哺乳瓶ウォーマーのメリットや使い方の注意点! 選び方やおすすめ5選も紹介

哺乳瓶ウォーマーって何? 絶対に必要?

哺乳瓶ウォーマーって何? 絶対に必要?
哺乳瓶ウォーマー(ボトルウォーマー)は、哺乳瓶にお湯を入れた状態で調乳に最適な70℃に保温してくれるアイテムで、水からの温めも可能です。哺乳瓶ウォーマーは温度設定ができるタイプもあり、調乳用のお湯以外にも、液体ミルクや離乳食の温め、哺乳瓶の消毒などができる多機能の哺乳瓶ウォーマーもあります。哺乳瓶ウォーマーは育児に必ず必要なものではないですが、赤ちゃんのお世話にあると便利なアイテムです。

出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
妊娠後期に入ると、徐々に赤ちゃんを迎える準備を始めていくものですが、新生児にとって必要なベビー用品は一体どれくらいあるのでしょうか。一度に揃えすぎて使わないのはもったいないですよね。そこで、新生児のお世話に本当に必要なベビー用品とあったら便利なものをそれぞれご紹介します。

哺乳瓶ウォーマーのメリットは?

お湯を調乳に最適な温度と量で哺乳瓶にストックしておくことができる

ミルク育児のパパママは、1日に何度もミルクを用意することになりますが、毎回お湯を沸かしたり、お湯やミルクの温度調整をするのは大変ですよね。哺乳瓶ウォーマーに70℃のお湯を保温しておけば、調乳したい時にすぐ使えるので、赤ちゃんが泣いている時や深夜の授乳などで手早く粉ミルクを作ることができます。

調乳後に冷蔵保存した粉ミルクや母乳を簡単に温めることができる

調乳後に冷蔵保存した粉ミルクや母乳を簡単に温めることができる
哺乳瓶ウォーマーは、冷蔵保存をしている粉ミルクや搾乳した母乳を哺乳瓶に入れた状態のままセットするだけで、赤ちゃんが飲むのに最適な40℃に温めることができます。冷蔵保存した粉ミルクや母乳を温める時は、40℃前後の湯煎で温める方法がありますが、自分でお湯の温度を調整したり、ミルクや母乳が温まったかを確認するのは手間ですよね。

電子レンジでは加熱ムラができてしまうこと、熱湯での湯煎はミルクや母乳の成分が壊れてしまうことから、温める方法には向いていないのでやめましょう。哺乳瓶ウォーマーがあれば、ミルクや母乳が入った哺乳瓶をセットしてスイッチを押すだけなので簡単に温めることができ便利ですね。

どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。

粉ミルクの販売メーカーは粉ミルクの作り置きは推奨していない

粉ミルクは栄養成分が豊富で調乳後は雑菌が繁殖しやすいため、粉ミルクを販売しているメーカーは粉ミルクの作り置きを推奨していません。世界保健機関(WHO)と国連食糧農業機関(FAO)が作成した「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」には、粉ミルクを作り置きする時のルールとして「調乳したミルクは氷水で5度以下に冷却後、冷蔵保存し、24時間経ったら破棄する」と記載されています。母乳を冷蔵保存する場合は、保存期間は3日なので、期限を守り古くなった母乳を赤ちゃんに与えないように気を付けてください。

液体ミルクを簡単に温めることができる

液体ミルクを簡単に温めることができる
液体ミルクは湯煎でも温めることができますが、哺乳瓶に液体ミルク入れ、哺乳瓶ウォーマーにセットすれば、簡単に赤ちゃんが飲む時に最適な40℃に温めることができます。液体ミルクの特徴は、常温のまま飲むことができる点でもありますが、赤ちゃんの中には温かくないミルクを飲みたがらない子もおり、液体ミルクを温めたら赤ちゃんが飲んでくれたという声もあります。液体ミルクを温める時は、哺乳瓶ウォーマーを使うと簡単に温めることができるので便利ですね。

液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント
液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント
日本でも江崎グリコと明治から液体ミルクの販売が開始されましたね。液体ミルクは外出時や災害時などに便利と言われていますが、粉ミルクに比べるとどんな点で便利なのでしょうか。液体ミルクの特徴やメリット・デメリットについても紹介していきます。

哺乳瓶ウォーマーと調乳ポット・電気ポット・電気ケトルの違いは?

哺乳瓶ウォーマーと調乳ポット・電気ポット・電気ケトルの違いは?
調乳ポット・電気ポット・電気ケトルの特徴や哺乳瓶ウォーマーとの違いをご説明します。

調乳ポットと哺乳瓶ウォーマーの違い

調乳ポットは、沸騰したお湯をポットに入れウォーマーにセットすることで、調乳に適した70℃のお湯を作り保温しておくことができます。調乳ポットは、調乳用のお湯をストックする点では哺乳瓶ウォーマーと同じですが、液体ミルクや冷蔵保存した粉ミルクや母乳を温めることはできません。調乳ポットの容量は、1L以下のものが一般的です。

電気ポットと哺乳瓶ウォーマーの違い

電気ポットと哺乳瓶ウォーマーの違い
電気ポットでも、調乳用のお湯をストックしておくことができます。電気ポットの機種によって「カルキ抜き機能」が付いているものや、70℃・90℃・98℃など複数の温度設定ができるタイプがあります。電気ポットは、1L以下の小型タイプや3Lを超える大型タイプなど、豊富な商品ラインナップから選ぶことができます。哺乳瓶ウォーマーは、普段使いのお湯をストックすることには向いていないので、ドリップコーヒーなど粉ミルク作り以外でよくお湯を使う家庭は、大容量の電気ポットを選ぶといいでしょう

調乳ポットの選び方やおすすめ7選! ピジョンやコンビが人気?
調乳ポットの選び方やおすすめ7選! ピジョンやコンビが人気?
赤ちゃんが泣いているとミルク作りも焦ってしまいがち。調乳ポットがあれば、お湯を沸かしたり、調乳の適温に冷ます手間がなく便利です。おでかけ時には調乳用のステンレスボトルが活躍しますよ。調乳ポットの選び方やおすすめ、使う時の注意点もあわせて紹介します。

電気ケトルと哺乳瓶ウォーマーの違い

電気ケトルは、電気ポットと比べて容量が少なく、保温機能がないものが多いです。電気ケトルはボタン一つですぐにお湯を沸かすことができるのがメリットですが、粉ミルク作りに使う時は調乳に最適な70℃程度までお湯を冷ます手間がかかり、保温機能がないと毎回お湯を沸かす必要があります。粉ミルクを手早く作りたい場合は哺乳瓶ウォーマーやお湯を保温しておくことができる調乳ポットや電気ポットがおすすめですが、電気ケトルは赤ちゃんがミルクを飲まなくなったあとも普段使いに活躍するでしょう。

時短勤務で給与は減る? 時短勤務はいつまで取れる? 時短勤務で働くママの1日のスケジュールも紹介
時短勤務で給与は減る? 時短勤務はいつまで取れる? 時短勤務で働くママの1日のスケジュールも紹介
働くママの多くが利用する時短勤務。時短勤務がいつまで使えるかや給料の計算方法、法律の詳細を解説!産休・育休から仕事に復帰したママが実際に体験した時短勤務体験談、1日のスケジュールを紹介します。
共働きにおすすめの時短家電8選とこれから揃えたいスマート家電4選
共働きにおすすめの時短家電8選とこれから揃えたいスマート家電4選
共働きをしながら子育てする家庭にとって、毎日の家事は時間との闘い!少しでも時間を短縮して、自分の時間を確保したいと思うものですよね。そこで、共働き家庭におすすめの時短家電についてご紹介したいと思います。さらに、外出先でも操作が可能なスマート家電についても解説しています。

次のページでは哺乳瓶ウォーマーのいろいろなタイプの選び方、使用の際の注意点、おすすめ商品をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!