おむつかぶれの原因、予防、対処法! ママが自宅でケアする方法は?

目次

おむつかぶれって何?

おむつかぶれって何?

赤ちゃんによくありがちな、肌のおしり部分が赤くなる炎症のこと

おむつかぶれとは、おむつと触れている肌の部分が炎症を起こして赤くなったり、肌がただれたり、小さな湿疹ができたりする症状をいいます。おむつかぶれの症状が悪化すると、おしり全体が真っ赤になって、ただれた部分から血がにじんでしまうこともあります。おむつかぶれになってしまうと痛みやかゆみで、赤ちゃんの機嫌が悪くなったり泣いてぐずったりします。おむつかぶれのこのような症状に心当たりのあるパパママは、赤ちゃんのおしりの状態をチェックしてみましょう。

どんな状態がおむつかぶれなの?

どんな状態がおむつかぶれなの?
「おむつ皮膚炎」とも呼ばれるおむつかぶれとは、どのような状態を指すのでしょうか? 具体的な例をご紹介します。

赤ちゃんのおしりが赤く腫れたり、湿疹ができたりする

おしりが赤く腫れたり湿疹ができる
おむつかぶれになると、おむつに当たっている肌が赤く盛り上がるように腫れたり、肌に湿疹が出たりすることがあります。これらの炎症を「アトピー性皮膚炎」や「あせも」と勘違いをしてしまうこともありますが、おむつに当たる肌だけにできる炎症は、おむつかぶれと考えた方がいいでしょう。赤ちゃんの肌の炎症部分はかゆみや痛みがあり、おむつかぶれの症状がひどいと薄くなった肌から血がにじんでしまうこともあります。

おしりふきでおしりをふくと痛がって泣く

おしりをふくと痛がって泣く
おむつ替えなどでおしりふきでおしりをふいた時に赤ちゃんが痛がって泣くことがあれば、おむつかぶれかもしれません。その他にも、お風呂でおしりをせっけんで洗ったりお湯をかけたりすると泣いてしまう、おむつ替えのときに赤ちゃんが自分からおしりに手を持っていくなどの反応があったら、肌にトラブルが起きている可能性があります。

関連記事

おすすめのベビーバスは?タイプ別でメリット・デメリットを紹介
赤ちゃんが泣き止む方法!抱っこ、歌、最新の動画まとめ

赤ちゃんのおむつかぶれの原因を知ろう!

おむつかぶれの原因を知ろう!
赤ちゃんのおむつかぶれは、さまざまな要因が重なって起きてしまいます。もし、おむつかぶれになってしまったらどうしたら良いのでしょうか? まずは、肌がおむつかぶれを引き起こす原因について考えていきましょう。

おむつかぶれの原因1:赤ちゃんの肌におしっこやうんちが長時間触れている

肌におしっこやうんちが長時間触れている
おしっこは一見、水のように見えます。しかし、おしっこには腎臓で処理された体内の老廃物など、肌を刺激する成分を含んでいます。うんちにも大腸菌など腸内細菌や酵素など排せつ物には刺激物がいっぱいです。おむつの中にうんちやおしっこをして、時間が経つと雑菌が増えてきます。そういった雑菌がおむつに触れている肌にダメージを与えるのです。とくに下痢になってしまったときのうんちは刺激が強く、肌に長時間触れているとたちまちおむつかぶれになってしまうでしょう

おむつかぶれの原因2:おむつの中が湿気でむれている

おむつの中が湿気でむれている
赤ちゃんが元気いっぱいに動くとおしりも汗をかきます。さらに、おしっこをした直後のおむつの中は湿気がいっぱいです。おむつの中でムレてふやけてしまった肌は傷つきやすく、排せつ物の刺激も受けやすくなります。ムレたおむつの中はカンジダなどのカビも繁殖しやすくなるので、おむつはこまめに替えてあげてください。また、吸収量いっぱいにおしっこがたまったおむつはおむつ漏れもしやすくなります。こういう点でもおむつはこまめに交換してあげるのがおすすめです。

関連記事

おむつ漏れの原因と対策! 赤ちゃんのおむつ漏れを防ぐ4つの方法

おむつかぶれの原因3:おしりふきで肌が傷つきかぶれる

お尻ふきで肌が傷つきかぶれる
おむつかぶれは、おしりふきでおしりをこする刺激が引き金となることもあります。赤ちゃんの肌は薄くデリケートなので、おしりふきできつくこすったつもりはなくても目に見えない細かな傷がつき、炎症が起きることがあります。アルコールを含むおしりふきでは肌を強くふきすぎると、肌に必要な皮脂や肌のうるおいまでふきとってしまい、それがきっかけで乾燥し、かぶれてしまうこともあります。パパママが良かれと思っておしりをしっかりふいていると、逆に赤ちゃんのおしりを傷つける結果となることもあるんです。肌を刺激しすぎない赤ちゃんのおしりのケアを心掛けましょう。

おむつかぶれの原因4:おむつが赤ちゃんの肌に合っていない

おむつの素材が赤ちゃんの肌に合っていない
いくら気をつけていても赤ちゃんのおしりがおむつかぶれになってしまうことがあります。その場合、おむつと赤ちゃんの肌との相性が合っていないのかもしれません。紙おむつメーカーは、研究を重ねて赤ちゃんの肌に優しい素材でおむつを作っていますが、それぞれの赤ちゃんの肌によって合う、合わないがあります。今使っているメーカー以外のおむつも試してみましょう。

赤ちゃんに布おむつを使っている場合も同様です。布おむつの素材は綿や麻、バンブーなどいろいろな種類のものがあります。どれも赤ちゃんのお肌に優しい素材ですが、おむつが乾いたときにパリパリになってしまって硬くなり、肌を刺激してしまわないように気をつけてください。布おむつは通気性が悪く、おしっこをしたときは濡れたままになってしまうので、おむつの中がムレないようにこまめに替えてあげましょう

関連記事

布おむつのメリットとデメリット。使い方に洗い方、選び方を徹底解説

赤ちゃんのおしりがおむつかぶれになった時の対処法

おむつかぶれになった時の対処法
パパママがしっかり注意していても、赤ちゃんのおしりがおむつかぶれになることもあります。もし、おむつかぶれになってしまったらどうすればいいのか、対処法をご紹介しましょう。

おむつかぶれの対処法1:おしりの汚れをお湯で優しく洗い流す

お湯で洗い流す
おむつかぶれ中に赤ちゃんがうんちをした時には「お湯で洗い流す」のが一番おすすめです。

お風呂場でおしりを優しく洗う

お風呂場で洗う
おしりケアの王道は、お風呂で優しくおしり洗ってあげることです。筆者は赤ちゃんがやわらかいうんちをした時だけお風呂で肌を洗っていました。シャワーでおしりを優しく洗ってあげることで、おしりふきだけでは落としきれない、肌に残ってしまったおしっこやうんちも洗い流すことができます。

「おしりシャワー」や「おしり洗浄器」を使って洗う

「おしりシャワー」や「おしり洗浄器」を使って洗う
おむつ替えのたびにお風呂場でおしりを洗うのは大変ですね。そんな時には「おしりシャワー」や「おしり洗浄機」が便利です。おしりシャワーは、赤ちゃんのおしりを洗い流すための小さなボトル容器で、数百円ほどで売られています。容器にぬるま湯を入れ、紙おむつの上で赤ちゃんのおしりにかけてあげると洗ったかのように肌がきれいになります。その後に乾いたガーゼで優しく肌ふいてあげ、おしりを乾かしてから新しいおむつを履かせてあげましょう。

リッチェル おしりシャワー レギュラー

リッチェル おしりシャワー レギュラー

参考価格:674円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

その他、「温水おしり洗浄器」もおすすめです。温水おしり洗浄器は、お湯を入れた霧吹きで、中のお湯をぬるま湯のまま保温できるグッズです。3,000円~5,000円位なので少し高いと思うかもしれませんが、他の方法に比べて手間が少なく簡単におしりをケアできる優れモノです。お湯を使って床や服が濡れてしまうこともあるので、おむつ替えシートやタオルなどを一緒に使うようにしてくださいね。

シンセーインターナショナル おしりシュッシュッ あひるちゃん

おしりシュッシュッ あひるちゃん

参考価格:5,800円(税込)
amazonで見る

おむつかぶれの対処法2:湯を含ませたガーゼやコットンでおしりを優しくふく

湯を含ませたガーゼやコットンでおしりを優しくふく
特別な道具を使わなくても、適温のお湯を含ませた清潔なガーゼやコットンなど、肌に刺激の少ない素材のものでおしりを優しくふいてあげるのも良いでしょう。

おむつかぶれの対処法3:おむつをこまめに取り替える

おむつをこまめに取り替える
夏場はあまりおしっこをしていなくても、汗でおむつの中がムレておむつかぶれになりがちなので注意が必要です。赤ちゃんは汗っかきなので、おしっこをしていなくてもこまめにおむつを替えておむつの中のムレを防ぎましょう。

おむつかぶれの対処法4:おしりを十分に乾かしてからおむつをはかせる

おしりを十分に乾かしてからおむつを履かせる
おむつをはかせる前に柔らかいタオルやガーゼ、ペーパータオルで肌の水分をとってからおむつをはかせましょう。おしりが濡れたままでおむつをはかせると中がムレてしまいます。うちわを使っておしりを乾かしたり、ドライヤーを風だけのモードにして優しい風で肌を乾かしたり、紙おむつで少しあおいでからおむつをはかせてあげてもいいですね。

おむつかぶれの対処法5:オイルや保湿剤で赤ちゃんの肌を保護する

オイルや保湿剤で赤ちゃんの肌を保護する
おしりが乾燥していても肌が刺激を受けやすいため、オイルや保湿剤で保湿して赤ちゃんの肌を保護してあげるといいでしょう。冬の乾燥はおむつかぶれの原因になります。病院で相談すると保湿剤を処方してくれるので、かかりつけの病院で相談してみましょう。筆者は小児科で「ヒルドイド」や「プロペト」(ワセリン)を処方してもらって赤ちゃんの肌に塗っていました。市販のベビーオイルやローションを使用してももちろんOKです。おしりに限らず、お風呂上りに全身をベビーオイルやローションで保湿してあげるママも多いですね。

関連記事

肌に優しい成分のベビーオイルはどれ? マッサージにおすすめなのは? 選び方と人気6選!
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?

おむつかぶれの対処法6:おむつの種類を変えてみる

おむつの種類を変えてみる
メーカーによって紙おむつの素材が異なるのでいろいろなおむつを試してみてください。赤ちゃん用品店などで、おむつのサンプルを配布していることもあります。そういった機会を利用すると、いろいろなメーカーを試すことができますよ。布おむつの場合も、綿や麻やバンブーなどのいつも使っているものと素材を変えて赤ちゃんのおしりの様子をみていきましょう。

おむつかぶれの対処法7:皮膚科や小児科を受診して薬をもらう

皮膚科や小児科を受診して薬をもらう
「もしかしておむつかぶれ? 」と思った時に何科の病院に行けば良いのか迷うパパママが多いようですが、まずは赤ちゃんのかかりつけ医に行くことをおすすめします。当然ながら、おむつかぶれの症状によって薬の処方は違います。症状が軽めのときは「保湿薬」や「非ステロイド外用薬」、症状が重いときは「ステロイド外用薬」を処方されることが多いようです。お医者さんの指示に従って正しい容量、用法で薬を使用してください。薬を使ってもおむつかぶれの症状が改善されない場合は、薬による「接触皮膚炎」の可能性もあるので、もう一度病院を受診しましょう。

カンジダ性おむつ皮膚炎にも注意!

カンジダ性おむつ皮膚炎にも注意!
カンジダ性おむつ皮膚炎とは、おむつをしている際に生じる皮膚炎の一種です。カンジダと呼ばれるカビが原因となって皮膚炎を起こしてしまいます。

カンジダ性おむつ皮膚炎はおむつかぶれとは治療法が異なる!

おむつかぶれとは治療法が異なるので早めに病院の受診をしましょう
「おむつかぶれ」と「カンジダ性おむつ皮膚炎」の治療方法はまったく違うので注意が必要です。カンジダはカビの一種で、うんちの中に含まれています。赤ちゃんの体調が良いときは、肌のバリアが機能するのでカンジダは悪さをしません。しかし、何らかの理由で肌が弱っていたりする場合、うんちに混じって排せつされたカンジダが増殖してカンジダ性おむつ皮膚炎を発症します。

カンジダ性おむつ皮膚炎では、おむつが触れているおしりから股にかけて赤くただれてしまいます。カンジダは肌のシワの間にも入り込むこともあるため、シワの隙間も赤くなってしまいます。カンジダ性おむつ皮膚炎の治療には、抗真菌薬が含まれる外用薬を用いて治療します。カンジダ性おむつ皮膚炎なのに、おむつかぶれの薬を使ってしまうと悪化する恐れがあるので、パパママだけで判断せずに早めに病院を受診して診察を受けることが大切です

まとめ:赤ちゃんの弱い肌をケアしておむつかぶれを予防してあげましょう

まとめ
赤ちゃんはまだ肌が薄いので一度おむつかぶれになると、おむつかぶれの症状を繰り返してしまうことがあります。薬を塗ればむつかぶれの症状は改善していきますが、その原因となる状態を見直しておむつかぶれにならない肌環境を作ることがなによりも大事です。赤ちゃんの肌は敏感ですが、パパママは神経質になり過ぎずにむつかぶれの症状を把握して、それぞれの赤ちゃんの肌に合ったケアの方法を見つけていきましょう。