子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?

子供がなかなか寝てくれない原因と対策?

子供がなかなか寝てくれない原因と対策?
子供を寝かしつけようとお布団に連れていっても、まだ寝たくないと嫌がったり、ずーっとなにかおしゃべりをしていたり、なかなか寝入ってくれないことがありますよね。パパママは子供が寝たあとにやることが沢山あるのに、いつの間にか時間だけが過ぎてしまい、段々とイライラが募り「早く寝なさい! 」と怒ってしまったパパママも多いのではないでしょうか。まずは、なぜ子供がなかなか寝てくれないのか、考えられるいくつかの原因と対策をご紹介します。今の生活の中で当てはまるものがないかどうか、チェックしてみてくださいね。

子育てでイライラしたらどうすればいい? 子供にイライラするのは私だけ? 
子育てでイライラしたらどうすればいい? 子供にイライラするのは私だけ? 
子育て中に子供にイライラしてしまった経験、誰にでもありますよね? イライラしてしまうのは仕方がないとして、その気持ちにはどう対処すればいいのでしょう? 先輩ママの体験談や、その原因と対処方法いついてご紹介します。

子供が寝ない理由:お昼寝のし過ぎ、お昼寝時間が遅い

お昼寝のし過ぎ、お昼寝時間が遅い
まだ体力が少ない子供にとって、お昼寝は夜の睡眠を補うためにとても重要です。しかし、お昼寝をたくさんし過ぎてしまったり、お昼寝の時間が遅くなってしまったりすると夜寝られなくなります。子供がお昼寝をしている間は、ママもやりたいことができて家事もはかどるので、ついついできるだけ長く寝かせたいと思ってしまいますよね。しかし、あまりに長くお昼寝をさせてないよう注意してください。あらかじめ寝る時間を決めておき、時間になったら優しく起こしてあげましょう。また、お昼ご飯を食べたあとに子供がお昼寝ができるよう習慣付けることをオススメします。多くの保育園でもそのようなスケジュールになっています。遅くても午後3時くらいまでには起きるようにお昼寝の時間を調整してあげるといいでしょう。

夫婦共働き世帯で家事分担する時のポイント! 妻が夫にストレスをためない方法は?
夫婦共働き世帯で家事分担する時のポイント! 妻が夫にストレスをためない方法は?
夫婦共働き世帯が増え、家事も男女で分担する家庭が増えています。「男は仕事、女は家庭」という時代から、女性も働き、男性も家事をしていく時代です。パパママの家事分担がうまくできていないと悩む家庭も多いのではないでしょうか。家事分担のポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

子供が寝ない理由:運動不足で子供の体力がありあまっている

運動不足で子供の体力がありあまっている
日中にあまり体を動かさず、子供の体力がありあまっていると、体が疲れておらず、夜になかなか寝付けない原因の1つとなります。可能であれば1時間でもいいので外に連れて行き、思いっきり遊ばせてあげましょう。

真夏は紫外線や熱中症が心配だったり、真冬は寒すぎたりと、長時間外で遊ぶこともできないこともあるでしょう。そんな時は室内の遊び場にいったり、水遊びをしたりと、いろいろと工夫してみてください。自治体が管理している児童館や子育て広場などはお金もかからないことが多いのでおすすめですよ。また、子供が大きくなれば部屋の片付けや雑巾がけ・お風呂掃除などを手伝ってもらうのもオススメです。

子供が寝ない理由:不規則な生活で生活リズムが崩れている

不規則な生活で生活リズムが崩れている
朝起きる時間・夜寝る時間が毎日バラバラで不規則な生活が続くと、子供の生活リズムが崩れ、夜になかなか寝付けなくなってしまいます。厳密に管理する必要はありませんが、だいたいの起きる時間と寝る時間を決めて、毎日規則正しい生活を送れるようにしましょう。また、寝る前に「入眠儀式」を行うことも効果的です。毎日同じ時間、例えば寝る1時間前にはおもちゃを片付けて寝る部屋へ行き、10分前には絵本を読んでから寝るという入眠儀式を行うことによって、もうすぐ寝る時間なんだなと子供に理解してもらうことができます。習慣化することで、決まった時間になると自然と眠くなるようになるでしょう。

子供から人気な絵本、親が好きだった絵本は? おすすめの絵本10選!
子供から人気な絵本、親が好きだった絵本は? おすすめの絵本10選!
子どもにはいろいろな絵本を読んであげたいと思いますが、本屋さんでもインターネット通販でも絵本の種類があり過ぎて、何を買えばいいのか、どれが人気でおすすめの絵本なのか悩んでしまいますよね。そこで、今回は子供が気に入った絵本についてのアンケート調査を紹介します。絵本選びの参考にしてください。
子供の寝かしつけにおすすめな絵本を年齢別に15選紹介! イヤイヤ期、0歳~5歳児の寝かしつけに効く絵本は?
子供の寝かしつけにおすすめな絵本を年齢別に15選紹介! イヤイヤ期、0歳~5歳児の寝かしつけに効く絵本は?
「子供の寝かしつけで困っている」「2、3歳で体力がつき今までの入眠儀式では寝てくれなくなった…」などと悩むパパママは多いでしょうか? 絵本の読み聞かせで子供がリラックスできたり、絵本のお話で「寝よう!」と気持ちが切り変わることがありますよ。選び方やおすすめを紹介します。

子供が寝ない理由:寝る直前に遊んで子供が興奮している

寝る直前に遊んで子供が興奮している
寝る直前までテレビを観ていたり、ゲームをしていたり、家の中を走り回るような激しい遊びをしていると、子供は興奮し、すぐに寝ることができなくなります。また、寝る時間にパパが仕事から帰ってくると、遊びたくなって目がさえてしまうこともあるでしょう。我が家でも、パパの帰宅が子供が寝る時間にギリギリ間に合いそうな時は、ついパパを待ってあげたくなります。そこは心を鬼にしていつも通りの入眠儀式に入りましょう。

夜ご飯を食べてお風呂に入ったあとは、もうテレビをつけないなど、寝る前は落ち着いた時間を過ごすようにしましょう。また、見落としがちなのが、つい子供の前でも触ってしまうスマートフォンです。電子機器のブルーライトは脳を刺激して興奮状態にしてしまい、寝付きが悪くなる原因となります。大人でも、寝る直前までスマートフォンを見ていると目がさえてしまいますよね。寝る時間が近づいてきたら、パパママもスマートフォンを触るのはしばらく我慢して、子供と触れ合うようにしましょう。

子どものスマホ利用はあり?なし?  1日の利用時間制限は?
子どものスマホ利用はあり?なし?  1日の利用時間制限は?
リビングにスマホを置いたり、充電したりしているといつの間にか子どもがスマホを触っていた経験はどの家庭でもありますよね。親がスマホを触っているのを見て、子どもがスマホ操作をいつの間にか覚えてしまって驚いた、なんてのも子育てあるあるです。子どもがスマホを触ってしまうのは仕方がないとして、どのくらいの時間ならスマホで遊ぶのを許可しているのか、気になる各家庭のルールをご覧ください。

子供を寝かしつけるためのおすすめテクニック

子供を寝かしつけるためのおすすめテクニック
子供が夜に寝てくれない原因と、その対策をご紹介ました。普段の生活を見直してみて、思い当たる原因はありましたか? こちらではプラスアルファで実践できる、子供を寝かしつけるためのおすすめのテクニックをご紹介します。どの方法もすぐに試せる簡単なものなので、ぜひお試しください。

赤ちゃんのねんねトレーニングはいつから? おすすめ本や体験談を紹介
赤ちゃんのねんねトレーニングはいつから? おすすめ本や体験談を紹介
赤ちゃんの睡眠リズムを整えるための「ねんねトレーニング」(略してネントレ)。「ねんねトレーニング」は、いつから始めるのがいいのでしょうか。また、ねんねトレーニングは赤ちゃんの成長に影響はないのか、気になることを調べてみました。

子供の寝かしつけテクニック:毎日同じ時間に寝かせる

毎日同じ時間に寝かせる
子供の生活リズムを整えてあげることはとても重要です。まずは毎日同じ時間に寝かせるようにしましょう。理想は20時まで、難しければ遅くとも21時までにはお布団に入るようにしてみてください。先ほど、入眠儀式のお話をしましたが、寝る前の生活サイクルも毎日同じパターンにすることが大切です。「絵本を読んだら」、「歯磨きをしたら」、「ママと今日の出来事を話したら」など、寝る前にすることを決めて毎日繰り返すことで、眠りにつくまでの習慣ができあがっていきます。

子供の寝かしつけテクニック:寝る部屋を暗くする

子供が寝る部屋は暗くする
昼と夜のメリハリをきちんとつけてあげるためにも、子供が寝る部屋は暗くするようにしましょう。夜寝に限らず、お昼寝の時も同様です。保育園でもお昼寝の時は電気を消して暗くします。そうすることで、途中で目が覚めてしまっても、まだ部屋が真っ暗なので起きる時間ではないんだと子供が理解することができます。ずっと電気が点いたままだと、混乱を招く原因にもなってしまいますよ。

子供の寝かしつけテクニック:寝る部屋、枕、寝具は同じものを使う

寝る部屋、枕、寝具は同じものを使う
旅行に行って寝る場所の環境が変わったり、枕や寝具が変わると、大人でもよく寝られないということがありますよね。子供にとっても同じです。いつも同じ部屋で、同じ枕や寝具で寝ることが大きな安心感に繋がります。なるべく毎日同じ環境で寝ることができるようにパパママが気をつけてあげてください。旅行先に子供がいつも寝る時に使っているタオルケットを持っていくと、よく寝てくれるという話もあります。それほどに使い慣れた寝具は大事なのですね。

ドーナツ枕で赤ちゃんの絶壁頭や寝ハゲを予防できる? 選び方やおすすめ5選を紹介
ドーナツ枕で赤ちゃんの絶壁頭や寝ハゲを予防できる? 選び方やおすすめ5選を紹介
ドーナツ枕は赤ちゃんの頭の形の歪んで絶壁になったり、寝ハゲになったりする予防に効果的なのをご存知でしょうか? 赤ちゃんはずっと同じ向き寝ていると頭の形が歪んでしまうことがありますが、こういったパパママの不安解消にドーナツ枕が役立つんですよ。
保育園のお昼寝用布団の選び方。準備するもの別選び方まとめ
保育園のお昼寝用布団の選び方。準備するもの別選び方まとめ
保育園に入園が決まると、お昼寝用の布団を家から持参するケースもあります。ここでは、お昼寝用布団を持参する場合に必要なものと選び方、そしてママ達に人気の保育園グッズが揃えるサイトと実際に見て選べるお店をご紹介したいと思います。

子供の寝かしつけテクニック:音楽や絵本読み聞かせて気持ちを落ち着かせる

音楽や絵本読み聞かせで気持ちを落ち着かせる
寝る前もまだ子供が興奮してしまっているようなら、音楽や絵本を使って気持ちを落ち着かせてあげましょう。音楽については、筆者も「寝かしつけ、音楽」でYouTubeを検索したり無料のアプリをダウンロードしたりといろいろ試しました。オルゴール調のものや、心を和ませてくれるゆったりとした音楽を流すことでリラックスした雰囲気をつくることができます。

また、子守唄を歌ってあげるのもオススメです。大好きなママの声でささやくように歌ってあげることで安心して眠ることができます。絵本の読み聞かせも同様で、ママをより近くに感じることができるので効果的ですね。お布団のそばにお気に入りの絵本を用意しておいたり、毎日寝る前に本棚から一緒に今日読む絵本を選んで寝室に移動すると良いでしょう。

絵本の読み聞かせの教育効果とは? 年齢別の絵本の読み聞かせ方法も紹介!
絵本の読み聞かせの教育効果とは? 年齢別の絵本の読み聞かせ方法も紹介!
絵本の読み聞かせが子供の成長にプラスになるのはみなさんご存知でしょう。では、具体的にどんな効果があるのでしょう。成長に合わせて、年齢ごとに読み聞かせのコツもあるんですよ。子供の想像力や集中力、国語力を育てる絵本読み聞かせの基本についてご紹介します。

子供の寝かしつけテクニック:添い寝して、体をトントンする

添い寝して、体をトントンしてあげる
添い寝して、体をトントンとやさしく叩いてあげてみてください。添い寝をすることによってママのぬくもりを近くで感じることができます。トントンと一定のリズムで叩いてあげることによって、単調なリズムにだんだんと眠気を感じてくれたり、スキンシップの効果で眠気を誘うこともあります。トントンする場所は子供の背中でも、胸でもお尻でも大丈夫。

子供の様子をみて良さそうな場所を探してみてください。私の子供は太ももの付け根あたりをトントンしてあげると気持ちよさそうにしていました。もう寝たかな? と思ってトントンをやめてしまうと、「トントン続けて! 」と言わんばかりに私の手を引っ張ってくることもあります。

赤ちゃんと同じ布団で添い寝しても大丈夫? 安全な添い寝のポイント
赤ちゃんと同じ布団で添い寝しても大丈夫? 安全な添い寝のポイント
赤ちゃんとの添い寝のひとときは幸せな時間ですよね。ただし、気をつけないと窒息や転落事故などトラブルの危険があります。そこで、より安全に赤ちゃんと添い寝する方法や便利な添い寝グッズを紹介! 腕枕はしてもいいの? などママたちの疑問にも答えます。

子供の寝かしつけテクニック:パパママどちらでも寝かしつけできるようにする

パパママどちらでも子供を寝かしつけられるようにする
パパママのどちらか片方が寝かしつけを担当すると、なかなか寝てくれなくてイライラが募ってしまうことも。これまでにご紹介した対策やテクニックを使って、パパママがどちらでも子供を寝かしつけられるようにしておくこともとても大切です。パパが平日はお仕事で遅い家庭は、休日はパパに寝かしつけを担当してもらいましょう。そうすることで、ママもリフレッシュできますよ。とはいえ、「ママがいい! 」と子供に泣きつかれてしまう時もあると思います。そんな時は家族みんなで寝室に入ってみると絆も深まりますね。

子供の寝かしつけにおすすめな入眠グッズ

子供の寝かしつけにおすすめな入眠グッズ
子供の寝かしつけテクニックなどを紹介してきましたが、子供の寝かしつけに効果抜群な入眠グッズを購入することができます。簡単なものだとおしゃぶりや眠気を誘う絵本、アプリなどがあります。本格的なものでは、家庭用プラネタリウムを使い、ベッドルームの天井に星空を投影することも可能です。詳しくは下記記事で紹介していますのでご覧ください。

子供の寝かしつけにおすすめの入眠グッズ 絵本? アプリ? YouTube?
子供の寝かしつけにおすすめの入眠グッズ 絵本? アプリ? YouTube?
子供の寝かしつけに効果的なグッズってあるのでしょうか? 人気の入眠グッズから、手軽に利用できる寝かしつけアプリ、YouTubeを利用した賢い寝かしつけ方法まで、先輩パパママも助けられた寝かしつけアイテムをご紹介します。
おしゃぶりの効果、上手な使い方は? 赤ちゃんにおしゃぶりを使うメリット・デメリット、おすすめ6選も紹介
おしゃぶりの効果、上手な使い方は? 赤ちゃんにおしゃぶりを使うメリット・デメリット、おすすめ6選も紹介
おしゃぶりはどんな赤ちゃんでも使う育児グッズですが、実はおしゃぶりを使わない赤ちゃんもいます。おしゃぶりはどんな時に使うものなのでしょうか? おしゃぶりのメリット・デメリット、何歳頃まで使うのが一般的などをご紹介します!
かわいいおしゃぶりホルダーを見つけよう! 選び方とおすすめ10選
かわいいおしゃぶりホルダーを見つけよう! 選び方とおすすめ10選
おしゃぶりを一度落としてしまうと、しっかり洗ってからでないとまた赤ちゃんの口に入れることはできませんよね。気づいたら赤ちゃんがおしゃぶりを落としているなんてことも良くあるので、おしゃぶりホルダーを使うとおしゃぶりを落とさずに済むので便利です。

まとめ:寝てくれない場合はいさぎよく諦め、遊んであげるのもOK!

まとめ
普段なかなか子供が寝てくれず、寝かしつけが憂鬱だったパパママの皆さん、寝付きが悪くなりやすい生活習慣に心当たりはありましたか? まだ試したことがない寝かしつけのテクニックは見つかりましたか? いろいろとご紹介しましたが、何をやっても寝てくれない時は、あきらめて一緒に遊んであげるのもいいでしょう。早く寝てくれなくて焦ったりイライラしていると、子供にも伝わってより悪循環に陥ってしまうこともあります。パパママもリラックスして、子供が眠たくなるまで付き合ってあげてみてくださいね。

おひなまきとは? 赤ちゃんがいつからいつまで寝かしつけ効果はある? 巻き方の注意点も紹介
おひなまきとは? 赤ちゃんがいつからいつまで寝かしつけ効果はある? 巻き方の注意点も紹介
おひなまきは、赤ちゃんをおくるみやバスタオルでくるっと巻いて、安心感を与えてあげるものです。小さな頃しかできず見た目も可愛らしいのですが、巻き方など注意が必要な点もあります。おひなまきの安全な巻き方やポイントをご紹介します。
おやすみホームシアターは赤ちゃん、子供の寝かしつけに効果抜群! おすすめの種類や使い方を紹介
おやすみホームシアターは赤ちゃん、子供の寝かしつけに効果抜群! おすすめの種類や使い方を紹介
おやすみホームシアターは、天井いっぱいに映し出される映像と流れる音楽で、部屋の空間を特別なものに演出してくれるもの。家族みんなで楽しめますし、寝かしつけのアイテムとしても活用できます。おやすみホームシアターの使い方とおすすめをご紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!