赤ちゃんのつかまり立ちはいつから? 練習方法や安全対策を紹介!

赤ちゃんがつかまり立ちできるのはいつから?

赤ちゃんがつかまり立ちできるのはいつから?
赤ちゃんがつかまり立ちをするようになるのは、生後8ヶ月~9ヶ月ごろが目安とされています。厚生労働省が平成22年度に行った調査によると、生後11ヶ月~12ヶ月の赤ちゃんの90%以上がつかまり立ちできていました。しかし、赤ちゃんの成長には個人差があるので、必ずしもその時期につかまり立ちができるわけではありません。赤ちゃんにはハイハイを始めて手足の筋肉がついてからつかまり立ちを始める子が多く見られますが、ハイハイより先につかまり立ちをする赤ちゃんもいます。つかまり立ちは特に個人差が大きい成長ステップです。赤ちゃんのつかまり立ちができるようになる月齢目安は気にしすぎず、パパママは赤ちゃんが立ちたいと思うまで見守ってあげましょう。
平成22年度 乳幼児身体発育調査(厚生労働省)

赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後7~8ヶ月といわれますが、赤ちゃんによってかなり個人差があります。「うちの子はなかなかはいはいしない!大丈夫?」と心配するパパママに、赤ちゃんがハイハイをする理由やしない赤ちゃんについてなど、ハイハイについての基礎知識をご紹介します。
生後8ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴は? 育児のポイントも紹介
生後8ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴は? 育児のポイントも紹介
生後8ヶ月の赤ちゃんの身長や体重は、どのくらいになるのでしょうか? 授乳やミルクの回数、離乳食の回数や量、睡眠時間、夜泣きについてなど、生後8ヶ月の赤ちゃんの特徴やお世話のポイントなどをご紹介します。
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 離乳食や遊び方も解説
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 離乳食や遊び方も解説
生後9ヶ月の赤ちゃんはどのくらい成長するの? 平均身長や体重、授乳と離乳食の回数、睡眠の特徴などをチェックしてみましょう。生後9ヶ月の赤ちゃんと一緒にパパママも楽しめるおすすめの遊び方やおすすめおもちゃも紹介します。

1歳をすぎてもつかまり立ちをしない?

1歳をすぎてもつかまり立ちをしていないけど大丈夫?
赤ちゃんが1歳を過ぎてもつかまり立ちをしないと、パパママは不安に思うでしょう。つかまり立ちをなかなかしない赤ちゃんは、好奇心よりも立つことへの恐怖心が強いのかもしれません。それも赤ちゃんの個性の1つといえるので、赤ちゃんがなかなかつかまり立ちをしないからとパパママは焦らなくても大丈夫ですよ。

赤ちゃんはハイハイをすることで体幹が鍛えられたり、バランス感覚が養われたりします。股関節の形成や背中のS字カーブの発達、上半身の筋肉の発達などハイハイにより多くの機能が向上します。赤ちゃんがハイハイすることを楽しんでいるのであれば、赤ちゃんがつかまり立ちをしたくなるまで様子を見てみましょう。

その後の人生に影響も? 赤ちゃんのハイハイが骨格に及ぼす知っておくべき4つの理由(川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院))

1歳0ヶ月(生後12ヶ月)の赤ちゃんの成長とお世話! 食事量の目安や遊び方は?
1歳0ヶ月(生後12ヶ月)の赤ちゃんの成長とお世話! 食事量の目安や遊び方は?
1歳の誕生日を迎えた赤ちゃんは1年で大きく成長したことでしょう。離乳食も完了期に入りますが、1回の食事量はどのくらいになるのか、食事量の目安や予防接種などお世話のポイントをまとめました。おすすめの遊び方やおもちゃについても解説します。
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!

赤ちゃんが早くつかまり立ちを始めた時の注意点は?

早くつかまり立ちを始めた時の注意点は?
早いと生後6ヶ月~7ヶ月ごろにつかまり立ちを始める赤ちゃんもいます。赤ちゃんが自然とつかまり立ちをしたのであれば、つかまり立ちをする体の準備が整ったといえるので心配ないでしょう。しかし、月齢が低い赤ちゃんの場合は筋力が未発達なことがあり、つかまり立ちの状態から転んでしまうリスクが高まります。赤ちゃんは生後7~8ヶ月ごろになると「パラシュート反射」により転んだ時に手を広げて体を支えようとしますが、生後6ヶ月ごろの赤ちゃんはパシュート反射がまだ出ないことがあるので、つかまり立ちからバランスを崩しても上手に手をつけずに頭をぶつける可能性があります。赤ちゃんがまだ月齢が低い時につかまり立ちを始めた場合、パパママが特にしっかり見守ってあげましょう。
9~10か月児のチェックポイント(あいち小児保健医療総合センター)

生後6ヶ月の赤ちゃんの発達、体重や身長は? 育児のポイントも紹介
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達、体重や身長は? 育児のポイントも紹介
生後6ヶ月の赤ちゃんは、0歳も半分過ぎて1歳を意識し始める時期になります。できることが増えて動きが活発になりますが、寝返りやお座りをしないなど、同じ月齢の赤ちゃんとつい比べて心配になる機会も増えるでしょう。生後6ヶ月の赤ちゃんの発達の目安やお世話のポイントを解説します。
生後7ヶ月の赤ちゃんの成長 身長や体重はどのくらい? 育児のポイントや遊び方も紹介
生後7ヶ月の赤ちゃんの成長 身長や体重はどのくらい? 育児のポイントや遊び方も紹介
生後7ヶ月の赤ちゃんはできることが少しずつ増え、好奇心も旺盛になってきます。一方で「離乳食を食べない、ぐずって手がかかる」など新たな悩みを抱えるパパママもいるでしょう。この時期の赤ちゃんの成長や発達とあわせて、育児のポイントやおすすめの遊び方を紹介します。

赤ちゃんのつかまり立ちの練習方法はあるの?

つかまり立ちの練習方法はあるの?
赤ちゃんがなかなかつかまり立ちをしない場合や、つかまり立ちをしてもすぐにしゃがみ込んでしまう場合、つかまり立ちの練習してみるのもいいですね。

パパママが赤ちゃんを支えて立たせてあげる

パパママが赤ちゃんを支えて立たせてあげる
すぐにできるつかまり立ちの練習方法は、パパママが赤ちゃんの脇や腰を支えて立たせてあげることです。ソファやローテーブルに赤ちゃんの手をつけさせ、両足で床に立つ感覚を体験させましょう。つかまり立ちをすると赤ちゃんの視界は一気に変わるので、つかまり立ちの練習をきっかけに赤ちゃんの立ちたい欲求が刺激され、赤ちゃんが自分からつかまり立ちをするようになるかもしれません。

おもちゃを使ってつかまり立ちの練習をする

つかまり立ちに興味がなさそうな赤ちゃんには、テーブルタイプのおもちゃやベビージムがおすすめです。テーブルタイプのおもちゃはテーブルの天板部分に仕掛けがあり立ち上がらないと遊べないため、赤ちゃんの立つことに対する意欲を自然に促せます。

おもちゃがぶら下がったベビージムがあると、つかまり立ちをしながらおもちゃで遊べます。布製のベビージムは赤ちゃんを支えられなかったり、倒れやすかったりする可能性もあるので、赤ちゃんがつかまり立ちの練習をしても安全であるかパパママが事前に確認しておきましょう。

ベビージムはいつから? おすすめ10選! メリットやデメリットも紹介
ベビージムはいつから? おすすめ10選! メリットやデメリットも紹介
ベビージムはねんね期の赤ちゃんから楽しめますが、いつからいつまで使えるのでしょうか? メリット・デメリット、人気商品やおしゃれなデザインなどおすすめをご紹介します。

くまのプーさん 6WAYジムにへんしんメリー

対象年齢:生後0ヶ月〜(メリー)・生後3ヶ月〜(ジム)
サイズ:W51.5×D60.5×H70cm
新生児から使えるベッドメリーです。生後3ヶ月を過ぎたら「おねんねジム」や「おすわりビジー」、生後8ヶ月を過ぎたら「つかまりジム」としてつかまり立ちを楽しくサポートしてくれます。長く使えるのが嬉しい多機能なベビージムです。

プーさんのぬいぐるみの選び方やおすすめ10選! 子供へのプレゼントにも!
プーさんのぬいぐるみの選び方やおすすめ10選! 子供へのプレゼントにも!
プーさんのぬいぐるみは子供にも人気なため、ぬいぐるみからメロディが流れたり、おしゃべりしたりと多機能なタイプも販売されています。プーさんのぬいぐるみは、種類もたくさんあるので、選び方や子供へのプレゼントにもおすすめな商品をご紹介します。

アンパンマン よくばりテーブル

対象年齢:生後6ヶ月~
サイズ:W45×D34×H35cm
ダイヤルや電話、ピアノ、メロディーボタンなど赤ちゃんの好奇心をくすぐる機能が11種類備わっています。脚にもアンパンマンが彫刻されています。工具を使わずに組み立てられ、テーブルは裏返すとフラットになるので長く楽しめます。

ベビージムはいつから? おすすめ10選! メリットやデメリットも紹介
ベビージムはいつから? おすすめ10選! メリットやデメリットも紹介
ベビージムはねんね期の赤ちゃんから楽しめますが、いつからいつまで使えるのでしょうか? メリット・デメリット、人気商品やおしゃれなデザインなどおすすめをご紹介します。

次のページではつかまり立ちを始めた赤ちゃんの安全対策を考えます

続きを読む
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!