おしゃぶりの効果、上手な使い方は? 赤ちゃんにおしゃぶりを使うメリット・デメリット、おすすめ6選も紹介

赤ちゃんのおしゃぶりは何のため? どんな効果があるの?

おしゃぶりは何のために使うの?

赤ちゃんの気持ちを落ち着かせるため

赤ちゃんはよく指しゃぶりやおしゃぶりをしますよね。赤ちゃんは指しゃぶり・おしゃぶりによって、本能的に口を使っていろいろな物の感触を覚えていきます。指しゃぶり・おしゃぶりは、手や口の動きを育てる上でも重要な行動です。来るべき授乳に向けて、胎児のころから指しゃぶりをする子もいます。赤ちゃんは本能的に何かに吸い付く吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)を持っているため、指しゃぶりやおしゃぶりをすると、落ち着いたり寝てくれたりすることもあります。このため、赤ちゃんの寝かしつけや、ぐずってしまった時に赤ちゃんを落ち着かせるお助けアイテムとしておしゃぶりを利用しているパパママも多いでしょう。おしゃぶりはパパママの育児ストレスを軽減してくれるお役立ちアイテムということですね。

ひょっとして私、育児ノイローゼ? 症状と原因、ストレス軽減、予防法や対処法について
ひょっとして私、育児ノイローゼ? 症状と原因、ストレス軽減、予防法や対処法について
育児中のママが注意したいのが育児ノイローゼです。子供が泣き止まない、ミルクを飲まない、ご飯を食べない、夜寝てくれない。子育ての不安や孤独、イライラ、ストレスから育児ノイローゼにかかる人は少なくありません。そんな育児ノイローゼについて、ママである筆者の実体験も踏まえて解説します。

おしゃぶりは赤ちゃんがいつからいつまで使うものなの?

おしゃぶりはいつからいつまで使えるの?

新生児から使いはじめ、2歳ごろまでにやめるのが理想的

赤ちゃんには吸啜(きゅうてつ)反射があるため新生児期からでもおしゃぶりを使うことができます。おしゃぶりを使うときにママが不安になるのは「歯の噛み合わせが悪くなるのでは?」という点でしょう。
もし、おしゃぶりが原因で子供の噛み合わせの異常が見られた場合でも、歯が生え揃わない2歳ごろまでに使用を止めれば発育とともに噛み合わせ異常は改善されていきます。
しかし、2歳半や3歳を過ぎて子供の乳臼歯が生え揃った後も、おしゃぶりを使い続けた場合どうなるのでしょうか。前歯が噛み合わない「開咬」や、下あごが横にずれる「乳臼歯交差咬合」などの噛み合わせの異常が発生した場合、元に戻りにくくなってしまうのです。また、4歳を過ぎても子供がおしゃぶりをやめられない場合には、子供が日常的におしゃぶりによって安心を求めているとも考えられます。子供がおしゃぶりをやめられずに悩んでいるというパパママは、小児科の先生に相談してみましょう。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!
おしゃぶりの効果、上手な使い方は? 赤ちゃんにおしゃぶりを使うメリット・デメリット、おすすめ6選も紹介
おしゃぶりの効果、上手な使い方は? 赤ちゃんにおしゃぶりを使うメリット・デメリット、おすすめ6選も紹介
おしゃぶりはうまく使えば、メリットもある育児グッズ。おしゃぶりはどんな時に使うものなのでしょうか? おしゃぶりのメリット・デメリット、何歳ごろまで使うのが一般的などをご紹介します!

おしゃぶりはどの赤ちゃんにも必要?

おしゃぶりはみんな必要?

おしゃぶりを使わない赤ちゃんもいる

赤ちゃんにも好き嫌いがあるので、無理におしゃぶりを与える必要はありません。筆者の子供はまさにおしゃぶりを使いたがらない子でした。「泣き止まない時や寝かしつけの際におしゃぶりがあると便利だよ」と友人に聞いたため試してみたのですが、短時間ならくわえてくれるもののすぐにおしゃぶりをペッとはき出してしまいました。何度か試してみましたが、まったくくわえてくれないため、そのまま使わなくなりました。おしゃぶりは便利な育児グッズなので、おしゃぶりが子供に合えばママにとっては心強いアイテムになります。ただ、子供が嫌がるのであればおしゃぶりにはこだわらず、別の手段で赤ちゃんが安心する方法を探してみましょう。

赤ちゃんの吸いだこの原因や対処法は? 痛みはないの?
赤ちゃんの吸いだこの原因や対処法は? 痛みはないの?
生後間もない赤ちゃんの唇にできる水ぶくれのような「吸いだこ」。吸いだこはなぜできるのでしょうか? いつ治るのでしょうか? 赤ちゃんに吸いだこができたら何かしてあげた方がいいの? 痛みは感じていないの?など気になる赤ちゃんの吸いだこについて解説します。

おしゃぶりのメリット

おしゃぶりのメリット

おしゃぶりは赤ちゃんを落ち着かせる安心グッズになる

おしゃぶりのメリットは赤ちゃんが安心できることでしょう。産まれて間もない赤ちゃんにとっては何もかもが初めてで、ちょっとした環境の変化にも敏感に反応します。赤ちゃんは初めての場所にお散歩したり、初めての人と会ったり、人がたくさんいる場所に連れて行ったりすると、不安で泣き出してしまうことがよくあります。そんな時に使い慣れたおしゃぶりがあれば赤ちゃんは安心でき、落ち着いてくれます。おしゃぶりがあると「もし、赤ちゃんがぐずってもおしゃぶりがある」とママも気持ちが楽になるというメリットもありますね。

新生児・赤ちゃんとのおでかけはいつから? 外出時の持ち物と注意点は? 外気浴の方法も紹介
新生児・赤ちゃんとのおでかけはいつから? 外出時の持ち物と注意点は? 外気浴の方法も紹介
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。

おしゃぶりで鼻呼吸が促される

普段の呼吸や眠っているときの呼吸を、口をポカンと開けて行うことを「口呼吸」と言います。口呼吸は口内の乾燥を招きウイルス・花粉などを吸いこみやすくなってしまいます。口呼吸になる原因は、主に口を閉じるための「口輪筋(こうりんきん)」の筋力不足です。歯科医の中には、おしゃぶりをすることで「口輪筋」が鍛えられ、口を閉じるようになることで鼻呼吸を促すという意見もあり、欧米ではこれを理由におしゃぶりはポピュラーに使用されています。

おしゃぶりでママの育児負担を軽減できる

ママの育児負担を軽減できる
乳児期の赤ちゃんが「泣き止まない」、「寝てくれない」はすべてのママが経験する悩みごとではないでしょうか。外出先でぐずりだし泣き止ませようとしても焦って余計に泣き止まなかったり、夜は子供が眠るまで延々と抱っこでゆらゆら…などは筆者も経験したことがあります。そんな時に役立つのがおしゃぶりです。「授乳しておしゃぶりを咥えさせておけば勝手に寝てしまった」、「ぐずってもおしゃぶりを咥えるとすぐに泣き止む」などは実際に経験し、助かりました。ストレスを抱えることが多いこの2つの問題が解消されるだけで、育児はずいぶんと楽になりますよね。

子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
育児をしていてどのパパママも経験するのが、子供がなかなか寝てくれず、寝かしつけに苦労すること。どうして子供がなかなか寝ない日があるのでしょうか? その原因がわかれば寝かしつけがスムーズになるはず。寝かしつけのコツもご紹介します。
赤ちゃんが泣き止む抱っこのしかた、動画、音は? 赤ちゃんを泣き止ませるコツはある?
赤ちゃんが泣き止む抱っこのしかた、動画、音は? 赤ちゃんを泣き止ませるコツはある?
どのパパママも育児で必ず経験しているのが赤ちゃんが泣き止まないこと。もし、赤ちゃんを簡単に泣き止ませる方法があったら、子育ても楽になりますよね。赤ちゃんが安心する抱っこの方法や、赤ちゃんが泣き止む動画、音などをご紹介するので、試してみてください!
子供のイヤイヤ期はいつからいつまで? 2歳がピーク? パパママの対応方法10選
子供のイヤイヤ期はいつからいつまで? 2歳がピーク? パパママの対応方法10選
ママ・パパを悩ませるイヤイヤ期。イヤイヤ期は1歳を迎えるころからはじまる子が多いですが、子供によってはイヤイヤ期がないことも…。子供がイヤイヤ期に入ったのかをどう判断すればいいのか、イヤイヤ期の子供にどう接すればいいのか、先輩ママのイヤイヤ期の乗り切り方をご紹介します。

赤ちゃんのおしゃぶりのデメリット

おしゃぶりのデメリット

おしゃぶりは歯並びや噛み合わせに悪影響がある

おしゃぶりを使い続けると歯に影響が出てくることがあります。おしゃぶりをいつまで使用するのかによってその影響度合は変わってきます。おしゃぶりを長く使用するほど歯並びや噛み合わせへの影響が大きくなってくると考えてください。

親子のコミュニケーションが減る

親子のコミュニケーションが減る
おしゃぶりを与えるだけで泣き止むのはママにとっては有難いのですが、一方でおしゃぶりひとつで泣き止んでしまうため、子供が泣いている理由をママが考えなくなるというデメリットもあります。子供が泣くのにはいろいろな理由があり、子供が泣けば「お腹が空いているのかな? 」、「どこか痛いのかな? 」、「抱っこしてほしいのかな? 」など様子を見ながらママは考えを巡らせます。そして、子供が笑顔になるように言葉を掛けたり、抱っこして頭をなでたりしながら一生懸命子供をあやします。泣いたらおしゃぶりという習慣はそういった子供のことを考えて触れ合う機会が減ってしまう可能性はあります

赤ちゃんにおしゃぶりをやめさせるのが大変な場合がある

おしゃぶりをやめさせるのが大変な場合がある
習慣化してしまったこと子供にやめさせるのは大変です。卒乳とともに子供が勝手におしゃぶりを卒業したという話も聞きますが、「やめるのに苦労した」という話もよく耳にします。おしゃぶりが入眠グッズになっている場合にはおしゃぶり以外で眠れるようにならなくてはなりませんし、子供が大きくなると自分の意思も出てくるため大好きなものを取り上げられたことに対する反発もあるでしょう。子供のおしゃぶりへの依存度が高いほど、やめる時のハードルも高くなっていきます。おしゃぶりはいつかはやめなくてはならないものなので、やめさせる時の大変さはデメリットの1つと言えるでしょう。

卒乳のタイミングはいつ? 方法やコツ、ママのおっぱいケアも紹介
卒乳のタイミングはいつ? 方法やコツ、ママのおっぱいケアも紹介
赤ちゃんが大好きなママのおっぱいをやめるのは、大変なことですよね。ママのおっぱいをすんなりやめられたという子供もいれば、卒乳させるのに苦労したママもいます。赤ちゃんのタイミングで自然に卒乳させてあげたいと考えるママも多いようですが、卒乳するタイミングはいつ頃なのでしょうか。卒乳の方法やコツなどをご紹介します。

次のページでは赤ちゃんのおしゃぶりの選び方、おすすめのおしゃぶりをご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!