赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法

赤ちゃんにげっぷが必要な理由は?

赤ちゃんにげっぷが必要な理由は?

母乳やミルクと一緒に飲み込んだ空気を出してあげる必要があるため

母乳やミルクをまだ上手く飲めない赤ちゃんは、母乳やミルクと一緒に空気を飲み込んでしまいます。哺乳瓶は空気が入らないとミルクが出てこない構造になっているので、おっぱいから飲むより空気を飲み込みやすいのです。赤ちゃんのお腹に空気がたまると、お腹が張って苦しいだけでなく、母乳やミルクを吐き戻してしまうことがあるので、げっぷでお腹の空気を出してあげることが必要なのです

新生児の赤ちゃんは自力でげっぷを出すことは難しいため、パパママがサポートしてあげましょう。授乳中に赤ちゃんのお腹に空気がたまっていると、母乳やミルクを飲む量が少なくなる場合もあります。母乳やミルクをあんまり飲んでいない時は、お腹が張っているかを確認し、必要であればげっぷをさせてあげると良いでしょう。

赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要?

赤ちゃんのげっぷはいつまで必要?
赤ちゃんのげっぷが必要な時期は、明確にいつまでという決まりはありません。ただ、赤ちゃんの首が座り始める生後3ヶ月~4ヶ月頃になると、げっぷが出なくなる赤ちゃんが多くいます。赤ちゃんが母乳やミルクを上手に飲めるようになったり、げっぷの代わりにおならやしゃっくりでお腹にたまった空気を出すことができるようになってくるのです。寝返りやずりばいなど、赤ちゃんが自分で動けるようになる生後6ヶ月〜生後7ヶ月頃には、げっぷが自然と出ることも多くなります。赤ちゃんが自分でげっぷやおならをしてお腹の空気を出せるようになる時期には個人差があるので、赤ちゃんが苦しそうであればパパママがげっぷを出すのを手伝ってあげてくださいね。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?

赤ちゃんのげっぷの出し方

赤ちゃんのげっぷの出し方
げっぷの出し方が分からない…赤ちゃんのげっぷが出ない…と悩んでいるパパママは、ここで紹介するげっぷの出し方を試してみてくださいね。

赤ちゃんのげっぷの出し方1:縦抱き

赤ちゃんのげっぷの出し方1:縦抱き
まず赤ちゃんとママが向かい合うように縦抱きにします。ママの体に赤ちゃんをもたれさせ、赤ちゃんのお尻を片腕に乗せるようにして支えます。赤ちゃんを支えていない方の手で赤ちゃんの背中を下から上にさすったり、トントン叩いてげっぷを出してください。赤ちゃんのげっぷを出す時のポイントは、赤ちゃんの胸からお腹のあたりにママの肩がくるようにすることです。ママの肩で赤ちゃんの胸~お腹を軽く圧迫するようなイメージでやってみましょう。

赤ちゃんはげっぷと同時に母乳やミルクを吐いてしまうことがあるので、ママの肩にガーゼなどをかけておくとママの洋服が汚れるのを防ぐことができます。赤ちゃんの首がまだ据わっていない場合は、げっぷをさせる時に赤ちゃんの首が後ろ側に倒れないように注意しましょう

赤ちゃんのげっぷの出し方2:膝の上

赤ちゃんのげっぷの出し方2:膝の上
まずママの太ももの上に赤ちゃんが外側を向くように座らせます。ママの右太ももの上に座らせる場合は赤ちゃんも右向きで座らせます。赤ちゃんを乗せた足と同じほうの手のひらに赤ちゃんの体をもたれかからせるようにし、反対の手で背中を下から上にさするか、トントンと叩いてげっぷを出してください。赤ちゃんのげっぷを出す時のポイントは、赤ちゃんの胸に手のひらが当たるイメージで赤ちゃんの胸を軽く圧迫することです。この時、赤ちゃんの首を圧迫しないように注意しましょう。げっぷを出す時に赤ちゃんの背中をなるべくまっすぐにするのと、げっぷが出やすくなりますよ

「手が小さくて赤ちゃんを支えるのが難しい」というママは赤ちゃんのわきの下を掴むようにして手首で胸を圧迫する方法もオススメです。膝の上でげっぷを出す方法は、赤ちゃんの表情を見ながらできる姿勢なので、「安心してできる」というパパママも多いのではないでしょうか?

赤ちゃんのげっぷの出し方3:うつ伏せ

赤ちゃんのげっぷの出し方3:うつ伏せ
赤ちゃんをママの太ももの上にうつ伏せに寝かせます。ママの太ももに対して赤ちゃんが垂直になるように寝かせてください。あとは赤ちゃんの背中を下から上にさするか、トントンと叩いてげっぷを出します。うつ伏せだと赤ちゃんの体重でお腹が圧迫されるため、強く叩く必要はありません。少しビックリする体勢かもしれませんが、赤ちゃんの頭が下がるので、げっぷが出やすい体勢です。

うつ伏せはSIDS(乳幼児突然死症候群)の発生率が高いと言われているため、げっぷを出す時もうつ伏せの状態で赤ちゃんを放置するのはやめましょう。

助産師が教える、赤ちゃんのげっぷ出し方法紹介動画


文章だけで説明されてもわかりにくいでしょうから、赤ちゃんのげっぷ出しの動画をご紹介します。パパが初めてのげっぷ出しにチャレンジするときなどに見せてあげてください。

1回でどのくらいげっぷが出ればいいの?

1回でどのくらいげっぷが出ればいいの?
赤ちゃんのげっぷが「これだけ出れば大丈夫」という明確な基準はありません。1回で大きなげっぷを出せる赤ちゃんもいれば、1回のげっぷではお腹の中の空気を全部出せない赤ちゃんもいます。げっぷが1回しかでないけど大丈夫かな? と心配になっても、普段から吐き戻すことが少なく、赤ちゃんの機嫌が良い場合はそれほど気にする必要はありません。良く吐き戻す赤ちゃんや授乳後に苦しそうな様子が見られる場合は2、3回と少し多めにげっぷを出してあげましょう。

赤ちゃんのげっぷが出ない時の対処法は?

赤ちゃんのげっぷが出ない時の対処法は?
赤ちゃんのげっぷがなかなか出ない時は、まずは赤ちゃんの姿勢を変えてみましょう。赤ちゃんの体が動いた反動でげっぷが出ることがあります。パパママが赤ちゃんのげっぷ出しを5分程度試みてもげっぷがでない場合は、切りあげてしまっていいでしょう

赤ちゃんがげっぷを出す前に寝てしまった場合も焦る必要はありません。赤ちゃんが寝ている最中に吐き戻した吐物がのどに詰まらないように、しばらく縦抱きにして赤ちゃんの様子を見たり、赤ちゃんの顔と身体を横向きにして寝かせてあげましょう。背中側に丸めたタオルなどを置くと簡単に横向きにできますよ。

赤ちゃんがげっぷをしない場合、「苦しくないかな」「吐いてしまったらどうしよう」と焦ってしまうママは多いと思いますが、赤ちゃんはげっぷ以外におならやしゃっくりなどでもお腹にたまった空気を出すことができます。赤ちゃんが成長すると自分でもげっぷが出せるようになるので、赤ちゃんに苦しそうな様子が無かったら、げっぷが出ていなくても心配ありません。臨機応変に対応してくださいね。

赤ちゃんが吐き戻した時は病院の受診が必要?

赤ちゃんが吐き戻した時は病院の受診が必要?
生まれたばかりの赤ちゃんの胃は、大人に比べてまっすぐな形をしており、筋肉も未発達なので、胃の中に入ったものが外に出やすくなっています。そのため赤ちゃんにげっぷをさせようと体勢を変えた時や、赤ちゃんが横になって寝ている時、げっぷをした拍子に母乳やミルクをタラッと出てしまうことがあります。

病院を受診した方が良い症状は、

  1. 勢いよく吐き戻した
  2. 赤ちゃんの体重が増えない
  3. 終始機嫌が悪い
  4. お腹が張っている

などです。赤ちゃんがマーライオンのようにぴゅーっと激しく吐いたり、何度も吐く場合は「肥厚性幽門狭窄症」という病気の可能性があります。肥厚性幽門狭窄症は、生後2週間~3週間頃から徐々に胃の出口部分が狭くなってしまい、母乳やミルクを吐きやすくなってしまう病気です。また、胃がねじれることでげっぷが出しにくくなる「胃軸捻転症」という病気もあります。赤ちゃんが吐き戻した時に病院の受診が必要かは、赤ちゃんのを見て判断しましょう。

まとめ

まとめ
赤ちゃんが新生児の頃は、1日に10回以上も授乳をするので、げっぷをさせるのにもだんだん慣れてくるでしょう。赤ちゃんのげっぷが出ないと心配になったり、赤ちゃんの吐き戻しに悩むこともあるかもしれませんが、あまり神経質にならずに赤ちゃんの様子を見ながらサポートしてあげてくださいね。

関連記事

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法