赤ちゃんの吸いだこの原因や対処法は? 痛みはないの?

赤ちゃんにできる「吸いだこ」とは?

新生児~3ヶ月ごろの低月齢の赤ちゃんの唇に、水ぶくれや皮むけが起きて、びっくりしてしまうパパママもいるでしょう。これは「吸いだこ」といわれるものです。新生児期の赤ちゃんは昼夜問わず、1日に10回以上授乳をすることもしばしば。「吸いだこ」は、赤ちゃんが一生懸命、母乳やミルクを飲もうと頑張っている証拠です。

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児の特徴や発達、一人目だと不安な育児について
赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児の特徴や発達、一人目だと不安な育児について
新生児は、生まれてからいつまでのことを言うのでしょうか? 法律で決まっているのでしょうか? 乳児との違いはあるのでしょうか? 新生児の赤ちゃんの定義や特徴、成長についてご紹介します!

吸いだこができる時期

吸いだこができるのは、新生児~長くても3ヶ月ごろまでが多いでしょう。赤ちゃんがしっかり口を開けて乳首を吸えるようになると、皮がむけて気づけばなくなっていた…ということが多いようです。なかには3ヶ月を過ぎても吸いだこができる子もいますが、とくに心配はいりません。

吸いだこができる原因

吸いだこは名前の通り、その場所を吸いこんでできる「たこ」です。赤ちゃんの月齢が低いころに唇にできやすいほか、赤ちゃん~幼児期の指しゃぶりなどでもできることがあります。

授乳時の唇の形が吸いだこの原因に

授乳時はアヒルのように唇を突き出した状態で乳首をくわえるのが理想です。しかし、まだ授乳に慣れていない赤ちゃんは、母乳やミルクを飲むときに内側に唇を巻き込んでしまうことが多く、巻き込まれた刺激で唇に水ぶくれができるのが吸いだこです。とくに生まれたばかりの赤ちゃんの唇は薄くて刺激に弱いため、吸いだこができやすいと言われます。
一般的に哺乳瓶の乳首は比較的滑りがよく唇を巻き込みにくいため、母乳育児のほうが吸いだこができやすいとされます。

母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児は赤ちゃんとのスキンシップの時間が楽しい一方、昼夜問わずの授乳生活に正直疲れてしまうこともありますよね。中には1日20回の頻回授乳をしているママも。なぜ赤ちゃんの授乳間隔があかないのか、その理由をご紹介します。頻回授乳でよくあるトラブルの対処法も紹介いたします。

指しゃぶりで吸いだこができることもある

低月齢の赤ちゃんにできる唇の吸いだこのほかに、激しい指しゃぶりによって指に吸いだこができることもあります。指しゃぶりによる手の吸いだこは、傷になりやすく細菌が入って化膿することがあるので注意が必要です。万が一、傷が悪化した場合は、病院で消毒薬や軟膏などを処方して貰いましょう

吸いだこの対処方法 痛みはないの?


赤ちゃんの唇にできる吸いだこは、自然治癒するものなので基本的には放っておいても問題ありません。吸いだこができている赤ちゃんが授乳を嫌がることもあまり見られず、痛みもあまりないと思われます。
皮がめくれてひらひらとすることがありますが、無理に引っ張ってしまうのは、傷になってしまう可能性があるのでNG。自然と落ちるのを待ちましょう。

乳首を湿らせて巻き込みを予防できることも

唇にできる吸いだこは、授乳するときに唇を巻き込んでしまうことが原因。これを防ぐために、乳首を少しミルクや母乳で湿らせておくことで唇の滑りがよくなり、巻き込みを防ぐことができます。あまりに痛々しいときなどは、試してみてくださいね。

吸いだこは赤ちゃんが小さいうちだけ

赤ちゃんの唇にできる「吸いだこ」は、授乳回数が頻繁で赤ちゃんがまだ授乳に慣れていない時期限定のものです。いわば「赤ちゃんが授乳を頑張っている証拠」のようなものです。生後3ヶ月ごろには消えてしまうことも多く、長い子育ての中でもほんの一瞬しか見られなません。ほとんど心配のいらないものなので、写真や記録をとっておくと、子供が成長したときにいい思い出になりますよ。

赤ちゃんのおしゃぶりの効果は? メリット・デメリット、おすすめ6選も紹介
赤ちゃんのおしゃぶりの効果は? メリット・デメリット、おすすめ6選も紹介
赤ちゃんのおしゃぶりは、上手に使えばメリットのある育児グッズですが、使用には注意も必要です。おしゃぶりのメリット・デメリット、いつからいつまで使うのがいいか、選び方やおすすめ商品など、詳しくご紹介します。
いくつ共感できる? 授乳中のママたちに聞いた「赤ちゃんの授乳あるある」
いくつ共感できる? 授乳中のママたちに聞いた「赤ちゃんの授乳あるある」
授乳中のママたちから聞いた「赤ちゃんの授乳あるある」を集めてみました。「赤ちゃんがおっぱいを手で押してくる」など共感できるエピソードを紹介しています。ママに人気の「お悩みあるある」や「育児あるある漫画」も紹介していますので、息抜きにどうぞ!
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!