【2020年最新】妊娠中に使いたいアプリはこれ! 体重や週数、スケジュール管理ができるのはどのアプリ?

妊娠中にアプリを使うメリット


妊娠中は、体調や体重など身体に関する管理、健診・母親学級などのスケジュール管理など、さまざまな情報を管理する必要があります。これらを管理する時に手書きなどで行うと必要な情報がバラバラになってしまったり、途中で面倒になって辞めてしまったりする可能性があります。そこで、アプリを使うととても便利になります。どのようなメリットがあるのかを具体的に紹介していきます。

情報管理がしやすい

妊娠中は定期的に健診に行く必要があるため、ママと赤ちゃんの身体の情報を管理しておくとちょっとした変化にも気づきやすいです。そんなときにスマホアプリがあれば、簡単かつしっかりとデータの管理をしてくれるため安心できるでしょう。

バックアップから復元できる

間違ってアプリを消してしまっても、アプリ内でアカウントを作成しておくと、再インストールしてログインすればデータが復元されるアプリもあります。ちゃんとバックアップされているというのは嬉しいですね。

見直しやすい

妊娠期間は約10ヶ月と長い期間ですので、アプリに記録しておくと簡単に見直すことができます。また、現在の状況と過去のデータを見比べてどのような変化があったのかを簡単に見ることができるアプリもあります。

以上のメリットがありますので、妊娠の経過の記録はバックアップもしっかりできて管理も簡単にできるアプリをおすすめします。ダウンロードは無料でも課金する必要があるアプリも中にはあるので、いくつか試してみて自分に合うものを選びましょう。

母親学級・両親学級って何? いつ行くの? 目的・服装・持ち物は?
母親学級・両親学級って何? いつ行くの? 目的・服装・持ち物は?
妊娠中のママなら誰もが聞いたことのある「母親学級」「両親学級」。どこで開催されて、どんなことをするのか、そもそも行くべきなのか…母親学級・両親学級への参加に不安があるママたちの疑問を解決します! 実際に参加したママの体験談も紹介するので参考にしてくださいね。
出産予定日の計算は簡単! 出産予定日を過ぎたら? 出産までにやることは?
出産予定日の計算は簡単! 出産予定日を過ぎたら? 出産までにやることは?
出産予定日は最終月経日がわかれば自分で計算することができます。月経周期が何日かも日頃から把握しておくとより正確に計算できますよ。計算方法や妊娠中の過ごし方、出産予定日を過ぎた時はどうなるか…などについて紹介します。

カテゴリ別! 妊娠中に使えるアプリ


それぞれのカテゴリ別に妊娠中使えるアプリについて紹介していきます。

妊娠中に使えるアプリ:スケジュール管理

妊婦健診の間隔は妊娠週数によって違います。初期の頃は4週間に1度だったのが中期になると月に2度、後期になると週に1度になるなどバラバラですので、「次は何日の何時だっけ?」とうっかり忘れてしまうことがあります。また、健診以外でも母子教室の予定なども入ってきて忙しくなりますので、アプリでそれらのスケジュール管理ができると嬉しいですよね。

妊娠中に使えるアプリ:体調管理

妊娠中、とても重要になってくるのは「体重の増加」です。毎回の健診時に体重測定が行われ、増えすぎていたり、減っていたりすると主治医より注意を受ける場合もあります。体調管理アプリは毎日体重計に乗って記録することで自分の体重について見える化でき、調整することができます

産褥ショーツはいつから必要?準備するタイミングや正しい使い方までを解説
産褥ショーツはいつから必要?準備するタイミングや正しい使い方までを解説
産褥ショーツは出産前後の出血や悪露の手当てに使います。しかし「準備のタイミングは?」「必要枚数はどのくらい」と初めてのママは悩んでしまいますよね。産褥ショーツの正しい使い方から普通のショーツとの違い、必要枚数までを解説します。

妊娠中に使えるアプリ:情報提供・SNS

出産して児童館や支援センターなどに行くと、ママ友ができて育児に必要な情報の交換ができたりしますが、妊娠中はまだ繋がりも少なくどのように情報を手に入れたらいいのかわからない場合があります。そんなときに情報提供・SNSアプリを使うことで自分に必要だと思う情報を手に入れることができます

スケジュール管理アプリ


具体的に妊娠中に使える「スケジュール管理」のアプリはどのようなものがあるのでしょうか? 紹介していきます。

トツキトオカ:夫婦で共有できる『妊娠記録・日記』アプリ

トツキトオカは主に出産予定日、健診のスケジュール管理ができるスケジュール管理アプリです。このアプリの大きなメリットは夫の携帯にもダウンロードして、情報を共有することができるというところ。夫婦でスケジュール管理をすることで忘れることがなくなり、スムーズに妊娠期間を過ごすことができます。デメリットはあくまで「記録」がメインのアプリのため、妊娠中の悩み解決や情報収集には適していないというところが挙げられます。

※アプリ内、有料のコンテンツがあります。

トツキトオカ:夫婦で共有できる『妊娠記録・日記』アプリ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料iOSユニバーサル
Screenshots
Androidアプリはこちら

妊娠 出産 アプリ & 出産予定日カレンダー・陣痛タイマー

妊娠 出産 アプリ & 出産予定日カレンダー・陣痛タイマーは、健診などのスケジュール管理ができるだけでなく、妊娠周期に合わせてどのように日常を過ごせばよいかなどを教えてくれます。また、出産間際になるとどこまで出産準備ができているかどうかをチェックできる機能もあります。デメリットは、多くの機能がありすぎて最初はどのように使えば良いかわからない可能性があります。そのため、まずは最終月経日などを入力し自分の赤ちゃんの大きさをチェックしてみるところから始めていきましょう。そのチェックに慣れた後に陣痛タイマーの仕組みなどほかの機能がどのようなものかをチェックしましょう。

※アプリ内、有料のコンテンツがあります。

妊娠出産アプリ:赤ちゃん成長・陣痛カウンター・マタニティヨガ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料iOSユニバーサル
Screenshots
Androidアプリはこちら
おすすめの陣痛アプリ7選! 陣痛アプリの選び方やパパと共有できるアプリも紹介
おすすめの陣痛アプリ7選! 陣痛アプリの選び方やパパと共有できるアプリも紹介
出産予定日が近づくと「陣痛はいつ始まるんだろう?」とドキドキしますよね。陣痛アプリなら陣痛の間隔が測れるので、前駆陣痛との違いがわかったり、病院に行くタイミングがわかります。いつ陣痛がきても慌てないように、事前に陣痛アプリをダウンロードしておきましょう。

赤ちゃん&ママのための妊娠・出産アプリ ベビーカレンダー

ベビーカレンダーは、妊娠の週数や健診などのスケジュール管理が可能なアプリで毎日未だ胎児である赤ちゃんのイラストが変わるため赤ちゃんの成長が感じられて安心できます。また、助産師に不安なことや聞きたいことを相談することができることが大きなメリットです。機能は多く種類があるわけではありませんのでスケジュール管理以外にしたいことがあるママには向いていません。

ベビーカレンダー - 妊娠・出産アプリ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料iOSユニバーサル
Screenshots
Androidアプリはこちら

体調管理アプリ


次に具体的に妊娠中に使える「体調管理」のアプリはどのようなものがあるのかを紹介していきます。

妊娠週数 – 出産予定日や最終月経日から妊娠週数計算

妊娠週数は、出産予定日もしくは最終月経日を入力すると現在の妊娠週数を計算してくれます。計画的におこなう予定帝王切開で出産される方は日付を設定することも可能。メイン画面のママのイラストをタップすると赤ちゃんの身長・体重・いちご何個分などの情報を確認できたり、メモ機能に健診の日を登録しておくこともできます。シンプルなアプリですので妊娠週数のみ確認したいママにおすすめです。

妊娠週数 - 出産予定日や最終月経日から妊娠週数計算
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料iOSユニバーサル
Screenshots
Androidアプリはこちら

夫婦で使えるまいたま

まいたまは、パパママどちらも使えるアプリです。ママだけではなくパパ向けのメッセージをもらえます。機能としては、妊娠週数に合わせて赤ちゃんの大きさがわかることはもちろん、ママの体調について医師専門家監修のQ&Aで悩みを解決することができたり、妊娠中に食べるのを避けてほしい食材を確認できたりするなどの機能もついています。デメリットとして、陣痛タイマーの機能がついていないので陣痛が始まる前に他のタイマーアプリをインストールする必要があります。

まいにちのたまひよ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料iOSユニバーサル
Screenshots
Androidアプリはこちら

ルナルナ ベビー:妊娠したママを妊娠中から出産までサポート

ルナルナベビーは、胎児の成長の様子を知らせてくれる、母体の体重変化・健診予定の記録管理ができるなどのサービス『ルナルナ 妊娠ノート』があります。ルナルナ妊娠ノートの中で大きな特徴は、ママ同士で悩み相談ができる機能があること。妊娠中、ママ同士で悩みをシェアしお互いに解決し合うことで心強さもありますし、一緒に出産へ向けて支え合っていけることは大きなメリットです。筆者も妊娠中にこちらのアプリを使用しており、夜にお腹が張って不安だった時もアプリでママ友に相談して経験に基づく対処法を教えてもらうなど、とても助かりました。

ルナルナ ベビー
メディカル無料
Screenshots
Androidアプリはこちら

情報提供・SNSアプリ


最後に、妊娠中に使える「情報提供・SNS」のアプリはどのようなものがあるのかをご紹介。

妊娠・出産アプリ Babyプラス

妊娠・出産アプリ Babyプラスは日本産科婦人科学会監修でお医者さんが作ったアプリです。アプリをインストールして出産予定日を登録すれば、妊娠週数に合わせた毎日の赤ちゃんの様子や成長を確認できます。アプリ内では、体重管理、アルバム、胎動カウンター、陣痛カウンターなどの機能も付いており便利です。また妊娠したら知っておきたい、妊娠出産に伴うお金の手続きや妊娠中に食べていいもの悪いものリストなど、いたれり尽くせりですね。ママだけでなく、パパやおじいちゃんおばあちゃんにも共有できます。

Androidアプリはこちら

ninaru 妊娠〜出産までサポートする妊婦さん向けアプリ

ninaruは、妊娠中に欲しい情報がたくさん掲載されているアプリです。悩み別に記事が書かれており、キーワードを打ち込むとそれにあった記事を読むことができます。1つのキーワードでもたくさんの記事がヒットするため、より多くの情報を手に入れることができるのです。赤ちゃんの状態を教えてくれるので毎日アプリを見るのが楽しみになりますよ。体重の記録ができないのがデメリットではありますが、妊娠中の情報をたくさん知りたい方におすすめです。

ninaru - 妊娠したら、妊婦さんのための妊娠アプリ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料iOSユニバーサル
Screenshots
Androidアプリはこちら

妊娠+

妊娠+の特徴は他のアプリとは違って、赤ちゃんが「3D」で写っているところです。本物のように見える赤ちゃんを見ることで妊娠、出産をよりリアルに感じます。そして、このアプリは多様な機能が備わっており、中でも妊娠週数にあった体調管理方法などリアルタイムで情報を手に入れることができます。シンプルに使いこなしたいママからしたら多くの機能がありすぎて使いこなし辛い可能性があります。まずはトップページにある毎日のコラムを読んでみるところから始めましょう。

※アプリ内、有料コンテンツがあります。

妊娠 +
妊娠 +
Price: Free
  • 妊娠 + Screenshot
  • 妊娠 + Screenshot
  • 妊娠 + Screenshot
  • 妊娠 + Screenshot
  • 妊娠 + Screenshot

妊娠・Sprout

妊娠Sproutと、リアルな赤ちゃんイラストが出てきます。出産まで見ることができない赤ちゃんですが、リアルな成長過程をイメージとして見れるのは嬉しいですよね。パパは、赤ちゃんの成長にあまり実感が湧かないこともあると思うのでリアルな赤ちゃんイラストはパパにとっても実感がわき、夫婦で赤ちゃんの成長が共有できそうです。そして産婦人科医が書いた信頼のできる情報が書いてあります。こちらのアプリも多くの機能が備わっているため、シンプルに使いこなしたいママは使いこなし辛い可能性がありめす。

※アプリ内、有料のコンテンツがあります。

妊娠アプリ簡易版 • Sprout
ヘルスケア/フィットネス, メディカル無料iOSユニバーサル
Screenshots
Androidアプリはこちら

まとめ


妊娠中は体調の変化など不安になりがちな期間です。近くに相談できる人がいないときアプリで情報を集めることは大切です。アプリで週数の経過がわかっていると健診のときに主治医に質問することが明確になります。アプリを存分に使いこなして快適な妊婦生活を送りましょう。

赤ちゃんの名前に悩んでいるママへ 名付けにおすすめの名前辞典や名付け本を紹介
赤ちゃんの名前に悩んでいるママへ 名付けにおすすめの名前辞典や名付け本を紹介
お腹が徐々に大きくなってきて動くのも大変な妊婦生活ですが、産まれてくる赤ちゃんの名前を考える楽しみもありますよね。赤ちゃんの名前に悩んでいる方は、名前辞典や名付け本を参考にするといいでしょう。今回はおすすめの本を紹介します!
出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産費用は平均で50万円程度かかるといわれています。そこから補助金を引いた金額が自己負担額です。出産総額は地域や病院ごとに異なり、また出産にはそれ以外にも多くの費用がかかります。出産に「かかる費用」「もらえるお金」を解説します。
出産育児一時金とは? 対象条件や金額、申請方法は?
出産育児一時金とは? 対象条件や金額、申請方法は?
出産費用は分娩費、入院費などを合わせると数十万円かかり、経済的な負担を心配するパパママも多いですよね。出産育児一時金は出産費用を大きく賄ってくれるので、もらえると安心です。出産育児一時金は、いつ、いくらもらえるのでしょうか。出産育児一時金の手続き方法についてもご紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!