七草粥は食べるだけじゃもったいない。子供に伝えたい雑学集

七草粥とは?

七草粥とは

無病息災を願って食べるおかゆです

その名の通り7種の若菜を入れたお粥をお正月の1月7日に食べる行事です。新年の無病息災を願う縁起ごとであるとともに、冬の野菜不足を補い、お正月で疲れた胃腸を労るという知恵でもあります。日本古来の新年行事として、新芽の生命力にあやかる「若草摘み」や、1月15日に7種の穀物で炊く「七種粥」がありました。それらに古代中国の七種菜羹=7種類の野菜の汁物を食べて邪気を払う風習が結びつき、現在の七草粥の形になったとされます。

関連記事

子供が野菜などの食べ物を嫌うのはなぜ? 好き嫌いを減らすには? 保育士がアドバイス!

七草粥を食べる日

七草粥を食べる日

毎年1月7日です

七草粥を食べる1月7日は、端午の節句や七夕と並ぶ五節句のひとつ、「人日(じんじつ)の節句」です。お正月行事のひとつとして根付いてきました。

子供にどうやって七草粥を説明する?

子供にどうやって説明する?
「これは何? 」「なぜ食べるの? 」と聞かれたら、七草粥に込める願いや知恵を伝えたいですね。年齢や関心に応じて、例えばこのような伝え方はどうでしょうか。

  • 「春はいろいろなお花や草が芽を出すでしょう。そんなお花や草のパワーをもらって、1年元気で過ごせますようにというおまじないのお粥だよ。」
  • 「食べた物で身体を作ったり動かすためには、お腹の『胃腸くん』が働くんだ。お正月はご馳走いっぱいで胃腸くんが疲れてしまうよね。柔らかいお粥とお野菜なら胃腸くんのお仕事が楽だから、七草粥を食べて休ませてあげよう。」
  • 「野菜には大事な栄養があって、食べないと病気になったりするのを知っているよね。昔、冬は野菜があまり採れないから、お正月に生えたての小さな野菜の葉っぱを摘んで、健康でいられるようにお祈りして食べたんだ。もっと昔の中国でも、お正月に7種類の野菜を食べて悪いことを追い払ったんだって。そのふたつが合体して七草粥になったんだよ。ずーっと昔から続いてきたなんてすごいね! 」
  • 七草の種類と子供に伝えたい雑学

    七草の種類と子供に伝えたい雑学
    七草に定められた草花についてもう少し詳しく見てみましょう。ひとつひとつの若菜に縁起が込められています。

    春の七草

    「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」。五七五七七のフレーズを口ずさめる方は多いでしょう。春の七草の定義は、室町時代の書物に言及が見られるものの、正確な経緯は明らかでなく、歌の形で伝わり定着したものです。

    七草の種類

    表記や別名はさまざまですが、広辞苑には芹・薺・御形・繁縷・仏座・菘・蘿蔔という字で記載されています。

    せり

    香り高く、ビタミンや鉄分が豊富で身体を温める作用もあり、冬に嬉しい食材です。その名は「競り勝つ」から来ていると言われます。

    なずな

    道端でもよく見る白い野の花です。可愛らしいハートの実を下に引いて茎にたくさん垂れ下がらせてから、全体をでんでん太鼓のように振ると、「ペンペン草」の別名通り小気味よい音が鳴ります。なでて穢れを払うという意味を持ちます。

    ごぎょう

    仏様のからだを意味します。別名をハハコグサといい、葉と茎が白い産毛に覆われた優しげな植物です。昔は草餅の材料に使われました。

    はこべら

    別名はハコベ。生命力が強い野草で、繁栄を願う意があります。鳥が好んで食べ、西洋では小鳥たちが集まる様子から“ランデブー(待ち合わせ)”という花言葉があります。

    ほとけのざ

    仏様の台座のような葉にピンクの可愛い花が咲くホトケノザ。ただし、春の七草における「ほとけのざ」はまったく別のコオニタビラコというキク科植物です。越冬期に地面に張り付くように広がる葉の姿をこちらも仏様の蓮座に見立て、その縁起のよい名が付きました。

    すずな

    「鈴菜」とも書き、神様を呼ぶための鈴という説があります。ちょうど冬に旬の甘い時期を迎える、野菜のカブのことです。

    すずしろ

    こちらも身近な野菜、ダイコンです。「清白」とも書き、穢れのなさを表します。

    秋の七草

    七草は秋にもあり、万葉集にある山上憶良の和歌「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花(おみなえし) また藤袴 朝貌(あさがお)の花」が由来とされます。尾花はススキ、朝貌はキキョウを指すというのが定説です。七草粥のように食の形で取り入れる春の七草とは異なり、秋の七草は観賞を楽しむもので、食べることはありません。秋の七草粥はない、と覚えておいてください。

    七草粥にちなんだ遊び

    七草粥にちなんだ遊び
    七草粥の由来や意味について、親子で楽しく学べたでしょうか。より気軽に、遊びを通して七草に親しむこともできますよ。

    「せり・なずな…」で始まるフレーズを暗唱してみましょう。リズムよく楽しく覚えられますよ。また、七草粥の正式な作り方では、囃しながら七草を叩いて潰します。その歌が「七草ばやし」「七草なずな」などの名で各地に伝わっています。知っているものがあればぜひ子供に教えてあげてください。

    絵本

    絵本なら楽しみながら学べますね。七草粥の説明から、七草を探し作って食べるまで、親しみやすく描かれています。

    おばあちゃんのななくさがゆ

    おばあちゃんのななくさがゆ

    参考価格:1,404円(税込)
    楽天で見る
    amazonで見る

    七草探し

    七草には身近に自生するものも多いです。目印となる花はお正月頃はまだ咲きませんが、葉だけで探してみるのも難易度が高く面白いですよ。花が咲く時期に「七草粥で食べた〇〇だよ」と振り返ると知識を体系化できてよいですね。

    お絵描き

    産毛が生えたごぎょう、たんぽぽに似たほとけのざ、お馴染みの野菜すずな・すずしろ…バリエーションに富む七草の姿を、刻む前に観察して絵に描いてみましょう。調理前の状態や作る過程を見ると興味も深まります。

    子供が喜ぶちょい足しレシピ

    さて、いよいよ食べる番です。七草粥はヘルシーだけに、味気ない・青菜の癖が気になるなど、子供は苦手ということも。ちょっとしたアレンジをご紹介します。

    好みに合わせて味に変化を

    基本の薄味だと食べにくい場合は、醤油や味噌仕立てなど好みの味付けを試してみましょう。

    食欲をそそるトッピング

    海苔・塩昆布・梅・なめ茸などいわゆる「ごはんのお供」を添えるだけでも食が進みます。お気に入りのふりかけがあれば強い味方になりますね。

    ご馳走感のある洋風アレンジ

    コンソメやトマト味にしたり、チーズを加えてリゾット風にすると、華やかになり青臭さもカバーできます。

    鉄板! 中華風

    これなら食べてくれた! と評判なのが中華粥風です。鶏がらスープにごま油をたらし、卵や鶏肉を加えます。薬味とも合い、大人も満足できるアレンジです。

    「これぞ七草」にこだわらない

    ちょい足しではなく、“ちょい引き”も。苦手な具材はこの際、省くのもありです。代わりに好きな野菜や穀物でオリジナル七草粥を子供と作るのも素敵な体験になりますね。

    伝え方次第で七草粥が楽しみに

    伝え方次第で七草粥が楽しみに
    七草粥について親子で話したり、食べやすいよう工夫したり。好奇心を刺激する働きかけで、きっと子供なりに意味を感じて興味をもってくれるはずです。今は理解しきれなくても、パパママのお話、七草の名前や香りなど、何かしら心に残っていくでしょう。

    まとめ

    改めて調べると奥が深い七草粥。込められた意味を子供も徐々に理解できるようになりますし、今年口に合わなかった食材が来年は平気かもしれません。行事の楽しみ方が成長とともに変わっていくのは子育ての醍醐味のひとつです。伝統行事と構えずに、子供と一緒に季節を味わってくださいね。

    はいチーズ!clip編集部

    はいチーズ!clip編集部

    はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!