幼稚園は何歳から入園できる? 入園準備はいつから、どんな進め方をすればいいの?

幼稚園には何歳から入園できるの?

幼稚園へ入園可能な年齢について
幼稚園はみんな3歳から通うと思っていませんか? 実は幼稚園によって入園が可能な年齢が違います。入園を希望する幼稚園を探すときには何歳から入園できるのかも忘れずに確認するようにしてください。それでは下記で、幼稚園の入園可能な年齢について紹介しましょう。

4歳になる年度に入園する3年保育の幼稚園

3年保育の幼稚園がもっとも一般的で、多くのパパママは3年保育の幼稚園に子供を通わせていることが多いでしょう。3年保育は、4歳になる年度の4月からの入園になります。保育期間は3年間で、最初に所属するクラスは「年少」となります。集団生活で伸びる子もいますし、同じ時期に入園するお友達が多いので、すぐに大勢のお友達ができるでしょう。仲良く同じペースで幼稚園の生活に慣れることができますよ。ただし、早生まれの子供の場合は、4月5月生まれの子とできることの差が生まれてしまう場合もあります。

満3歳児保育の幼稚園

年度の途中で3歳の誕生日を迎える子供が誕生日の月、もしくは3歳のお誕生日の翌日から幼稚園に入園できるのが満3歳児保育です。各幼稚園により規定は違いますが、満3歳児保育のクラスは

  1. 年少クラスに入る(翌年度は年少クラスをもう一回)
  2. 満3歳児の専用クラスに入る(翌年度は年少クラスに進む)

の2パターンがあります。

3歳になる翌年の4月を待たずに幼稚園に入園させることの良い点は何でしょうか? 4月、5月生まれの子供が満3歳児保育を受けない場合、3歳のほぼ1年間を幼稚園に預けないまま過ごすことになります。満3歳児入園なら子供の成長スピードにあわせたタイミングで入園でき、子供がお母さんと離れて過ごすのにも早く慣れてくれ、ママの子育てが少し楽になります。ただし、幼稚園の検討時間が少なくなってしまうので、事前にしっかりと周辺の幼稚園を調べ、比較してから決めてください。一度、幼稚園に子供が入園したら、転園させるのは大変ですよ。

5歳になる年度に入園する2年保育の幼稚園

2年保育は、5歳になる年度の4月からの入園です。2年間の保育期間で、クラスは「年中」から入ります。2年保育にする良い点は、子供と長く一緒にいられるところでしょう。いずれは子供はパパやママから離れていってしまいます。子供がいろいろなことを初めて「できた!」と喜ぶ場面は、できるだけママやパパが見たいという気持ちがありますよね。2年保育だとじっくり子供と向き合うことができます。

2年保育のもう一つの良い点は、早生まれの子供の成長スピードに合わせて幼稚園に通わせられる点です。早生まれの子は、4月生まれの子に比べて差があるのは当然です。4歳になる頃にはできることも増え、体つきもしっかりしてくるので、早生まれの子が幼稚園に通うにはベストなタイミングかもしれません。ただし、子供の集団生活の経験が少なくなってしまうことや、パパママの育児負担が増えてしまうというデメリットもあります。

2歳児の受け入れも可能な幼稚園も増えてきました

2歳になる年度の4月から入園する、4年保育がある幼稚園も増えてきました。クラスの呼び方は地域によって違いますが、「年少々」または「年年少」と呼ばれています。筆者も幼稚園の2歳児クラスを見学に行った経験がありますが「2歳でもこんなにたくさんのことができるようになるんだ! 集団生活が立派に送れるんだ!」ととても驚きました。なお、最近では、1歳児クラスが新設される幼稚園も少しずつ増えてきているようです。

幼稚園の入園準備っていつから、何をすればいいの?

幼稚園の入園準備っていつから、何をすればいいの?

見学会は6月~9月に、説明会は9月~10月、12月頃には入園決定

子供を幼稚園に入園させるとパパやママが決めるのはいつ頃なのでしょうか? 子供を保育園に入れないと決めたときに、子供の幼稚園への入園を考え始めるパパママが多いでしょう。では、幼稚園に入園させると決めてから、パパやママはどのように幼稚園入園準備をスタートさせればいいのでしょうか?

幼稚園の見学やプレ保育は入園前年度の6月~9月に行い、希望する幼稚園の説明会への参加や願書を受け取るのは9月~10月に、申し込み後に入園が決まるのは12月頃となります。詳しくは項目ごとに下で紹介させていただきますね。

なお、未就学児の教育・保育施設は幼稚園、保育園、認定こども園の3種類があります。幼稚園、保育園、認定こども園、それぞれの違いについて知りたい方は下記の関連記事をご覧ください。

関連記事

意外と知らない幼稚園と保育園の違い ウチの子はどちらに通わせるべき?
認定こども園って何? 幼稚園、保育園と何が違う? 保育料やメリット、デメリットを解説

 
それでは幼稚園の入園準備の進め方について4つのステップに分けてご紹介しましょう。

1、自宅周辺の幼稚園を調査

自宅周辺の幼稚園を調査
まずは、家の近くにどのような幼稚園があるのか調べてみましょう。幼稚園の検索サイトもありますが、スマホのGoogleマップで自宅周辺の地図を開き、「幼稚園」と検索するだけでも簡単に自宅周辺の園が見つけられます

地域の子育て支援センターや、役所の子育て支援課などに幼稚園情報をまとめた小冊子等が置いてあることもあります。その情報をもとに、

  1. 自宅からどのくらい離れているか、通える範囲の幼稚園か
  2. 園庭開放や見学会など実際に先生の話を聞いたり、園児の活動を見る機会はあるか
  3. 何歳児から幼稚園に受け入れてくれるのか

の3点を確認してみてください。1の自宅からの距離については、送迎バスで送り迎えしてくれる幼稚園もあるので、少し離れた場所にあったとしても実は通える幼稚園だったという場合もあります。その辺りも注意して調べましょう。

2、プレ保育を行っている幼稚園はないか

プレ保育を行っている幼稚園はないか
正式に子供を幼稚園に入園させる前に、子供に合っているかどうかを確認できる「プレ保育」を実施している幼稚園が増えてきました。プレ保育はプレ幼稚園、プレクラスと呼ばれることもあります。

幼稚園でのプレ保育は有料

プレ保育は有料です。月謝制やプレ保育の度にその都度払いなど、プレ保育の教育費の支払い方法は幼稚園によって違います。プレ保育の教育費用を支援してくれる自治体も稀にありますが、基本的にはプレ保育の教育費は全額、各家庭の負担だと考えた方がいいでしょう

幼稚園でのプレ保育の内容は?

週2~3日、1~2時間のプレ保育を行いながら幼稚園の雰囲気に子供を慣れさせる幼稚園が多いでしょう。幼稚園によってはお弁当や給食を挟んで6時間ほど預かってくれるプレ保育実施園もあります。ママと子供が一緒にプレ保育を受けられる、母子同室のプレ保育を実施している園や、完全母子分離型の園など、プレ保育の実施方法はさまざまです。

プレ保育の実施内容は園によって変わりますが、先生のピアノに合わせて歌を歌ったり、簡単な工作をすることもあります。自由遊びの時間では、お友達と仲良くおもちゃを貸し借りして遊ぶことを学んだりもします。

関連記事

人気&便利なキャラ弁グッズを大特集! 100均商品から収納アイデアも
幼稚園児のお弁当作りのコツとは? 悩みを解消できる便利なアイテム

筆者のプレ保育体験談

筆者自身、子供を2つの幼稚園でのプレ保育に預けています。1つは週2日6時間預かりの幼稚園、2つ目は週1回2時間預かりの幼稚園なのですが、子供はとても楽しく過ごしています。プレ保育で子供を幼稚園に預けると、園の良い所が見えてきますし、イメージと少し違う点もよく分かりました。

ただし、入園を前提にプレ保育を引き受けている幼稚園もあるため、プレ保育を申し込む際に幼稚園の先生にルールを確認するようにしてください。プレ保育はたった週1、2回の幼稚園での生活です。しかし、パパママは心の準備ができますし、子供自身も幼稚園に慣れることができます。幼稚園への入園後もスムーズに毎日の園生活を送ることができる子が多いので、もし入園を希望する幼稚園がプレ保育を実施しているなら、ぜひ参加するのをおすすめします。

3、希望する幼稚園の見学会や説明会に参加

幼稚園の見学会は入園前年度の6月~9月に、説明会は9月~10月に開かれるのが一般的です。まず見学会ですが、いろいろなタイプの見学会(体験会と呼ぶ園も)があります。在園児に混ざって園庭や各クラスで遊ぶことができたり、体操の先生と一緒に運動遊びができる幼稚園もありました。

園庭開放日がある幼稚園なら、その日に遊びに行くこともいいでしょう。たった数回遊びに行くだけで、先生が子供の顔と名前を覚えてくれる幼稚園があり、その幼稚園の印象が非常に良くなったこともありました。

一方、幼稚園の説明会はもう少しかしこまった場です。先生が幼稚園の概要を説明してくれたり、その幼稚園に子供を通わせているママが話をしてくれることもあります。説明会では最後に質疑応答の場が設けられているので、疑問があれば聞くようにしてください。

幼稚園の説明会は予約が必要な場合もありますので、事前に園に問い合わせをしておきましょう。なお、幼稚園の説明会には上履きの持参が必要な場合があります。筆者が説明会に参加したときは子供の上履きをまだ持っておらず、急いで買いに行くことになって少し焦ったのを覚えています。

関連記事

子供用上履きの種類と選び方、これだけはチェックして欲しいポイント

4、幼稚園の願書配布~提出、選考

幼稚園の願書配布~提出、選考

願書配布は9月頃、願書提出は10~11月が一般的

幼稚園の願書の配布は早い園だと9月頃からです。願書の提出時期は10月~11月で、その後、面接などの選考が行われます。プレ保育に通っている子供は、面接免除や願書の件で優遇がある場合があります。その辺りもあらかじめチェックしたり、幼稚園に確認しておきましょう。

願書の配布数が限られている園もある?

願書配布時の注意点ですが、配布される願書の部数が限られている幼稚園があります。そういった幼稚園の願書配布日には、願書を受け取るために早朝からパパママが並ぶこともあります。人気がある幼稚園では、「願書を受け取れず、入園できなかった」という話も聞きます。希望する幼稚園のこういった情報は先に調べておきましょう。

子供の選考はどういう順で行われるのかも要確認

また、幼稚園によっては願書の受け取り順や提出順で選考が行われる園もあります。幼稚園の願書配布~提出までは手順ややり方が園によって違うため、前もっての情報収集は欠かせません。

幼稚園の教育費は公立と私立で違う

公立 私立
教育費 12万546円 31万8,763円
給食費 2万418円 2万9,924円
学校外活動費 9万2,983円 13万3,705円
年間にかかる合計費用 23万3,947円 48万2,392円
月換算費用 1万9,496円 4万199円

2016年に文部科学省が行った「子供の学習費調査」の結果を抜粋し、表にしてみました。公立幼稚園では23万4000円/年、私立幼稚園では48万2000円/年と公立の2倍の費用がかかっています。公立と私立の費用の差は主に「教育費」から来ていることがわかります。私立は公立の2.6倍の教育費がかかっており、「給食費」や「学校外活動費」にはそこまで大きな差は見られません。この「教育費」の違いですが、私立幼稚園は園の教育方針により、さまざまな専門的教育を取り入れています。

必要な教具や、環境を整えるための費用であったり、専門教員を雇うための人件費などもかかってきます。また、教育のために、施設自体へ投資されている可能性もあります。それぞれの教育に必要となる費用などが上乗せされたうえで、各幼稚園で教育費の料金設定が行われるため、どうしても公立幼稚園よりも私立幼稚園の方が費用が上がってしまうのです。

関連記事

幼稚園の費用、料金っていくらかかる? 公立と私立で教育費は違うの?

まとめ:子供の入園希望年度の1年前から幼稚園について調べはじめましょう

子供の入園希望年度の1年前から幼稚園について調べはじめましょう
子供の成長やパパママの都合・考え方もありますが、幼稚園を探すならできるだけ早いうちをおすすめします。最近は幼稚園が見学会を開催したり、プレ保育を実施したりと積極的にパパママに幼稚園の魅力をPRしてくれるようになりました。幼稚園に入園できる年齢は年々早くなる傾向にあります。保育園の延長保育と同様に、預かり保育を実施する園も増えてきています。

保育園に比べると幼稚園は教育に重点を置いています。話題のモンテッソーリ教育なども幼稚園で導入されていることが多いですね。そのため、共働き世帯でも子供を幼稚園に通わせることを考えている家庭もあるでしょう。子供を幼稚園に入園させると決めたなら、入園希望年度の1年以上前から、少しずつ情報集めをしてみましょう。新しいママ友との出会いや子供の友達が見つかることもありますよ!

関連記事

幼稚園の預かり保育って何? 保育園の延長保育とどう違うの?
幼稚園・保育園で導入が増えているモンテッソーリ教育って何?
ママ友トラブルでストレスマックス!上手な付き合い方と対処法について