食育って何? 幼稚園、保育園ではどんな食育をしているの? 家庭でも真似できる?

育児の話題で頻繁に耳にする「食育」ですが、幼稚園や保育園でも食育活動が行われているのはご存知でしょうか? 園での食育活動は食育基本法という法律に基づいて行われています。この食育活動の目的と狙い、家庭でも真似できることについてご紹介します。

目次

幼稚園、保育園でも食育活動が行われているのを知ってますか?

幼稚園、保育園でも食育活動が行われているのを知ってますか?

そもそも食育とは? いつから食育が広まったの?

そもそも「食育」とはどんなことをいうのでしょうか。食育とは、食に関するいろいろな知識を身に着け、バランスのいい食事を選択し、健全な食生活を送るための力を身につけることです。食育の言葉や考え方は19世紀末に日本で誕生、ブームとなった時期がありました。1970年代から食育が再び唱えられるようになったのは、不規則な食事による肥満・栄養の偏り、生活習慣病の増加、過度なダイエットなどが理由とされています。

国も食育を政策として取り入れ、2005年に食育の基本的な理念を提示した「食育基本法」が制定されました。2006年には食育基本法に基づき、食育の推進に関する基本的な方針や目標について示された「食育推進基本計画」が制定されます。これにより、国として食育を推進していく流れが強まったのです。

関連記事・リンク

食育基本法は何のためにあるの? 基本理念や目的、2015年の改正ポイントを紹介

食育は心や体の基礎が育まれる乳幼児期こそ重要

食育はその思想が誕生したときから幼児期に取り組むことが重視されていました。心や体の基礎ができる乳幼児期から食育に取り組むことで、大人になってからも食に関する正しい知識を持ち、健康な生活ができるという考えです。そのため、幼稚園や保育園でも食育活動が盛んに行われるようになりました。筆者の住んでいる地域でも、子供たちが野菜を育てたり、遠足で芋掘りやみかん狩りなどの体験を通して食育に取り組んでいる幼稚園や保育園が多くあります。

とはいえ、食育を幼稚園や保育園に任せっきりではなく、日々の家庭生活の中で食に関する興味や関心を高めることも重要です。食育基本法にも「食育は、父母その他の保護者にあっては、家庭が食育において重要な役割を有していることを認識する」という記載があります。

幼稚園、保育園での食育活動は食育基本法に基づいています

幼稚園、保育園での食育活動は食育基本法に基づいています
「食育基本法」は2005年7月に内閣府が制定しましたが、食育の推進は2015年の食育基本法改正後に農林水産省が担当するようになりました。食育基本法に基づいて、幼稚園は「幼稚園教育要領」で、保育園は「保育所保育指針」で食育活動で取り組む内容やその狙いについて明記されています

例えば、 「食べたいもの、好きなものが増える子ども」になるために、さまざまな体験を通して食べ物への興味や関心を育てることが必要であること、「食べ物を話題にする子ども」となるためには、自分で作ったものを味わい、生きる喜びに繋げる、などと具体的に記載されています。

関連記事

幼児教育の基準になる幼稚園教育要領って何? どんな法令なの?
2018年改定の保育所保育指針って何? これを見れば保育園の保育方針がわかります

子供にとってなぜ食育が重要なのか

子供にとってなぜ食育が重要なのか
食育に対してなんとなく良いイメージを持つパパママも多いかと思いますが、なぜ子供にとって食育が重要なのでしょうか。また、食育は子供にとってどのような効果があるのかも気になりますね。実は、具体的なメリットがあるのです。

1、集中力や学習能力が高まる

健康的な食生活を送ることで、集中力や学習能力が高まるといわれています。朝食をとるかどうかによって1日のパフォーマンスが変わるという話を耳にしたことがありませんか? 寝ている間に消費されたエネルギーを朝食でしっかりと補うことによって、作業能力や体力のアップに繋がるといわれています。

2、免疫力が高まる

偏った食生活を送っていると、徐々に身体の免疫力が低下していきます。特に最近は食品添加物が多く含まれる美味しい食品がとても多いため、知識もなくそういった食事ばかりをしていると、体内に添加物が蓄積されていきます。その結果、アトピーやアレルギーなどを引き起こす原因になりかねないのです。食育に取り組み、食に関する正しい知識をもって自分の食べるものをしっかりと選ぶことができれば、病気に負けない免疫力をつけることができるでしょう。

3、情緒豊かになる

食事をすることの楽しさ、誰かと一緒に食べることの幸福感や、料理を作る人や食材を育てる人への感謝の気持ちを食育を通じて知ることにより、子供自身の情緒がより豊かになります。生きる上での基本となる「食」を通していろいろな感情の育成にも繋がるのです。

4、食文化の継承になる

各地域や家庭で受け継がれてきたレシピや味、お作法などを知り、理解し、それを人に伝えることで、食に愛着を持ち、日本の伝統的な食文化を未来へ受け継いでいくことができます

幼稚園、保育園での食育活動の目的と内容は?

幼稚園、保育園での食育活動の目的と内容は?
食育基本法では、保育所保育指針の中で食育の観点から実現を目指す子供の像として下記の5つを掲げています。これは保育園を想定してかかれたものですが、幼稚園でも考え方は同じです。

  1. お腹がすくリズムのもてる子ども
  2. 食べたいもの、好きなものが増える子ども
  3. 一緒に食べたい人がいる子ども
  4. 食事づくり、準備にかかわる子ども
  5. 食べものを話題にする子ども

これらを踏まえ、保育園や幼稚園ではどのような活動を行っているのでしょうか。それぞれについてもう少し細かくご紹介しましょう。

お腹がすくリズムのもてる子ども

しっかりと午前中からお散歩やお遊戯などで体を動かしてお腹をすかせることで、お昼ご飯を美味しく食べることができるようになることを目指します。

食べたいもの、好きなものが増える子ども

節分やクリスマスなどの行事食を通して日本の文化を知ったり、旬の食材をその時期に味わうことで、食べ物に対する興味関心を持ち、食べたいものや好きなものを増やしていくことを目指します。

一緒に食べたい人がいる子ども

保育者やお友達と一緒に食事をして「美味しい!」を共有したり、たくさんお話をすることで、食事がより美味しく楽しい時間になることを目指します。また、みんなで「いただきます」と「ごちそうさま」をするという食事のマナーも学ぶことができます。

食事づくり、準備にかかわる子ども

子供たちが野菜などを育てて収穫したり、課外授業や遠足などで収穫体験に行ったり、簡単なお料理体験をしたりするプログラムなどが多くの園で取り入れられています。それらの体験を通して、普段食べているものが実際にどうやって作られているかを知り、食材への関心を高めたり感謝の気持ちを持つことを目指します。

食べものを話題にする子ども

普段の遊びの中で食に関するテーマを取り入れたり、調理師さんや農家の方などと接する機会をつくることで、食べ物により親しみを感じたり、食べ物を通して楽しくコミュニケーションを広げていくことができるように目指します。

地域や園の方針によって内容は異なりますが、保育園や幼稚園では、こうした考え方に基づいていろいろな食育活動が取り入れられています。

具体的な年齢別の食育活動の目的と内容

具体的な年齢別の食育活動の目的と内容
食育基本法には、幼稚園や保育園での食育活動の目的と内容が成長段階にあわせて細かく記載されているので要約してご紹介します。ぜひ家庭で食育を取り入れる際の参考にしてみてください。

6か月未満児の食育活動

食育活動の目的
安定した人間関係の中で、母乳やミルクを飲みたい時、飲みたいだけゆったりと飲むことができる。

食育活動の内容
よく遊び、よく眠り、お腹がすいたら、泣く。保育士にゆったり抱かれて母乳やミルクを飲み、授乳してくれる人に関心を持つ。

6か月~1歳3か月未満児の食育活動

食育活動の目的
お腹がすき、母乳・ミルクや離乳食を喜んで食べ、心地よい生活を味わう。いろいろな食べ物を見る、触る、味わう経験を通して自分で進んで食べようとする。

食育活動の内容
よく遊び、よく眠り、満足するまで母乳を吸う。お腹がすいたら泣いたり喃語によって催促し、自分で進んで食べ物を持って食べようとする。ゆったりとした雰囲気の中で、食べさせてくれる人に関心を持つ。

1歳3か月~2歳未満児の食育活動

食育活動の目的
お腹がすき、食事を喜んで食べ、心地よい生活を味わう。いろいろな食べ物を見る、触る、噛んで味わう経験を通して自分で進んで食べようとする。

食育活動の内容
よく遊び、よく眠り、食事を楽しむ。手づかみや道具を使って自分から意欲的に食べようし、食事の前後で顔や手を拭いた時にきれいになった快さを感じる。楽しい雰囲気の中で、一緒に食べる人に関心を持つ。

2歳児の食育活動

食育活動の目的
いろいろな種類の食べ物や料理を味わう。食生活に必要な基本的な習慣や態度に関心を持ったり、友達とともに一緒に食べる楽しさを味わう。

食育活動の内容
よく遊び、よく眠り、食事を楽しむ。自分で道具を使って食べようとし、いろいろな食べ物を進んで食べる。保育士の手助けによって、うがい、手洗いなどの食生活に必要な活動を自分でする。
身近な動植物をはじめ、自然事象をよく見たり、触れたりする。一緒に食べる人、調理をする人に関心を持ち、ともに食事をすることの喜びを味わう。

3歳以上児の食育活動

食育活動の目的
食と健康、人間関係、文化、いのちの育ち、料理についてそれぞれ理解したり喜びを感じる。

食育活動の内容
食材の旬や食事作りの過程などいろいろな経験を通して感じ、知識をつけたり豊かな感情を養ったりする。

関連記事

離乳食はいつから、どんな進め方で始めればいい? 初期、中期、後期それぞれを紹介!

幼稚園、保育園で行われている食育活動の具体例

幼稚園、保育園で行われている食育活動の具体例
今までご紹介した食育活動についての目的を達成するために、幼稚園、保育園で具体的に行っている活動例をご紹介します。まずは、毎日楽しい雰囲気の中でおいしく食べることです。友達と一緒にみんなで食卓を囲み、「美味しいね」と気持ちを共有しながら食べるととても楽しいですよね。もちろん食事のマナーも自然と身に付くよう指導してくれます。また、幼稚園や保育園では1日のスケジュールが大体決まっていますが、毎日同じ時間に規則正しく食事をすることで、お腹がすくリズムを整えることができます。食事の時間にお腹がすいて美味しくご飯が食べられるように、午前中にお散歩などで身体を動かすことも食育に繋がっているのです。

さらに、遠足などで農業体験に行ったり、園で野菜を育てて収穫したり、当たり前のようですが、日々作られている給食も安全を第一に、栄養や見た目の美味しさにもこだわった食育を意識した取り組みが行われています。節分やクリスマスなどのイベント時には、季節にあった食材やメニューが提供され、日本の伝統や旬を感じることもできます。気になっている園やすでに通っている園ではどんな取り組みがされているのか調べてみると、「これも食育に繋がっているんだ! 」という発見があるかもしれません。

関連記事

保育園と幼稚園の給食はどう違うの?お弁当との違い、メリット・デメリットも紹介!

家庭でもできる食育活動ってどんなものがあるの?

家庭でもできる食育活動ってどんなものがあるの?
幼稚園や保育園だけでなく、家庭で一緒に過ごすパパママが、子供に食育を学ばせてあげることができると良いですよね。実際に家庭でもできる食育活動をご紹介します。

家庭でもできる食育活動:一緒に買い物に行く

普段の買い物に子供と一緒に行ってみましょう。スーパーや八百屋さん、お魚やさんなどに行き、その季節に並ぶ旬の野菜や果物について話してみたり、今日の晩ごはんがどんな食材からできているのか、いつも食べる食材がどこの産地のものなのかなどを伝えてみると、実際に食べる時にも感じることが変わってくるかもしれません。

家庭でもできる食育活動:一緒に料理をする

本当に簡単なことからで良いので、例えば大好きなパンケーキを焼く前に材料を混ぜてもらったり、ハンバーグを自分の好きな形に丸めてもらったり、お手伝いをしてもらいながら料理をしてみましょう。料理ができるまでの工程を知り、料理を楽しむことで、いつも残してしまいがちな食事も食べてくれるかもしれません。

家庭でもできる食育活動:野菜などを育てる

夏休みの自由研究などでミニトマトなどを育てたことのあるパパママも多いのではないでしょうか。普段良く食卓にでてくる野菜などを自分で育て、観察したり一緒に収穫して食べることで、食材を大切に食べることができるようになります。

家庭でもできる食育活動:家族揃って食事を楽しむ

一見普通のことですが、なかなかできていないご家庭が多いのではないでしょうか。テレビを消し、携帯やスマートフォンなども扱わずに、家族揃って「いただきます」と「ごちそうさま」ができていますか? 食事のマナーもとても大切です。家族一人ひとりの今日の出来事を共有したりして、食事の時間が子供にとって楽しい時間になると良いですよね。

家庭でもできる食育活動:食に関する絵本を読む

野菜や果物など、料理に関する絵本をたくさん読んであげましょう。私は小さい頃女の子がお菓子作りをして友達に振る舞う本が大好きでした。お気に入りの絵本を子供と一緒に見つけてみましょう。絵本や図鑑が食に関する興味を持つキッカケになるかもしれません。

まとめ:食育は子供の健全な成長に繋がる

まとめ
幼稚園や保育園では、しっかりと目的を定めて食育活動がおこなわれているのがお分かりいただけたでしょうか? 食育に取り組むことは子供の健全な肉体的、精神的な成長に繋がります。食育と聞くとなんだか難しいことのように感じますが、家庭でも取り組めることはたくさんあります。まずは家庭でできることから始めてみてください。