赤ちゃんが卒乳するタイミングはいつ? 卒乳の進め方やポイントを紹介!

赤ちゃんの卒乳とは?

赤ちゃんの卒乳とは?

赤ちゃんが母乳やミルクを飲まなくなること

卒乳とは、赤ちゃんが母乳や粉ミルクなどいわゆる「授乳」と呼ばれる行為を「卒業する」ということを意味します。「卒乳」は「断乳」と比較されることが多いですが、卒乳は赤ちゃんがおっぱいを飲みたがらなくなり、自然と授乳が終わることを指します。一方「断乳」は赤ちゃんの自発的なタイミングではなく、パパママが「この日にやめよう! 」と決めておっぱいをやめることを指すのです。赤ちゃんとパパママ、どちらが主導で授乳をやめるのかによって、卒乳と断乳で言葉が変わってくるのですね。

関連記事

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
断乳はいつからどんな方法で進めるの? 卒乳との違いは?

赤ちゃんが卒乳するタイミングはいつ?

赤ちゃんが卒乳するタイミングはいつ?

1~2歳頃に卒乳するのが一般的

いつ卒乳するかは赤ちゃんによって違いますが、1歳頃~2歳頃で離乳食を1日3回しっかり食べるようになり、食事から成長に必要な栄養補給が出来るようになったら卒乳を考えるパパママが多いようです。1歳頃になると離乳食も進み、栄養面でも母乳を飲む必要はなくなってくるため、卒乳を考えるパパママが多いようです。場合によっては、赤ちゃんのタイミングで卒乳を待てないこともあります。例えば、ママが入院して長期間赤ちゃんに授乳が出来ない状況になったり、ママが薬を飲まなければならなかったりする時などに、断乳する場合もあります。

昔は「1歳を過ぎたら断乳をしなければならない」という考えもあったようですが、現在は1歳を過ぎたからといって無理に授乳をやめさせなくても良いという考えに変わってきています。WHO(世界保健機関)は「赤ちゃんが2歳になるまでは母乳をあげた方が良い」としています。WHOは発展途上国も含めた世界中の状況を考えて指導方針を決めています。そのため、衛生面で整っており、食料も豊富な日本では、赤ちゃんが食事から十分に栄養をとれるようであれば、1歳で卒乳をしても問題ないでしょう。

関連記事

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!

赤ちゃんの卒乳を避けた方が良いタイミング

卒乳を避けた方が良いタイミング

入園、転園、引っ越しなど赤ちゃんの気持ちが不安定になる時期は避ける

授乳は赤ちゃんの栄養補給もありますが、おっぱい自体が赤ちゃんにとっては安心材料です。そのため、卒乳すると赤ちゃんは少し精神的に不安定になる可能性があります。引っ越しや入園・転園などで環境が変わる場合や、赤ちゃんの体調が悪い時、病み上がりの時は不安定さに拍車がかかってしまうこともありますので、卒乳のタイミングはずらした方が良いでしょう。また、卒乳直後に環境が変わる場合も、環境の変化で赤ちゃんが不安になる気持ちからおっぱいを欲しがるようになり振り出しに戻ることもあります。その場合は改めて卒乳のタイミングを考えるなど、赤ちゃんに無理のないよう、卒乳の時期を設定しましょう。

関連記事

保育園の転園の流れと手続き 挨拶・お礼・慣らし保育など気になる疑問を解説

赤ちゃんの卒乳の進め方


ママたちはどのように赤ちゃんの卒乳を進めているのでしょうか? おっぱいは赤ちゃんとママとのスキンシップのひとつです。それが突然なくなると、赤ちゃんは不安になり戸惑ってしまいます。まずは赤ちゃんにも心の準備が必要です。そのためママは卒乳の日を赤ちゃんに宣言しましょう。突然卒乳するのではなく、宣言した日に向けて毎日繰り返し「おっぱいはこの日までね」など赤ちゃんに教えてあげてください。

赤ちゃんが卒乳していくことを題材にした絵本もあるので、読み聞かせてあげると卒乳のイメージがつきやすいですね。そしてまずは授乳時間を減らしていきます。次に授乳回数を減らしていきます。卒乳の日を迎えたら、ママも心を決めて母乳はあげず、赤ちゃんとお散歩をしたり一緒におもちゃで遊んだりと赤ちゃんが自然とおっぱいを忘れていられるよう気を紛らわせてあげると良いですよ

おっぱいが大好きな赤ちゃんもいれば、あまり執着のない赤ちゃんもいます。「今日からおっぱいはナイナイね」と言ったら、すんなり卒乳できたというママもいますが、3歳頃までおっぱいを欲しがるだけあげていたというママもいます。

赤ちゃんの卒乳を進める時のポイント

赤ちゃんの卒乳を進める時のポイント

卒乳のポイント1:食事や水分をしっかりとらせる

卒乳をしたら栄養や水分が不足しないように食事はしっかり食べさせるようにし、こまめに水分補給をすることが大切です。特に生後7ヶ月頃~2歳頃は成長も著しく鉄分が不足しがちです。赤ちゃんに鉄分が足りないと鉄欠乏性貧血になり成長に影響がでる場合もあるため、鉄分も意識しながら栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

卒乳のポイント2:スキンシップをとる

毎日の授乳は、赤ちゃんにとって至福の時間です。ママのおっぱいを飲んでいる時は、ママと赤ちゃんの貴重なスキンシップの時間になります。その時間がなくなることで赤ちゃんを不安にさせないよう、卒乳したらスキンシップをしっかりとることを意識してください。赤ちゃんはどんどん大きくなり抱っこも大変になってきますが、大好きなパパママと肌が触れ合うことで赤ちゃんは安心出来るものなのです

卒乳のポイント3:どうしても卒乳を嫌がったら日を改める

卒乳したけれど3日以上泣いてぐずっているなど、どうしても母乳を欲しがるようなら卒乳する時期を改めましょう。一般的には卒乳のタイミングは1歳〜2歳位と言われていても、赤ちゃんの成長や性格は一人ひとり違うため、卒乳のタイミングもそれぞれです。「絶対にこの日に卒乳する」と固執しすぎず、赤ちゃんに無理なく進めていってください。

2歳以降も授乳をしていいの? 長期間授乳のデメリットは?

2歳以降も授乳をしていいの? 長期間授乳のデメリットは?
2歳以降の授乳について「虫歯になりやすい」「乳がんになりにくい」「薬の服薬に制限がある」など耳にすることもありますが、科学的に証明されているものではありません。母乳には糖が含まれるので、飲みながら寝てしまうとしっかり歯磨きが出来てないため、虫歯の原因になることもあります。虫歯を予防するためには、寝る前に歯磨きをするように心がけると良いですね。

また、授乳期間が長い方が乳がん発症のリスクが減少するというデータは出ているものの、乳がんになる原因は授乳期間以外にもあるため授乳を続けたからといって乳がんにならないとも言えません。授乳中ママは薬を飲めないため大変だ、とも言いますが、国立医療研究センターによると2歳を過ぎれば母乳を飲む量が減るため、ママへの薬の制限は少なくなるようです。このように、さまざまな情報が交錯しており2歳以降の授乳に悩むママも多いですが、卒乳を焦る必要はありません。

まとめ:赤ちゃんにストレスがかからないよう、慌てずゆっくり卒乳させてください


赤ちゃんの栄養面や精神面を考慮すると卒乳のタイミングは悩ましいものですよね。ママにとっても赤ちゃんとの貴重な授乳時間がなくなってしまいうため、寂しいと感じることもあるでしょう。赤ちゃんが1歳を過ぎてくれば徐々に言葉もわかってくるので、絵本などを使って言葉でも卒乳を意識させながら、赤ちゃんにストレスの少ない卒乳を考えてみても良いですね。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!