小1の壁とは? 何が大変? 学童保育? PTA活動? 今から準備しておきたいポイントと対処法

共働き家庭のママを悩ませる小1の壁とは? 学童保育だけの問題なの?

小1の壁とは
小学校に入学すると、保育園と違って預かってもらえる時間が短くなり、仕事と家庭の両立が難しくなります。しかも、待機児童が多く学童保育に入れない場合は、放課後をどうやって過ごさせたらいいのか、仕事を辞めるべきか、大きな壁にぶつかるのです。では、実際にどのような場面でこの小1の壁を実感するのでしょうか。

小1の壁で大変なのはどんな時?

小1の壁が大変だと思う具体的な場面
小1の壁は、いろいろな場所に潜んでいます。具体的にどのようなものなのかひとつずつ事例をご紹介したいと思います。

小1の壁1:入学準備

年長さんになると、小学校への入学を視野にいろいろな準備をしなければいけません。公立小学校に通うか私立に通うかでもその準備は大きく変わってきます。公立の場合なら、10月頃に住民基本台帳に基づき、就学時検診の通知が郵送され、その後小学校に出向き就学時検診を受診します。その後、1月中旬から下旬にかけて入学通知書が発送され、説明会に参加し、卒園式に入学式と慌ただしく過ぎていきます。

その間、ランドセルの予約や、入学式用の洋服選び。持ち物や学校指定の体操服などすべてに名前をつけるなど、準備は多岐に渡ります。仕事が終わってから自宅でできるものなら支障はありませんが、就学時検診や説明会などは日時が指定されているため、仕事を休むことも増えていくため、入学するまでに大きな山が待ち受けます。

小学校の学費の公立・私立の違いは? 総額でいくら? 教育費の節約ポイントと国の支援制度を紹介!
小学校の学費の公立・私立の違いは? 総額でいくら? 教育費の節約ポイントと国の支援制度を紹介!
年中さんになると、そろそろ子供の小学校入学に向けての準備を始める人もいます。小学校を決める時に大事になってくるのが、公立か私立、どちらに通わせるのかという問題です。ここでは、公立・私立の学費の違いと自治体で利用できる制度についてご紹介したいと思います。
小学校入学準備には遊べて学べるドリルおすすめ。簡単にできる入学準備ドリル10選
小学校入学準備には遊べて学べるドリルおすすめ。簡単にできる入学準備ドリル10選
小学校では授業がはじまるので、小学校入学前に学習への意欲を整えておく必要があります。そんな人におすすめなのが、遊べて学べる入学準備のためのドリルです。ここでは、簡単にできる入学準備ドリルのおすすめをご紹介したいと思います。
ランドセルの価格相場はどのくらい? なぜ値段が違うの? 人気ランドセルブランドの値段比較と選び方
ランドセルの価格相場はどのくらい? なぜ値段が違うの? 人気ランドセルブランドの値段比較と選び方
小学校の入学祝いに、おじいちゃんやおばあちゃんから、ランドセルを買ってもらう予定があるなら事前にリサーチしておく必要があります。でも、ランドセルの適正価格ってどれくらいなのでしょうか。ここでは、人気があるランドセルメーカーの価格と素材、選び方について調査してみました。

小1の壁2:持ち物すべてに子供の名前をつける

小学校入学前には、新しく購入した文房具、ノートなど持ち物すべてに子供の名前をつけなければいけません。仕事が終わってお迎えに行き、夕飯を食べさせてから作業をスタートさせるので、家族で協力したとしてもクタクタです。仕事が終わってからお迎えに行くという日常の動きにプラス@で作業が増えることを考えると、入学する前に、小学校生活と並行して仕事を行うことに不安を感じる人も少なくありません。

お名前スタンプは保育園から小学校まで使えて便利! おすすめ5選を紹介
お名前スタンプは保育園から小学校まで使えて便利! おすすめ5選を紹介
お名前スタンプは子供の洋服やタオル、オムツなどにポンポン名前をスタンプすることができるとても便利なアイテムです。保育園や幼稚園の入園準備で子供の持ち物全てにスタンプしたり、小学校の入学準備にも使ったりすることができます。お名前スタンプの種類や選び方、おすすめもご紹介します。

小1の壁3:勉強や宿題のサポート

いろいろなステップを踏み、小学校に入学した後も、さまざまな試練が待ち受けます。幼稚園や保育園では、宿題という概念がありませんでしたが、小学校に通うようになると、家庭学習として宿題が出るようになり、親がサポートをしなければいけないのです。自主的にできるかというと、声かけや、丸つけなど勉強をする環境を整えてあげないといけません。

家庭学習の習慣がつく中学年位までは、毎日宿題を見てあげる必要がありますし、学校で配られたお便りやプリントにも目を通さなければいけません。明らかに保育園時代よりも家庭でやらなければいけないことが増えていくのです。

小学生の塾選びはどうすればいい? 補習塾、進学塾? 個別指導塾? チェックしておきたい10のポイント
小学生の塾選びはどうすればいい? 補習塾、進学塾? 個別指導塾? チェックしておきたい10のポイント
友達が塾に通うようになったと聞くと、そろそろ家も塾に行かせるべきかどうか迷う人も多いのではないでしょうか。でもどんな点に注意して塾を選んだらいいのか分からないものですよね。ここでは塾選びを検討している人のために、注意して欲しいポイントを10個ご紹介したいと思います。
進学塾と補習塾は何が違う? どっちがおすすめ? 学習塾の違いと塾選びの基本情報まとめ
進学塾と補習塾は何が違う? どっちがおすすめ? 学習塾の違いと塾選びの基本情報まとめ
将来的に学習塾に通わせようと思っているが、塾の違いが分からないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、補習塾と進学塾、そして総合塾の違いについて、種類別にみるメリットとデメリットについてまとめてみました。
個別指導塾と集団塾メリットとデメリットから見る塾選びのポイント
個別指導塾と集団塾メリットとデメリットから見る塾選びのポイント
学習塾を検討しているが、個別指導塾かそれとも集団塾かは迷うものですよね。ここでは失敗しない塾選びの参考になるよう、個別指導塾と集団塾の違いをメリットとデメリットに分けて解説しています。どのようなタイプが向いているのかも紹介しているので早速見ていきましょう。

小1の壁4:学校行事への参加

小学校に入学した4月からゴールデンウィーク明けまでは、親はもちろん、子供も環境に慣れようと必死です。疲れが溜まり体調を崩してしまうかもしれません。でも、少しずつ学校での生活に慣れていきますが、次は学校の保護者会への参加やPTAの役員決め、そして授業参観や学校公開など、学校行事への参加要請も増えていきます。

保護者会などは授業が終わった後に行うので、平日の開催になりますし、参加するためには仕事を休まなければいけません。理解のある職場ならいいですが、他の人に迷惑をかけるため、肩身の狭い思いをしながら学校行事に参加することに。最初は休みを調整してなんとか出席していた行事も、だんだん参加しなくなるという人も少なくありません。

小1の壁5:PTA活動への参加

学校の行事はなんとかなったとしても、PTA活動への参加も重くのしかかります。PTA役員になっていない場合でも、行事に参加しなければいけないこともあります。

地域を保護者数人でパトロールする防犯活動などは、割り振られてしまったら、担当せざるを得ませんし、ドタキャンは子供にも影響が行ってしまうので絶対さけなければいけません。「また今月も仕事を休まなければ」という日が増えれば増えるほど、休みを調整する大変さが加わり、辞めるか転職かの選択を迫られ、小1の壁を痛感するのです。

PTA役員に関するトラブルが嫌。役員にならないための上手な断り方とは?
PTA役員に関するトラブルが嫌。役員にならないための上手な断り方とは?
小学校に入学すると、PTAの役員に関する噂を耳にする機会も増えるものです。子供のためと思っていても、PTA役員に関するトラブルを聞くとできれば断りたいと思う人も多いのではないでしょうか。そこで、役員にならないための上手な断り方についてご紹介したいと思います。

小1の壁6:学童保育選び

次は、視点を変えて小学校以外のことに目を向けてみたいと思います。保育園を卒園した後は、同じように子供を預かってくれる場所として学童保育所が整備されています。しかし、この学童保育所も申請をしないと預かってもらえません。仕事の通勤ルートを考え、駅に近い方を選ぶのか、それとも小学校の学区域にある学童を選ぶのかも迷う部分です。

どこの小学校に通うのか決めるのと一緒に学童保育所も検討しなければいけません。学童保育所に入るためには申請書を書いて、必要書類を準備する必要があります。学童保育に申請したとしても、必ずしも入室決定になるとは限らないので、待機児童になってしまうこともあるのです。公立にするか、それとも塾的な要素があり、なおかつ預かってもらえる時間が長いが料金が高い民間の学童保育にするかも迷う部分です。学童保育所選びも労力と時間がかかる大きな作業になります。

子供の学童保育は月にいくらかかる? 学童にも待機児童問題があるの? 小1、小4の壁って?
子供の学童保育は月にいくらかかる? 学童にも待機児童問題があるの? 小1、小4の壁って?
共働き家庭の子供が小学校に入学するときにパパママを悩ませるのが学童保育問題です。学童保育にも「小1の壁」や「小4の壁」と呼ばれる待機児童問題があり、保活と同じような下調べと準備が必要です。子供の学童保育探しに失敗しないよう、子供の学童保育問題についてご紹介します。

小1の壁7:留守番に対する不安

公立の学童保育を選んだ場合、地域の友達と集団下校するか、延長保育にしてお迎えにいくのかも迷う部分です。まわりに話を聞くと、子供が家に帰ってから1人で留守番させている家庭も多く、「うちの子供はちゃんと家に帰ってこられるのか」、「1人で留守番できるのか」という不安がよぎります。

小学校に入学してすぐは、仕事を早退させてもらい、お迎えに行って様子を見るというケースもありますが、それをずっと続けるわけにはいきません。いつから一人で留守番させるのか、実際に体験させてみないと分からない部分ですが、不安要素は拭いきれないものです。

小1の壁8:夏休みのお弁当作り

学童の入れ、少しずつ小学校と学童の2つの環境に慣れてきたと思うと、すぐに夏休みがやってきます。7月下旬から8月いっぱいまでは夏休みになるので、その期間は学童で過ごすことになりますが、長期休みでの学童保育ではお弁当を持たせる必要があります。お弁当を作るということは、それだけ早く起きなければいけませんし、通常の買い物にプラス@で食材を購入しなければいけません。

最近では、保護者からの要望で、最近では学童保育で弁当業者と提携し、注文弁当として手配してくれる仕組みもできてきました。しかし、対応している学童と対応していない学童があるので、約40日間ある夏休みのうち、土日とお盆休みを除く20日から25日程度はお弁当作りをしなければいけないことに。毎日作らなければいけないこと。そして傷まないおかず選びに子供が喜ぶデザートなど。小学校に入学して最初の夏休みは大きな壁になるのです。

幼稚園児のお弁当作りのコツとは? 悩みを解消できる便利なアイテム
幼稚園児のお弁当作りのコツとは? 悩みを解消できる便利なアイテム
幼稚園に通うようになるとお弁当作りが日課になりますが、意外と食べてくれずモチベーションが下がっているママも多いのではないでしょうか。そこで幼稚園児のお弁当の作り方のコツや悩み別の対処法、そして便利なアイテムをご紹介したいと思います。

小1の壁9:仕事と家庭の両立

小学校に入学すると、平日に休まなければいけないケースや、帰宅後にやらなければいけないものがたくさんあり、理想と現実とのギャップに悩む人も少なくありません。今までやっていたことにプラス@の家事や育児が増えるので、仕事と家庭の両立が取れなくなってしまうのです。仕事で疲れているので、家に帰ってからもやらなければいけないことが山積み。「こんなに時間がなくて大変なら」とここでもやはり、退職か転職かの選択が頭をよぎります。

夫婦共働きの世帯ってどれくらいいるの? 専業主婦は何割? 共働き女性の本音を年代別に調査!
夫婦共働きの世帯ってどれくらいいるの? 専業主婦は何割? 共働き女性の本音を年代別に調査!
夫婦共働き世帯が増えているのはなんとなく知っていると思いますが、実際のところ日本の夫婦全体の何%が共働きなのでしょうか? 専業主婦の家庭はどのくらいいるのでしょうか? 夫婦共働きで働く女性の本音についてのアンケートデータもご紹介します。

子供も環境の変化に適応しようとがんばっている

仕事と家事と子育てが思うようにいかないと、仕事を続けるべきかどうかという壁に直面します。マイナスな思いがマイナスを生み出してしまいますが、子供は小学校と学童という新しい2つの環境に適応しようと必死にがんばっていることも考えてあげる必要があります。

子供ががんばっている姿を見ると、辛いと思っていることでも、解決する方法を見出せば、少し楽になるかもしれません。小学校は6年間という長い生活なので、自ら行動できるまで、親のサポートが必要です。小学校には先輩ママがたくさんいます。みんな試練に直面し対処してきたので、きっとこの状態から抜け出す方法があるはずです。

小1の壁を乗り越えるための対処法

小1の壁を乗り越えるための対処法
小1の壁は必ず乗り越えられる方法があります。具体的にどんなことで対処できるのか見ていきましょう。

働き方の見直し

正社員や常勤で働いていると、どうしても帰ってからやらなければいけないことがあり過ぎて、スランプに陥ってしまうものです。でも、働き方や勤務時間を見直すだけで、心に余裕が生まれるとしたら、実践してみる価値は多いにあるのではないでしょうか。具体的には時短勤務とパートへの雇用変更という方法が考えられます。

時短勤務

突然ですが、働いている会社や団体の就業規則を定期的に確認していますか? 会社は大事な労力となる従業員の働き方を改善しようといろいろな制度を取り入れています。そのひとつの、時短勤務という制度があります。これは、労働時間を短縮できる制度で、短時間正社員制度や、時短勤務制度などと呼ばれています。

時短勤務を利用するには、会社によって条件が定められているので、その条件に該当するかどうか確認が必要です。条件を満たしていれば、時短勤務を申請して利用できます。これは、会社によってまちまちなので、時短制度があるかどうか。そして取得できる条件と、具体的な勤務時間について確認してみましょう。

時短勤務で働くママの1日のスケジュール 仕事と育児を両立させる方法、コツは?
時短勤務で働くママの1日のスケジュール 仕事と育児を両立させる方法、コツは?
時短勤務の基本情報から産休・育休から仕事に復帰したママが実際に体験した時短勤務体験談、1日のスケジュールを紹介します。時短勤務のメリットやデメリット、時短勤務からフルタイム勤務に切り替えた理由も解説します。

パートへの雇用変更

パートへの雇用変更は、同じ仕事に関わりつつ勤務時間を相談の上設定できるので、学校行事への参加の際には、休みを取らずシフトで対応できるというメリットがあります。しかし、月給から時給での給与に変わるため、収入が少なくなりますが、その分気持ちにも余裕が生まれますし、中学年や高学年などの進級を機に正社員へもう一度雇用変更というチャンスもあります。

家族内での役割分担

あれもこれもやらなければいけないという発想から、家族で協力するという役割分担も取り入れてみませんか。学校行事もパパと交代制で出席するという方法や、「今週はパパが宿題のサポート」というように、週交代で役割分担を取り入れている家庭もあります。パパが教えてくれると、ママにはない言葉がけで、パパのすごいところが子供に伝わるかもしれません。「今、こういうことで困っている」ということをパパに相談して、できることを手伝ってもらいましょう。

夫婦共働き世帯で家事分担する時のポイント! 妻が夫にストレスをためない方法は?
夫婦共働き世帯で家事分担する時のポイント! 妻が夫にストレスをためない方法は?
夫婦共働き世帯が増え、家事も男女で分担する家庭が増えています。「男は仕事、女は家庭」という時代から、女性も働き、男性も家事をしていく時代です。パパママの家事分担がうまくできていないと悩む家庭も多いのではないでしょうか。家事分担のポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

小学校入学に向けて生活習慣を身につけさせる

小学校の入学は子供にとって、大きな転機のひとつです。留守番も家庭学習も、小学校に入学してすぐにできるかと言ったら難しいでしょう。でも、今からその準備をしておく、つまり、生活習慣を身につけさせるのもママに負担がかからない大事なポイントです。

朝は登校を想定して、自分で起きる習慣をつけさせる。保育園に行く時も身の回りの準備は自分でできるようにする。少しの間だけ、一人で留守番をする練習をしてみるなど。今できることはたくさんあります。できたら必ず褒め、子供の自尊心を育ててあげましょう。

ベビーシッターを雇う

留守番が心配で、宿題のサポートまで手が回らないという時には、シッターさんにきてもらい、食事の準備や宿題を見てもらうという方法もあります。どうしても仕事が終わらず、帰れない時もあるものです。そんな時のために、子供に合うシッターさんを見つけておくのも、急場をしのぐ大事なポイントです。

ベビーシッターって子供が何歳まで利用できるの? 平均費用と他の家庭での利用例
ベビーシッターって子供が何歳まで利用できるの? 平均費用と他の家庭での利用例
ちょっとだけ子供を預かってもらいたいと思う時、ベビーシッターを利用してみたいと思った経験がある人も多いのではないでしょうか。ここでは気になる費用とママ達が実際にベビーシッターを利用している具体的な場面についてご紹介したいと思います。

地方自治体の子育て支援を利用する

子供は日本の宝です。しかし、少子高齢化問題や共働き家庭の増加により、小1の壁が深刻になってきたことから、厚生労働省と文部科学省が連携して「放課後子ども総合プラン」を策定しました。さらに審議は進められ、2019年~2023年を目標にした「新・放課後子ども総合プラン」も発表されたのです。

「新・放課後子ども総合プラン」はすべての小学校区に、放課後児童クラブ(学童保育)と余裕教室を活用した放課後子供教室を一体的または連携するというものです。学校から離れた場所にあると、安全面からの心配や友達とのつながりが薄くなるという懸念がありますが、学校内に設置するということで、安全面と地域とのつながりが持てるというメリットがあります。

一人で留守番するより、地域の友達と遊ぶ機会は社会性を育む大事な機会となります。小1の壁については国レベルでも取り組みがされていることから、自治体が提供する子育て支援も情報収集して利用してみましょう。

  • 参考:文部科学省「新・放課後子ども総合プラン」の策定について

    親の余裕と情報収集、事前準備がカギ

    親の余裕と情報収集、事前準備がカギ
    小1の壁は、漠然としていますが、具体的に見てみると仕事と家庭の両立に少なからず影響を与えます。しかし、具体的な対処法や考え方を見てみると、少し前向きな気持ちになれたのではないでしょうか。

    子育ては子供が何歳になっても正解はありません。日々子供と真剣に接することで道が開かれるものです。でも、小さな問題でも親の気持ち的な余裕がないと、解決策を見出すことはできません。そしてなんとかしたいと思う場面に遭遇したら、情報収集や準備がカギになってくるので今から意識すると道は必ず見出せます、あなたに合った方法を探してみましょう。

    まとめ


    子育ては良いこともあれば、辛いこと、苦しいことなど試行錯誤の連続です。でも、本記事にたどりついたということは、危機意識を持って問題解決に向けてヒントを探しているところだと思いますので、焦らず、今からできることを少しずつ取り入れていってみてくださいね。

    小学校入学準備はいつから? 準備するものリスト&入学前に身につけておきたいことを紹介
    小学校入学準備はいつから? 準備するものリスト&入学前に身につけておきたいことを紹介
    子供も親も楽しみな小学校入学。でも、小学校の入学準備はいつから始めたらいいのか、何を用意したらいいのかわからないですよね。今回は準備するものリストや入学前に身につけておきたいことをまとめました!
    はいチーズ!clip編集部

    はいチーズ!clip編集部

    はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!