ベッドガードとベビーベッドガードは同じもの? 利用方法と違いを正しく理解しよう


ベッドガードの種類

ベッドガードの種類
ベッドガードとには、ベッドの周りに取り付けるフェンスの形状をしたタイプと、ベビーベッドの内側に取り付けるクッションタイプのものがあります。どちらも赤ちゃんにとって便利なものに見えますが、本当のところはどうなのでしょうか。

関連記事

赤ちゃんのベビーベッドはいつまで使う? 買うかレンタルかで迷うママ向けのアドバイス!

ベッドガード

フェンスタイプのベッドガードは、ベッドから寝具がずり落ちることや子供が転落することを防ぐ目的で使用されています。赤ちゃんや子供だけでなく、大人向けの製品もあるのが特徴です。また、赤ちゃんを寝かせるために柵のあるベビーベッドを購入するのではなく、大人用のフラットなベッドに赤ちゃんを寝かせることもありますよね。ガードするものがない場合、赤ちゃんがベッドから落ちてしまうのではないかと心配になります。そういった場面でベッドガードを使用するのはとても安心です。

ただ、ここで必ず注意していただきたいのがベッドガードの対象年齢です。ベッドガードの取扱説明書には、「18ヶ月未満の乳児には使用しないこと」と明記されています。消費者庁の調査によると、0〜1才児がベッドと壁や物の間に挟まって窒息してしまうという死亡事故確認されています。そのため、2歳未満の乳児は柵付きのベビーベッドに寝かせるようはっきりと注意喚起されています。誤った使用方法で取り返しのつかないことにならないよう、対象年齢と使用方法は必ず守って使用してください。

関連リンク

消費者庁消費者安全課のWebサイトへ

ベビーベッドガード

一方、ベビーベッドガードと呼ばれるものの多くは、赤ちゃん用のベビーベッドの内側に取り付けるクッションタイプのものです。産まれたての赤ちゃんはまだ活発には動きませんが、日を追うごとにどんどん活動的になり、手足を元気に動かしたり、寝返りやずりばいをしてベッドの中を動き回るようになります。そのため、ベビーベッドガードは赤ちゃんがベッドの中で動いた際に頭をぶつけたり、柵の隙間に手足を挟んだりするのを防ぐ目的で使用されます。

ベビーベッドガードの素材は柔らかいものが多く、赤ちゃんとベッドの間で緩衝材の役割を果たします。ベビーベッドガードを利用する際も、各製品の取扱説明書はもちろんよく確認してください。また、上記に消費者庁が安全基準を提唱している通り、対象年齢や安全基準をきちんと確認した上で利用してくださいね。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?
赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?

ベビーベッドガードを選ぶポイント

ベビーベッドガードを選ぶポイント
ベビーベッドガードを選ぶ際には、注意したい3つのポイントがあります。つい好みのデザインで選んでしまいがちですが、どれも赤ちゃんの安全にとって大切なポイントになりますので、ひとずつ確認していきましょう。

通気性の良い素材・作りである

赤ちゃんは一日のほとんどを眠って過ごしますよね。そのため、ベッド内の環境はとても大切です。特に、赤ちゃんは大人よりも体温が高く汗もかきやすいので、快適な環境を作ってあげなければなりません。四隅に隙間があるタイプのベッドガードを使用するなど、湿気と温度を上手に逃してあげることが必要です。例えば、湿気や熱を発散しにくい素材や形状ですと、当然ベッド内の湿度も高くなりますし、温度も上がります。赤ちゃんにとってはムレやかぶれの原因どころか、季節によっては熱中症に繋がる可能性もありますので、通気性が良く清潔を保ちやすい素材や形状のものを選びましょう。

関連記事

新生児の体温は37度が正常値!? 赤ちゃんの体温の特徴と受診の目安

柔らかい素材でできている

赤ちゃんが頭や手足をぶつけたときに怪我をしないためには、柔らかい素材でできていることが望ましいですよね。さらに気をつけたいのが赤ちゃんのベビーベッドからの転落です。赤ちゃんは立てるようになると、当然ベビーベッドの中でもつかまり立ちをしたがります。手近なところに掴まれる柵のあるベビーベッドは赤ちゃんにとって格好のスペースです。その際、ベビーベッドガードが踏んでも沈まないような硬い素材だと、赤ちゃんが足をかけてベビーベッドの柵を乗り越えてしまう危険性があるのです。そういった危険が伴わないように配慮をするうえでも、柔らかい素材でできているものが安心です。赤ちゃんの成長に合わせて、ベビーベッドガードも取り替えてあげましょう。

取り付け部分の素材は安全か

こちらもとても大切なチェックポイントです。赤ちゃんが紐を引っ張ってしまい、誤って口に入れたり、首や体に巻き付けてしまったりしないよう、安全に取り付けられるタイプを選びましょう。また、紐状のタイプを使用するのであればしっかりとベビーベッドガードの裏側で固定する、その上から布やテープを巻くなどして、赤ちゃんが直接紐に触れることができないような工夫をすることが必要です。

ベビーベッドガードの種類

ベビーベッドガードの種類
最近では実に様々なデザインのベビーベッドガードが販売されています。たくさんの種類があって、どれにすれば良いか迷ってしまいますが、きちんと用途に合わせて選ぶととても便利に使用することができます。以下に、それぞれのベビーベッドガードの特徴とおすすめの商品をご紹介します。

ベビーベッドガードの種類1:部分タイプ

必要な部分にだけピンポイントで取り付けたい際におすすめなのがこの部分タイプです。頭は保護したいけど、赤ちゃんが見えなくなってしまうのは不安、というときにはとても便利ですね。ベビーベッドの近くまでいかなくてもベッドの中の赤ちゃんの様子が確認しやすいのは嬉しいポイントですし、通気性もしっかり確保することができます。赤ちゃんが、眠っていることが多い、あまり動かない時期におすすめです。

部分タイプのおすすめベビーベッドガード

ベッドガードベビー ベッドバンパーミニ

参考価格:4,980円
楽天で見る
amazonで見る

コットンでできており、カバーはファスナーで簡単に取り外しできるので、気軽に洗えるのが便利です。ひとつひとつに分かれているので、取り付けたい部分にのみ利用もできますし、全部つなげて利用することも可能です。洗い替えように半分ずつ使うのも良いですね。

ベビーベッドガードの種類2:半周タイプ

半周タイプのベビーベッドガードは部分タイプと比べて赤ちゃんをカバーできる面積が大きいため、日差しやエアコンの風が直接当たるのをきちんと防ぎたいときに便利です。また、隙間ができにくい仕様のものが多いので、赤ちゃんが柵の隙間に手足を挟んでしまうのも防ぎやすくなっています。赤ちゃんが活発に体をを動かし始めるような時期には、半周タイプくらいがおすすめです。

半周タイプのおすすめベビーベッドガード

ミキハウスファースト ベビーベッドガード

参考価格:10,000円
楽天で見る
amazonで見る

日本が世界に誇るキッズ用品メーカー、ミキハウスが販売しているベビーベッドガードです。もちろん日本製で、誰にも好まれやすいシンプルなデザインです。赤ちゃんの性別や好みによって色柄も選べるのが嬉しいですね。また、厚みがしっかりとしており2.5cmもあるので、赤ちゃんが痛い思いをする心配が軽減されます。

ベビーベッドガードの種類3:全周タイプ

全周タイプはその名の通りベビーベッド全体をガードしてくれるので、ほかの2タイプのベビーベッドガードと比べて赤ちゃんが頭や手足をぶつけたり挟んだりする可能性がいちばん低くなります。高さの低いものや、四隅が空いているタイプのものであれば空気の循環も確保できますよ。頻繁に寝返りをしたり、ずりばいして動き回る時期には全周タイプが安心ですね。

全周タイプのおすすめベビーベッドガード

PUPPAPUPO ベビー ベッドガード 四方タイプ

参考価格:2,980円
楽天で見る
amazonで見る

四面がすべて取り外し可能な全周タイプのベビーベッドガードです。マジックテープでくっつけるので、赤ちゃんのお世話をするときには簡単に外すことができます。汚れた部分は手洗いすることもできるので清潔さもキープできますね。赤ちゃんのお肌に触れる部分はもちろんコットン製で、中は通気性の良い素材を採用しています。

まとめ


ベッドガードの種類と選び方についておわかりいただけたでしょうか。オシャレなデザインが多く、お部屋の雰囲気をぱっと明るくしてくれるのも嬉しいですね。もちろんママの育児をサポートするうえでもとっても便利なアイテムです。赤ちゃんの安全を守るためにぜひ正しい使い方を知っていただき、安全に活用してくださいね。