使い捨て哺乳瓶って何? 使い方や注意点、おすすめ商品を紹介

使い捨て哺乳瓶とは?

Clovis Baby(クロビスベビー) 【日本正規品】 ステリボトル 消毒不要使い捨て哺乳瓶(240ml)5個入り

使い捨て哺乳瓶は、一般的な洗って繰り返し使えるタイプとは違い「1回使ったら捨てるタイプ」の哺乳瓶です。衛生的であることや、持ち運びしやすく設計された使い勝手の良さが特徴です。商品によりますが、未開封なら購入から5年の品質保証されているものもあり、旅行用や災害用として準備するママが増えています。どの商品も安全性と衛生面、使いやすさを第一に考えて設計されています。

関連記事

赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? ピジョンなどのおすすめ5選!
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!

使い捨て哺乳瓶のメリット


一般的な哺乳瓶は、使い終わるたびに洗浄や消毒をおこない次の授乳に備えます。一方、使い捨て哺乳瓶は、毎回手間のかかる洗浄や消毒などが必要ありません。使い終わったらその場で捨てるだけ。新しく開封した哺乳瓶も衛生的で安心です。また、使い捨て哺乳瓶はガラス製ではなく、ほとんどがプラスチック製で軽いため持ち運びにも便利です

  • 日常の外出
  • 帰省先
  • 旅行
  • 渋滞中の車内
  • 災害時

このように、さまざまな場面で大活躍します。哺乳瓶の洗浄や消毒ができない環境でも、赤ちゃんに授乳しなくてはいけません。何度も必要になる哺乳瓶を使い捨てタイプにすることで、簡単に、そして衛生的に利用できるのは大きなメリットです。

関連記事

哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶の消毒はレンジがおすすめ。メリットとデメリット、便利グッズを紹介

使い捨て哺乳瓶の注意点

使い捨て哺乳瓶の注意点
使い捨て哺乳瓶を使うときには、いくつかの注意点があります。購入してから失敗しないために、気をつけるべきポイントを確認しておきましょう。

赤ちゃんが飲んでくれない可能性がある

赤ちゃんによっては、普段と違う哺乳瓶の乳首に違和感を感じ、ミルクを飲んでくれないおそれがあります。使い勝手の良さで選んだ使い捨て哺乳瓶も、赤ちゃんが拒否しては意味がありません。授乳できない状態が続くと、赤ちゃんの健康面にも大きな影響があります。万が一のことを考えて、手持ちの乳首を使い捨て哺乳瓶につけられるタイプを選ぶと安心です

関連記事

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がるときにまずチェックしてほしいこと

ミルクの出が良すぎる

使い捨て哺乳瓶によっては、赤ちゃんに飲ませようとしたときにミルクが勝手に出てしまうことがあります。使い捨てタイプは繰り返し使える哺乳瓶と違い、乳首の対象月齢を設定していないものが多いです。新生児から利用できるように作られており、どの月齢でも飲める構造になっているのです。そのため、持つ角度などによってはミルクの出が良すぎてしまうため、赤ちゃんの顔にかかってしまうこともあります。

関連記事

ピジョンの哺乳瓶は2タイプ! どう使い分ける? 乳首は共通? 詳しく解説します

使い捨て哺乳瓶を選ぶときのチェックポイント

使い捨て哺乳瓶を選ぶときのチェックポイント
使い捨て哺乳瓶を選ぶときは使い勝手だけではなく、注意点などを踏まえて選ぶのがおすすめです。購入してから後悔しないために、選び方のチェックポイントを詳しくご紹介します。

開封後そのまま使えるか

使い捨て哺乳瓶の多くは、開封後そのまま利用できます。洗浄や消毒不要の使い捨て哺乳瓶を選ぶことで、車内や災害時などでも簡単に使えて便利です。商品によっては使い捨て哺乳瓶を個包装しているものやまとめて専用の袋に保存しているものなどさまざまあります。衛生面が気になる人は、個包装されているものがおすすめです。ただし、中には使用前に水洗いが必要なタイプもあるため、購入前に確認しておくようにしましょう。

関連記事

災害に備える非常食は何を揃えたらいいの? 種類や賞味期限、揃える目安や選び方!

乳首のサイズが月齢に合っているか

使い捨て哺乳瓶のほとんどが、新生児から利用できます。どの月齢でもミルクが飲めるように作られていますが、中には付属の乳首に対象月齢を設定している商品もあるので注意が必要です。購入前に、乳首のサイズと対象月齢を確認することが大切です。

関連記事

母乳実感ちくびっていつから使えるの? 特徴とサイズ、使えるシーンを徹底解説

赤ちゃんに飲ませたい量が入るか

使い捨て哺乳瓶によってボトルの大きさが違うため、1回で作れるミルクの容量の確認を必ずしましょう。赤ちゃんの授乳量は月齢によって異なり、月齢が大きくなってくると使い捨て哺乳瓶1本では足りないこともあります。使い捨て哺乳瓶は1回限りの使用目的で作られているため、2回利用することができません。

関連記事

赤ちゃんの月齢別に必要な粉ミルクの量とは

ママに人気! おすすめ使い捨て哺乳瓶


現在、使い捨て哺乳瓶はさまざまなメーカーから販売されています。商品によって特徴や使いやすさが異なりますが、選ぶときはママたちの間で人気の使い捨てタイプから選ぶのがおすすめです。

相模ゴム工業 チューボ(Chu-bo)

チューボの哺乳瓶は、ジャバラ式で乳首もすべてカプセルに収納されています。使い捨てタイプの中でも一番コンパクトな商品なので、持ち運びにも便利です。ボトルには20mlごとにメモリが付いていたり、哺乳瓶の向きを変えることで赤ちゃんが吸ったときのミルクの量が変えられたりと、さまざまな工夫があります。(容量:最大250ml)

クロビスベビー ステリボトル

イギリス発のステリボトルは、海外有名人をはじめ世界中で販売実績のある使い捨て哺乳瓶です。新生児から使える丸穴タイプの乳首で、乳首フードに空気が入り込まないように設計されているためゲップ対策もできます。1個あたりがとても計量で、重ねて保管できるため持ち運びに便利です。(容量:最大240ml)

ドラマ Disposable Feeding Bottle

ドラマ(Drama)の使い捨て哺乳瓶は、哺乳瓶本体に無毒性素材で作られたパックを装着して使うタイプです。本体となる哺乳瓶の乳首は交換用なので、手持ちの哺乳瓶と兼用して使えます。また、乳首は哺乳瓶を倒してもミルクがこぼれにくいY字設計なので、赤ちゃんに安心して飲ませられます。(容量:最大250ml)

bibi お出かけ用ミルクボトル

bibi お出かけ用ミルクボトル BIBIDBFS36-1

bibi お出かけ用ミルクボトル BIBIDBFS36-1

1,430円(10/15 21:34時点)
Amazonの情報を掲載しています
bibiのお出かけ用ミルクボトルは、ジャバラ式で収納できるためマザーバッグの中に入れても荷物になりません。洗浄や消毒が不要で完全密封された状態で使えるため、衛生面の心配なく使えます。(容量:最大250ml)

プレイテックス ドロップイン

プレイテックスのドロップインは、哺乳瓶の本体に使い捨ての取替パックを装着して使う商品です。哺乳瓶本体には、新生児用のシリコン乳首が付いていますが、取替が可能なので月齢に合わせて利用できます。(容量:最大240ml)

使い捨て哺乳瓶Q&A

使い捨て哺乳瓶Q&A
使い捨て哺乳瓶は大変重宝しますが、使い方や育児環境によって用意するべきか悩むママも多いのではないでしょうか。使い捨て哺乳瓶によくある悩みをいくつかまとめました。

母乳育児でも使い捨て哺乳瓶を用意した方が良い?

母乳育児をしていると哺乳瓶を用意する機会がないため、使い捨て哺乳瓶は不要に感じるママが多いです。ですが、母乳育児の最中に災害が起きたりママの乳首トラブルによって授乳できなくなることもあります。こんなときに使い捨て哺乳瓶があれば、万が一のトラブル時も安心です。使い捨てタイプは未開封なら長期保存が可能なものも多いです。一緒に赤ちゃん用の水や液体ミルクを準備しておくと、トラブルの際も難なく乗り越えられます。

関連記事

どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント

使い捨て哺乳瓶はどこで買える?

使い捨て哺乳瓶は、楽天やAmazonなどのネット通販での購入が確実です。実店舗で購入する場合は、以下のようなお店をチェックしてみましょう。

  • 西松屋
  • 赤ちゃん本舗
  • ベビーザらス
  • イオン
  • その他ベビー用品取扱店

実店舗の場合、お店によって取り扱う使い捨て哺乳瓶の種類が異なります。「容量が大きいタイプが欲しい」「収納面を考えてさまざまな比較をしたい」などの希望があるときは、種類豊富な通販の方が見つかりやすいです。

使い捨て哺乳瓶を再利用しても大丈夫?

使い捨て哺乳瓶といえど、作りはしっかりしています。しかし、1回使い切りで構造設計されているため、再利用して使うことはできません。たとえ使えたとしても、乳首からミルクが漏れたり、本体と乳首のつなぎ目に不具合がでたりするおそれがあるため控えましょう。

まとめ

まとめ
多くの使い捨て哺乳瓶が、洗浄や消毒不要で使えるため、外出先や災害時などに大変便利なアイテムです。また、軽量化とコンパクトさを追求して作られているため、荷物が多くなりがちな育児中も気軽に持ち運べます。使い捨て哺乳瓶のほとんどが新生児から利用でき、最大250mlまでミルクが作れるので、万が一に備えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法