新生児の赤ちゃんに枕は必要? 絶壁や吐き戻し防止におすすめの枕、タオル枕の作り方などを紹介

目次

赤ちゃんに枕は必要?

赤ちゃんに枕は必要?
赤ちゃんに枕が必要かどうか、パパママは一度は考えたことがあるのではないでしょうか。赤ちゃんに枕は必要かを見ていきましょう。

基本的に赤ちゃんに枕は必要ない

基本的に赤ちゃんに枕は必要ない
大人の感覚だと枕がないと快適に眠れないと思いがちですが、0歳~1歳頃の赤ちゃんに快眠の為の枕は必要ありません。

赤ちゃんと大人では身体の作りが異なるので枕の必要性が異なります。生まれたばかりの赤ちゃんは脊柱(せきちゅう)と呼ばれる背骨がC字にカーブしているので、枕があることによってC字にカーブしている背骨が伸びて、逆に負担をかけてしまうことがあります。保育園のお昼寝でも、赤ちゃんに枕を使用している所はまれです。大人は、成長するにつれて頭が重くなり、背骨がS字カーブになります。大人の場合、背骨のS字カーブをある程度保って寝ることが楽だと感じるため、枕が活躍するのです。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 特徴や発達について

頭の形、寝ハゲ、吐き戻しなどが気になる場合は枕を使用する場合もある

頭の形、寝ハゲ、吐き戻しなどが気になる場合は枕を使用する場合もある
赤ちゃん用の枕には、頭の形、向き癖、寝ハゲ、吐き戻しを対策するための枕があります。赤ちゃん用の枕は、0歳~1歳頃の赤ちゃんに使用することができますが、赤ちゃんに枕を使用する場合は窒息などのリスクも伴いますので、注意して使用しましょう。

赤ちゃん用の枕にはどんな種類があるの?

赤ちゃん用の枕にはどんな種類があるの?
赤ちゃんの枕の用途に分けて、2種類の枕を紹介します。

頭の形の歪みや絶壁、向き癖、寝ハゲを防止する「ドーナツ枕」

頭の形の歪みや絶壁、向き癖、寝ハゲを防止する「ドーナツ枕」
新生児からある悩みとして頭の形、向き癖、寝ハゲがあります。赤ちゃんの頭はやわらかいので、赤ちゃんが毎日同じ向きで寝ていると、頭の形が平らになる絶壁になったり、歪んでしまうことがあります。ドーナツ枕は、枕の真ん中がドーナツのようにへこんでいるので、仰向けで寝かせていても絶壁になりにくい効果があります。また、いつも右側を向いて寝ている、のような赤ちゃんの向き癖を治すためにもドーナツ枕が役立ちます

また、寝ていることが多い赤ちゃんは、後頭部と布団がこすれた部分がハゲてしまう「寝ハゲ」になることもあります。ドーナツ枕は、後頭部ば布団にこすれてしまうことを防げるので、寝ハゲにも有効な場合があります

関連記事

ドーナツ枕で赤ちゃんの絶壁頭や寝ハゲを予防できる? 選び方やおすすめ5選を紹介
ベビー用品の準備リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました

吐き戻し防止用の「傾斜がある枕」

授乳をしたあとに、赤ちゃんにしっかりとゲップをさせても吐き戻しやいつ乳が起こることもあります。赤ちゃんのうちは胃がしっかりと発達していないのでどうしても飲んだ母乳やミルクが逆流しやすいのです。赤ちゃんの吐き戻しやいつ乳が多い時には頭を少し高くし逆流を防ぐことができ、傾斜のある枕は簡単に赤ちゃんの頭をあげることができます。

赤ちゃんの吐き戻しやいつ乳を防止する為にはラックやバウンサーもとても役に立ちます。ベビーラックやバウンサーというとゆらゆらと揺らすイメージですが、母乳やミルクを飲んだ後に静かに寝かせる時にも大活躍です。特にベビーラックは傾斜を細かく変えることができるので赤ちゃんの月齢やその時の様子、好きな角度に合わせることが出来ます。吐き戻し防止以外にもなかなか寝ない赤ちゃんを揺らしながら寝かすという役割もありますので使い方が多様です。

関連記事

赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
いくつ共感できる? 授乳中のママたちに聞いた「授乳あるある」
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?

ベビーラック

対象年齢:新生児~2才頃まで (対象月齢としての「新生児」は体重2.5kg以上かつ在胎週数37週以上の赤ちゃんに適応)
サイズ:W570×D817~888×H387~745mm
重量:5.3kg

赤ちゃん用の枕と同じ吐き戻し防止としても使え、なかなか寝付けない赤ちゃんにもぴったりです。頭だけをあげるのではなく身体にも傾斜がつきなおかつ揺らしたり角度を替えることもできるので用途が広がります。付属のテーブルを付けると食事にも使えてオススメです。注意点として長時間の使用は避けましょう。赤ちゃんの眠りが深くなったら布団に移動させると良いですね。

関連記事

ハイローチェアが便利な理由! いつからいつまで使える? レンタルもおすすめ!
ベビー用品レンタルはお得? メリット・デメリット、おすすめレンタルサイト4選

バウンサー

対象年齢:生後1ヶ月~13kg(目安18ヶ月)
サイズ:リクライニング倒したとき W45×D80×H45cm
    リクライニング起こしたとき W45×D65×H59cm
    収納時 W45×D80×H12cm
重量:3.5kg

バウンサーも吐き戻しを防止したり赤ちゃんの寝姿勢を変えるのにとても便利です。注意点として長時間の使用は避けましょう。赤ちゃんの眠りが深くなったら布団に移動させると良いですね。

関連記事

赤ちゃんバウンサーのメリットデメリット! ハイローチェアとの違いやおすすめ5選を紹介

赤ちゃん用の枕の選び方

赤ちゃん用の枕の選び方
赤ちゃん用の枕の選び方は何を重視したいか、パパママがしっかり考えることが大切です。優先順位を明確にするとパパママの理想に合うものを見つけやすいですよ。

綿100%やガーゼ素材など肌に優しい素材を選ぶ

綿100%やガーゼ素材など肌に優しい素材を選ぶ
赤ちゃんの枕は直接肌に触れるので、素材にも気を付けて選びたいですよね。赤ちゃんの肌は敏感なので、素材によって肌が荒れてしまうこともあります。

赤ちゃん用の枕は綿100%やガーゼ素材がおすすめです。綿100%やガーゼ素材は、赤ちゃんの肌に優しく肌ざわりが良いため、赤ちゃんも心地よくいられますね。綿100%の素材は汗を良く吸うので、汗っかきの赤ちゃんに適しています。

枕本体や枕カバーの洗いやすいも重要

赤ちゃんの枕は清潔に保つこともとても重要なポイントです。赤ちゃんは良く汗をかくので、枕に染み込んだ赤ちゃんの汗を頻繁に洗い、常に清潔な状態で枕を使用するように心がけましょう。赤ちゃんは、母乳やミルクを吐き戻してしまうこともあるので、枕は頻繁に汚れる可能性があります。

枕を頻繁に洗うことを考えると、洗濯機で丸洗いできる枕や洗い替えできる枕カバータイプの枕を選ぶと便利です。子育てをしてるとパパママの心が折れそうになるくらい赤ちゃんのものを洗い続ける状況がよくあります。赤ちゃんの枕は少しでも洗いやすくストレスのないものを選ぶと良いですね。

素材:綿100%(パイル部分)、綿95%ポリウレタン5%(基布部分)
サイズ:25×39cm

汚れやすい枕にピッタリのカバーです。伸縮素材でのびるので着脱も簡単です。タオル素材なので手軽に洗えます。枕カバーの洗い替えを持っているととても便利です。

関連記事

ディズニーおもちゃ大集合! 赤ちゃんから女の子男の子におすすめ紹介

赤ちゃんに合った枕の大きさや高さを選ぶ

赤ちゃんに合った枕の大きさや高さを選ぶ
赤ちゃん用の枕は、赤ちゃんが安全・快適に寝るために、枕の大きさや高さにも気を付けて選びましょう。赤ちゃんが寝ている時に、顔の周りに何かがあることで、窒息のリスクを伴います。赤ちゃん用の枕のサイズが大きすぎると、窒息のリスクを上げることになります。また赤ちゃん用の枕が高すぎると赤ちゃんの寝る姿勢に無理が出てきますので、赤ちゃんの背骨のC字カーブが伸びて無理のない姿勢にならない高さの枕を選ぶようにしましょう

赤ちゃんが枕で窒息しないように注意しよう!

睡眠中の赤ちゃんの事故は非常に多いです。パパママは、赤ちゃんがタオル一つで窒息に繋がることがあることを頭に入れておくことが大切です。寝ている赤ちゃんの顔の周りには何も置かないこと方が安全ですが、赤ちゃんに枕を使用する場合は、パパママの目が届くところで使用しましょう。赤ちゃんが動いて枕がずれてしまい、枕が赤ちゃんの顔や口を覆ってしまい窒息してしまうことも考えられます。赤ちゃん用の枕はたくさん販売されていますが、使用出来る月齢や注意事項をしっかりと読んで使用してください。

赤ちゃんが寝ている間の事故では、乳幼児突然死症候群(SIDS)という言葉を耳にしたことがあるパパママいると思います。乳児突然死症候群は窒息とは異なりますが、赤ちゃんの周りに柔らかい寝具を置かないことが、乳幼児突然死症候群のリスクを下げることにつながるとされています。乳児突然死症候群や赤ちゃんの窒息に関しても、赤ちゃんの様子をこまめに確認しにいくことが重要です。ベビーモニターでは、赤ちゃんの呼吸までは確認できませんが、赤ちゃんがうつ伏せになっていたり、泣いていることに気づくことができます。赤ちゃんの様子をこまめに確認しに行くことは前提で、ベビーモニターを活用しても良いでしょう。

サイズ:モニター外寸 約120×43×83㎜、カメラ外寸 85×100×110㎜
重量:モニター 約176g、カメラ 約223g

家事やほっと一息休憩中も寝室で寝ている赤ちゃんを見守ることが出来ます。赤ちゃんがハイハイできるようになると、カメラが赤ちゃんを追って映してくれるので安心です。

関連記事

赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!

赤ちゃん用のおすすめの枕10選

赤ちゃんの枕をはじめ、赤ちゃんの吐き戻しや寝姿勢に役立つグッズを紹介します。

おすすめの赤ちゃん用の枕1:日本エンゼル ベビーまくら 抱っこまくら

対象年齢:新生児~
素材:綿100%(ガーゼ)

日本製で安心の赤ちゃん用の枕です。抱っこ枕なので枕の裏にベルトがついています。授乳中やミルクを飲ませている時など、赤ちゃんを抱っこをしている時にも使えるのでとても便利です。抱っこから布団に赤ちゃんをおろすときも枕のままそっと寝かせて腕もスッと抜くことができます。

おすすめの赤ちゃん用の枕2:ジャナジャパン 変身ベビー枕

    
対象年齢:新生児~ 
サイズ:約W190×D50×H190mm、ライオンのみ 約W245×D50×H245mm
重さ:約55g
素材:綿100%

見た目が可愛く手洗いも出来ます。赤ちゃんを寝かせて写真を撮るととても良い思い出写真が出来ます。 

おすすめの赤ちゃん用の枕3:サンデシカ 新生児から使えるはじめてのベビー枕

対象年齢:新生児~
サイズ:約20×31cm(外装サイズ:21×32×3.5cm)
重さ:約165g 
素材:表側 綿100%、裏側 ポリエステル55%・綿45%

安心の日本製で手洗いも出来ます。6重ガーゼで出来ているので触り心地もとても良いです。ガーゼは吸水性が良いので汗をたくさんかく赤ちゃんにピッタリです。

おすすめの赤ちゃん用の枕4:西川リビング おやすみ枕

対象年齢:生後6ヶ月頃~
サイズ:24x38cm
素材:綿100%

日本製の赤ちゃん用の枕です。生後6ヵ月から使用出来る大き目の枕でが真ん中にしっかりとくぼみがあるのが特徴です。

おすすめの赤ちゃん用の枕5:サンデシカ ごきげん スリーピングピロー 6重ガーゼ

サイズ:約35×50×7cm
素材:綿100%(枕カバー)

赤ちゃんの吐き戻しや鼻づまりで寝苦しそうな時に便利です。10度の傾斜がついています。カバーをはずして洗うことができ、中身も水洗いできるので清潔に使い続けることが出来ます。

おすすめの赤ちゃん用の枕6:西川リビング 接触冷感 ドットクールひんやりおやすみまくら

対象年齢:生後6ヵ月~ 
サイズ:24×38cm
素材:ナイロン、ポリエステル

夏にぴったりの冷たく感じる赤ちゃん枕です。冷たく感じるカバーをつけて涼しくすることもできますがこの枕はそのまま使っても涼しい枕です。

おすすめの赤ちゃん用の枕7:西川産業 寝かしつけ枕 ママ楽ね

対象年齢:新生児~
サイズ:35×23cm(二つ折り時)
素材:綿100%

赤ちゃんを抱っこで泣かせてなかなか布団に置けない時…赤ちゃんを腕まくらをして寝かせて腕が抜けない時にとても便利です。

おすすめの赤ちゃん用の枕8:西川産業 子ども用枕(1~2歳用)

  
対象年齢:1歳~2歳
サイズ:31×21cm
素材側地:綿100%

1歳2歳用の枕です。安心の日本製です。汗を吸ってくれて湿気を逃がす構造は夏のお昼寝にもぴったりですね。3歳~5歳用もあります。

おすすめの赤ちゃん用の枕9:西松屋 ベビー枕 シームレス

西松屋 ベビー枕 シームレス M ホワイト

西松屋 ベビー枕 シームレス M ホワイト

979円(11/12 22:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
対象年齢:生後4ヶ月~1歳
サイズ約:H23.5×W26cm
素材:綿100%

キルト部分に縫い目のないシームレスの枕です。手洗いが出来て値段もお手頃価格です。

おすすめの赤ちゃん用の枕10:西川リビング ドリームリングまくら スヌーピー柄

対象年齢:新生児~
サイズ:約19㎝×22㎝
素材:綿100%、アップリケ ポリエステル100% 

大きさも厚さも赤ちゃんの頭にちょうど良いサイズです。タオル地で赤ちゃんも心地よく過ごせます。優しい色使いなので赤ちゃんにぴったりですね。

赤ちゃん用の枕はタオルでも代用できる

赤ちゃん用の枕はタオルでも代用出来ます。肌触りの良いタオルを赤ちゃんに丁度よい高さに折り曲げるだけで、赤ちゃんの鼻詰まりや咳がひどい時に役立ちます

タオルを敷布団の上に枕のように置くと、吐き戻しや溢乳で布団が汚れずにすぐにタオルを変えることができるので便利です。また、敷布団の下にタオルを置いて、赤ちゃんの上半身が高くなるように傾斜を付けると、吐き戻し防止枕の代用もできますよ。タオルを布団の下に置くので、赤ちゃんの顔周りもすっきりとして窒息の心配も少し軽減しますね。

関連動画


こちらの動画の後半では、敷布団の下にタオルを置いて吐き戻し防止枕のような傾斜を作る方法が紹介されています。

関連記事

吐き戻し防止枕って何? 選び方やおすすめ、授乳クッションやタオルで代用する方法も紹介

まとめ

まとめ
赤ちゃんがしっかりと睡眠をとれることはパパママの為にもとても重要なことですよね。しかし赤ちゃんはなかなかパパママの思うように寝てくれなかったり、吐き戻しで悩んだり、頭の形や寝ハゲが気になったり…と悩みは付きません。そんな時赤ちゃん用の枕は赤ちゃんの睡眠に一役買ってくれます。枕だけでなくラックやバウンサーも紹介しましたが、赤ちゃんの寝姿勢を変えていく目的としてはとても似ているのでいろいろな商品からご家庭と赤ちゃんにぴったりのものを選んで見てください。そして子供から長時間目を離さないことをぜひ忘れずに子育てを楽しんでいけると良いですね。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!