コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介

コンビ肌着ってどんなもの?

コンビ肌着ってどんなもの?

上下がセットになった、丈の長い赤ちゃん用の肌着です

コンビ肌着は、上下が繋がっている丈が長い赤ちゃん用の肌着で、2つに分かれた裾からそれぞれ足を出すことができるのが特徴です。コンビ肌着の股下部分についているスナップボタンを留めることで、左右の足を分けることができます。コンビ肌着はM字に開く赤ちゃんの足にもフィットし、足をばたばた動かしてもはだけにくい作りになっているのです。

コンビ肌着は、半袖のものが多く、着物のように前を合わせて紐で結ぶものが一般的です。コンビ肌着には汗取りや冷え防止の役割があり、お家で過ごす時はコンビ肌着1枚で部屋着として、おでかけ時にはロンパースやカバーオールなどの下に着ることができます

コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
赤ちゃんの出産準備で必要な肌着は、短肌着、長肌着、コンビ肌着と種類がありますが、違いがわからないパパママも多いのではないでしょうか。コンビ肌着の特徴や何枚用意する必要があるのか、また、選び方やおすすめをご紹介します。

コンビ肌着と短肌着、長肌着、ロンパース・カバーオール型の肌着の違い

コンビ肌着と短肌着、長肌着、ロンパース・カバーオール型の肌着の違い
コンビ肌着とほかの肌着にはどんな違いがあるのでしょう。ここでは、コンビ肌着は紹介せず、短肌着、長肌着、ロンパース、カバーオールの特徴を簡単にまとめていきます。

赤ちゃんのカバーオールとは? ロンパースとの違いやおすすめ10選を紹介
赤ちゃんのカバーオールとは? ロンパースとの違いやおすすめ10選を紹介
体温調節ができない赤ちゃんには肌着やベビー服で調整してあげる必要がありますよね。カバーオールの形は、赤ちゃんを保温するのにぴったりで、基本のベビー服です。選び方やおしゃれなデザインや着ぐるみデザインのカバーオールなどのおすすめ商品などをご紹介します。

赤ちゃんの肌着の種類1:短肌着

短肌着
短肌着は、赤ちゃんのお腹から腰あたりまでの丈で作られています。袖は半袖のものが多く、着物のように前を合わせて紐で結ぶものが一般的です。コンビ肌着や長肌着の下に着せて使います。

新生児の短肌着は何枚必要? いつまで着れる? おすすめ15選やリメイク方法も紹介
新生児の短肌着は何枚必要? いつまで着れる? おすすめ15選やリメイク方法も紹介
出産準備で赤ちゃんの肌着は必須アイテムです。短肌着はどんな肌着? 夏や冬に産まれた赤ちゃんでは必要な枚数が変わるのでしょうか。長肌着やコンビ肌着の違いや短肌着の選び方、おすすめ商品、リメイク方して長く使う法などもご紹介します。

赤ちゃんの肌着の種類2:長肌着

長肌着
短肌着の裾を長くしたもので、ワンピースのような形をしています。まだ動きが少ない生後間もない赤ちゃんに着せてあげると、オムツ交換がしやすく便利です。

赤ちゃんの長肌着の選び方やおすすめ10選! いつまで着る? 春夏生まれは必要?
赤ちゃんの長肌着の選び方やおすすめ10選! いつまで着る? 春夏生まれは必要?
長肌着はおむつ替えがしやすく保温性も高いため、上手く体温調整ができない新生児の赤ちゃんに便利なアイテムです。長肌着は短肌着の上から着せるのですが、春夏生まれの赤ちゃんには必要なのでしょうか? 長肌着の選び方やおすすめ、肌着のリメイクについてもご紹介します。

赤ちゃんの肌着の種類3:ロンパース型の肌着

ロンパース型の肌着
ロンパース型の肌着は、赤ちゃんのお尻を覆うような形で、股下にスナップボタンがついています。コンビ肌着は赤ちゃんの太ももを覆いますが、ロンパース型の肌着は脚の付け根からつま先まで全て露出されます。ロンパース型の肌着には前開きのものと、頭から被るデザインのものがあり、赤ちゃんの首が据わるまでは前開きのタイプが着せやすいですよ。ロンパース型の肌着はボディー肌着と呼ぶこともあります。

赤ちゃんの肌着の種類4:カバーオール型の肌着

カバーオール型の肌着
カバーオール型の肌着は、上下がつながった、つなぎのような形をしています。ロンパース型の肌着は股下までの丈ですが、カバーオール型の肌着はズボンのように裾がついたようなイメージです。カバーオール型の肌着は股下までボタンで留めれられるのでお腹の冷えを防止でき、洋服にも見える肌着なので、暑すぎず寒すぎない気候のちょっとした外出には、カバーオール型の肌着1枚でも大丈夫でしょう。

新生児・赤ちゃんとのおでかけはいつから? 外出時の持ち物と注意点は? 外気浴の方法も紹介
新生児・赤ちゃんとのおでかけはいつから? 外出時の持ち物と注意点は? 外気浴の方法も紹介
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。

コンビ肌着はいつからいつまで着せるの?

コンビ肌着はいつからいつまで着せるの?

新生児~生後6、7ヶ月頃まで着ることができます

コンビ肌着は、新生児から着せることができます。生後1ヶ月頃から赤ちゃんの足の動きが活発になると、はだけにくいコンビ肌着が便利です。サイズ展開は50cm~70cmサイズが一般的で、サイズアウトするまで着せることができます。赤ちゃんが寝返りやお座りができるようになる生後6ヶ月~生後7ヶ月頃は、コンビ肌着の前合わせの紐を結ぶのが難しくなるので、そのタイミングでロンパースやボディー肌着に変えてもいいですね。

寝返りはいつからできる? 赤ちゃんの月齢目安や練習方法は? 注意点も紹介
寝返りはいつからできる? 赤ちゃんの月齢目安や練習方法は? 注意点も紹介
赤ちゃんはいつ頃寝返りをするようになるのか、ご存知でしょうか? ウチの赤ちゃんはなかなか寝返りしないので練習した方がいいの? などと不安なパパママに向けて赤ちゃんが寝返りをする赤ちゃんの月齢目安、寝返りの練習方法、注意点などをご紹介します。
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、新生児の赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょうか? 生後1ヶ月は育児の悩みや不安も増えてくるころでもあります。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイント、母乳不足や発熱などの対応方法などもご紹介します。

コンビ肌着を選ぶ時のポイント

コンビ肌着を選ぶ時のポイント
コンビ肌着を選ぶ時のポイントを、必要枚数、素材や生地の違い、サイズについてご紹介します。

生まれる季節によって必要な枚数をチェック

生まれる季節によって必要な枚数をチェック</h3>
<p><img src=
春夏生まれの赤ちゃんは、コンビ肌着1枚や、「短肌着+コンビ肌着」のように部屋着として着せる機会が多いでしょう。筆者の娘は夏生まれのため、産院に入院しているときから夏の終わりまでコンビ肌着1枚で過ごさせることが多かったですよ。赤ちゃんは汗や吐き戻しでお着替えをさせることもあるので、コンビ肌着を4枚~5枚ほど用意すると洗い替えにも便利です

秋冬生まれの赤ちゃんには、「短肌着+コンビ肌着+ベビードレス」という組み合わせで着せることが多く、寒い冬はさらにベストなどを着せて体温調整をします。秋冬生まれの赤ちゃんにはコンビ肌着を2枚~3枚以上は用意すると良いでしょう

コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
赤ちゃんの出産準備で必要な肌着は、短肌着、長肌着、コンビ肌着と種類がありますが、違いがわからないパパママも多いのではないでしょうか。コンビ肌着の特徴や何枚用意する必要があるのか、また、選び方やおすすめをご紹介します。

素材は赤ちゃんの肌に優しい綿100%を選ぶ

素材は赤ちゃんの肌に優しい綿100%を選ぶ
コンビ肌着を選ぶ際にまずこだわってほしいのは、素材です。綿素材の肌着は通気性や肌触りに優れているので、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して着せることができます。同じ綿素材でも生地の種類がいくつかあるので、季節に応じたものを選んであげましょう。

コンビ肌着の生地についても選び方のポイントがあるのですが、長くなるので次のページでおすすめ製品と一緒にご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!