赤ちゃんの「クーイング」はいつから? しない場合や反応の仕方は?

赤ちゃんのクーイングとは? 意味はあるの?

赤ちゃんのクーイングとは? 意味はあるの?

生後間もない赤ちゃんは、無意識に生理的要因で泣いたり笑ったりとさまざまな表情を見せます。しばらくすると、今度は「あー」「うー」「くー」と母音1音を発するようになるのですが、これを「クーイング」といいます。クーイングは英語の「coo(クー)」がルーツで、ハトがクークー鳴く声や優しく語りかける(ささやく)などの意味があります。クーイングは赤ちゃんの口や喉が発達することで一緒に声も出るのですが、口や唇をまだ上手に使えないため言葉に意味はありません。

クーイングはご機嫌がいいサイン

赤ちゃんのクーイングは機嫌がいい証拠! クーイングは、赤ちゃん自らの意思を伝えようとするのではなく、音を出すことを楽しんでいる状態です。赤ちゃんが心地良い時やくつろいでいる時などによく見られます。クーイングは別名「プレジャーサイン」とも呼ばれており、パパママがクーイングに答えてあげると赤ちゃんが反応して繰り返す子もいます。

クーイングと喃語は違うの?

クーイングと喃語は違うの?

クーイング 喃語
意味 無意識 言葉習得の前段階
声の出し方 喉から 唇や舌を使う
話す言葉 1つの音
         あー、うー、くーなど
2つ以上のつながった音
         あう、んま、だだなど
表情 無表情 表情豊か

クーイングと喃語は同じように見えますが、大きな違いがあります。クーイングは唇や舌を使わず1つの音を発するため、「だだだ」や「ぶぶぶ」といった濁音を話せません。喃語も始めは「なむ」「まあ」など2つのつながった静音のみですが、少しずつ唇や舌を使って濁音が話せるようになります。

言葉の発達とその規定要因(母子健康協会)

赤ちゃんが喃語(なんご)を話すのはいつから? 話さない場合の対処法
赤ちゃんが喃語(なんご)を話すのはいつから? 話さない場合の対処法
生後5ヶ月ころの赤ちゃんが泣き声や言葉とは違うかわいい声を発し始めたら、それが「喃語(なんご)」です。赤ちゃんが喃語を話す期間や、「クーイング」との違い、喃語が出ない時の対処方法をご紹介します。

クーイングはいつからいつまで見られる?

クーイングはいつからいつまで見られる?

赤ちゃんの発達には個人差があるのでクーイングも一概にいつから始まるとはいえません! まったくしない子もいれば、生後1~2か月から始める赤ちゃんとさまざまです。クーイングのピークは生後3か月ごろといわれ、生後4~5ヶ月くらいになると母音以外の音を発する様子が見られます。初めて赤ちゃんが発する「あー」や「うー」という言葉に、パパママも笑みが溢れることでしょう。クーイングを聞けるのはほんのわずかな期間なので、パパママはこの時期だけの言葉のやりとりをたっぷり楽しんでください。

赤ちゃんがクーイングをしない! 対策が必要?

赤ちゃんがクーイングをしない! 対策が必要?

赤ちゃんが生後3か月を過ぎてもクーイングをしないと不安でいっぱいになりますが、とくに大きな心配はありません! 赤ちゃんによって泣き声の大きさや授乳スピードが違うように、成長も赤ちゃんによって個人差があります。そのため、あやしたときに、反応(応答性)があればあまり心配をしなくても大丈夫です。もし気になるようであれば、マッサージなどのスキンシップをしながら、たくさん話しかけてあげるようにしてみてもいいでしょう。

また、クーイングにとらわれずに様々な音を聞かせてあげて、赤ちゃんが自分なりの声の出し方を見つけられるように手助けしてあげるのもおすすめです。応答性があっても聴覚が気になる場合は、まず出産時の病院で「聴覚スクリーニング検査」を受けていたか確認してください。スクリーニング検査では「疑わしきは再検査」としているので、検査に問題がなければ聴覚は問題ありません。未検査でママの声にまったく反応がなかったり、赤ちゃんの近くで手をたたいても振り向かない場合などは、3-4カ月健診で相談したり小児科医に相談してみましょう。

生後3か月。クーイングがなく声を出す気配もありません(母子衛生研究会)

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発達のポイント! 身長や体重、睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発達のポイント! 身長や体重、睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんはどのくらい身長・体重が増えるのでしょうか? 授乳回数や睡眠・排便の特徴などを見てみましょう。生後3ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイントや遊び方も解説します。

赤ちゃんのクーイングはしっかり反応しよう!

赤ちゃんのクーイングはしっかり反応しよう!

いざ、クーイングの声を聴いたけどどのようにしたらよいかわからないパパママも多いでしょう。そんなときは、まず赤ちゃんの目を見て、クーイングが聞こえていることを伝えてあげるのがおすすめ! 赤ちゃんは自分の発した声に反応があると、クーイングを繰り返したり、声をだして笑う姿も見られます。クーイングの繰り返しや笑うことで感情表現が豊かになり、五感が刺激されて脳の発達にも良い影響を与えます。

発達初期の理解語彙の獲得(Ⅱ)(発達科学研究センター)

赤ちゃんのクーイングにはオウム返し!

赤ちゃんのクーイングに、パパママはオウム返しで答えてあげるのもいいでしょう。赤ちゃんはパパママから聞こえた声と口の動きを覚えていき、少しずつ発声できる音が増えてきます。赤ちゃんはいろいろな音を出すことで、言葉を発する練習になり、クーイングがさらにたくさん出てくるようになってきます。また、パパママのオウム返しに赤ちゃんの反応があれば聴覚の発達の確認にもなりますよ。

パパママは優しい言葉で話しかけよう

クーイングを始めた赤ちゃんは、少しずつコミュニケーションが楽しくなってきます。また、さまざまな音を聴いて声を出す練習をしています。この時期に覚えたたくさんの言葉は、赤ちゃんにとって良い刺激になり、口やのどが発達してきたときにインプットされた言葉を話すようになります。声のトーンをあげてゆっくり話しかけてあげるママのやさしい言葉かけ(マザリーズ)は、精神面でもいい影響を与えることができます。

また、ママが赤ちゃんのクーイングに対して「じょうずだね~」「きょうもたくさん話せてすごいね~」といっぱい褒めてあげると、赤ちゃんもうれしくなってたくさんのクーイングが見られ、コミュニケーションが活発になります。

乳児・幼児も楽しめる手遊び歌を教えます! 0歳からママと歌を楽しもう
乳児・幼児も楽しめる手遊び歌を教えます! 0歳からママと歌を楽しもう
手遊び歌ならまだ言葉を話せない赤ちゃんでも楽しむことができます。ママは赤ちゃんに話しかけるとともに手遊び歌も覚えるといいでしょう。ママの記憶にあるような昔からある手遊び歌から平成になってできた手遊び歌までバリエーション豊かに紹介していきます。

クーイングの反応がわからなくなった時におすすめ!

クーイングの反応に困った時は、パパママが今やっていることを伝えてあげましょう。例えば、本を読んでいる時はどんな内容かを伝えたり、家事をしている時は「今日は洗濯日和だよ~」など行動を伝えたり、心に思っていることを言葉に出して反応するのもおすすめです。赤ちゃんは少しずつ聴力と視力が発達し、パパママや家族の声や顔を認識します。クーイングをした時は、「ここに居るよ~」という気持ちで接してあげると、赤ちゃんも心地よく過ごせます。

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから? 新生児から楽しめるおすすめ絵本も紹介
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから? 新生児から楽しめるおすすめ絵本も紹介
絵本は言葉がわからなくても、生まれたばかりの赤ちゃんでも楽しめます。絵本デビューにおすすめな人気作品や赤ちゃんも思わず泣き止む絵本を適書アドバイザーの谷口とよ美さんに聞きました。これから絵本を選ぼうと思っているパパママはぜひ参考にしてみてください!

赤ちゃんのクーイングに注意!

赤ちゃんのクーイングに注意!

まだ生後間もない赤ちゃんの初めての発声に、一喜一憂するパパママも多いでしょう。しかし、中にはクーイングをしない赤ちゃんもいます。言葉の発達や聴覚が気になりますが、どんな点に注意して赤ちゃんを見守ればいいのでしょうか?

クーイングの無理強いはしない

赤ちゃんがクーイングをはじめると成長がうれしくなり、周りの多くの人に教えたくなってしまうのが親心です。しかし、クーイングは赤ちゃんがリラックスしている時に発せられる声なので、いつでも発するわけではありません! クーイングをするのはパパだけ、あるいはママの前でしかしない赤ちゃんもいるでしょう。理由はさまざまですが、家族の中でも限定した人のみしかクーイングが見られないのは、安心できる人だと思っているからでしょう。赤ちゃんを安心させてあげるためにも、決してクーイングの無理強いをしないようにしましょう。

赤ちゃんの近くで乱暴な言葉は使わない!

クーイングをはじめた赤ちゃんは、さまざまな音をインプットして声を出す練習をしています。そのため、赤ちゃんのそばで乱暴な言葉を使うと、赤ちゃんが大きくなったときに同じような言葉遣いになる可能性があります。産後のママは、慣れない育児に睡眠不足とイライラする日が増えるでしょう。パパのちょっとした行動にキツい言葉や反応をし、夫婦喧嘩が増える可能性もあります。どんなにイライラしていても、赤ちゃんのそばでは穏やかな口調でリラックスした雰囲気をつくってあげるように心がけてください。

まとめ|赤ちゃんのクーイングは期間限定! 動画に残そう

かわいい赤ちゃんとのコミュニケーションの中で、一番はじめに出会えるのが「クーイング」です。できる限りクーイングしている赤ちゃんと目を合わせて、たくさん声をかけてパパママの愛情をたっぷりあげましょう。赤ちゃんのクーイングが見られる期間は、長い子育ての中でほんの一瞬です。ビデオカメラやスマホ、携帯電話で動画撮影をして、一生色あせない思い出として残しておいてください。将来、赤ちゃんが大きくなった時に見返すことで、「かわいい~!!」と当時の思い出が鮮明に蘇るでしょう。

子供の動画編集アプリの選び方は? ママにおすすめのスマホ用アプリ10選
子供の動画編集アプリの選び方は? ママにおすすめのスマホ用アプリ10選
日々増えていく子供の動画、どうしていますか? そのまま見ても楽しいですが、せっかくなら編集して素敵なムービーを作成したいもの。スマホ用動画編集アプリなら、いつでもどこでも簡単に子供の動画を編集できます。ママにぜひ使って欲しいおすすめアプリを紹介します。
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、新生児の赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょうか? 新生児期を経て、育児の悩みや不安が増えてくるころでもあります。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイント、母乳不足や発熱などの対応方法などもご紹介します。
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 授乳間隔や睡眠、体重、予防接種の予定は?
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 授乳間隔や睡眠、体重、予防接種の予定は?
生後2ヶ月の赤ちゃんは、ふっくらした体型になり、泣いたり、笑ったりといろいろな表情を見せてくれるようになります。赤ちゃんの成長が嬉しい一方、予防接種がスタートするためパパママは初めてのことに戸惑うこともあるでしょう。生後2ヶ月の赤ちゃんの育児について解説します。
赤ちゃんの背中スイッチはいつまで? 対策や起きない置き方を知りたい!
赤ちゃんの背中スイッチはいつまで? 対策や起きない置き方を知りたい!
赤ちゃんが寝た……と思って、布団に置いたらパッと目が覚めてしまう「背中スイッチ」。悩まされるパパママは多いですよね。 背中スイッチはいつまであるのか、 背中スイッチの対策などを解説します。

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!