人気の積み木10選! 知育効果から、年齢・メーカー別のおすすめアイテムを紹介!

積み木はなぜ知育玩具として人気なの?

積み木はなぜ知育玩具として人気なの?
積み木は誕生日プレゼントや出産祝いで不動の人気を誇る知育玩具です。積み木を握ったり、なめたり、積み上げたりすることは赤ちゃんの頃からできる遊びです。積み木で遊ぶ過程で、子供の触覚、視覚、聴覚、味覚、嗅覚などの五感が養われます。

また、たくさんの神経が集まっている指先の運動は、子供たちの脳を刺激してくれます。「五感を養う+脳への刺激」を子供に与えてくれる積み木は、日々めざましく成長する子供たちの力をさらに引き出す、知育玩具の王様として長年愛されてきました。子供の成長を願うパパママなら誰もが気になる積み木の知育効果について、以下で具体的な例を紹介させていただきますね。

知育とは? 0歳~5歳の子供におすすめな知育教育を年齢別に紹介!
知育とは? 0歳~5歳の子供におすすめな知育教育を年齢別に紹介!
「知育」という言葉は子育て中のママなら誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。ひょっとして知育玩具を使って遊ぶことだけが知育だと思っていませんか? 家庭にあるもので今日からでも始められる知育について、年齢ごとのおすすめ知育教育の進め方についてもご紹介します。
ママが厳選! 出産祝いで本当に嬉しかったプレゼント16選
ママが厳選! 出産祝いで本当に嬉しかったプレゼント16選
オムツや洋服、絵本など出産祝いの候補はたくさんありますが、「ママたちが本当に喜んでくれるもの」を贈りたいですよね。本記事ではもらって嬉しかった出産祝いを現役ママが厳選してご紹介! 定番から、ユニークでおしゃれなもの、2人目の出産祝いまで幅広く取り上げます。 

積み木の効果その1:想像力が膨らむ

シンプルに作られている積み木は遊び方の説明がいらないものがほとんどです。まだ、先入観がない子供にとって、積み木の遊び方は無限に存在します。四角い積み木を並べて「ぶっぶっー」と車に見立てたり、と自由な発想で積み木遊びをする過程で子供の想像力が育まれていきます。

積み木の効果その2:創造性が発達する

頭の中で浮かんだイメージを積み木を使って立体的に表現することで、子供の創造力がどんどん養われていきます。また、積み上げた積み木が崩れてしまったのはなぜか、次はどうすれば成功するかなどを考えながら遊ぶことで、子供はアイデアを生み出し、形にすることを学んでいきます。

積み木の効果その2:手先の器用さ、集中力が育まれる

積み木は崩れやすい。これが子供の知育に積み木が効果的な理由の1つです。積み木が倒れないようにバランスを取るには手先の器用さ、集中力が重要になってきます。積み木を積み上げるのに失敗し、反省、そして再チャレンジ。結果、上手くいったときには子供は満足感を感じます。積み木遊びから、子供はたくさんのことを学び、ぐんぐん成長していくのです。

いつから積み木で遊ばせるのがおすすめ? 何歳まで遊べるものなの?

積み木は0歳~小学校低学年まで遊べる知育玩具です

手で握ったり掴んだりができるようになる生後3~4ヶ月の赤ちゃんから、自分で考える力が身につく小学生まで積み木は長く遊ぶことができます。小学生に上がっても積み木遊びをするの? と感じるパパママもいるかもしれません。柔軟な思考力や、自分自身で考え抜く根気強さを遊びの中で学べる積み木は、算数の基礎を作る教材として小学校低学年で取り入れている学校もあるんですよ。

年齢ごとの積み木の遊び方と選び方

年齢ごとの積み木の選び方
次に年齢に合った積み木の選び方についてご紹介しましょう。積み木は年齢によって遊び方が違い、年齢に合った積み木を選んであげるだけで、積み木の知育玩具としての効果がさらに高まります

0~1歳まで:赤ちゃんは触感や音で積み木を楽しむ

生後3~4ヶ月頃から、赤ちゃんは自分の意思で手のひらをグーにしたり、パーにしたりできるようになります。この生後3~4ヶ月頃から赤ちゃんの手のひらの感覚は目覚ましく発達していきます。積み木の表面のつるつるや、でこぼこ、触りごこちを確かめながら、口の中にいれてみたりと触感を楽しみはじめます。積み木同士をカチカチ合わせて音を楽しんだりもするのもいいですね。

初めての積み木は、興味を持ってくれやすい「触りごこちと音」を楽しんで遊べるものを選びましょう。この時期は、積み木を口に入れることも多いため、誤飲しない大きさで、安全な素材と塗料が使用されていることを確認して、積み木を購入するようにしてください。

1~2歳まで:積み木を積んでは崩してを楽しむ

1歳頃の子供にとって、積み木は崩すもので、投げるもの。大人が積んだものを崩したり投げたりなどを繰り返し、音を出して遊ぶ楽しさを覚えます。徐々にコミュニケーション力が備わってくる1歳半頃からは、大人が見本をみせながら遊び方のバリーエーションを増やしていきましょう。

1歳を過ぎると積み木を積み上げることも覚えていくので、積みやすい立方体の積み木を選ぶといいですね。1~2歳向けの積み木は0~1歳向けのものと同じものでも知育効果は期待できることが多いので、初めて子供に買い与える積み木は、2歳ごろまで遊べるものかどうかをイメージして購入するのもいいでしょう。

2~5歳まで:積み木で自分なりの作品を作りだす

子供は2歳頃になると、積み木を積み上げるのが上手になってきます。積み木を高く積みあげるだけの遊びでも、バランスをとるために工夫したり、集中力を鍛えてくれたりします。

年齢が上がるにつれて車や動物など、抽象的なものをイメージして形にする遊びができるようになり、積み木の遊び方が広がってきます。子供の想像力を延ばすことができるよう、イメージを形にしやすいように、すでに持っている積み木よりも小さいサイズのものを選んだり、ピース数を増やしてあげましょう。

5歳以降:複雑な形状の積み木作品も作りはじめる

子供が5歳頃になると、積み木で複雑な形を作ることができるようになり、大人を驚かせてくれるような積み木作品を作る子供もいるでしょう。お友達と一緒に作れば、連帯感が感じられ、いいコミュニュケーションツールとなってくれます。

また、小学校に上がる前に、少しずつ勉強にも興味を持ってほしいと思うパパママは多いですよね。算数やひらがなを覚える勉強の要素が入ったタイプの積み木を選べば、遊びの中で自然と学ぶことができ、勉強に興味も持ってくれるきっかけにもなるでしょう。

次のページでは人気の積み木メーカー6社と人気商品10種類をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!