搾乳器のおすすめ11選! 手動と電動どっちがいい? レンタルがお得?

搾乳器とはどんな物?

搾乳器とは?
搾乳器とは空気圧を利用して母乳を搾るアイテムです。母乳はママが手で絞ることもできますが、搾乳する量が多かったり、頻繁に搾乳したりする場合は大変です。搾乳器を使うことで搾乳する時のママの負担を減らせます

【助産師監修】「母乳が出ない」原因は? 母乳の出をよくする方法と先輩ママ達の乗り越え方
【助産師監修】「母乳が出ない」原因は? 母乳の出をよくする方法と先輩ママ達の乗り越え方
母乳が出なくて子供に十分に飲ませてあげられない。そんな悩みで辛い思いをしていませんか。母乳の量はコントロールできるものではなく、出る・出ないはママのせいではないのです。助産師の池田なおみ先生に原因や対処法について聞きました。

搾乳器はどんな時に必要?

搾乳器はどんな時に必要?
搾乳器が必要なケースに次の場合があります。赤ちゃんとママがすぐ傍にいていつでも母乳をあげられる環境であっても、搾乳器は意外と活躍の場が多いんですよ。

母乳の量が多いママの乳腺炎予防

母乳の量が多いママの乳腺炎予防
母乳は赤ちゃんに飲まれなければ徐々に分泌されなくなっていきます。赤ちゃんの飲む量が増えた時のために、母乳の分泌量はキープしておきたいものです。母乳が作られ過ぎておっぱいが張ったのをそのままにしておくと、痛みが出て乳腺炎を引き起こしかねません。赤ちゃんが飲みきれない母乳を搾乳器で搾ることにより、母乳の分泌量をキープしながら乳腺炎を防げます。
生理的な乳房の緊満(メデラ公式ホームページ)

赤ちゃんを預けている時も母乳を飲ませたい場合

赤ちゃんを預けている時も母乳を飲ませたい場合
ママが仕事に復帰する場合を初め、数時間美容院に行きたい、結婚式に出席することになった、上の子と2人で出かけたいなど、いろいろな場合が考えられます。ママが赤ちゃんと数時間でも離れる必要がある時にミルクではなく母乳を飲ませたいなら、搾乳器があると便利です。

また産後ママが赤ちゃんより先に退院する場合、搾乳した母乳を届けることがあります。1週間程の期間でも毎日手で搾乳するのは想像以上に大変です。搾乳する量や頻度が多い時に搾乳器があるとママの負担を減らせますよ。

母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。
0歳児保育のメリットとデメリット、1歳児クラスに入るより保活は有利?
0歳児保育のメリットとデメリット、1歳児クラスに入るより保活は有利?
産休中、育休中のママの中にはいつ子供を保育園に預けて職場復帰するのかで悩んでいる人はいませんか? 0歳児保育だと子供がかわいそう…と思っていませんか? 0歳児保育の基礎知識からメリット、デメリット、保活についてまで紹介します。

完全母乳育児でもパパに授乳をしてほしい場合

完全母乳育児でもパパに授乳をしてほしい場合
完全母乳で育てたいと思っているママは、搾乳をすればパパも赤ちゃんに授乳できます。授乳が頻回でまとまった睡眠が取れない、ママが1人で外出をしたいなどの時は、パパに搾乳した母乳をあげてもらいましょう。搾乳器があれば搾乳の負担を減らせ、パパママも協力して育児しやすくなりますね。

母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児は赤ちゃんとのスキンシップの時間が楽しい一方、昼夜問わずの授乳生活に正直疲れてしまうこともありますよね。中には1日20回の頻回授乳をしているママも。なぜ赤ちゃんの授乳間隔があかないのか、その理由をご紹介します。頻回授乳でよくあるトラブルの対処法も紹介いたします。

卒乳・断乳する時

卒乳・断乳する時
卒乳・断乳の時にも、搾乳器が役に立つ場合があります。ママの体質的に時間が経つとどんどん母乳が溜まっていく場合、授乳しなくなることで乳腺が詰まり乳腺炎の元になります。

卒乳のタイミングはいつ? 方法やコツ、ママのおっぱいケアも紹介
卒乳のタイミングはいつ? 方法やコツ、ママのおっぱいケアも紹介
赤ちゃんが大好きなママのおっぱいをやめるのは、大変なことですよね。ママのおっぱいをすんなりやめられたという子供もいれば、卒乳させるのに苦労したママもいます。赤ちゃんのタイミングで自然に卒乳させてあげたいと考えるママも多いようですが、卒乳するタイミングはいつ頃なのでしょうか。卒乳の方法やコツなどをご紹介します。
夜間断乳を成功させるには? 進め方やおすすめ入眠グッズを紹介
夜間断乳を成功させるには? 進め方やおすすめ入眠グッズを紹介
赤ちゃんが夜中に何度も母乳やミルクを欲しがったり夜泣きが続いたりすると、パパママが寝不足になり、疲れが溜まってしまいますよね。赤ちゃんがおっぱいを噛むので授乳が辛かったり、妊娠を考えたりしている場合も夜間断乳を検討するでしょう。夜間断乳を開始しても良いタイミングや進め方のポイントなどをご紹介します。

搾乳器はいつからいつまで使えるの?

搾乳器はいつからいつまで使えるの?
搾乳器を使う時期は人それぞれですが、新生児から卒乳まで使えます。

  • 新生児のころに1度しか使わなかった
  • 赤ちゃんが母乳を飲んでいる期間は定期的に使っていた
  • 断乳や卒乳の時期に赤ちゃんが飲まなくなった母乳を搾乳していた

など、ママや赤ちゃんの生活環境で搾乳器を使う時期や期間は変わります。

また、出産後に母乳が出ない・少ないママの場合、搾乳器は必要なくなります。搾乳器をどのくらい使うのかを考えた上で購入かレンタルかを決め、購入する場合は出産後ママと赤ちゃんの様子を見て用意してもいいでしょう。搾乳器のレンタルについて詳細は後述します。

搾乳器の選び方

搾乳器の選び方
搾乳器を選ぶポイントはいくつかあります。自分にどんなタイプが合っているか迷う時は、以下の項目を参考にしてください。

搾乳頻度と母乳の量で「手動」か「電動」か選ぶ

メデラ 搾乳機 電動 スイング 搾乳機 (電動・シングルポンプ) コンパクトで軽量 4つのボタンで簡単操作 母...

搾乳器には手動タイプと電動タイプがあります。搾乳する頻度と必要な母乳の量により、どちらを選ぶか考えます。

【手動|搾乳頻度が週1回以下のママ】
週に1度赤ちゃんを預けて出かける程度であれば必要な母乳も一度に1~2回分で済むため、手動の搾乳器でも充分でしょう。
・手動タイプのメリット:自分の手で動かすので絞り方が調整しやすく、音が静かなので眠っている赤ちゃんの横でも搾乳できます。手動の搾乳器は比較的サイズが小さいため持ち運びが簡単にできます。
・手動タイプのデメリット:ハンドルを握って離す動きを何度も繰り返すので、手や手首に負担がかかります。母乳の出具合によって、搾乳器を使うより手で絞った方が早い場合もあります。

【電動|搾乳回数が多いママにおすすめ】
1日に何度も搾乳をする場合電動の搾乳器がおすすめです。手動の搾乳器では想像以上に手や手首に負担がかかり、腱鞘炎につながるおそれもあります。
・電動タイプのメリット:セットするだけで母乳を自動的に絞ってくれるため、手動よりも格段に楽に搾乳できます。搾乳にかかる時間が大幅に短縮でき時短になります。
・電動タイプのデメリット:手動タイプに比べて高額で、一般的な電動タイプの搾乳器は1万円を超えることもあり、導入にはハードルが少し高いと言えます。人によっては母乳を絞り出す力が強すぎて痛みを感じることもあります。

肌に当たる部分の素材

肌に当たる部分の素材
肌が弱い人は特に、肌に直接当たる部分の素材を確認して搾乳器を選びましょう。乳頭を包み込む部分はシリコンなどの肌当たりのいい素材がおすすめです。肌に当たる部分がプラスチックなどの固い素材でできている場合、肌が弱くなくても張ったおっぱいへ押し当てると痛みが出る場合があります。

母乳を溜める容器の大きさ

母乳をためる容器の大きさ
一度にたくさんの母乳を搾乳したいママは、搾乳器の容器サイズを確認しましょう。メーカーによって付属容器が100ml以下の場合があります。また、新生児用哺乳瓶と同じ容器を使っているメーカーも多く、哺乳瓶の乳首をセットすればそのまま赤ちゃんに授乳できます。

お手入れが楽な物

お手入れが楽なもの
搾乳器を頻繁に使うならお手入れが大変では困りますよね。なるべくパーツが少なくて洗いやすく、楽に分解・組み立てができる物を選びましょう。搾乳器のパーツを紛失してしまった時のことを考えて、予備パーツが購入できるか確認しておくとさらに安心です。

母乳を出しやすくする機能付きの搾乳器も

搾乳器を使って上手に搾乳するためには、以下の項目を意識してみてください。

  • 搾乳カップと乳房の間に隙間を作らない
  • 乳首はカップの中央に来るようにする
  • 吸引圧は最初は弱く、母乳が出始めたら強めていく

搾乳器は空気圧を利用して母乳を吸引するので、搾乳カップと乳房の間に隙間があると空気が漏れてうまく吸引できません。また、母乳が噴出する乳首がカップの縁に触れると、吸引する圧力が均等にかからず搾乳量が減ってしまうことがあります。乳首に痛みが出たり、傷ができる原因にもなりかねません。弱い吸引圧から始めると、赤ちゃんの吸い方に少しでも近づき母乳が出やすくなります。

【手動タイプ】搾乳器のおすすめ6選

【手動タイプ】搾乳器のおすすめ5選
おすすめしたい手動タイプの搾乳器を挙げました。搾乳器は西松屋などのベビー用品店のほか、Amazonや楽天などネット通販でも購入できます。店舗により本体価格や送料の有無などが異なるので、詳細をよく確認してください。

手動タイプ搾乳器のおすすめ1:ピジョン さく乳器 (手動タイプ) 母乳アシスト

こちらの搾乳器は人間工学ハンドルを採用しているため、手が疲れにくく手や腕の負担を軽減できます。搾乳器のハンドルをくるっと回せば握りやすい位置に調整できます。準備ステップ・搾乳ステップがワンタッチで切り替え可能です。
【口コミ】

  • 痛くもなく、弱くもなく、しっかり母乳を絞れます。母乳実感の160mlの哺乳瓶と新生児用の乳首が付いてきます。1〜2回、組み立てをすれば説明書なしでできるようになりました。
  • (引用元:Amazonレビュー)

  • 強弱を調節できるので出にくかった頃と出るようになってきてからも使えたのがよかったです。
    しばらく使うと弁のところが弱くなってきて吸引力が落ちますがスペアがあるので安心でした。
  • (引用元:Amazonレビュー)

哺乳瓶サイズ 160ml
消毒 薬液〇 煮沸〇 レンジ〇

手動タイプ搾乳器のおすすめ2:メデラ ハーモニー手動さく乳器

ハンドルが回転してどんな時も一番適した角度で搾乳できます。長さの違う2つのレバーを使い分けることで、赤ちゃんの飲み方を再現できます。数多くの産院で使用されていて性能は折り紙付きです。

【口コミ】

  • 外出先や宿泊先で簡単に使えるので便利でした。母乳外来でも電動は地震が起きた時に使用できなくなるので、手絞りか手動で搾乳できるものがあるといいとすすめられました。
  • (引用元:Amazonレビュー)

  • 使い勝手はとてもよいです。ハンドルも軽く短時間で搾乳できます。分解も簡単で使用感は星5つです

(引用元:Amazonレビュー)

哺乳瓶サイズ 150ml
消毒 薬液◯ 煮沸〇 レンジ〇 食洗器〇

手動タイプ搾乳器のおすすめ3:手動搾乳器 アンジュスマイル

AngeSmile 搾乳機(手動)

AngeSmile 搾乳機(手動)

2,970円(12/08 19:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

搾乳器のハンドル位置を付け替えて吸引力を3段階に調節できます。付属の乳首を付ければ授乳も可能です。手動タイプの搾乳器の中でも安価なため、搾乳器を一度試してみたい人におすすめです。持ち運び用の袋も付属しています。

【口コミ】

  • 安価ですが、充分機能を果たします。分解洗い、組み立ても簡単で、持ち運びや収納に使える簡易ポーチもついています。
  • (引用元:Amazonレビュー)

  • コストの良さで購入を決めましたが、届いた商品の使い勝手もとても良く、張りすぎて触るのも痛かった胸がとても楽になりました。
  • (引用元:Amazonレビュー)

哺乳瓶サイズ 125ml
消毒 薬液〇 煮沸〇 レンジ〇
※一部パーツ煮沸・レンジ不可

手動タイプ搾乳器のおすすめ2:カネソン さく乳器 ママらくハンドα

カネソン Kaneson さく乳器 ママらくハンドα

カネソン Kaneson さく乳器 ママらくハンドα

2,437円(12/08 19:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

ソフトモードが搭載されていて、搾乳前にソフトな吸引圧でおっぱいへ刺激を与えマッサージします。ハンドルを動かすと連動して搾乳カップカバーがマッサージするように動き、心地よく母乳の分泌を促します。

【口コミ】

  • 母乳が割と出るようになった後も、わたしが病気になり授乳が出来なくなった時、再び活躍してくれました。搾乳により乳腺炎を回避出来ましたし、赤ちゃんに母乳を継続して与えられたことは安心感にも繋がりました。
  • (引用元:Amazonレビュー)

  • 産後2日目、胸がカチカチになってしまい痛みで寝付けないほどでした。産院でお借りしたのがこれで、他にも自動のピジョンやメデラも使わせてもらいましたが一番こちらが使いやすかったし痛みもなく搾乳できたので即購入しました。
  • (引用元:Amazonレビュー)

哺乳瓶サイズ 150ml
消毒 薬液〇 煮沸〇 レンジ〇

手動タイプ搾乳器のおすすめ5:NUK 手動さく乳器Jolie

搾乳カップは独自のカーブ設計で、凸凹のあるシリコンクッションがおっぱいをマッサージして母乳の分泌を促進します。ノーマルモードとパワーモードの2種類を使い分けることで快適に搾乳できます。

【口コミ】

哺乳瓶サイズ 120ml
消毒 薬液〇 煮沸〇 レンジ〇 食洗器〇

手動タイプ搾乳器のおすすめ6:Q-jing 搾乳器 手動

アメリカ食品医薬品局(FDA)の認証を受けた製品で、食品レベルのシリコン素材を使っています。ハンドルを握ったり離したりし吸引圧やスピードを調節して搾乳できます。各パーツを細かく分解して洗えるので衛生的で、哺乳瓶も直径約5cmと広口で洗いやすい構造になっています。

【口コミ】

  • レビューが良かったので半信半疑で購入してみましたが、とても良い商品でした。手で絞っていると20分くらいかかる分量を5分くらいで絞れました。夜中の搾乳も時間が短縮できて睡眠時間も多くなり大満足です。まだ使用し始めたばかりの為耐久性は不明ですがそんなに長い期間違う商品でもない為
    お値段的にお得なこちらの商品を購入して良かったです。
  • (引用元:Amazonレビュー)

  • 手動ですが、かなりしっかりした吸引力で搾乳できます。お手入れの際はパーツがかなりバラバラになるので驚きました。
  • (引用元:Amazonレビュー)

哺乳瓶サイズ 150ml
消毒 薬液〇 煮沸〇

次のページでは、電動の搾乳機やカップ型搾乳機のおすすめを紹介します

続きを読む

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!