1歳半の壁と対処法まとめ! ご飯や夜泣き、言葉のことなど

1歳半の子供って可愛いけれど大変!

1歳半って可愛いけど大変!
子供が1歳半になると、ママの言葉にも「うん! 」と反応してくれたり、「ママ」と呼んでくれたり可愛さがぐっと増してきますね。一方で、新生児期とはまた違った悩みや苛立ちをママ達は抱えています。時期は多少前後するものの、誰しもが通る1歳半の壁。ママ達が抱える悩みと対処法を理解し、大変なこの時期の子育てを乗切りましょう!

関連記事

子育てでイライラしたらどうすればいい? 子供にイライラするのは私だけ?

1歳半健診の結果に一喜一憂することも

1歳半健診の結果に一喜一憂することも
1歳半健診では子供の身体的成長以外にも、心身の発達もチェックされます。自治体によって違いますが、例えば、言葉の理解を図る問題(絵を見て聞こえたものを指差しができるか)、積み木を積めるか、 などです。この時期に言葉が1~2語しか話せないと、言葉の遅さを指摘されることもあります。

また、待合室で落ち着きなく他の子をたたいてしまったり、髪の毛を引っ張ったりしてしまっても、健診の数ヶ月後にカウンセリングを勧められることもあるかもしれません。ただ、子供にとっても、慣れない場所でもあり、普段の様子を出せないこともあるので、あまり一喜一憂しないようにしましょう。

1歳半でぶつかる6つの悩み

1歳半でぶつかる6大お悩み
1歳半の子を持つママがもつ悩み6つをご紹介します。

ご飯を食べない

1歳頃まで何でも食べていたのに、何故か1歳半のこの時期にご飯を食べなくなる、ということが起こります。好奇心旺盛なこの時期は、まだ他のことで遊びたかったり、目の前の食事で遊んでみたかったり、と食べることに集中できません。食べ物を投げたり、わざと落としたり、手でこねたり。食べ物やフォークをママに投げつける、なんてことも。「食べ物で遊ばないの! 」とママも限界がきてしまいますよね。また、味の好みがでてきたのか、偏食もこの時期にでてきます。

夜泣きが続く

1歳~2歳頃、夜泣き再開に悩む声もあります。夜泣きで考えられる理由としてはこちらです。

  • 断乳後、夜間におなかがすく
  • 室温が最適ではない
  • 生活リズムが乱れていてしっかり寝付けない
  • 日中の体験が夢に出てくる

赤ちゃんの頃に比べて、日中にいろいろな体験をするようになり、夜間に夢をみて興奮してしまったり怖い思いをしたりすることがあります。筆者の娘も、大きい招き猫を見た日の夜や、耳鼻科ですごく泣いた日の夜は夜泣きをしていました。夜泣きは、脳が情報の整理をしている証ですので神経質になりすぎないようにしたいものです。

関連記事

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 先輩ママへのアンケート結果も紹介
断乳はいつからどんな方法で進めるの? 卒乳との違いは?

言葉が遅い

「ウチの子、まだママとぶーぶしか話せない」と不安になっていませんか? 1歳半の時期の子供の言語能力には個人差があります。特に環境要因が大きく、保育園に行っている場合や、兄弟がいる場合は、早くから沢山話せることもあります。筆者の子供は一人っ子で、話すのが遅かったので、1歳半の時期はママは言えるけどパパは言えませんでした。1歳半健診の問診で、話せる言葉は何個ありますか? と聞かれると、少し焦りましたが、保育士さんが「ちょっとゆっくりだね」と言う程度で問題なしでしたので安心して下さい。

関連記事

ウチの子供は言葉が遅い? 言葉が遅い子の特徴と言葉を引き出すトレーニング方法
一人っ子のメリットは? 男の子と女の子の一人っ子それぞれの特徴をご紹介

いうことをきかず、癇癪(かんしゃく)がひどい

1歳頃までは自我をあまり感じませんでしたが、1歳半頃になってくると、段々と「自分でしたい」という欲求がでてきて、うまくいかない時や何か気に入らないことがあると癇癪を起すように。新生児の泣き声と違い、かなりの大音量で延々と続きます。

赤ちゃんの時は「オムツかな?」、「ミルクかな?」と対処法があるのですが、自我からくる癇癪はなかなか対処法が見当たりません。30分でも40分でもすごい勢いで泣き続けます。友人の子供は、癇癪で反り繰り返って頭を床にこすりつけるため、髪の毛がたくさん抜けてしまったとか。魔の2歳児の前クッションがこの頃の癇癪なのかな? と感じます。

おもちゃを片付けない

1歳半の子はおもちゃで遊ぶというよりは、おもちゃを出すことが遊びなの? というくらい、いろいろと引っ張り出してきます。本棚もあさる、扉もあける、おもちゃのカゴもひっくり返す。「せっかく片づけたのに…」ということが何度も繰り返されます。子供の手であけられないようにストッパーを活用して、片付けは最小限に済むようにしたいですね。

頻繁に風邪をひく

ママの免疫が切れる1歳頃から頻繁に風邪にかかります。筆者の子供も、子育て支援センターに行けば必ず風邪をもらい、鼻水→熱→咳→中耳炎とフルコース。治るのに10日くらいかかりました。また、熱が続いてなかなか下がらないと入院するケースも。1歳児の入院は母子同室入院、点滴時は同じベッドで就寝になるので、本当に大変です。看病疲れで、後半になるとママもダウンなんてこともあります。

関連記事

子育て支援センターとは? どんなときに頼りになる施設なの?

1歳半の壁にはこう対処しよう! 実体験もご紹介

1歳半の壁にはこう対処しよう!実体験もご紹介
では、6種類の悩みに対するおすすめ対処法をご紹介します。

ご飯は楽しい雰囲気を大切にしよう!

ご飯を食べない子には、食事に集中できる環境にして食事が楽しい時間だよ、ということを感じてもらうことが大切。テレビはもちろん、遊びかけのおもちゃは片づけましょう。偏食があっても、「ママ〇〇食べちゃお♪いっしょにパクしよっか? 」と話しながら食べられるといいですね。また、余裕があれば下記の工夫も取り入れてみましょう。

好きなぬいぐるみ・パペットと一緒に

「〇〇(ぬいぐるみ)がかぼちゃ食べて~って言ってるよ」と食卓に好きなパペットを用意して、キャラクターにアドバイスしてもらうと食べることも。

お皿で即席アンパンマン

キャラ弁のように凝ることは難しいですが、アンパンマンならお皿で簡単に作れます。味噌汁でも茹で野菜でも、ニンジンを丸のままカットすること。そうすると、お皿に人参を3つ並べて、お豆か何かを乗せるとアンパンマン完成です。

関連記事

人気&便利なキャラ弁グッズを大特集! 100均商品から収納アイデアも

細かく刻んでハンバーグorギョーザにする

主要野菜はこの2品でとれます!
ハンバーグ:人参、ピーマン、玉ねぎ
ギョーザ:白菜、キャベツ、ニラ、玉ねぎ、きのこ類
大量生産をして冷凍できるので週末に作りこみましょう。

夜泣きは環境を整えて過ごす

生活の見直しで対処できるものはすぐに改善してみましょう。

  • 食事量が少ないこの場合、入浴後、ゼリーやミルクなどで捕う
  • 室温を快適にする(梅雨の時期はエアコン除湿がおススメ、真夏時はアイスノン枕がおススメ)
  • 生活リズムを整える(昼寝の時間・朝起きる時間、夜寝る時間を毎日一定のリズムにする)

子供の夜泣きは、すぐにはおさまらないかもしれません。筆者の場合は、暗闇の寝室よりは、少し明るいところに出て声をかけてみると落ち着くことがありました。お子さんの様子を見ながら落ち着ける状況を作りましょう。

言葉の遅れは気にしない

1歳半の時期に、あまり話せなくても問題ないことが多いです。聴力の問題がないかは確認すべきですが、言葉の理解は日に日についてきます。筆者の子供は1歳半の時期、絞り出して4語しか話せませんでしたが、2歳半にもなれば、J-POPも歌えるように。友人の子も、1歳半健診で2語くらいしか話せず、数ヶ月後カウンセリングを受けましたが、特に問題なかったようです。話し出すタイミングは個人差が大きいので、あまり気にしないようにしましょう。

癇癪には一歩引いて冷静に

癇癪は自我とそれをセーブするためのコントロール方法。心を発達させる大切なプロセスと思いましょう。癇癪に困ってしまって、子供の希望に沿わしたり、ご褒美でやり過ごそうとすると、癇癪が長引く恐れがあります。「泣いても無駄なんだな」と子供ながらにわかってもらうことが大切です。

とはいえ、子供の癇癪が続くとママのイライラもMAXになると思います。冷静に「〇〇しようね」「〇〇はいけないからやめようね」と言ってみて、癇癪が何十分も続く場合、危ない環境でなければ、その場からママが離れても大丈夫。しばらくすると、ケロッと何もなかったかのように遊んでいます。なかなかママが冷静になれないときは、スマホやビデオで癇癪の様子を撮影してみると冷静になれたりします。将来、成長したら「こんなに泣いてたんだよ~」と笑ってあげましょう。

おもちゃは遊びながら片付けよう

「片付けをしなさい!」と言ってできるものではありません。ママが一緒に「この箱にいれてみよっか」と誘って、箱に入ったら、ハイタッチ! など楽しい雰囲気でお片付けしてみましょう。また、片付けの仕方がシンプルでわかりやすいことも大切。最初のうちは、大きな箱に分別せずにいれてしまうとストレスなく片付けます。まずは、「出したらしまう」という習慣を身に着けるところからのスタート。成長とともに、おもちゃ事に分類していくことを学ばせましょう。

風邪は早めの対応を

子供の風邪はこじらせないようにすること。早めに病院を受診することが大切です。また、症状に合わせてかかりつけ医を使い分けることも必要。特に1歳半の時期は、鼻水が上手にかめません。鼻水がかめないことで、鼻水がのどに落ちてきて就寝時の咳こみになったり、中耳炎になったりします。この場合は、耳鼻科受診がおススメ。電動鼻水吸引器 も活用すると悪化しにくくなりますよ。1週間も看病していると、ママが後半ダウンしてしまいがち。週末はパパに任せれるなら、お昼寝や夜間の耳栓睡眠で体力温存しましょう!

メルシーポットS-503(電動鼻水吸引器)

Baby Smile 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

Baby Smile 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

11,880円(08/23 14:37時点)
Amazonの情報を掲載しています
電動なので吸引力もあり、風邪の時の粘ついた鼻水もしっかり吸ってくれます。お風呂後は吸いやすく、子供もすっきりとした状態で眠りにつけるので、夜間もぐっすり眠れます。

まとめ:1歳半は子供もママも大きく成長するとき

まとめ:1歳半は子供もママも大きく成長するとき
1歳半は、赤ちゃんから子供に段々と成長していくタイミング。ママにとっても、しつけや習慣付けのファーストステップの時期です。初めてのことに苦戦しながら成長していく時期なのは親も子も一緒。そして、苦戦しているのはどのママも一緒です。日々の成長を楽しみながら過ごしましょうね。

関連記事

1歳6ヶ月~2歳の子供をもつママの悩み事を解決!1歳6ヶ月健診、言葉、体重など成長の心配まで