ひな祭りの由来と初節句、行事食とひな人形の基本

ひな祭りとは

ひな祭りとは
桃の節句とも言われ、女の子のための行事と認識されています。健康で丈夫に育つようにと成長を祈念し、また良縁に恵まれるようにとの願いが込められた行事です。節句とは季節の境目を意味し、昔は季節の変わり目は邪気が入りやすいと言われていたため、さまざまなお祓いや祭りが行われるようになりました。その一つが、ひな祭りとして現代まで受け継がれています。

ひな祭りの由来

節句は、元々は中国から伝来した暦の文化です。かつてひな祭りは「上巳(じょうし)」と呼ばれる節句で、縁起の悪い日とされていました。邪気や災難に見舞われる日とされていたため、中国の風習に従って邪気払いをしていたと言われています。

日本では紙製の人形で体を撫で、厄を移し、身代わりとなったその人形を川に流すという厄払いの形が定着しました。この習わしを「流し雛」と言います。更に、上流階級の女子の間で流行した人形遊び「ひいな遊び」に用いられた人形も、この厄払いに使われたという説があります。また、その逆に「流し雛」で使う人形が年々立派になり「ひいな遊び」に使われるようになったという説もあり、これらが合わさって「ひな祭り」と言われるようになりました。

初節句とは

初節句とは
子供が生まれると、初節句を意識するようになる人は多いですが、初節句とは一体どういったものなのでしょうか。前述の通り、日本にはいくつかの節句があります。赤ちゃんが、生まれて初めてその節句を迎えるタイミングを初節句と呼びます。

女の子であれば、桃の節句を生まれて初めて迎えるときが初節句ですし、男の子であれば端午の節句を初めて迎えるときを初節句と呼びます。一般的に、初節句には家族で縁起物を扱った祝い膳を食べたり、親族を呼んで会食をしたりして、子供の成長を祝います。

初節句の服装、衣装

初節句の衣装
初節句ということは月齢もまだ低く、衣装選びも難しいですよね。しかしせっかくの記念すべき初節句に、少しでも雰囲気に合う衣装を着せたいと考えるパパママは多いものです。それでは初めてのひな祭りにおすすめの衣装をご紹介します。

ドレス

日本の文化ではありますが、和風の衣装にこだわらなくても、少しフォーマルな印象を持たせるだけで、グッと雰囲気が出ます。最近は着せやすい工夫が施されたベビードレスも多く販売されていますので、ドレスタイプを検討するのもおすすめです。

ロンパース

普段から着せ慣れているため、当日もトラブルが少なく安心の衣装と言えるでしょう。前開きタイプだとデザインが多少凝っていても着せやすいですし、ドレス風デザインのものもたくさん販売されています。最近では着物風ロンパースも豊富なため、雰囲気と着せやすさ、子供の動きやすさなど全てを満たすものにも出会えるでしょう。

ひな祭りに食べる行事食

ひな祭りに食べる行事食

ひな祭りに食べるおすすめ行事食:お寿司ケーキ

見た目のキャッチーさが抜群のアイディアレシピです。色どりが良く楽しい雰囲気を演出してくれますよ。大人にも子供にも人気の食材を使用しているのもおすすめポイントです。

関連リンク

お寿司ケーキのレシピ

3色おにぎらず☆ケーキ寿司

ちらし寿司よりも更にハードルの低い「おにぎらず」アレンジレシピです。育児で忙しい中でも作りやすいですよ。手軽ながらお祝いの雰囲気もしっかりあっておすすめです。

関連リンク

ケーキ寿司のレシピ

離乳食 ひな祭り☆カップ寿司風

子供が初節句のタイミングでも食べることのできる、離乳食仕様のひな祭りレシピです。離乳食であってもひな祭りの雰囲気を楽しむことができ、イベントの特別感もありますね。

関連リンク

レシピ

オムライスケーキ

和食系が一般的ですが、ちらし寿司などはまだ食べられない子もいますよね。子供の大好物オムライスをアレンジしたこちらなら、1歳前後からでも楽しく食べられますよ。

関連リンク

オムライスケーキのレシピ

ひな祭り☺3色蒸しケーキ

ひな祭りのお菓子といえば菱餅ですが、子供は食べられないことが多いですよね。離乳食後期や幼児食期から食べられる蒸しパンや蒸しケーキなら、手づかみ食べで一緒に楽しく食卓に参加できます。色合いは菱餅そのものなので、ムードも高めてくれますね。

関連リンク

3色蒸しケーキのレシピ

ひな祭りの飾りつけ

ひな祭りの飾りつけ
ひな祭りの飾り付けと言えば、ひな人形がメインですよね。最近は親王飾りと呼ばれる男女一対タイプのものが主流です。段飾りタイプも立派で見応えがあり、ひな祭りに飾るにはとても素敵ですが、形式にとらわれず、お部屋やライフスタイルに合ったひな人形を飾ることが大切です。また、ひな祭りにパーティをする家庭も多いですよね。ひな人形だけでも雰囲気は出るのですが、もう少し装飾にこだわりたいという方には、簡単に作れるガーランドやウォールステッカーでひな祭りらしさを演出するのが手軽でおすすめです。子供もより喜んでくれるでしょう。

ひな人形を飾る時期と片付ける時期

ひな人形を飾る時期と片付ける時期
飾る期間にはさまざまな説があり、必ずこうでなければならないという決まりはありませんが、一般的には2月初旬の立春を過ぎたら出すのが良いとされています。中でも雨水と呼ばれる日に飾るか、大安の日に飾ると尚縁起が良いとされています。長く鑑賞を楽しむためにもひな祭りの1週間前までには飾るのが理想です。

片付ける時期に関しては「終わったらすぐに片付けないとお嫁に行けない」という言い伝えもありますね。ですがこれは、時期を指定するための教えと言うよりは、片付けのできない子は良い奥さんになれないよという教訓が込められているものなのです。そのため、必ずしも「翌日には片付けるべき」というわけではありません。家や地域の習慣を重んじて片付けの日を設定することも大切です。一般的には、3月中旬頃までにひな人形を片付けるのが良いとされています

ひな人形と一緒に写真撮影

ひな人形と一緒に写真撮影
せっかくのひな祭りには、ひな人形と一緒に記念撮影をすることをおすすめします。写真の雰囲気もランクアップしますし、ひな人形と一緒に撮ることで子供の成長が一目で分かるというメリットがあります。毎年同じ対象と撮ることで、比較が楽しい写真に仕上がりますよ。

まとめ


ひな祭りのルーツや料理や衣装などについてお伝えしましたが、詳しく知るとますます楽しみに感じられるイベントですよね。初節句を素敵な思い出にできるよう、また毎年のひな祭りを親子ともに楽しめるよう、上手に工夫して迎えたいものですね。