子供と一緒に楽しむ「あやとり」の基本。ひとりあやとり、ふたりあやとり、マジックあやとりまとめ

あやとりの知育効果とは

あやとりの知育効果とは
あやとりは「小指にかかっているひもをはずす」「親指にかかっているひもを薬指で取る」など、普段の生活であまりすることのない指の動きをします。頭で次の動作を理解し、イメージしながら指を動かす必要があるため、脳にたくさんの刺激を与えることができます。また、細かい手順を覚えなければならないので、記憶力、集中力も養われます。新しい技ができるようになると、達成感も味わえますね。ひとりあやとりで技を極めるのも良いですが、ふたりあやとりもおすすめです。楽しみながら、コミュニケーション能力も鍛えられますよ。

知育とは? 0歳~5歳の子供におすすめな知育教育を年齢別に紹介!
知育とは? 0歳~5歳の子供におすすめな知育教育を年齢別に紹介!
「知育」という言葉は子育て中のママなら誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。ひょっとして知育玩具を使って遊ぶことだけが知育だと思っていませんか? 家庭にあるもので今日からでも始められる知育について、年齢ごとのおすすめ知育教育の進め方についてもご紹介します。
知育玩具のおすすめ30選! 人気の知育玩具を0歳~5歳の年齢別に紹介
知育玩具のおすすめ30選! 人気の知育玩具を0歳~5歳の年齢別に紹介
知育玩具は子供が頭を使いながら楽しく遊べる教育効果のあるおもちゃです。知育玩具は0歳から赤ちゃんに与えても効果があり、おもちゃの種類も子供の好みにあわせていろいろ販売されています。この記事では、0歳~5歳の年齢別におすすめの知育玩具をご紹介します。

あやとりに適したひもと長さ

あやとりに適したひもと長さ
あやとりで使うひもは、太すぎず、細すぎず、からみにくいものがおすすめです。ナイロンのひもや、髪を結ぶゴムひもなどが使いやすいでしょう。毛糸でも問題ありませんが、からみやすかったり、切れやすかったりする場合も。長さは、子どもの場合は140cmくらい、大人の場合は180cmくらいを目安にしてください

まずは「基本の構え」から

まずは「基本の構え」から
「基本の構え」とは、あやとりの「基本となる形」のこと。この形からいろいろな技へと発展することが多いので、最初に覚えるとよいでしょう。ひもを右手、左手それぞれの親指と小指にかけます。ここから、まず右手の中指で左手のひもを取ります。その後、左手の中指で右手の中指のあたりのひもを取ります。この形が「基本の構え」になります。

簡単なあやとりに挑戦してみよう

簡単なあやとりに挑戦してみよう
簡単にできる技の動画をいくつかご紹介します。わかりにくいところがあったら、一時停止しながらチャレンジしてみてください。

初心者向けのあやとりの技1:川

はじめてあやとりにチャレンジするお子さんにおすすめの基本の技です。

初心者向けのあやとりの技2:ほうき

ひもをシュッと引っ張ると、ほうきの形になるのが気持ちいい! 定番中の定番の技です。

初心者向けのあやとりの技3:さかずき

「基本の構え」から3ステップ。あっという間に完成します。

初心者向けのあやとりの技4:ゴム

「基本の構え」からスタートします。ぐーんとよく伸びるゴムが作れますよ。

初心者向けのあやとりの技5:東京タワー

四段はしごを作った後、少し形を変えるだけで東京タワーに変身!

次のページではひとりで楽しめるあやとりの技、ふたりでの技、マジックのようなあやとりの技をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!