ヘックマン
1,760円(09/21 19:48時点)
発売日: 2015/06/19
Amazonの情報を掲載しています

「なぜ幼少期に積極的に教育すべきなのか?」について、ノーベル賞学者が40年にわたって調査している。幼児教育がもたらす、子供の将来への影響がとてもよくわかる本のため、参考になります。

幼児教育は何をするの?

幼児教育は何をするの?
子供に幼児教育を行う場所やその内容はさまざまです。たくさんある中からどれを選ぶかはパパママの方針や子供の性格に合わせて決めるといいでしょう。

家庭内での幼児教育は?

子供に生活に必要なしつけやマナーを教える、語学・算数の基礎的な学習をするなどが家庭内でできる幼児教育です。数字を覚えることから始まり、一桁の簡単な足し算、引き算をしたり、絵本を読んだりすることで、文字を少しずつ認識させていきます。適度に遊びを通して行うといいでしょう。

リトミックを自宅でやってみたい。音楽を使った幼児教育が家で簡単にできる、おすすめ教材9選
リトミックを自宅でやってみたい。音楽を使った幼児教育が家で簡単にできる、おすすめ教材9選
すくすくと成長していく我が子の姿を見ると、いろんな体験をさせて、子どもの喜ぶ顔が見たいと思うものです。ここでは、教室やレッスンに通わなくても自宅でできるリトミックについて、おすすめの教材をご紹介したいと思います。
赤ちゃんの英語教育はいつから始めたらいい? メリット、デメリット、0歳からのおすすめの勉強方法を紹介
赤ちゃんの英語教育はいつから始めたらいい? メリット、デメリット、0歳からのおすすめの勉強方法を紹介
英語の勉強は早く始めた方がいいと言われていますが、まだ日本語も話せない0歳の赤ちゃんから始めてもいいのでしょうか? いつから始めたらいいのか、赤ちゃんからでも楽しく学べるおすすめの勉強法などを紹介します!

家庭外での幼児教育は?

幼児教育を熱心に行っている幼稚園・保育園や習い事に、子供を通わせることで受けることができます。習い事は水泳・体操・サッカー・ピアノ・語学教室などがおすすめ。体を動かして、基礎体力や身体能力を付ける水泳や体操、英語教室が人気です。

子供の習い事にピアノ教室はおすすめ? 何歳から? 音感が育つ時期は?
子供の習い事にピアノ教室はおすすめ? 何歳から? 音感が育つ時期は?
子供にピアノを習わせたいけれどもいつからはじめればいいの? という疑問を持つパパママも多いはず。そんなパパママにピアノ教室に通いはじめるといい時期についてお伝えします。また将来の語学学習にも音楽が役に立つなどピアノを習うメリットについても解説。
子供の体操教室は何歳から通える? 体操教室の種類やメリット、選び方のポイントを紹介
子供の体操教室は何歳から通える? 体操教室の種類やメリット、選び方のポイントを紹介
子供の初めての習い事に「体操教室」を考えているパパママも多いのではないでしょうか。体操教室って何をするの? 何歳から通えるの? といろいろな疑問がありますよね。今回は体操教室の種類やメリット、選び方のポイントなどを紹介します!

幼児教育は年齢に合わせたものを取り入れる

幼児教育を行う場合は年齢に合う内容を取り入れるのがポイント。年齢別に必要な内容の一例を見てみましょう。

1歳

1歳の子供は幼児教育をするというよりも、たくさんの言葉かけてあげる、絵本を読んであげる、さまざまな食感のものを触らせてあげるなどをしましょう。「見る」「聞く」「触る」感覚を養い、脳にたくさんの刺激を伝えてあげることが大切です。

1歳の子供に読んであげたいおすすめ絵本 ロングセラーから知育絵本まで
1歳の子供に読んであげたいおすすめ絵本 ロングセラーから知育絵本まで
1歳は言葉を理解し始める時期で、この時にたくさんの言葉に触れさせてあげると子供をぐっと成長させることができます。1歳の子供の力を伸ばすおすすめの絵本と、「絵本を読んでも聞いてくれない」といったママたちのお悩みにも答えます!
0~2歳には音の出るおもちゃがおすすめ! 年齢別の人気商品を紹介
0~2歳には音の出るおもちゃがおすすめ! 年齢別の人気商品を紹介
子供の力を伸ばすには月齢、年齢に合ったおもちゃを用意してあげることが大切です。赤ちゃんは「見る」よりも「聞く」方が得意なので、音の出るおもちゃが大好き! 年齢に合った、一緒に楽しめるおすすめのおもちゃを紹介します。
【積み木のおすすめ15選】 年齢別の積み木の遊び方とおすすめ積み木&ギフトにぴったりのおしゃれな積み木!
【積み木のおすすめ15選】 年齢別の積み木の遊び方とおすすめ積み木&ギフトにぴったりのおしゃれな積み木!
積み木は今も昔の子供たちに愛されている定番のおもちゃ。子供の年齢によって、打ち合わせたり、積み上げたり、並べたり、自由な遊び方ができ、知育玩具としてパパママから大人気です。年齢別に積み木の遊び方とおすすめの積み木を紹介します。

2~3歳

指先をたくさん動かす遊びを取り入れて、子供の脳を活性化させましょう。パズルや紐通し、ブロック遊びなどがおすすめ。子供が3歳を過ぎて、ひらがなに興味が出てきたら、少しずつ教えていくのもいいでしょう。

大人気のブロックおもちゃ大特集! 【1歳・2歳・3歳・4歳】年齢に合ったブロックとは?
大人気のブロックおもちゃ大特集! 【1歳・2歳・3歳・4歳】年齢に合ったブロックとは?
ブロックは単に「楽しい」だけでなく、子供の想像力や集中力を鍛える「知育効果」も高いおもちゃです。今では、人気のレゴ以外にもさまざまな形・遊び方ができるブロックがあります。子供の力を引き出し、伸ばすには「年齢に合ったもの」を選びましょう!
ひらがなの練習はいつからはじめたらいい? タイミングとおすすめの教材
ひらがなの練習はいつからはじめたらいい? タイミングとおすすめの教材
子供が楽しそうに絵本を見ている姿を見ると、ひらがなを教えたいと思うのではないでしょうか。でも何歳から教えるべきか迷うものですよね。そこで、ひらがなの練習はいつからしたらいいのか、注意点とおすすめの教材についてご紹介したいと思います。

4~6歳

4~6歳の子供は、思考力が付いてくる時期です。一桁の足し算や引き算を教えたり、文字を書く練習をしたりしましょう。あやとりや折り紙などの遊びを通しての幼児教育も可能です。

4歳の男の子が好きな、おすすめのおもちゃはこれ! ママたちの「買ってよかった!」を大特集
4歳の男の子が好きな、おすすめのおもちゃはこれ! ママたちの「買ってよかった!」を大特集
4歳の子供は身体面や知能はもちろん、周りのお友達と関わることも増えて社会性が大きく発達する時期です。そんな4歳の男の子におすすめしたいおもちゃ・プレゼントを大特集! 知育玩具や外遊びおもちゃ、1000円程度で買えるプチプレゼントまでをご紹介します。
4歳の女の子のおもちゃはどう選べばいい? ディズニープリンセスはおすすめ?
4歳の女の子のおもちゃはどう選べばいい? ディズニープリンセスはおすすめ?
4歳の女の子は身の回りのことも自分でできるようになるお年頃です。ひとり遊びよりもお友達と関わりながら遊ぶ子供も増えてくるでしょう。4歳の女の子の遊びをより楽しいものにするおもちゃはどんなものがあるのでしょうか。人気のおもちゃなどを紹介していきます。
子供と一緒に楽しむ「あやとり」の基本。ふたりあやとり、マジックも紹介
子供と一緒に楽しむ「あやとり」の基本。ふたりあやとり、マジックも紹介
「あやとり」は誰もが一度は遊んだことがあるでしょう。遊ぶ場所を問わずいろいろな形が作れるので、知育効果が期待できます。初心者向けの基本的なやり方のほかに、「ひとりあやとり」からマジックまであやとりでできる技を紹介します。

幼児教育はいつから始めたらいいの?

幼児教育はいつから始めたらいいの?
幼児教育は基本的に子供が3~5歳のころに始めることが多いです。しかし、幼児教育を始める時期に決まりはありません。ママの教育方針や子供の成長をみて、柔軟に考えるといいでしょう。

幼児教育の進め方とパパママが意識したいポイント

幼児教育の進め方とパパママが意識したいポイント
幼児教育を行う時に、パパママに押さえて欲しいポイントがいくつかあります。子供が幼児教育を楽しく学ぶためにも、ぜひ確認してみてくださいね。

幼児教育の進め方やポイント:学ぶ内容は子供目線で選ぶ

幼児教育は子供の「やりたい」気持ちが最優先です。パパママが子供にさせたい幼児教育があっても、子供が興味を示さなければよい結果には繋がりにくいです。子供が何に興味を持って、どんなことなら自分でやりたいと思えるのかを見極めましょう。

幼児教育の進め方やポイント:パパママが寄り添って見守ってあげる

幼児教育は「子供と一緒に」という気持ちが大切です。寄り添って見守るだけでも子供は安心して取り組めます。また、上達が「早い」「遅い」で一喜一憂しないようにしましょう。うまくできた時は褒めて、うまくできなかった時はフォローしてあげましょう。

幼児教育の進め方やポイント:「教育」にとらわれすぎない

幼児教育と聞くと教育の部分にとらわれてしまいがちですが、幼児教育は遊びや普段のコミュニケーションの中でも活用できます。子供自身が持っている力を最大限伸ばせるようにサポートしてあげることを意識しましょう。

次のページでは、幼児教育におすすめのネット通販で買える教材&通信教材、パパママに読んでほしい幼児教育の本5選を紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!