産後のママにはドーナツクッションがおすすめ! 必要な理由とおすすめドーナツクッション11選!

産後にドーナツクッションがおすすめのワケ

産後にドーナツクッションがおすすめのワケ
「ドーナツクッション(円座クッション)」という言葉を、出産前の準備リストなどではじめて耳にした方も多いのではないでしょうか。ドーナツクッションとは、中央部分がドーナツのように穴が空いているクッションのことです。実はこのクッション、産後のママはもちろん、産前の妊婦さんにも役立つアイテムなのです。どうしておすすめなのか、シーン毎にご説明していきたいと思います!

腰や尾てい骨に痛みを感じている場合

妊娠中は骨盤が開き、お腹が重くなります。そのため身体がゆがみ、腰や尾てい骨に痛みが出ることがあります。ドーナツクッションは姿勢や骨盤を矯正する効果もあるので、身体のゆがみをただし、痛みを和らげることができるのです。また骨盤矯正だけではなく美尻効果が期待できるものもあります。

【最新】骨盤矯正椅子人気ランキング15選 おすすめ&売れ筋商品を一挙公開!
【最新】骨盤矯正椅子人気ランキング15選 おすすめ&売れ筋商品を一挙公開!
骨盤の歪みが気になるけど整体に通うのも大変…そんな時は「骨盤矯正椅子」を使ってみませんか? 座るだけで骨盤矯正効果が期待できる優れものです! デスクワーク時も使えるものやストレッチ効果のある電動タイプなど、今人気のおすすめ品をランキングで紹介します。

痔になってしまった場合

痔になってしまった場合
妊娠中は、赤ちゃんがお腹を圧迫することでお尻の部分が「うっ血」したり、女性ホルモンが変化したりすることで、痔になりやすくなります。また、出産時も「いきみ」により痔になる妊婦さんは少なくありません。痔になるとお尻が椅子にあたるだけで激痛が走ることも。そのため、クッションの中心に穴が空いているドーナツクッションはとても役立ちます。

出産時に会陰切開や会陰裂傷をした場合

初産の場合、会陰切開か会陰裂傷をすることが多く、患部にしばらく傷と痛みが残ります。座るとさらに痛みが響くため、お尻があたる箇所を刺激しないドーナツクッションはおすすめなのです。

産褥ショーツはいつから必要?準備するタイミングや正しい使い方までを解説
産褥ショーツはいつから必要?準備するタイミングや正しい使い方までを解説
産褥ショーツは出産前後の出血や悪露の手当てに使います。しかし「準備のタイミングは?」「必要枚数はどのくらい」と初めてのママは悩んでしまいますよね。産褥ショーツの正しい使い方から普通のショーツとの違い、必要枚数までを解説します。

産後の腰痛の予防にもなる

授乳中は身体が前のめりになり、腰を痛めてしまうことも。ですがドーナツクッションに座ることで楽な姿勢を保て、腰痛を防ぐことができます。

産後に使いたい骨盤ベルト10選 寝るときはつける? どんなタイプがおすすめなの?
産後に使いたい骨盤ベルト10選 寝るときはつける? どんなタイプがおすすめなの?
妊娠中や出産後に多くのママが悩まされる腰痛や骨盤の開き。骨盤ベルトを使えば、痛みの軽減や体型維持の効果が期待できます。出産後のことを考えると、体形維持のためにつけるべきか今から考えておきたいものですよね。そこで、骨盤ベルトを産後に使う効果と選び方について紹介します。
妊娠中から産後まで長く使える骨盤ベルト! おすすめ商品5選
妊娠中から産後まで長く使える骨盤ベルト! おすすめ商品5選
骨盤ベルトは妊娠中から産後の骨盤矯正に使えるアイテムです。骨盤ベルトは骨盤に巻くだけなので整体に通うより経済的で、産後すぐに使用できるのもうれしいですよね。骨盤ベルトの使い方や注意点、おすすめ商品をご紹介します。

先輩ママに聞く! ドーナツクッションは必要?

先輩ママに聞く! ドーナツクッションは必要?
「そうは言っても、自分にはドーナツクッションはいらないんじゃないかな…」とお考えの方もいるかもしれません。そこでドーナツクッションを使用した先輩ママたちからのコメントをご紹介します! 中には、購入せず他のもので代用したというママの意見も。購入に悩んでいる方は、出産準備の参考にしてみてくださいね。

産前からドーナツクッションを使っていたママ

  • 産後用に購入したのですが、産前も腰に負担をかけずに座れるので使っていました。
  • 産前、痔になってしまったのをきっかけに購入。産後もしばらくお世話になりました。ドーナツクッションがあるのと無いのとでは、座ったときの痛みが全く異なりました!

産後からドーナツクッションを使っていたママ

  • 会陰切開の痛みが辛く、入院中は必ずドーナツクッションを使っていました。自宅にはドーナツクッションが無かったため、退院のタイミングに合わせて急遽購入しました。
  • 産後初めて痔に。ドーナツクッションが無ければろくに座ることも出来なかったので、自分にとっては必須アイテムでした。
  • 座ったときの姿勢が楽だったので、授乳時に授乳クッションと一緒にドーナツクッションも使っていましたよ。

ドーナツクッションを使わずにタオルで代用したママ

入院中は病院のドーナツクッションを使い、退院後はバスタオルを細長く織り、端と端をくっつけてドーナツ状にして使っていました。私にはこれで十分でした。

ドーナツクッションの選び方

ドーナツクッションの選び方
さまざまな種類があるドーナツクッション。どうやって選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで選ぶ際のポイントをご紹介します。

おすすめは「適度なかたさ」のクッション

ドーナツクッションはやわらかすぎるとお尻が沈み、座面に傷口があたってしまいます。逆にかたすぎると長時間座っているのが辛くなってしまいます。そのため、ある程度のかたさと弾力性があるクッションや、低反発クッションを選びましょう。また穴の部分も注意したいポイントです。大きすぎると傷口が座面についてしまいますし、小さすぎるとクッション部分に触れてしまいます。

折りたたみタイプなら持ち運びに便利

中には折り畳み式のタイプもあります。産後はあまり移動することがないかもしれません。ですが身体のゆがみ矯正や腰痛予防で、産後も長期的に使いたいとお考えの方は、いろいろな場所に持って行ける折りたたみタイプもおすすめですよ。

カバー付きだと衛生面でも安心

いわゆる低反発とよばれるドーナツクッションの多くは、ウレタンフォームという素材でできています。もともとは宇宙飛行士の身体の負担を軽減するためにNASAが開発した素材ですが、洗濯ができないという欠点もあります。また、低反発の素材が使用されていないドーナツクッションでも、こまめに洗濯するのは中々難しいですよね。カバーが付いているドーナツクッションであれば、気軽に洗えて乾きも早いので衛生面でも安心ですよ。

次のページでは実際にママが選んだ、人気のドーナツクッションや手作りでの作り方をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!