出産をサポートしてくれるおすすめの陣痛アプリ7選! 選び方や共有できるアプリも紹介

陣痛アプリって何?

陣痛アプリって何?
出産が近づくとお腹に重い痛みが間隔を置いてやってきます。いよいよ赤ちゃんが出てくる段階になると不規則だった痛みが短い周期で定期的にやってきて、段々と間隔が短くなります。間隔が短くなると本陣痛の可能性が高く病院に向かう事になるのですが、この間隔の時間をカウントし保存できるアプリが「陣痛アプリ」です。病院に着くと妊婦さんの状態を確認したり、出産までの時間を予測したりするために陣痛の間隔を聞かれる事があります。そんな時に簡単操作で結果を分かりやすく表示できる「陣痛アプリ」は、妊婦さんの間で「すごい助かった!」と評判になっています。陣痛中のつらい時に正確に先生に伝える事ができるか不安ですよね。そんな悩みを解決してくれる、これからの妊婦さんに必須のアプリなのですよ。

妊娠中に使いたいアプリはこれ! 体重や週数、スケジュール管理ができるのはどのアプリ?
妊娠中に使いたいアプリはこれ! 体重や週数、スケジュール管理ができるのはどのアプリ?
妊娠するとママと赤ちゃんの体重や週数の経過、妊婦健診のスケジュールなど気になることが次々と出てきますね。いちいちメモをしていられないほど情報があふれてしまいます。そこで便利なのがスマホで簡単に使えるアプリです。今回は妊娠中に使える便利なアプリを紹介していきます。

陣痛アプリの選び方は?

陣痛アプリの選び方は?
このアプリを使う時は、陣痛の痛みを感じている時。徐々に痛みもひどくなるので操作が簡潔でストレス無く記録できるものを選びましょう。

タップするだけで簡単計測

記録するのは痛みの始まりと次の始まりの間隔時間です。痛みが始まった! と思ったらタップ、おさまったらタップ。この操作を繰り返すのみで記録できるアプリがほとんどです。ボタンの配置やデザインが使いやすそうなものがよいですね。

表示方法を確認する

どのアプリもスタート、ストップボタンがあり、計ったデータが表やグラフで表示されます。デザインや色などそれぞれ個性があるので、自分が見やすく操作しやすい配置やデザインのアプリを選ぶようにしましょう。苦しい時に楽に操作ができるような、文字や数字が大きめでシンプルなデザインがおすすめです

記録を共有できる

家族で共有できる機能も必須です。どの陣痛アプリも数名との情報共有が可能です。特にパパが仕事をしていても、ママがタップするだけでパパに痛みの感覚を知らせる事ができるので安心できますよね。出産時に自分の母親やお義母さんなど一緒に行ける人がいれば、ぜひ共有しておきましょう

緊急連絡先が登録できる

緊急連絡先が登録できる
必要な連絡先を登録しておけば、このアプリからワンタップで電話できる機能があります。こちらも基本的に標準装備で、簡単設定、操作で登録できますよ。

起動時間や広告表示も確認する

アプリを立ち上げるのに少し時間がかかるものもあります。数分かかることはありませんが、数秒待たなければならないアプリもあるので、痛みに耐えている時に待てるかどうかがポイントです。また、無料のアプリでは広告がいきなり表示されることもあります。広告の表示が多すぎると、陣痛時にはストレスになりますよね。本格的に利用する前にいくつかインストールして実際に操作し、どの程度なのか確認するといいでしょう。

出産予定日が近づいたらダウンロードしよう! おすすめの陣痛アプリ7選

おすすめの陣痛アプリ7選
実際に利用したママの評判が良かったアプリをご紹介します。

陣痛きたかも -今スグ使える陣痛計測アプリ-

陣痛きたかも -今スグ使える陣痛計測アプリ-
ヘルスケア/フィットネス, ユーティリティ無料iOSユニバーサル
Screenshots
Androidアプリはこちら

かわいい丁寧な説明でボタン操作がしやすい人気の陣痛アプリです。同じ画面に緊急連絡先へ電話できるボタンがあるのでいざという時、簡単に連絡できて安心ですね。そして出産時にはそれぞれのママにすてきなメッセージが! 分かりやすい記録表示は出産後も振り返りがしやすく、このアプリを長く利用するママが急増中です。

陣痛時計

陣痛時計
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料
Screenshots

「シンプル画面で持続時間と間隔が分かりやすく目が疲れない」「ボタンの位置を下にでき押すのが簡単」「計測中に他のアプリを使用できる」など評価が高いポイントがたくさん。計測したデータはメールで送信できたり印刷できたりします。パパや担当医に見せる時に便利な機能です。

陣痛・胎動カウンター/簡単に陣痛をカウントできるアプリ

陣痛・胎動カウンター/簡単に陣痛をカウントできるアプリ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料
Screenshots

胎動から出産まで長く楽しめるアプリです。シンプルながらかわいいデザインが飽きずに使い続けられる秘密。緊急連絡先に記録データをすぐに表示できたり電話できたりと、見やすくきめ細かな機能が嬉しいですね。

陣痛ナビ ~助産師のアドバイスで赤ちゃんの健康管理

陣痛ナビ ~助産師のアドバイスで赤ちゃんの健康管理
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料
Screenshots
Androidアプリはこちら

画面中央に大きなボタン一つで操作が簡単です。陣痛記録の他、出産までのカウントダウンと日々の母子の状態が分かる情報が読めたり、アプリ経由で安産御守を買えたりとサブ機能が充実して出産を楽しみに過ごせるようになっています。

胎動〜陣痛時計

胎動〜陣痛時計
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料iOSユニバーサル
Screenshots
Androidアプリはこちら

やさしい絵と色合いの時間表示で口コミでも評価の良い陣痛アプリです。胎動カウンターもあるので長く利用できます。シンプルで使いやすく計測結果は自動保存し、病院で先生や助産師さんに見せる時も確認しやすい表示が高評価のアプリです。

たまひよの胎動・陣痛カウンター【たまカウンタ】

たまひよの胎動・陣痛カウンター【たまカウンタ】
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料
Screenshots
Androidアプリはこちら

こちらの陣痛アプリも胎動の時から使用できます。ボタンが大きくタップのしやすさがポイント。おなじみたまひよのキャラクターとかわいいデザインで痛みがある時も癒されるでしょう。痛みの時間計測中は、キャラクターのたまちゃんが一緒にカウントしてくれるので、ますます赤ちゃんの成長が楽しみになってしまいますよ。

陣痛メモ

陣痛メモ
陣痛メモ
Developer: N.APP
Price: Free
  • 陣痛メモ Screenshot
  • 陣痛メモ Screenshot
  • 陣痛メモ Screenshot
  • 陣痛メモ Screenshot
  • 陣痛メモ Screenshot
  • 陣痛メモ Screenshot

やさしい色合いで見やすい画面デザインです。1ページに必要な表やボタンが分かりやすく配置され使いやすさが評価されています。備考にメモ書きができるなど編集機能が充実しているのが特徴です。

おすすめ陣痛アプリ一覧

アプリ名 月額利用料 記録方法 おすすめポイント
陣痛きたかも 無料 痛みを感じたら「陣痛きたかも」ボタンを押し、落ち着いたら「おさまったかも」ボタンを押す ・見やすいデザインの画面
・データ一覧を簡単共有
・緊急連絡先を登録、電話ボタン一つで発信できる
陣痛時計 無料 痛みを感じたら画面下のボタンを押す ・シンプル画面
・ボタンの位置が下
・計測中に他のアプリを開く事ができる
陣痛・胎動カウンター 無料 痛みを感じたら画面にあるボタンを押す ・かわいいシンプルな画面
・病院へいく陣痛間隔になったら自動で緊急連絡先が表示される
陣痛ナビ 無料 痛みを感じたら画面中央の大きいボタンを押す ・大きなボタン
・出産までのカウントダウンなどオプション機能が豊富
胎動〜陣痛時計 無料 痛みを感じたら下の大きなボタンを押す ・かわいいデザイン
・簡単操作
・メイン画面に10件の履歴を表示
たまひよの胎動・陣痛カウンター 無料 大きなたまごのボタンを押す ・なじみのキャラクターが一緒にカウントする
・リラックスミュージック内臓
陣痛メモ 無料 「痛くなったら押してください」ボタン、「痛みがひいたら押してください」ボタンを押す ・メイン画面に必要な機能と項目が見やすく配置
・平均値や最大、最小を確認できる

実際に陣痛アプリを利用したママの声を紹介

実際に陣痛アプリを利用したママの声を紹介
どのような機能をどのように便利に感じたのか、これから利用するママの参考になる感想をピックアップしました。

いくつかの無料陣痛アプリをダウンロード

いろいろ操作して最終的にその中から自分に合ったアプリを一つ選びました。それはボタンを下に設定できた「陣痛時計」です。そこまでかわいさは重視せず、必要な機能がそろっているかで決めました。旦那さんにも共有してもらい、臨月の時は二人であたふたしたのが良い思い出です。

気晴らしに使っていた陣痛アプリが出産直前に大活躍

前駆陣痛から時々使ってはただ機能を楽しんでいただけでしたが、出産の2、3日前から痛みが重く骨がきしむ感じがしたので急遽しっかり使ってみました。痛くなったらポチ、治まったらポチ。感覚で操作ができる簡単仕様なのが良かったです。産院に着いた時は話すのが億劫になっていたのでアプリの表をとりあえず見せました。これがあって本当に助かったです…。

「陣痛きたかも」という陣痛アプリを使っています

前回からの間隔と継続時間が分かりやすい表で残っていくので便利です。ちなみに「おさまったかもボタン」は押さなくても、陣痛の間隔だけは計測してくれるみたい。カウンターを見ながら痛みに耐えていたので少しだけ気がまぎれたかな。

心の支えに必要でした

助産師さんにとりあげてもらったのですが、「妊婦さんの様子を見ていればお産の進行状況は把握できるので「陣痛アプリ」は助産師としては必要無いです。でも特に初産の妊婦さんには目に見えて進み具合が確認できて心の準備もできるので、お使いになっても良いですよ。」と言われました。実際、陣痛アプリの計測結果を報告した事もあったので、使って良かったなと思っています。

まとめ

まとめ
無料の陣痛アプリはそれほど多くはないので、気になったアプリをいくつかダウンロードし実際に操作する事をおすすめします。基本的機能はほぼ同じですが、使い勝手はそれぞれのアプリで異なるからです。痛みが徐々に強くなりいよいよ出産という時まで一緒に頑張ってくれる陣痛アプリ。頑張った記録が残っているので、思い出を見る感覚で何年たってもこのアプリを開くことがあるかもしれませんね

出産予定日までママはどう過ごしたらいい? 1ヶ月前から出産予定日までの妊婦の過ごし方
出産予定日までママはどう過ごしたらいい? 1ヶ月前から出産予定日までの妊婦の過ごし方
臨月になると赤ちゃんの出産まであと少し。いよいよカウントダウンに入りますが、不安に思うことも増えてくるのではないでしょうか? そこで、出産予定日までを細かく分け、ママの過ごし方について具体的に紹介したいと思います。
パパが出産に立ち会う割合ってどのくらい? 必要な準備と、立ち会い出産する派、しない派の意見まとめ
パパが出産に立ち会う割合ってどのくらい? 必要な準備と、立ち会い出産する派、しない派の意見まとめ
細菌、パパが立ち会い出産する家庭が増えている印象ですが、どのぐらいの割合で立ち会い出産が行われているのでしょうか。パパが出産に立ち会う場合にはどんな流れでどんな準備が必要なのか、立ち会い出産をしない派の意見もご紹介します。
出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産費用は平均で50万円程度かかるといわれています。そこから補助金を引いた金額が自己負担額です。出産総額は地域や病院ごとに異なり、また出産にはそれ以外にも多くの費用がかかります。出産に「かかる費用」「もらえるお金」を解説します。
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
妊娠後期に入ると、徐々に赤ちゃんを迎える準備を始めていくものですが、新生児にとって必要なベビー用品は一体どれくらいあるのでしょうか。一度に揃えすぎて使わないのはもったいないですよね。そこで、新生児のお世話に本当に必要なベビー用品とあったら便利なものをそれぞれご紹介します。
どのスマホ決済、QRコード決済が子育て中のパパママにおすすめ? 使える場所が多くてお得なのは?
どのスマホ決済、QRコード決済が子育て中のパパママにおすすめ? 使える場所が多くてお得なのは?
最近何かと話題にあがるスマホ決済(QRコード決済)が気になっているパパママも多いのではないでしょうか? 子供と一緒に買い物をしていると、レジで財布を出して現金を払うのも一苦労。そんな時にぴったりなスマホ決済について解説します!

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!