学童保育は月にいくらかかる? 学童にも待機児童問題があるの? 小1、小4の壁って?

共働き家庭の子供が小学校に入学するときにパパママを悩ませるのが学童保育問題です。学童保育にも「小1の壁」や「小4の壁」と呼ばれる待機児童問題があるなど、保活と同じように事前調査が必用なことがわかります。この記事では学童保育探しに失敗しないよう、基本的な知識をご紹介しますね。

目次

学童保育ってどんな施設? いつから始まったの?

学童保育ってどんな施設? いつから始まったの?
学童保育とは、共働きなどで日中にパパママがいない家庭の小学生が、放課後や長期休みの期間中に通うことができる施設です。学童保育には学童指導員が常駐しており、単に勉強をするだけでなく、適切な遊びや集団行動などの生活の場を提供してくれます。

なお、学童保育の正式名称は「放課後児童健全育成事業」といい、学童保育は通称になります。他にも「放課後児童クラブ」や「学童クラブ」と呼ばれることもありますね。

学童保育は1950年代に民間の施設として誕生

学童保育は1950年代頃に増え始めました。当初は共働きの親たちが必要に迫られ、今の学童保育のような施設を民間が整備するところからスタート、同様の施設が全国に広がりました。

今の学童保育は児童福祉法で定められた子育て支援事業の1つ

民間からはじまった学童保育ですが、児童福祉法などで学童保育についての法整備が進み、現在は厚生労働省が管轄する施設となっています。最近の共働き家庭の増加にともなって、学童保育は国が支援する子育て支援事業の1つとして整備が進んでいます。

どのくらいの子供が学童保育に通っているの?

どのくらいの子供が学童保育に通っているの?

2018年は121万人の子供が学童保育を利用

それでは今の学童保育にどのくらいの子供が通っているのか、昔と比べて学童保育を利用する子供がどのくらい増えたのかを「全国学童保育連絡協議会」の調査データから集計してみました。

学年ごとの学童保育入所児童数

学年 2015年 2016年 2017年 2018年
1年生 343,502人 351,666人 368,336人 381,184人
2年生 298,806人 312,310人 324,858人 340,377人
3年生 224,715人 237,975人 251,512人 263,498人
4年生 92,173人 106,057人 122,006人 133,983人
5年生 37,007人 45,433人 54,201人 61,389人
6年生 19,711人 21,933人 26,497人 30,500人
1~3年生合計 867,023人 901,951人 944,706人 985,059人
4~6年生合計 148,891人 173,423人 202,704人 225,872人

過去10年ごとの学童保育施設数、入所児童数比較

調査年 学童保育数 入所児童数
1998年 9,627 333,100人
2008年 17,495 786,883人
2018年 23,315 1,211,522人

※全国学童保育連絡協議会「学童保育(放課後児童クラブ)の実施状況調査」データより

学童保育に通う子供は昔は今より少なかったのですが、女性の社会進出を後押しする動きが強まり、共働き家庭が増えたことから、学童保育に通う子供は年々増加しています。全国学童保育連絡協議会による上記、学童保育の施設数と通う児童数の調査データによると、2018年には学童保育施設の数は全国で2万3,315ヶ所あり、登録児童数は121万1,522人となっています。

2018年の入所児童数は前年から6万3,204人も増えており、どの学年でも入所児童数が前年比で増加していますが、特に小学校高学年の小学校4年~6年生の増加が目立ちます。上記表の2018年と1998年の数値を見比べてみると、学童保育の施設数が2倍以上、通う子供の数は約4倍に増えているのがわかりますね。引き続きも学童保育のニーズは増えていくと考えられます。

学童保育の施設はどこに設置されているの?

設置場所 施設数 全体に占める割合
学校の教室 7,362ヶ所 29.1%
学校敷地内 6,226 24.6%
児童館 2,564 10.1%
公的施設 3,466 13.7%
その他 5,710 22.5%

※2018年発表「放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況」データより

学童保育を学校内に設置が54%、児童館が10%

学童保育全体の54%が学校の空き教室を利用したり、学校の敷地内に設置されています。他にも10%が児童館に設置されるなど、学童保育は公的施設に設置されることが多いのがわかります。

その他の22%の学童保育は民間業者が運営する学童施設で、保育園や幼稚園などが放課後に学童保育を行うパターンもあれば、学校周辺のビルなどに学童保育が入居するパターンもあります。上で紹介しているのは認可された国から補助金が出る学童保育の調査データで、最近増えつつある学童保育も行う習い事や学習塾など、補助金を受けていない施設は上記データに集計されていません。

学童保育は何歳から何歳まで利用できる

学童保育は何歳から何歳まで利用できる

昔は小1~小3まで、今の学童保育は小1~小6までが利用できます

学童保育は小学校1年生から6年生までが利用できます。2015年に児童福祉法が改正され、それまでは10歳未満の児童(小学校3年生まで)が中心だった学童保育の対象が「小学校に就学している児童」となりました。その結果、小学校4年生~6年生でも学童保育へ通う児童が増えつつあります。しかし、現状は上の「学年ごとの学童保育入所児童数」を見てもわかるように、学童保育に通う児童の約80%は小学校1年生~3年生の児童となっています。小学校1年生~3年生の児童の受け入れが優先される学童保育が多いため、小学校4年生以降で学童保育に申し込んでもなかなか入れないケースがあります

学童保育にも待機児童問題があるの?

学年 待機児童数 前年からの増減数
1年生 2,667人 309人減
2年生 2,113人 139人減
3年生 4,016人 221人減
4年生 5,312人 384人増
5年生 2,304人 227人増
6年生 867人 167人増
合計 17,279人 109人増

※2018年発表「放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況」データより

小学4年生以降の学童保育待機児童数が増加

学童保育はパパママが希望すれば誰でも利用することができるのでしょうか。実は学童保育にも待機児童問題があります。働くパパママにとっては「またか…」と耳を塞ぎたくなるところですが、しっかり知っておきましょう。上記表のとおり、学童保育の待機児童は2018年に全国で1万7,279人だったという調査結果が出ています。

2018年学童保育待機児童数、都道府県別ランキング1~10位

順位 都道府県 入所児童数 待機児童数
1位 東京都 100,363人 3,812人
2位 埼玉県 67,995人 1,665人
3位 千葉県 56,245人 1,455人
4位 兵庫県 50,037人 872人
5位 愛知県 55,838人 840人
6位 静岡県 30,982人 798人
7位 沖縄県 19,181人 758人
8位 神奈川県 49,612人 571人
9位 大阪府 66,008人 469人
10位 福岡県 61,096人 429人

※全国学童保育連絡協議会「学童保育(放課後児童クラブ)の実施状況調査」データより

次に都道府県別の学童保育の待機児童数について調べてみました。全都道府県を記載するとデータが膨大になるため、学童保育の待機児童が多い、上位10都道府県のみを紹介しています。

全国でもっとも学童保育の待機児童が多いのは東京都で3,812人、次いで埼玉県で1,665人、千葉県1,455人となっています。上位の都道府県で、兵庫県が大阪府より上位だったり、沖縄県が上位に入っているなど、少し意外な順位となっていますね。この調査は全国学童保育連絡協議会が全国の自治体へ行った調査をまとめたものですが、待機児童のカウント方法が全国で統一されていないため、この順位がリアルな数字だとは限りません。都道府県によってはこのデータに表れていない潜在的な学童保育の待機児童がいる可能性もあります。

また、この学童保育に関する調査結果を詳細にチェックして驚いたのが、 2018年時点で学童保育のない、あるいは事業を廃止した市町村が121市町村もあったこと。地域に学童保育がなければ申し込むこともできず、そういった地域では数値に表れない、学童保育の潜在的な待機児童がいると考えられます。

学童保育の小1の壁って何?

学童保育の小1の壁って何?
それでは学童保育でよく聞く「小1の壁」はどんな意味があるのでしょうか? 子供が小学校に入学し、これまでの保育園と環境がガラリと変わることで直面する壁、大まかには次の3つの問題についてご紹介します。

小1の壁の問題1:子供が学童保育に入れるのか、学童の待機児童にならないか

先ほど学童保育の待機児童問題について触れましたが、学童保育も保育園と同じくまずは入所することができるか、という問題が発生します。そもそも自宅や子供が通う小学校の近くに学童保育が少なかったり、待機児童がたくさんいる学童保育しかないケースもあるので、保活のように事前に調べておく必要が出てきます。学童保育の待機児童問題については上で紹介した通りです。

小1の壁の問題2:学童保育のお迎えが保育園より早い

開所期間 学童保育数 全体に占める割合
17:01~18:00 5,542 21.9%
18:01~18:30 5,626 22.2%
18:31~19:00 12,109 47.8%
19:01以降 1,866 7.4%

※データは2018年、厚生労働省発表の「放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況」より抜粋

保育園は、延長保育をお願いすれば20~21時までなど、遅くまで子供を預かってもらうことができ、パパママは安心して働くことができました。しかし、小学校に入学し、放課後に学童保育に預けはじめると、時間延長保育がない、もしくは保育園の延長保育より短いため、パパママの働き方を考え直す必要があるケースも出てくるでしょう。

例えば、東京23区の場合、学童保育は最長で19時までとなっています。19時までにお迎えに行くとなると、職場が近かったとしても定時に仕事を終わらせてもギリギリ間に合うかどうかかもしれません。しかも、どの学童保育も19時まで子供を預かってくれるわけではありません。

上記表は2018年の「学童保育の終了時刻」の調査結果です。この資料によると、18時半を超えて開所している学童保育数は全体の55.2%しかないという調査結果が出ています。自宅周辺の学童保育が18時までに迎えにいかなければいけないとしたら…時短勤務が求められるかもしれません。運よく子供が学童保育に入園できたとしても、学童保育の終了時間の早さに直面し、働き方を変えざるを得ないパパママたちがいるのも小1の壁の問題の1つです。

小1の壁の問題3:長期休暇中は学童保育のルールが変わる

長期休暇の学童保育問題
小学校に入ると、春休み・夏休み・冬休みなどの長期休暇があります。長期休暇の期間も子供を学童保育に預けることはできるのですが、学校で出ていた給食がなくなるため、毎日お弁当の用意が必要になったり、施設によっては長期休み期間中は子供を預けられる時間帯が変わることもあり、パパママの仕事の調整が必要となる場合があります。

学童保育の小4の壁って何?

学童保育の小4の壁って何?
小1の壁をなんとか乗り越えた…! と思ったら、3年後に待ち受けているのが「小4の壁」です。今度はどんな問題なのでしょうか。大きく2つの問題をご紹介します。

小4の壁の問題1:小4から学童保育に入れなくなる児童が多い

2015年に学童保育の対象が「10歳未満の児童」から「小学校に就学している児童」へ広がったというお話を紹介しました。しかし、自治体が運営する学童保育は小学校4年生以上の子供を預かっていなかったり、定員が小学校低学年で埋まってしまっていたりと、小学生4年生以上からは学童保育を利用ができないケースが発生しています。小学校4年生になったらいきなり預け先がなくなるのはパパママにとって大問題ですよね。小4の壁のタイミングで、ママたちがまた働き方を見直したり、きちんと家でお留守番をさせる練習をしたり、他の習い事や塾に行かせたりといろいろな対応で試行錯誤することになります。考えただけでも頭が痛い問題です。

小4の壁の問題2:中学受験など子供の勉強のサポートが必要な時期

中学受験をする子供のサポートが必要な家庭も
学童保育問題ではなく、小学校4年生になると周りからもちらほらと聞こえてくるのが「中学受験の準備の大変さ」です。お受験を考えているパパママは、子供へのサポートが必要になる場合もあります。大手の進学塾では、中学受験をする場合に小学校4年生クラス(だいたい小学校3年生の2月開講)からの入塾をオススメしており、その頃に塾に通い始める子供の友達も多いでしょう。

塾の送り迎えや勉強のサポート、塾弁当など、親の負担は大きい

単純に子供を塾に通わせるだけならまだ良いのですが、塾から膨大に出される宿題のフォローや、夜に塾で食べる晩御飯(塾弁当)の準備、塾への送り迎え、子供の勉強へのモチベーションの管理など、中学受験は子供だけでなく家族が一丸となって挑む一大イベントとなります。そのため、仕事との両立が難しく、仕事を辞めるママもいるほどなのです。

中学受験をしない場合も、子供が学習塾に通いはじめる場合が多い

もし中学受験をしない場合でも、小学校4年生からは学校の勉強のレベルもグッと上がってきます。特に算数では応用問題として四則計算(足し算・引き算・掛け算・割り算を混ぜたもの)や、分数・小数の計算などが始まり、このくらいの時期に勉強でつまづいてしまう子供もいます。思い当たるママもいるのではないでしょうか? そういった勉強のフォローをどうするかが、共働きの家庭では特に問題となります。パパママが勉強を教えるとなると両親の勉強の予習が必用になるかもしれません。結局、子供を学習塾に通わせることになるかもしれませんよ。

学童保育の料金は月にいくらくらいかかる?

学童保育の料金は月にいくらくらいかかる?
共働きしている家庭は学童保育に子供を預けるのが当たり前、のようにお話ししてきました。実際に学童保育にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。小学校の入学準備にもお金がいるので、さらに学童保育の費用が必要となると不安な方も多いはず。事前に知っておくと良いですね!

学童保育が公立か民間かによって月々の料金は違う

運営区分 学童保育数 全体に占める割合
公立公営 8,740 34.5%
公立民営 11,486 45.3%
民立民営 5,102 20.1%

※データは2018年、厚生労働省発表の「放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況」より抜粋

まず、学童保育の運営は公立公営が全体の約35%となっており、他は公立民営、民立民営となっています。現在学童保育の運営に関しては、公立公営が減少し、社会福祉協議会、NPO法人、民間企業による運営が増えてきました。学童保育にかかる費用は公立公営の学童か、民営の学童かによって変わってきます。民営の方が料金が高めのケースが多いですね。民営でも運営側がNPOなのか、株式会社なのか、運営委員会や保護者会なのかなどによって金額にかなりの差が発生します。

それでは下記に平均的な学童保育利用料の調査結果をご紹介いたします。

月額利用料金 学童保育数 全体に占める割合
2,000円未満 373 1.7%
2,000~4,000円未満 3,915 17.5
4,000~6,000円未満 6,076 27.1%
6,000~8,000円未満 4,738 21.1%
8,000~10,000円未満 3,234 14.4%
10,000~12,000円未満 1,661 7.4%
12,000~14,000円未満 599 2.7%
14,000~16,000円未満 369 1.6%
16,000円以上 519 2.3%
おやつ代等のみ徴収 932 4.2%

※データは2018年、厚生労働省発表の「放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況」より抜粋

公立公営の場合も、地域によって料金の違いが大きいです。全国学童保育連絡協議会の全国調査報告によると、平成30年の学童保育利用料の月額平均は4,000~6,000円未満がもっとも多く全体の学童保育の27.1%、学童保育利用料6,000円未満が46.3%でした。学童保育は保育園と預ける時間が違うので当たり前ですが、保育料と比べると安く感じるかもしれません。しかし、利用料金は高い学童保育では16,000円以上の施設もあります。上記の利用料を基本料金として、保育以外のサービスを受ける場合は追加で料金が発生します。保育以外のサービスとは、例えば延長保育や学習指導、食事やおやつ代などですね。こちらも施設によってサービスの有無や金額が違ってきます。

自治体によっては学童保育の費用補助が受けられます

家庭の事情で学童保育の費用の支払いが厳しい場合は、自治体によっては学童保育費用の助成金を受けることができる場合があります。一般的には母子家庭や生活保護を受けている家庭などが対象となることが多いです。また、学童保育の助成金としてではなく、就学援助の中に学童保育支援金という形で設定している自治体もあります。気になる方はお住いの自治体の制度を調べてみてくださいね。

学童保育はいつ、どこに申し込めばいいの?

学童保育はいつ、どこに申し込めばいいの?
いよいよ学童保育を実際に利用したいとなった場合、いつどこに申し込めばいいのでしょうか。申し込みの時期は自治体によって異なります。早いところだと、入学前の10月ごろから開始している自治体もあるようなので、早めのチェックが必要です。ちなみに、申し込み前に学童保育の見学ができる施設が多いので、見学をしたい場合は申し込み時期よりも前に行くことをおすすめします。子供が毎日通う場所なので、実際の施設や雰囲気などを確認しておきたいですよね。見学時に、ホームページなどでは分からないサービスや金額などについても質問しておくと良いでしょう。

公営の場合は自治体に、民間の場合は施設に直接申し込み

学童保育は、公営の場合は自治体に、民間の場合は希望する施設に直接申し込むケースが多いです。保育園の申し込みと似ていますよね。必要書類も、学童保育によって多少違ってくるので、一つ一つ確認するようにしてください。

学童保育の全国統一の基準が廃止されます

学童保育の全国統一の基準が廃止されます
全国一律のルールとして、2015年に学童保育の基準(職員の配置や資格についてなど)を定めていましたが、この基準が事実上廃止されることが発表されました。え、大丈夫なの!? と心配になりますよね。児童の健全な育成や、生活・福祉の保障などについて定めている「児童福祉法」の中で学童保育についての「従うべき基準」が示されていました。しかし、2019年に児童福祉法が改正されることで、従うべき基準ではなく「参考にすべき基準」に変更になる予定です。この改正の背景には、学童保育の職員の配置数や、職員の資格の基準が厳しく、なかなか基準を満たす人材を確保できないために、学童保育の待機児童問題が解消されずにいるという点が考慮されたようです。

安心して預けられる学童保育かを慎重に確認しましょう

学童保育の全国統一の基準が廃止されることによって、待機児童問題が解消されて入りやすくなったとしても、管理体制や職員不足など学童保育の質が低下してしまうと、安心して子供を預けることができなくなってしまいます。学童保育の運営が各施設の裁量に委ねられるため、今までは必須だった研修を受けていない職員が子供に対応することが可能になってしまいます。基準の見直しについては保護者からの反発もありますが、統一基準廃止の流れは止められそうにありません。今後はしっかりと自分の目と足で実際の施設を確認し、学童保育を選ぶ必要がありそうです。

学童保育を兼ねた塾やスクールに通わせる選択肢

学童保育を兼ねた塾やスクールに通わせる選択肢
ここまで学童保育についてご紹介してきましたが、待機児童や小1、小4の壁の問題もありいろいろ悩むところ。そんな時には学童保育を兼ねた塾やスクールに通わせる選択肢もあります。一般の学童保育の何倍も月額費用はかかりますが、小学校からスクールへのお迎えをしてもらえたり、子供の勉強を見てもらえたりなどのメリットがあります。英語やプログラミングなどを教えてくれるところもあり、習い事も加味できると思えば、少し金額が高くても良いと思うパパママも少なくないようです。各ご家庭や勤務先によって、融通が効く部分と効かない部分があると思うので、学童保育に申し込みをする前に、そういった塾やスクールを探してみるのも良いと思います。

まとめ:小学校入学前の早い段階で学童保育について家族で話し合いましょう

小学校入学前の早い段階で学童保育について家族で話し合いましょう
保育園や幼稚園に入園できてほっとしたのも束の間、学童保育の新しい問題が小1、小4にやってきます。働くパパママにとって、学童保育は避けらない問題です。あらかじめ、しっかりと調べて希望に合う学童保育を見つけてあげられればいいですね。子供が小学校に上がる前の早い段階で、パパママでしっかり話し合ってリサーチしてみてください。