マタニティパジャマの選び方とおすすめ14選! おしゃれで便利なデザインを紹介

目次

マタニティパジャマとは?

マタニティパジャマとは?
マタニティパジャマは、妊娠初期から産後のママの体型に合わせて作られた、ゆったりとした体を締め付けない作りのパジャマです。肌触りや通気性なども妊婦に快適なように作られたマタニティパジャマは、産後の赤ちゃんへの授乳や入院中の検診時にも役立つ機能的やデザインとなっています。マタニティパジャマは、妊娠中から出産を経て授乳中に至るまで長く使え、部屋着としても活躍するアイテムです。

マタニティパジャマは必要?

マタニティパジャマは必要?
妊娠前から着ているパジャマでも大丈夫では? と思うママもいますよね。マタニティパジャマは妊娠初期から産後まであると便利なアイテムです。どのように便利かをご紹介しますね。

産後のママにはドーナツクッションがおすすめ! 必要な理由とおすすめドーナツクッション11選!
産後のママにはドーナツクッションがおすすめ! 必要な理由とおすすめドーナツクッション11選!
産後のために妊娠中から用意しておきたいアイテムの一つが「ドーナツ(円座)クッション」。産後のママの体の負担を和らげるだけでなく、腰痛や骨盤への良い効果も期待できる優れものです。おすすめのドーナツクッションと使用したママたちの体験談をみていきます!

妊娠初期も体を締め付けないマタニティパジャマで楽に過ごせる

妊娠初期も体を締め付けないマタニティパジャマで楽に過ごせる
マタニティパジャマの用途は出産前後だけに限ったものではありません。妊娠初期のつわりがつらい時期にマタニティパジャマで過ごせば、洋服による体の締め付けから解放されて、いくぶん楽に過ごすことができます。お腹が大きくなってくる妊娠5ヶ月以降は、ママのお腹や赤ちゃんを圧迫しないためにも、ぜひゆったりしたマタニティパジャマを使いましょう。

妊娠中から産後まで長く使える骨盤ベルト! おすすめ商品5選
妊娠中から産後まで長く使える骨盤ベルト! おすすめ商品5選
骨盤ベルトは妊娠中から産後の骨盤矯正に使えるアイテムです。骨盤ベルトは骨盤に巻くだけなので整体に通うより経済的で、産後すぐに使用できるのもうれしいですよね。骨盤ベルトの使い方や注意点、おすすめ商品をご紹介します。

産後の授乳や診察時にマタニティパジャマがあると便利

産後の授乳や診察時にマタニティパジャマがあると便利
マタニティパジャマは、産院から出産時の入院グッズとして指定される場合もありますが、指定がなくても、妊娠中のママにとってぜひ準備しておきたいアイテムです。出産の際、ママは入院期間の約1週間をパジャマで過ごします。産後、2~3時間おきに赤ちゃんへの授乳があり、ママ自身も産後の診察を頻繁に受けることになります。機能的なマタニティパジャマなら、授乳や受診も楽にできるので心理的負担が減り、入院期間を快適に過ごすことができます

また産後の頻回授乳が必要な新生児期には、授乳しやすいマタニティパジャマが役立ちます。また、ママのお腹が元に戻るまで産後しばらくの間は、部屋着を兼ねてマタニティパジャマで過ごすのも楽でおすすめです。オーバーサイズ感が気にならないようであれば、ママの体型が戻った後も部屋着や通常のパジャマとして活用しても良いですね。

おっぱいマッサージはいつから始めたら良い? 方法と注意点は?
おっぱいマッサージはいつから始めたら良い? 方法と注意点は?
母乳で子供を育てる場合、少しでも母乳が出やすくする方法のひとつにおっぱいマッサージがありますが、それでも出ないという場合は、もしかしたらやり方が間違っているのかも。そこで、母乳マッサージを始める時期や方法についてご紹介したいと思います。
骨盤ベルトを産後に使う効果とは? 選び方とおすすめ5選
骨盤ベルトを産後に使う効果とは? 選び方とおすすめ5選
妊娠中は何かと体の不調に悩まされるものですが、骨盤ベルトに助けられたという人も多いのではないでしょうか。出産後のことを考えると、体形維持のためにつけるべきか今から考えておきたいものですよね。そこで、骨盤ベルトを産後に使う効果と選び方についてご紹介したいと思います。
産後の骨盤体操はいつから? 寝ながらや座ってできる体操と効果を紹介
産後の骨盤体操はいつから? 寝ながらや座ってできる体操と効果を紹介
産後の骨盤体操は、妊娠・出産を経て負担のかかった骨盤を矯正するために大切なものです。寝ながらや座ってできる体操など、産後でもやりやすいものを動画とともにお伝えします。また骨盤体操をする際に一緒に使いたいアイテムやおすすめDVDや本もご紹介。

マタニティパジャマは何枚用意する?

マタニティパジャマは何枚用意する?

洗い替えも含めて3枚ほどあると良い

マタニティパジャマは、洗い替えを考えて3枚は準備しておくのが良いでしょう。マタニティパジャマは、産後悪露が漏れたり、授乳中赤ちゃんが吐き戻したりして頻繁に汚れことが考えられます。妊娠中や産後は頻繁に洗濯するのが大変な場合もありますので、余裕を持った枚数を準備しておくと安心です

マタニティパジャマの選び方

マタニティパジャマの選び方
マタニティパジャマは、ママによっては、妊娠初期から産後数ヶ月にわたって使う場合もあり、頻繁に買い替えるものでもありません。買ってしまった後で「失敗した!」とならないためにも、マタニティパジャマ選びで大切なポイントをご紹介します。

季節に合わせて「半袖・長袖」や「素材」から選ぶ

季節に合わせて「半袖・長袖」や「素材」から選ぶ
マタニティパジャマで快適に過ごすために、季節に合わせた袖丈と素材を選びましょう。マタニティパジャマは、妊娠中・産後に普段よりも敏感になっているママの肌に直接触れるだけでなく、ママが赤ちゃんを抱っこすることで、生後まもないデリケートな赤ちゃんの肌にも頻繁に触れることになります。ママや赤ちゃんの肌へ刺激にならないように、できるだけ天然素材で着心地の良い素材を選ぶことが大切です。

マタニティパジャマが必要になる時期には個人差がありますが、着用したい時期が春・夏なら、半袖で通気性が良く速乾性があって汗を吸い取りやすい綿素材のものを、秋・冬なら、長袖で保湿力がある裏起毛素材やフリース素材のものを準備しましょう。半袖・ズボンに羽織物が付いた3点セットなども、肌寒い季節の変わり目に活躍するのでおすすめです。

暑い季節のマタニティルームウエアはハーフパンツかスウェット! おすすめブランドを紹介
暑い季節のマタニティルームウエアはハーフパンツかスウェット! おすすめブランドを紹介
マタニティ期のルームウエアとして活躍するもののひとつがハーフパンツです。妊娠がすすむにつれてお腹は大きくなるのでウエストサイズが調整できるタイプがいくつかあれば重宝するでしょう。今回はマタニティ期のルームウエアにおすすめのハーフパンツとブランドを紹介します。

前開きタイプでゆったりしたデザインが便利

前開きタイプでゆったりしたデザインが便利
マタニティパジャマは、前にボタンが付いた前開きタイプで、ゆったりしたデザインのものを選びましょう。産院からも、入院に必要なものとして前開きのマタニティパジャマを指定される場合が多いです。前開きタイプのマタニティパジャマなら、脱ぎやすいので診察が受けやすく、胸元を開けるので赤ちゃんへの授乳もやりやすいというメリットがあります。また、妊娠トラブルが起きた場合や帝王切開後などでママが安静にしなければならない場合に、前開きタイプのマタニティパジャマなら横になったままでも着替えやすいというメリットもあります。

また、身頃やウエストがゆったりとしたマタニティパジャマだと、お腹を締め付けず、赤ちゃんを圧迫してしまうこともありません。長袖のマタニティパジャマの場合には、袖周りが太めで余裕があるものを選ぶこともポイントです。マタニティパジャマの袖周りに余裕があると、診察で採血する時などに腕がまくりやすくなり、手間取りません

産前から産後まで便利な機能性もチェック

産前から産後まで便利な機能性もチェック

ウェスト調整

妊娠初期から産後にかけてお腹のサイズはどんどん変化しますので、マタニティパジャマにウエストサイズ調整機能が付いているかどうかをよくチェックしましょう。マタニティパジャマのズボンは、ウエストのゴムを伸縮させてボタンで留める簡単な仕組みでサイズ調整ができるアジャスター付きのタイプや、ウエストに使われた伸縮性の高い素材でお腹をすっぽりと包み込むタイプが一般的です

授乳口

産後しばらくは頻繁に授乳を行うため、マタニティパジャマに授乳口が付いているととても便利です。授乳口は、マタニティパジャマの胸の部分だけを開くことができる仕組みになっていて、パジャマを着たまま授乳できます。授乳口が付いていれば、ママは授乳のたびに服全体をめくりあげたり脱いだりする必要がなく、寒い時期の授乳の際にも役立ちます。

ママたちが使っているおすすめの人気授乳ブラ13選
ママたちが使っているおすすめの人気授乳ブラ13選
授乳中は授乳用の機能に特化した「授乳ブラ」の使用がおすすめです。授乳が楽になるだけでなく、卒乳後の垂れ防止や補正にも効果があります。おすすめの授乳ブラを4つのタイプごとにご紹介し、「いつまで使うの?」「代用できる?」などママたちの疑問も解説します。
授乳服で着回しできるアイテムとは? 授乳服の選び方と人気のブランド7選
授乳服で着回しできるアイテムとは? 授乳服の選び方と人気のブランド7選
授乳中はどうしても服装がワンパターンになりがちなので、おしゃれに苦戦しているママも多いのではないでしょうか。ここでは、着回しできる授乳服アイテムの紹介と人気の授乳服ブランド、そしてコーディネートを紹介したいと思います。
授乳クッションはいつまで必要? 抱き枕タイプ、カバー洗濯OKもご紹介
授乳クッションはいつまで必要? 抱き枕タイプ、カバー洗濯OKもご紹介
授乳クッションはママと赤ちゃんの授乳タイムをサポートしてくれるアイテムです。抱き枕としても使えるものやカバーが変えられるもの、赤ちゃんを寝かせることができるものなどプラスαの要素があるものも。人気の授乳クッションや選び方などをご紹介します。

ポケット

マタニティパジャマにポケットが付いているかどうかもチェックしたいポイントです。入院中ママは、一日中マタニティパジャマで過ごすことになります。そして、産後は検診や育児指導などで、頻繁に病室を離れることも多くなります。

小物を入れる小さめのバッグやポーチを持ち歩いても良いのですが、置き忘れてしまう可能性があるので、マタニティパジャマにポケットがあれば、ハンカチやナプキン、スマホなどの小物をポケットに入れて持ち運びができとても便利です

1枚でも着ることができる「ロング丈」がおすすめ

1枚でも着ることができる「ロング丈」がおすすめ
マタニティパジャマは、トップスの丈が長くて、1枚でも着られるものを選んでおくのがおすすめです。妊娠後期になってくるとお腹が大きくなり、下半身がむくむこともあり、ズボンが履きづらくなってくる場合もあります。そんな時、トップスの身丈が長ければズボンなしでもワンピースのように着ることでき、下半身が隠れて冷えることがありません。

ロング丈のマタニティパジャマだと、入院中に診察を受ける際も、診察を受けるたびに毎回ズボンを脱ぐ必要がなくとても楽です。マタニティパジャマを選ぶ際、ワンピースタイプを選ぶか、ズボンとセット売りならばトップスの丈が長いものを選んでおくのがおすすめですよ。

デザイン

デザイン
産後は、家族や友人が産院にお見舞いに来てくれることもありますね。せっかくですから、ママもかわいい格好でお出迎えしたいですよね。マタニティパジャマの中には、パジャマらしくなく部屋着としても着られる洋服のようなデザインのものや、フリルや花柄などかわいらしいデザインのものがたくさんあります。産後は、マタニティパジャマ姿で一緒に記念撮影して写真に残ることもあるので、妥協せず自分好みのデザインを選んでおくのがおすすめです

マタニティパジャマの人気ブランド5選

マタニティパジャマの人気ブランド5選
ママから支持されているマタニティパジャマの人気ブランドをご紹介します。それぞれに特徴がありますので、お好みのブランドを見つけてみてくださいね。

ベルメゾン

ベルメゾンは、ファッションから雑貨まで多種多様な商品を取り扱う通販で、おしゃれでリーズナブルな商品がそろっています。マタニティパジャマは、シックな色合いでデザインもボーダー柄などシンプルなものが多く、落ち着いたデザインが好みのママにおすすめしたいブランドです。価格も2,000円くらいからとお手頃なのも嬉しいですね。

関連リンク

ベルメゾン

ニッセン

ニッセンもファッションからインテリアまで幅広く扱う通販で、プチプラなアイテムも充実しています。マタニティパジャマは、最大6Lまでサイズ展開があるのが特徴で、着心地重視のデザインが多く展開されていますよ。マタニティパジャマは1,000円台から、1番高くても4,000円以内と、リーズナブルな価格帯も魅力的ですね。

関連リンク

ニッセン

たまひよ

たまひよは、ベネッセが運営する通販で、妊娠・出産の専門家や先輩ママの意見をもとに開発した商品を扱っています。機能性重視のシンプルなマタニティパジャマが多く、ママが着やすそうなデザインがそろっていますよ。

関連リンク

たまひよ

スウィートマミー

スウィートマミーは、おしゃれさと機能性を追求したオリジナルデザインのマタニティ服を展開しているマタニティ服専門店です。マタニティ服とは思えないほどおしゃれで洗練されたものが多く、マタニティパジャマもカラフルで素敵なデザインのものが多くあります。お値段はやや高めですが、デザインにこだわりたいママにぜひおすすめしたいブランドです。

関連リンク

スウィートマミー

エンジェリーベ

エンジェリーベは、マタニティ服・ベビー服・内祝いギフトを取り扱う通販で、「2018マザーズセレクション大賞受賞」を受賞した信頼のおけるブランドです。妊娠初期から産後までママに役立つアイテムがひと通りそろっているのでチェックしてぜひ見てくださいね。マタニティパジャマはかわいく機能的なものが多く、品数200点以上と、他のマタニティ服通販に比べ圧倒的な品ぞろえです。

関連リンク

エンジェリーベ

ファストファッションブランドのマタニティパジャマも人気!


ママに大人気のファストファッションブランドでも、マタニティパジャマや、マタニティパジャマ代わりに使える商品を手に入れることができます。ファストファッションブランドならではの、リーズナブルでカジュアルなデザインのマタニティパジャマを選んでみるのも良いですね。

ユニクロ

安定した品質とリーズナブルな価格に定評があるユニクロでは、2019年9月現在、マタニティレギンスやマタニティショーツの取り扱いはあるものの、マタニティパジャマの取り扱いはありません。しかし、前開きタイプのパジャマが充実していて、ユニクロ通販なら3XLサイズまで取り扱いがあるので、大きめサイズのパジャマを買ってマタニティパジャマ代わりに使うことができます。お腹が大きくなってきてズボンがきつくなってきたら、パジャマのトップスだけを使いお手持ちのマタニティレギンスを合わせて着用するのも良いですね。

関連リンク

ユニクロ ルームウェア

GU

プチプラファッションの代名詞ともいえるGUでも、2019年9月現在マタニティ商品の取り扱いはありません。GUでも、前開きタイプのかわいいパジャマが複数あり、特に前開きで丈の長いワンピースタイプのパジャマはマタニティパジャマとしてぴったりです。GU通販ではXXLサイズまでサイズ展開されているので、お腹の大きさに合わせてゆったりサイズを購入できます。

関連リンク

GU パジャマ

無印良品

高品質でシンプルなデザインの商品が多い無印良品では、数は多くはありませんがマタニティパジャマの取り扱いがあります。無印良品のマタニティパジャマはオーガニックコットンが使用されていて、柔らかく着心地が良いのが特徴です。着心地にも細かく配慮されていて、ママが横になった時に縫い目が当たらないようにトップスもズボンも脇の縫い目がない作りになっています。

関連リンク

無印良品 マタニティインナー・パジャマ

GAP

アメリカンブランドのGAPでも、少数ですがGAP通販でマタニティパジャマが販売されています。完全に前開きタイプのマタニティパジャマはありませんが、ゆったりとしたワンピースタイプのものが売っていて、胸元のボタンを開ければ授乳もしやすいような作りになっています。

関連リンク

GAP マタニティパジャマ・ルームウェア

西松屋

リーズナブルなベビー服・子供服でおなじみに西松屋ですが、ママのためのマタニティパジャマも取り扱っています。トップスの丈が長い前開きタイプのマタニティパジャマも複数あり、1番高くても3,000円以内でお手頃なので、マタニティパジャマを安く手に入れたいママにおすすめです

関連リンク

西松屋 マタニティパジャマ

しまむら・バースディ

多様な商品が激安価格で数多くそろうしまむらと、しまむらの姉妹店でマタニティ・ベビー・キッズの商品を扱っているバースディでは、マタニティ用品も充実しています。マタニティパジャマも、3,000円以内で手に入るものもありとてもリーズナブルです。しまむら・バースディともに現在のところ公式通販サイトはなく、店舗でのみ購入が可能なので、お近くにしまむらやバースディがある場合は、マタニティパジャマを探してみてくださいね。

関連リンク

しまむらグループ 店舗検索

長袖のマタニティパジャマおすすめ7選

それでは、おすすめの長袖マタニティパジャマ7選をご紹介します。

おすすめの長袖マタニティパジャマ1:エンジェリーベ ダブルガーゼスタンドカラーパジャマ

タイプ:前開きタイプ
素材:トップス~綿100%、ボトム~ポリエステル65%、綿35%
サイズ展開:M、L
ウエスト調節:アジャスター付き
授乳口:あり
ポケット:あり

パジャマらしくないデザインが特徴のエンジェリーベのマタニティパジャマです。付属の紐でウエストマークでき、部屋着としても活用できます。肌触りの良いダブルガーゼ素材で着心地が良く、大きめのポケットが両サイドに2つ付いているので小物の持ち運びに便利ですよ。

おすすめの長袖マタニティパジャマ2:スウィートマミー パフスリーブ 刺繍レースナイティ 授乳機能付き パジャマ3点セット

タイプ:前開きタイプ
素材:綿95%、ポリウレタン5%、別布(レース)~ポリエステル100%
サイズ展開:M、L
ウエスト調節:アジャスター付き
授乳口:タンクトップ型授乳レイヤー付き
ポケット:なし

胸元や足元にあしらわれた花柄の刺繍レースが印象的なスウィートマミーのマタニティパジャマです。上品で華やかなデザインなので、入院中に来客があった場合でも堂々と対応できますね。取り外し可能なタンクトップ型の授乳レイヤーが付いていて、授乳レイヤーをずらしてスムーズに授乳できます。腕が動かしやすいパフスリーブデザインもポイントです。

おすすめの長袖マタニティパジャマ3:ミルクティー ダマスク柄・エレガントふんわりコットンマタニティ授乳パジャマ

タイプ:前開きタイプ
素材:綿100%
サイズ展開:M、L
ウエスト調節:伸縮性のある素材でお腹を包み込むタイプ
授乳口:あり
ポケット:あり

マタニティ服の専門店、ミルクティ―の上品なダマスク柄のマタニティパジャマです。袖口とズボンの裾にゴムが入っていて、腕をまくりやすく、お手洗いに行っても床にズボンが付きづらい作りです。伸縮性のある特殊なゴムがウエストに使われており、しっかりお腹を包み込み、産後もずり落ちてくる心配がありません。

おすすめの長袖マタニティパジャマ4:ニシキ マタニティ ネグリジェ

タイプ:前開きタイプ
素材:綿100%
サイズ展開:M~LL
ウエスト調節:-
授乳口:あり
ポケット:あり

前開き・ワンピースタイプのマタニティパジャマです。保温性・吸湿性に優れ、オールシーズン着用できます。ふんわりと柔らかい肌触りで着心地も良く、哺乳瓶が入るくらいの大きなポケットが付いている点もポイントです。パジャマの柄もチェックやストライプなど種類がたくさんあるので、お気に入りの1着を見つけられそうですね。

おすすめの長袖マタニティパジャマ5:美竹マーケット ぽかぽか裏起毛マタニティパジャマ

タイプ:前開きタイプ
素材:ポリエステル:70%、綿:30%
サイズ展開:M、L
ウエスト調節:アジャスター付き
授乳口:あり
ポケット:あり

寒い冬に活躍する裏起毛のマタニティパジャマです。トップスだけでなくズボンにも裏起毛がほどこされているので、冬でも冷え知らずです。内側から布を引き出して授乳するバインダータイプの授乳口が付いています。ボタンがないため、ママは片手で簡単に授乳口を開き授乳することができます。

おすすめの長袖マタニティパジャマ6:無印良品 脇に縫い目のないスムース編み授乳に便利な長袖パジャマ

商品リンク

無印良品 脇に縫い目のないスムース編み授乳に便利な長袖パジャマ

タイプ:前開きタイプ
素材:上衣:本体~綿100%、ウエスト・リブ部分~綿95%、ポリウレタン5%
サイズ展開:M~L(1サイズ)
ウエスト調節:伸縮性のあるゴム素材タイプ
授乳口:あり
ポケット:あり

オーガニックコットンが使われたお肌に優しい無印良品のマタニティパジャマです。敏感肌のママでも安心して着用できますね。授乳口、ポケット付きで、袖口と足元はゴム入りでまくりやすく、使い勝手が良いです。素材重視のママにおすすめのマタニティパジャマです。

おすすめの長袖マタニティパジャマ7:ベルメゾン 授乳対応マタニティ長袖パジャマ3点セット

タイプ:前開きタイプ
素材:カーディガン~綿75%、ポリエステル25%、トップス~綿100%、パンツ~ポリエステル65%、綿30%、
サイズ展開:M~LL
ウエスト調節:伸縮性のある素材でお腹を包み込むタイプ
授乳口:なし
ポケット:カーディガンにあり

ベルメゾンのカーディガンも付いたマタニティパジャマ3点セットです。トップス1枚では肌寒い季節の変わり目などに、さっと羽織れるカーディガンがあると役立ちます。授乳口はありませんが、前ボタンが裏スナップボタンなので簡単に胸元を開くことができ、スムーズに授乳することができます。

半袖のマタニティパジャマおすすめ7選

おすすめの半袖マタニティパジャマ7選をご紹介します。

おすすめの半袖マタニティパジャマ1:エンジェリーベ 授乳口付き カットドビーパジャマ

タイプ:前開きタイプ
素材:ポリエステル65%、綿35%
サイズ展開:M、L
ウエスト調節:アジャスター付き
授乳口:あり
ポケット:あり

エンジェリーベの半袖マタニティパジャマです。トップスはウエスト下が切り替えられギャザーでAラインに広がり、袖もフレアスリーブなので、とてもかわいらしい雰囲気です。レギンスは薄手素材でサラッとしているので、夏でも快適に着用できます。

おすすめの半袖マタニティパジャマ2:ネクシアス 半袖マタニティパジャマ

タイプ:前開きタイプ
素材:ポリエステル65%、綿35%
サイズ展開:M、L
ウエスト調節:-
授乳口:あり
ポケット:あり

前開き・ワンピースタイプのマタニティパジャマです。オフ・グレー・紺・ミント・青・チャコールのカラーラインナップがそろい、ドット柄が爽やかで夏にぴったりです。授乳口・ポケット付きです。

おすすめの半袖マタニティパジャマ3:ニッセン 半袖マタニティパジャマ

タイプ:前開きタイプ
素材:ポリエステル65%・綿35%
サイズ展開:M~6L
ウエスト調節:アジャスター付き
授乳口:なし
ポケット:あり

ニッセンの着心地が良いカットソー素材の半袖マタニティパジャマです。授乳口は付いていませんが、上から2~4個目のボタンがスナップボタンとなっていて簡単にボタンを開けたり留めたりでき、授乳の時に便利です。サイズ展開も6Lまであるのが特徴です。

おすすめの半袖マタニティパジャマ4:スウィートマミー マタニティパジャマ 上下セット

タイプ:前開きタイプ
素材:綿95%、ポリウレタン5%
サイズ展開:M、L
ウエスト調節:アジャスター付き
授乳口:タンクトップ型授乳レイヤー付き
ポケット:なし

スウィートマミーの七分袖のマタニティパジャマです。夏でも体の冷えが気になるママは、七分袖がおすすめです。華やかな印象の3段のフリルは、柔らかい綿100%のため抱っこした時に赤ちゃんに触れても安心です。タンクトップ型の授乳レイヤーなので、授乳時に胸元がむき出しになることがありません。

おすすめの半袖マタニティパジャマ5:西松屋 授乳口付きチェック柄パイピングパジャマ

タイプ:前開きタイプ
素材:ポリエステル65%、綿35%
サイズ展開:M、L
ウエスト調節:アジャスター付き
授乳口:あり
ポケット:あり

西松屋のリーズナブルなマタニティパジャマです。トップスは膝下丈で十分な長さがあるので、ズボンなしでワンピースのようにも着用しても足元が露出しづらく安心です。お手頃価格ですが、授乳口とポケットもしっかり付いていて機能的にも十分です。

おすすめの半袖マタニティパジャマ6:たまひよ 授乳口つき綿平織半袖パジャマ

タイプ:前開きタイプ
素材:トップス~綿100%、パンツ~ポリエステル65%、綿35%
サイズ展開:M,L
ウエスト調節:アジャスター付き
授乳口:あり
ポケット:なし

ベネッセの通販、たまひよのマタニティパジャマです。トップスが半袖シャツのようなデザインなので、パジャマらしくないデザインを求めているママにおすすめです。パンツはサイドに縫い目がない作りで、履き心地の良さにもこだわっている商品です。

おすすめの半袖マタニティパジャマ7:ワコール マタニティパジャマ

タイプ:前開きタイプ
素材:綿100%
サイズ展開:M~L、L~LL
ウエスト調節:高伸度ゴム使用
授乳口:あり
ポケット:あり

ワコールの素材と縫製にこだわった高品質なマタニティパジャマです。シンプルながらも、レースやリボンが付いたかわいらしいデザインで地味になりません。品質にこだわり、妊娠・産後期を快適に過ごしたいママにおすすめです。

まとめ

まとめ
マタニティパジャマは、妊娠中から産後まで長く使え、ママが快適に過ごせるお役立ちアイテムです。特に入院中は、前開きタイプで丈の長いマタニティパジャマがあってよかったなと筆者も感じました。マタニティパジャマは、リーズナブルなものから高級なものまでたくさんありますので、必要性やお好みに合わせて、お気に入りの1着を選んでみてくださいね。

ママが選ぶおしゃれ授乳服ワンピース13選 おすすめから簡単手作り方法まで
ママが選ぶおしゃれ授乳服ワンピース13選 おすすめから簡単手作り方法まで
授乳中でも使いやすいおしゃれで機能的な授乳服ワンピースを大特集! ママたちから「買って良かった」と人気の高いおすすめ品を普段使い・お宮参り用などシーンごとにご紹介。手持ちの服を授乳服にするリメイク方法も紹介します。
シーン別おすすめマタニティアウターを紹介! マタニティ期以降に欠かせないアウター選びのポイントも
シーン別おすすめマタニティアウターを紹介! マタニティ期以降に欠かせないアウター選びのポイントも
マタニティ用のアウターを買うかどうか迷っているプレママさんもいるのではないでしょうか。寒くなる時期には膨らんだお腹も包んでくれるマタニティ用のアウターがあれば外出時には心強いですよ。安心と温かさを得られるマタニティアウターをシーン別に紹介していきます。
マタニティブルーは産後に起こる? 症状や解消方法とパパにできること
マタニティブルーは産後に起こる? 症状や解消方法とパパにできること
妊娠中のプレママにとって、マタニティブルーはとても身近な言葉ですよね。「つわりや体の変化で大変な時期にマタニティブルーになったらどうしよう」とつい不安になってしまいます。そんなプレママのために、マタニティブルーの具体的な症状や解消法について詳しくご紹介します。
母子手帳ケースの選び方!マタニティライフが楽しくなるおすすめケースまとめ
母子手帳ケースの選び方!マタニティライフが楽しくなるおすすめケースまとめ
妊婦健診で使う母子手帳は、子供が産まれてからも使うのでケースに入れて大事に使いたいものです。そんな母子手帳ケースはどんなものを選んだらいいのでしょうか。ここでは母子手帳ケースの種類やサイズ、選び方やおすすめのブランドについてご紹介したいと思います。
出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産費用は平均で50万円程度かかるといわれています。そこから補助金を引いた金額が自己負担額です。出産総額は地域や病院ごとに異なり、また出産にはそれ以外にも多くの費用がかかります。出産に「かかる費用」「もらえるお金」を解説します。
出産育児一時金とは? 対象条件や金額、申請方法は?
出産育児一時金とは? 対象条件や金額、申請方法は?
出産費用は分娩費、入院費などを合わせると数十万円かかり、経済的な負担を心配するパパママも多いですよね。出産育児一時金は出産費用を大きく賄ってくれるので、もらえると安心です。出産育児一時金は、いつ、いくらもらえるのでしょうか。出産育児一時金の手続き方法についてもご紹介します。
赤ちゃんの名前に画数は気にする? ママたちが名付けで重視していること
赤ちゃんの名前に画数は気にする? ママたちが名付けで重視していること
我が子への初めてのプレゼントとなる「名前」。赤ちゃんを迎えるにあたって、パパママが一番悩むことではないでしょうか。今回は名付けの参考になるようなママたちの名付けエピソードや名付けするときのポイント、姓名判断サイトを紹介します。