おしゃぶりの効果、上手な使い方は? 赤ちゃんにおしゃぶりを使うメリット・デメリット、おすすめ6選も紹介

赤ちゃんのおしゃぶりは何のため? どんな効果があるの?

おしゃぶりは何のために使うの?

赤ちゃんの気持ちを落ち着かせるため

赤ちゃんはよく指しゃぶりをしますよね。赤ちゃんがおしゃぶりをくわえるのも指しゃぶりをするのも理由は同じです。赤ちゃんは何かをしゃぶることで脳内に「オキシトシン」という精神を安定させるホルモンが分泌され、おしゃぶりをくわえたり、指しゃぶりしたりすると赤ちゃんは安心するというわけです。そういう効果があるので、多くのパパママは赤ちゃんの寝かしつけや、ぐずってしまった時に赤ちゃんを落ち着かせるお助けアイテムとしておしゃぶりを利用しています。おしゃぶりはパパママの育児ストレスを軽減してくれるお役立ちアイテムということですね。

ひょっとして私、育児ノイローゼ? 症状と原因、ストレス軽減、予防法や対処法について
ひょっとして私、育児ノイローゼ? 症状と原因、ストレス軽減、予防法や対処法について
子供が生まれ、育児中のママが注意したいのが育児ノイローゼです。子供が泣き止まない、ミルクを飲まない、ご飯を食べない、夜寝てくれない。子育ての不安や孤独、イライラ、ストレスから育児ノイローゼにかかる人は少なくありません。そんな育児ノイローゼについて、筆者の実体験も踏まえ、さまざまな情報を集めてみました。

おしゃぶりは赤ちゃんがいつからいつまで使うものなの?

おしゃぶりはいつからいつまで使えるの?

新生児から使いはじめ、2歳ごろまでにやめるのが理想的

赤ちゃんには吸啜(きゅうてつ)反射といって、口に触れたものを反射的に咥えて吸い付くという本能が備わっています。産まれてすぐにママの母乳を飲むためなのですが、その本能があるため新生児期からでもおしゃぶりを使うことができます。そして成長に従い言葉も増え歯も生え揃ってくるため、利用は2歳ごろまでにやめるのが理想的です。

おしゃぶりを使うときにママが不安になるのは「歯の噛み合わせが悪くなるのでは?」という点でしょう。もし、おしゃぶりが原因で子供の噛み合わせの異常が見られた場合でも、歯が生え揃わない2歳ごろまでに使用を止めれば発育とともに噛み合わせ異常は改善されていきます。しかし、2歳半や3歳を過ぎて子供の乳臼歯が生え揃った後も、おしゃぶりを使い続けた場合どうなるのでしょうか。前歯が噛み合わない「開咬」や、下あごが横にずれる「乳臼歯交差咬合」などの噛み合わせの異常が発生した場合、元に戻りにくくなってしまうのです。また、4歳を過ぎても子供がおしゃぶりをやめられない場合には、子供が日常的におしゃぶりによって安心を求めているとも考えられます。子供がおしゃぶりをやめられずに悩んでいるというパパママは、小児科の先生に相談してみましょう。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。
指しゃぶりは子供がいつから何歳までする? 歯の影響や傷などについても紹介
指しゃぶりは子供がいつから何歳までする? 歯の影響や傷などについても紹介
指しゃぶりは赤ちゃんや小さい頃ならではのかわいらしい姿ですが、指に傷がついたりあまりにも長い期間であったりすると心配になるものです。指しゃぶりが及ぼす影響や、上手にやめさせるためのアイテムをご紹介します。

おしゃぶりはどの赤ちゃんにも必要?

おしゃぶりはみんな必要?

おしゃぶりを使わない赤ちゃんもいる

赤ちゃんにも好き嫌いがあるので、無理におしゃぶりを与える必要はありません。筆者の子供はまさにおしゃぶりを使いたがらない子でした。「泣き止まない時や寝かしつけの際におしゃぶりがあると便利だよ」と友人に聞いたため試してみたのですが、短時間ならくわえてくれるもののすぐにおしゃぶりをペッとはき出してしまいました。何度か試してみましたが全くくわえてくれないため、そのまま使わなくなりました。おしゃぶりは便利な育児グッズなので、おしゃぶりが子供に合えばママにとっては心強いアイテムになります。ただ、子供が嫌がるのであればおしゃぶりにはこだわらず、別の手段で赤ちゃんが安心する方法を探してみましょう。

おしゃぶりのメリット

おしゃぶりのメリット

おしゃぶりは赤ちゃんを落ち着かせる安心グッズになる

おしゃぶりのメリットは赤ちゃんが安心できることでしょう。産まれて間もない赤ちゃんにとっては何もかもが初めてで、ちょっとした環境の変化にも敏感に反応します。赤ちゃんは初めての場所にお散歩したり、初めての人と会ったり、人がたくさんいる場所に連れて行ったりすると、不安で泣き出してしまうことがよくあります。そんな時に使い慣れたおしゃぶりがあれば赤ちゃんは安心でき、落ち着いてくれます。おしゃぶりがあると「もし、赤ちゃんがぐずってもおしゃぶりがある」とママも気持ちが楽になるというメリットもありますね。

新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。

おしゃぶりでママの育児負担を軽減できる

ママの育児負担を軽減できる
乳児期の赤ちゃんが「泣き止まない」、「寝てくれない」はすべてのママが経験する悩みごとではないでしょうか。外出先でぐずりだし泣き止ませようとしても焦って余計に泣き止まなかったり、夜は子供が眠るまで延々と抱っこでゆらゆら…などは筆者も経験したことがあります。そんな時に役立つのがおしゃぶりです。「授乳しておしゃぶりを咥えさせておけば勝手に寝てしまった」、「ぐずってもおしゃぶりを咥えるとすぐに泣き止む」などは実際に経験し、助かりました。ストレスを抱えることが多いこの2つの問題が解消されるだけで、育児はずいぶんと楽になりますよね。

子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
育児をしていてどのパパママも経験するのが、子供がなかなか寝てくれず、寝かしつけに苦労すること。どうして子供がなかなか寝ない日があるのでしょうか? その原因がわかれば寝かしつけがスムーズになるはず。寝かしつけのコツもご紹介します。
赤ちゃんが泣き止む抱っこ方法、動画、音は? 泣き止ませるコツはある?
赤ちゃんが泣き止む抱っこ方法、動画、音は? 泣き止ませるコツはある?
どのパパママも育児で必ず経験しているのが赤ちゃんが泣き止まないこと。もし、赤ちゃんを簡単に泣き止ませる方法があったら、子育ても楽になりますよね。赤ちゃんが安心する抱っこの方法や、赤ちゃんが泣き止む動画、音などをご紹介するので、試してみてください!
子供のイヤイヤ期はいつからいつまで? 強く叱るのはダメ? 乗り切り方10選!
子供のイヤイヤ期はいつからいつまで? 強く叱るのはダメ? 乗り切り方10選!
イヤイヤ期は1歳を迎える頃からはじまることが多いですが、子供によってはイヤイヤ期が無かった話もあります。子供がイヤイヤ期に入ったのかをどう判断すればいいのか、イヤイヤ期の子供にどう接すればいいのか、先輩ママのイヤイヤ期の乗り切り方をご紹介します。

おしゃぶりのデメリット

おしゃぶりのデメリット

おしゃぶりは歯並びや噛み合わせに悪影響がある

おしゃぶりを使い続けると歯に影響が出てくることがあります。おしゃぶりをいつまで使用するのかによってその影響度合は変わってきます。おしゃぶりを長く使用するほど歯並びや噛み合わせへの影響が大きくなってくると考えてください。

親子のコミュニケーションが減る

親子のコミュニケーションが減る
おしゃぶりを与えるだけで泣き止むのはママにとっては有難いのですが、一方でおしゃぶりひとつで泣き止んでしまうため、子供が泣いている理由をママが考えなくなるというデメリットもあります。子供が泣くのにはいろいろな理由があり、子供が泣けば「お腹が空いているのかな? 」、「どこか痛いのかな? 」、「抱っこしてほしいのかな? 」など様子を見ながらママは考えを巡らせます。そして、子供が笑顔になるように言葉を掛けたり、抱っこして頭をなでたりしながら一生懸命子供をあやします。泣いたらおしゃぶりという習慣はそういった子供のことを考えて触れ合う機会が減ってしまう可能性はあります

赤ちゃんにおしゃぶりをやめさせるのが大変な場合がある

おしゃぶりをやめさせるのが大変な場合がある
習慣化してしまったこと子供にやめさせるのは大変です。卒乳とともに子供が勝手におしゃぶりを卒業したという話も聞きますが、「やめるのに苦労した」という話もよく耳にします。おしゃぶりが入眠グッズになっている場合にはおしゃぶり以外で眠れるようにならなくてはなりませんし、子供が大きくなると自分の意思も出てくるため大好きなものを取り上げられたことに対する反発もあるでしょう。子供のおしゃぶりへの依存度が高いほど、やめる時のハードルも高くなっていきます。おしゃぶりはいつかはやめなくてはならないものなので、やめさせる時の大変さはデメリットの1つと言えるでしょう。

赤ちゃんが卒乳するタイミングはいつ? 卒乳の進め方やポイントを紹介!
赤ちゃんが卒乳するタイミングはいつ? 卒乳の進め方やポイントを紹介!
赤ちゃんが大好きなママのおっぱいをやめるのは、大変なことですよね。ママのおっぱいをすんなりやめられたという子供もいれば、卒乳させるのに苦労したママもいます。赤ちゃんのタイミングで自然に卒乳させてあげたいと考えるママも多いようですが、卒乳するタイミングはいつ頃なのでしょうか。卒乳の進め方やポイントをご紹介します。

おしゃぶりの選び方

おしゃぶりの選び方
おしゃぶりはいろいろなメーカーから種類も豊富に販売されているので、どのおしゃぶりを買うか迷ってしまいますよね。おしゃぶりの選び方を紹介するので、おしゃぶりを見つける時の参考にしてみてください。

赤ちゃんの月齢に合ったもの

赤ちゃんの月齢に合ったもの
まずおしゃぶりを選ぶ時は、対象月齢を確認しましょう。おしゃぶりは、赤ちゃんの月齢によって作りが工夫されています。新生児が使えるものは、ニップルが柔らかく口にフィットしやすいもの、生後6ヶ月頃から使えるものは、ニップルが大きく少しかためのものなどがありますよ。おしゃぶりを購入する際は、商品に記載されている対象月齢を必ず確認し、赤ちゃんの月齢に合ったおしゃぶりを選びましょう。

シリコン製や天然ゴム製の素材の違い

シリコン製や天然ゴム製の素材の違い

「シリコン製」は劣化しにくくお手入れもしやすい

シリコン製のおしゃぶりは劣化しにくいため、長く使うことができる点がメリットです。また、販売されているおしゃぶりの多くはシリコン素材のため、デザインや機能性など幅広い条件から選ぶことができます。シリコン製のおしゃぶりは、電子レンジや食洗器、薬液消毒などに対応しているものが多く、お手入れが簡単なのも嬉しいですね。

「天然ゴム製」はやわらかく口にフィットしやすい

天然ゴム製のおしゃぶりは柔らかさが1番の特徴です。おしゃぶりが柔らかいと赤ちゃんの口にフィットしやすい点がメリットです。天然ゴム製のおしゃぶりはにおいが気になる…というママもいるようで、加えて劣化しやすい点もデメリットと言えるでしょう。

天然ゴム製のおしゃぶりは、電子レンジや薬液消毒対応していない場合が多く、専用の石鹸や熱すぎないお湯で洗うように指示がある商品もあるため、商品説明を確認してから購入するといいですよ。

消毒方法は電子レンジ・薬液に対応しているか


おしゃぶりは赤ちゃんが使う前に消毒する必要があるので、電子レンジ消毒や薬液消毒ができる商品だとお手入れが楽ですね。食洗器に対応しているおしゃぶりもあります。おしゃぶりを購入する際は、消毒方法も確認するのがおすすめです。

「出っ歯になりにくい」「鼻呼吸促進」などの機能面


おしゃぶりのパッケージに「出っ歯になりにくい」など機能面について記載されている商品もあります。暗闇で光る機能がついているおしゃぶりは、赤ちゃんが寝ている時におしゃぶりをつけっぱなしにしているのがわかるなど便利な点もあります。おしゃぶりを選ぶ際は、機能面もチェックしてみるといいですよ。

使ってる哺乳瓶と同じメーカーで選ぶのもアリ

使ってる哺乳瓶と同じメーカーで選ぶのもアリ
赤ちゃんは敏感なので、ママのおっぱい、哺乳瓶の乳首、おしゃぶり…と咥える質感や形が異なると、慣れていないおしゃぶりを嫌がる場合があります。せっかく買ったおしゃぶりを1度も使ってくれなかった、というママの声も聞きます。複数メーカーのおしゃぶりを試したけどなかなか咥えてくれない、うちの子はこだわりが強そう…と感じる場合は、普段使っている哺乳瓶と同じメーカーのおしゃぶりを試してみるのも1つの方法です。

デザイン

デザイン
おしゃぶりはメーカーによってデザインもさまざまです。キャラクターが描かれているもの、スタイリッシュなもの、北欧風のおしゃれなデザインのおしゃぶりも人気ですよ。おしゃぶりを選ぶ時は、普段のファッションに合うデザインや子供やパパママが気に入るデザインを見つけられるといいですね。

赤ちゃんにおすすめのおしゃぶり5選

おすすめのおしゃぶり1:NUK ジーニアス

NUKのジーニアス 2.0は、授乳の時の乳首の形が再現されており、赤ちゃんが違和感を感じにくい工夫がされています。ニップルが柔らかいので、新生児の赤ちゃんでも咥えやすく、カミカミ期の赤ちゃんにもぴったりです。サイズ展開も豊富で、赤ちゃんが気にいれば長く愛用できるのもうれしいですね。

素材 シリコン
サイズ S、M、L
参考年齢 S:0~6ヶ月、M:6~18ヶ月、L18~24ヶ月

おすすめのおしゃぶり2:フィリップス Avent Soothie Pacifier

とても柔らかいのが特徴のおしゃぶりです。病院品質のシリコン素材で、安全性・耐久性・快適性を保つことができます。クリアカラーで見た目もおしゃれなところも魅力です。0ヶ月~3ヶ月用、3ヶ月以上用のおしゃぶりを購入することができますよ。

素材 シリコン
参考年齢 0~3ヶ月、3ヶ月以上

おすすめのおしゃぶり3:チュチュ 出っ歯になりにくい 蓄光デンティスター

ドイツの医師が考案した、出っ歯になりにくい効果が期待されるデンティスターのおしゃぶりです。赤ちゃんが咥えるおしゃぶりの乳首の部分が薄く、おしゃぶりしている時に前歯へかかる圧力を抑えることができる作りになっています。おしゃぶりの土台部分が蓄光タイプなので、赤ちゃんがおしゃぶりをつけたまま寝ていることに気づきやすい点も便利ですね。

素材 シリコン
サイズ 1、2
参考年齢 1:0~6ヶ月頃、2:6ヶ月~1歳頃

おすすめのおしゃぶり4:NUK ハッピーデイズ

上あごにフィットする独特なニップルの形が特徴のおしゃぶりです。ママのおっぱいを飲む時の舌の動きを邪魔しない形なので、赤ちゃんも違和感なく使うことができるのではないでしょうか? 小児科医歯科医が推奨しているおしゃぶりなので安心ですね。デザインも豊富なので、お気に入りの色や柄を選ぶのも楽しいですよ。

素材 シリコン
サイズ S、M
参考年齢 S:0~6ヶ月、M:6~18ヶ月

おすすめのおしゃぶり5:コンビ テテオ おしゃぶり 入眠ナビ

日本人の赤ちゃんの口の形を研究して作られたおしゃぶりです。軽量なので赤ちゃんの口から外れにくく、赤ちゃんがおしゃぶりを咥えて吸っていても口の周りに跡がつきにくいように工夫されています。電子レンジで消毒ができるプチケースが付いているのも嬉しいですね! 

素材 シリコン
サイズ S、M、L
参考年齢 S:0~3ヶ月、M:2・3~10ヶ月、L:8~18ヶ月

おすすめのおしゃぶり6:BIBS(ビブス) 天然ゴム おしゃぶり

北欧デンマーク製のおしゃぶりで、デンマークでは30年以上愛されているおしゃぶりです。日本国内にて食品衛生法に基づく検査済みで、ヨーロッパの安全基準をクリアしている商品なので、赤ちゃんにも安心して使うことができますね。北欧デザインでくすみカラーが可愛いと人気の商品です。

素材 天然ゴム
サイズ 1、2
参考年齢 1:0歳~生後6ヶ月、2:6ヶ月~18ヶ月

赤ちゃんがおしゃぶりを使うときの注意点

おしゃぶりを使うときの注意点

おしゃぶりを長時間使わせない

おしゃぶりを長時間使用することで、おしゃぶりへの依存度が増したり言語発達の遅れに繋がることもあります。おしゃぶりを使用する時間は1日3時間程度に留めましょう。おしゃぶりを使用する時期は子供の成長にとって大切な時期です。赤ちゃん期にも「あーうー」などといった喃語(なんご)を話しますし、いろいろなものを口に入れて感触を確かめたりしながら新しい世界への興味を広げていきます。1日中おしゃぶりを咥えさせて口をふさいでしまうと、こういった機会が減ってしまいます。また、依存度が増すとおしゃぶりがないと不安になってしまうなど、子供が情緒不安定な状態になることもあります。そのため「どうしても困った時はおしゃぶり」くらいの気持ちで使いすぎないように気をつけましょう。

赤ちゃんが喃語を話すのはいつからいつまで? クーイングとの違いや喃語が出ないときの関わり方を紹介
赤ちゃんが喃語を話すのはいつからいつまで? クーイングとの違いや喃語が出ないときの関わり方を紹介
生後5ヶ月ころの赤ちゃんが泣き声や言葉とは違うかわいい声を発し始めたら、それが「喃語」です。喃語とクーイングの違いについて、喃語が出ないときの赤ちゃんとの関わり方をお伝えします!

おしゃぶりを清潔に保つ

おしゃぶりを清潔に保つ
生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力も低いため、消毒液や煮沸などでおしゃぶりを清潔に保ってあげる必要があります。不衛生なおしゃぶりを咥えていると、感染症などの原因になってしまいます。哺乳瓶を使っているママであれば、哺乳瓶と一緒に消毒してあげると手間も増えずに簡単ですよ。ある程度、免疫力や抵抗力がついてきて、いろいろなものを口に入れるようになればそこまで神経質になる必要はありません。それでも、おしゃぶりは口に入るものなので、しっかり水洗いをして清潔な状態にしておくように心がけたいですね。

赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? 人気のピジョンなど、おすすめ5選!
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? 人気のピジョンなど、おすすめ5選!
赤ちゃんの授乳には欠かせない哺乳瓶はピジョンやコンビなどの育児用品メーカーから、いろいろな種類が販売されています。どれを買うべきか迷ってしまいますよね。どのサイズを買えばいいのか? 哺乳瓶の消毒は利用の度に必要なのか? おすすめは? などパパママの疑問にお答えします。
かわいいおしゃぶりホルダーを見つけよう! 選び方とおすすめ10選
かわいいおしゃぶりホルダーを見つけよう! 選び方とおすすめ10選
おしゃぶりを一度落としてしまうと、しっかり洗ってからでないとまた赤ちゃんの口に入れることはできませんよね。気づいたら赤ちゃんがおしゃぶりを落としているなんてことも良くあるので、おしゃぶりホルダーを使うとおしゃぶりを落とさずに済むので便利です。

おしゃぶりは赤ちゃんの鼻呼吸の練習にはならない?

おしゃぶりは鼻呼吸の練習にはならない?
おしゃぶりをくわえることが鼻呼吸の練習になったり舌や顎の発達に良いという話もありますが、実証されているとは言えません。商品のパッケージに書いてある場合もありますが、あまり鵜呑みにしないほうが良いかもしれませんね。

まとめ:おしゃぶりの使用はほどほどに

まとめ
おしゃぶりは育児の助けになってくれる一方で、使い方を間違えると子供に悪影響を及ぼす場合もあります。おしゃぶりが子供の成長の妨げにならないように、どんな使い方であれば問題がないのか? という点をしっかりと考えましょう。「子供が泣いたら取りあえずおしゃぶり!」ではなく、パパママにも子供にもプラスになるような上手な使い方をしていきましょう。

ママに人気のおすすめおしゃぶりホルダーを大特集! 名前入りやぬいぐるみ付き、手作り方法も紹介
ママに人気のおすすめおしゃぶりホルダーを大特集! 名前入りやぬいぐるみ付き、手作り方法も紹介
赤ちゃんがおしゃぶりを使うなら、ぜひおしゃぶりホルダーも使ってみてください。赤ちゃんがおしゃぶりを落とす心配もなくなり、おもちゃや歯固め代わりにもなります。選び方やおすすめ商品、簡単な手作り方法も紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!