幼稚園教育要領って何? 幼児教育の基準になる法令です

幼稚園教育要領って何? どんな制度

幼稚園教育要領って何? どんな制度
「幼稚園教育要領」がどんな制度なのか、ご存知のパパママはどのくらいいらっしゃるのでしょう? 幼稚園では日々行われている子供たちの幼児教育の基準になる「幼稚園教育要領」について、基本的な内容からご紹介させていただきます。

幼児教育の教育基準や方針が定められた法令が幼稚園教育要領

幼稚園教育要領とは、小学校入学前までの子供たちが日本全国どこに住んでいても同じ水準の教育を受けられるよう、学校教育法に基づいて定められた教育基準です。幼稚園教育要領には、幼稚園での教育における基本的な方針、預かり保育や延長保育についての方針、幼児期の終わりまでに身につけて欲しい資質や能力、そのために必要な教育環境や教育課程について記されています。

改訂された幼稚園教育要領は2018年に施行されました

2017年3月31日に改訂された幼稚園教育要領は2018年4月1日から施行されました。同じタイミングで保育園の「保育所保育指針」、認定こども園の「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」、小・中学校の「学習指導要領」も一度に改訂されました。幼稚園、保育園、認定こども園の新指針、要領は2018年4月から実施されましたが、小学校は2020年4月、中学校は2021年4月から実施されることになっています。ちなみに、これらの教育指導方針が一斉に改定されたのは、幼児から中学校を卒業するまでの教育に一貫したコンセプトを持たせる目的があってのことでした。

関連記事

2018年改定の保育所保育指針って何? これを見れば保育園の保育方針がわかります

改定された新しい幼稚園教育要領はどんな内容なの?

改定された新しい幼稚園教育要領はどんな内容なの?
新たに改訂された幼稚園教育要領には、具体的にはどのような内容が記されているのでしょうか。これまでの幼稚園教育要領と比べて、幼稚園での教育環境に変化があるのか、どんなところが改訂されたのかなど、パパママの気になるポイントを解説していきます。

新しい幼稚園教育要領の特徴1:幼稚園、保育園、認定こども園での幼児教育の内容が統一

幼稚園、保育園、認定こども園での幼児教育の内容が統一されました
最近は多くの子供たちが就学前に幼稚園、保育園、認定こども園のいずれかに通っています。幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省、認定こども園は内閣府と管轄が違うなかで、これまでは各省がそれぞれで教育方針、保育方針を定めていました。しかし、幼児教育から中学校卒業まで一貫した教育が受けられるように、どの施設に通っても同じ水準の幼児教育、保育環境が保証されるように、幼稚園・保育園・認定こども園の幼児教育基準が統一されました。新しい幼稚園教育要領でもこの考え方に基づいた新しい教育方針が示されています。

前項でも少し述べましたが、2017年3月には幼稚園の教育の指針となる「幼稚園教育要領」だけではなく、「保育所保育指針」、認定こども園の「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」も同時に改訂されています。保育所保育方針については下記の記事で紹介していますので、保育園に通わせているご家庭はこちらも是非ご覧ください。

関連記事

2018年改定の保育所保育指針って何? これを見れば保育園の保育方針がわかります

新しい幼稚園教育要領の特徴2:幼児期の終わりまでに育ってほしい姿が明記された

幼児期の終わりまでに育ってほしい姿が幼稚園教育要領で明確化
改訂された幼稚園教育要領では、幼児期の終わりまでに身につけておきたい資質や能力についても明確に記されました。幼稚園での生活のなかで「知識及び技能の基礎」、「思考力・判断力・表現力等の基礎」、「学びに向かう力、人間性等」の3つを柱とした力を身につけることを目指しています。それらの力を身につけるためには、どのような幼稚園生活を送れば良いのでしょうか。子供の指導の際に留意すべきポイントをまとめたものが下記の10項目になります。

  1. 健康な心と体
  2. 自立心
  3. 共同性
  4. 道徳性・規範意識の芽生え
  5. 社会生活との関わり
  6. 思考力の芽生え
  7. 自然との関わり・生命尊重
  8. 数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚
  9. 言葉による伝え合い
  10. 豊かな感性と表現

社会生活のなかで必要となる思考力や判断力、コミュニケーション力の基礎となる上記ポイントを幼稚園生活での遊びや体験を通して身につけるのが新たな幼児教育の基準とされています。

新しい幼稚園教育要領の特徴3:幼稚園での教育を小学校教育と連携させる

幼稚園での教育を小学校教育と連携させる
新しい幼稚園教育要領では、幼稚園での生活を終え、小学校に入学することも見据えた教育方針についても明確化されました。例えば
・幼稚園教育を通して、創造的な思考や主体的な生活態度などの基礎を培うことが小学校以降の生活や学習の基盤の育成につながる
・幼稚園教育で育まれた資質・能力を小学校教育で活かすことができるように、小学校講師との意見交換や合同の研究の機会などを設ける
など、幼稚園と小学校が教育で連携することが新しい幼稚園教育要領で示されています。幼稚園教育と小学校教育を別々のものと考えるのではなく、幼稚園教育で学んだことが小学校教育に活かせるようにお互いに協力しあうことが子供たちの成長につながると考えたのでしょう。

筆者の子供が通う幼稚園では、卒園後に子供たちがスムーズに小学校生活に入れるよう幼稚園と小学校が合同で運動会や音楽会を開催したり、入学前の体験入学や給食試食会などの交流を行ったりしています。こういったイベントはパパママにとっても小学校での生活をイメージできるいい機会ですね。

関連記事

保育園と幼稚園の給食はどう違うの?お弁当との違い、メリット・デメリットも紹介!

新しい幼稚園教育要領の特徴4:預かり保育などの子育ての支援を強化

預かり保育などの子育ての支援を強化
多くの幼稚園で実施されるようになった「預かり保育」、「一時預かり」についても、幼稚園教育要領の第3章の「教育課程に係る教育時間の終了後等に行う教育活動」で触れられています。これは預かり保育の実施を促すものではなく、「預かり保育中にどんな教育をするのかしっかり計画を立てて行うように」といった内容です。

預かり保育や一時預かりなどの教育時間外の活動は、パパママのニーズや地域の実態に応じて希望者を対象に行う教育活動で、活動内容は園によって異なるのが現状です。しかし、幼稚園教育要領の改訂によって留意すべき点が明確化されました。ポイントは下記の4点です。

  1. 預かり保育で過ごす子供の心身の負担に配慮する
  2. 家庭や地域での幼児の生活も考慮する
  3. 地域の様々な資源を活用しつつ、多様な体験ができるようにする
  4. 家庭との緊密な連携を図るようにする

幼稚園への入園当初や進級当初は、緊張したり不安になったりしている子供も多く、そのような中でも一人ひとりが心身の負担が少なく、落ち着いて過ごせる場を提供することが求められています。そのためにはパパママとの連絡を密にし、子供の生活の様子も把握しておくことが大切ですね。

また、新しい幼稚園教育要領では「地域における幼児期の教育のセンターとしての役割を果たすよう努めること」とも記されています。子育ての支援のためにパパママや地域の人々に施設を開放したり、幼児期の教育に関する相談に応じたり、パパママ同士の交流の機会を提供したりすることが求められています。幼稚園・先生・パパママ・地域の人々が連携し、社会全体で子供を育てていくことが大切ですね。

関連記事

幼稚園の預かり保育って何? 保育園の延長保育とどう違うの?
一時保育とは? 何歳から預かってもらえる? 料金はいくらかかる?

新しい幼稚園教育要領の特徴5:障がいのある幼児の指導などへの特別な配慮

改定後の幼稚園教育要項では、障がいのある幼児の指導など、特別な配慮が必要な子供たちへの指導についても触れられています。障がいのある子供の場合は、パパママ、福祉施設や医療機関等と連携し、「個別の教育支援計画」を作成・活用が必要とされています。また、引っ越しや転勤などで海外から帰国した子供、パパママが外国籍の子供は、早期の日本語の習得が困難なため、子供たちに合わせた指導方法を行うように定められました。

幼稚園教育要項で紹介されている幼児教育で育む資質と能力とは?

幼稚園での幼児教育で育む資質と能力とは?
新しい幼稚園教育要項では、幼稚園での幼児教育で身につけたい資質と能力として、1.知識及び技能の基礎、2.思考力、判断力、表現力等の基礎、3.学びに向かう力、人間性等の3つが示されています。これらの力は、幼稚園での幼児教育のなかでどのように身につくのでしょうか。

幼児教育で育む資質と能力1:知識及び技能の基礎

知識及び技能の基礎とは、遊びを通して豊かな経験をし、何かに気付いたり、分かったり、感じたり、何かができるようになること。

幼児教育で育む資質と能力2:思考力、判断力、表現力等の基礎

思考力、判断力、表現力等の基礎は、遊びを通してできるようになったことや気付いたことを考えたり、試したり、表現したり、工夫したりできる力のこと。

幼児教育で育む資質と能力3:学びに向かう力、人間性等

学びに向かう力、人間性等とは、遊びを通していろいろなことに興味や関心をもつことで、意欲、心情、態度が育ち、より良い生活を営むことができる力のことです。

これらの3つをそれぞれ個別で学ぶのではなく、遊びを通した総合的な指導の中で育むことができるように努めることが新しい幼稚園教育要項で示されています。一方的に情報を与えるだけの教育ではなく、遊びや体験を通して、子供たち自らが「感じ」、「考え」、「興味を持つ」ことが子供たちの資質と能力を育む機会になります。幼稚園での生活だけでなく、家庭でもこれらを意識してもいいのではないでしょうか。

まとめ:子供の重要な成長期の教育方針を定めたのが幼稚園教育要項

子供の重要な成長期の教育方針を定めたのが幼稚園教育要項
幼稚園教育要項を知ることで、皆さんの子供にどんな方針で、どのような幼稚園教育が行われているのかを知ることができたのではないでしょうか。幼稚園に通い始めた子供たちは、それまでのパパママや兄弟、祖父母など親しい間柄の人と過ごす生活から、幼稚園の先生、同じ園に通う子供たち、地域の方と関わるようになります。そのなかで新しいことに興味や関心を持ち、他者との関係を学び、視野が広がります。子供にとって非常に大事なこの時期に、適切に子供たちの資質と能力を育むための教育方針を定めたものが幼稚園教育要項なのです