赤ちゃんの出産準備品を生まれ月別に紹介! 本当に必要なベビー用品はどれ?

ベビー用品などの出産準備品の用意はいつ頃から始めるのがいい?

出産準備品の用意はいつ頃から始める?

妊娠8~9ヶ月頃、赤ちゃんの性別がわかってから準備するのがおすすめ

赤ちゃんも安定し、つわりが治まる人も多いことから、安定期(妊娠5ヶ月)以降に出産準備品を用意し始めるママが多いです。しかし、出産準備品は意外と部屋の場所を取りますし、性別もハッキリわかった方が用意しやすいという点から、妊娠8~9ヶ月頃に用意するのがおすすめです。まだ見ぬ我が子を想像しながらの準備は、出産に向けて気持ちも高まりますよ。臨月に入ると思うように身動きが取れない場合もありますので、なるべくそれまでに用意しておきましょう。

出産予定日までママはどう過ごしたらいい? 1ヶ月前から出産予定日までの妊婦の過ごし方
出産予定日までママはどう過ごしたらいい? 1ヶ月前から出産予定日までの妊婦の過ごし方
臨月になると赤ちゃんの出産まであと少し。いよいよカウントダウンに入りますが、不安に思うことも増えてくるのではないでしょうか? そこで、出産予定日までを細かく分け、ママの過ごし方について具体的に紹介したいと思います。

早めに用意しておきたい出産準備品リスト

早めに用意しておきたい出産準備品リスト
快適に赤ちゃんを迎えるために、どんなものを準備したら良いのでしょうか。赤ちゃんの生まれ月を問わず、最低限必要なものをまとめてみました。

  • 紙おむつ(新生児用)
  • おしり拭き
  • ベビー服
  • 粉ミルク
  • 哺乳瓶と乳首
  • ガーゼ
  • ベビーバス
  • ベビーソープ
  • ベビー用綿棒
  • ベビー用つめきり
  • 授乳クッション

おむつや着替えは何枚あればいい?

おむつはメーカーによって入っている枚数は異なりますが、新生児のうちは1日に10枚以上おむつを使うことを考えると、おむつは300枚くらいあってもいいですね。ベビー服は産院を退院するときに早速必要になります。オールシーズン必要になる肌着は、洗い替えも考慮して5~6枚あると安心です(筆者的にはユニクロの前開きボディ肌着がおすすめ)。その他、カバーオールなど季節に合ったものを準備しておきましょう。

紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
初めての育児では、赤ちゃんにどんなおむつを選べば良いのか悩んでしまいますよね。おむつメーカーによって、素材や価格、機能性などが異なります。おむつのサイズアップの時期、テープタイプからパンツタイプに切り替えるタイミング、おむつをはずす時期についてご紹介します。
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
妊娠後期に入ると、徐々に赤ちゃんを迎える準備を始めていくものですが、新生児にとって必要なベビー用品は一体どれくらいあるのでしょうか。一度に揃えすぎて使わないのはもったいないですよね。そこで、新生児のお世話に本当に必要なベビー用品とあったら便利なものをそれぞれご紹介します。
ベビー服の水通しで出産準備をしよう! 手洗い? 洗濯機? 洗剤を使っても良いの?
ベビー服の水通しで出産準備をしよう! 手洗い? 洗濯機? 洗剤を使っても良いの?
ベビー服は、赤ちゃんに着せる前に水通しをする必要があります。出産後はパパもママもバタバタしているので、赤ちゃんが生まれてくる前にやっておくのがおすすめですよ。出産準備でベビー服の水通しが必要な理由や水通しの方法、注意点をご紹介します。

完全母乳育児予定だから粉ミルクは必要ない?

粉ミルクは、完母(完全母乳育児)を予定しているママでも必要な場合があります。たくさん母乳が出れば、母乳を搾乳して冷凍保存することもできるため、とりあえずはスティックタイプのものが数本あればOKです。哺乳瓶はママ以外の人が授乳をすることがあるなら絶対に必要です。耐熱ガラス製のものであれば、丈夫で煮沸消毒ができ、抗菌力もあり、汚れや色や臭いがつきにくいので、まずはガラス製がひとつ以上あれば大丈夫。

どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。
母乳を搾乳するときの注意とは? 搾乳器は手動、電動? 搾乳間隔や保存方法、保存期間を紹介
母乳を搾乳するときの注意とは? 搾乳器は手動、電動? 搾乳間隔や保存方法、保存期間を紹介
赤ちゃんが産まれ、母乳が出るようになれば搾乳する機会がありますよね。でも、初めてのママはどのくらいの間隔で搾乳すればいいのか、どう保存すればいいのか、どの搾乳器を使えばいいのか不安ではないですか? こちらの記事で搾乳の基本的な知識から、おすすめ搾乳器までをご紹介します!
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは月齢や赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを選ぶ必要があります。でも種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、粉ミルクの種類や選ぶ時の注意点、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? ピジョンなどのおすすめ5選!
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? ピジョンなどのおすすめ5選!
赤ちゃんの授乳には欠かせない哺乳瓶はピジョンやコンビなどの育児用品メーカーから、いろいろな種類が販売されています。どれを買うべきか迷ってしまいますよね。どのサイズを買えばいいのか? 哺乳瓶の消毒は利用の度に必要なのか? おすすめは? などパパママの疑問にお答えします。

ベビーバスはふくらませたり、折りたためたりするタイプがおすすめ

ガーゼは授乳後に赤ちゃんの口まわりを拭いたり、沐浴などで赤ちゃんの肌に触れる機会に度々重宝しますので、洗い替えも考えて5~10枚くらいあると良いです。ベビーバスは場所を取り、ツルツル滑るプラスチック製のものよりも、空気を入れて膨らませるタイプのもの、折りたたみバケツがおすすめです。実家に帰省する際など、コンパクトになれば持ち運びが楽ですし、少し大きくなってからも水遊びなどに使えますよ。

清浄綿はママの授乳に必要? 使い方や使用期限、おすすめ商品11選! 
清浄綿はママの授乳に必要? 使い方や使用期限、おすすめ商品11選! 
出産準備リストに「清浄綿」と書いてあるのを見て、初めてその存在を知ったママも多いのではないでしょうか。清浄綿は主に産後のデリケートゾーンを清潔に保ったり、母乳をあげるときのおっぱいの拭き取りに使います。使い方や注意点、おすすめ商品を紹介します。
ベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
ベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
まだ首が座っていない赤ちゃんを片手で支えながら、もう一方の手で、石鹸をつけて体を洗ったり流してあげたりするので、大人用の大きなお風呂では沐浴は難しいですね。新生児の赤ちゃん用のベビーバスにはいろんな種類があり、タイプ別にご紹介します。
里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
里帰り出産の期間はどれくらいなのか、いつからどんな準備を始めたら良いか悩むものです。ここでは、里帰り前2ヵ月から里帰り中まで何を準備したら良いか順を追ってご説明。さらに夫や実家にどんな準備や配慮をしたら失敗ない里帰りになるのかもご紹介します。

意外と大活躍してくれるのが授乳クッション

授乳クッションに関しては、無くても育児は出来ます…が、これは絶対に合った方が良い必須アイテムです! 授乳が格段に楽になりますし、授乳による肩凝りや腰痛の軽減、さらに抱き枕として産前から使用することも出来ますので、早めに準備しておくことをおすすめします。消耗品はそれぞれ様子をみて買い足すことが、無駄なく準備するポイントです。

赤ちゃんに授乳クッションは必要? 抱き枕は使える? 使い方からおすすめの授乳クッションまで紹介
赤ちゃんに授乳クッションは必要? 抱き枕は使える? 使い方からおすすめの授乳クッションまで紹介
赤ちゃんのために使うもののひとつに授乳クッションがありますね。ただ、短いと1年も使わないことから、授乳クッションは抱き枕などでもよいかもと考えたことはありませんか? 今回は授乳クッションの役割と使い方からおすすめの授乳クッションまで紹介していきます。
妊娠中に抱き枕は必要なの? 使い方や妊婦におすすめの抱き枕8選を紹介
妊娠中に抱き枕は必要なの? 使い方や妊婦におすすめの抱き枕8選を紹介
妊娠中期頃になると、お腹もだんだん大きくなってくるので、仰向けに寝るもの辛くなります。そんな時は、抱き枕を使って横に寝ると体の負担が減り、快適な状態で眠ることができますよ。妊娠中におすすめな抱き枕の使い方や選び方、人気商品を紹介します!
子育て中のママや妊娠中の方におすすめ! 人気の食材宅配サービスを徹底比較
子育て中のママや妊娠中の方におすすめ! 人気の食材宅配サービスを徹底比較
育児、家事、仕事など、忙しい毎日を過ごしているママを助けてくれるのが、食材宅配サービスです。美味しい食材はもちろんのこと、離乳食作りをサポートしてくれる食材やおむつ、ミルクなど、ママ向けの商品を購入できるところもあるので参考にしてくださいね。
忙しい、共働きのママこそ、ネットショッピング! 日用品の購入は安くて便利な通販がおすすめ
忙しい、共働きのママこそ、ネットショッピング! 日用品の購入は安くて便利な通販がおすすめ
子供のおむつや洗剤、シャンプーなど日用品はかさばるものが多いですよね。子供を連れての買い物となるとさらに大変。そんなときは、日用品のネットショッピングを使ってみませんか? 日用品の購入に便利な通販サイトを送料やポイントなどで比較してみたので、ご覧ください。

ベビー用品、出産準備品でいらなかったもの 先輩ママの声を紹介!

先輩ママの声あり!出産準備品でいらなかったもの
出産前に、必要だと思って買っておいたのに、結局未開封のままクローゼットで眠っているものって結構あるんです。そこで、買っても使わなかったもの(赤ちゃんが生まれてから必要に応じて用意すれば良いもの)をご紹介します。先輩ママの声を参考にして、無駄な出費をおさえましょう。

ベビー布団

これが一番の失敗でした。産まれてくる赤ちゃんが快適に眠れるようにと、京都西川の結構イイやつを購入しました。しかし、退院してから今日に至るまでずっと私の布団で添い寝、お昼寝のときも元々家で使っていた長座布団にバスタオルを敷いて寝かせていたので、結局一度も袋から出していません…京都西川なのに…(笑)。これはかなりもったいなかったですね。

赤ちゃんのベビー布団の選び方、現役ママライターが選ぶおすすめのベビーサイズ布団5選
赤ちゃんのベビー布団の選び方、現役ママライターが選ぶおすすめのベビーサイズ布団5選
赤ちゃんのベビー布団は、種類が多すぎて何を基準に選んだらいいのか分からないと思いませんか? ランキングを見ても、本当にこれでいいのか迷ったことがある人も多いでしょう。そこで、現役ママライターの体験談を元に、おすすめのベビーサイズ布団をランキング形式でご紹介します。
赤ちゃんと同じ布団で添い寝しても大丈夫? 安全な添い寝のポイント
赤ちゃんと同じ布団で添い寝しても大丈夫? 安全な添い寝のポイント
赤ちゃんとの添い寝のひとときは幸せな時間ですよね。ただし、気をつけないと窒息や転落事故などトラブルの危険があります。そこで、より安全に赤ちゃんと添い寝する方法や便利な添い寝グッズを紹介! 腕枕はしてもいいの? などママたちの疑問にも答えます。

哺乳びんの消毒グッズ

初めは消毒液につけこむタイプのものを使用していましたが、乾燥させても哺乳びんに残る消毒液の臭いが気になったのでやめることにしました(臭いがあっても赤ちゃんに悪影響はないと思いますが)。次に、電子レンジでチンするタイプのものを購入し数回使いました。が、いちいち少量の水を注入するのが地味に手間で、しかも、使用後は哺乳瓶を取り出すまで電子レンジがピーピー鳴って放置できないし(これは我が家の電子レンジの問題)、取り出した後の電子レンジ内部がビショビショで毎回拭き取るのも億劫でした。ふと思い立って、お鍋にお湯を沸かして煮沸消毒をしてみたところ、これが断然楽でした。購入費用0円の煮沸消毒を最初に試すべきでした…。

哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶は免疫力が弱い赤ちゃんが口にするものなので、哺乳瓶は清潔に保ちたいですよね。赤ちゃんの哺乳瓶は消毒方法によって手順や消毒にかかる時間が異なります。煮沸消毒、電子レンジ、消毒液で消毒する方法や、消毒後の保管方法もご紹介します。

ミトン

赤ちゃんが着用する、指の分かれていない手袋の事です。筆者の親族に引っ掻き癖のある赤ちゃんがおり、眠いときなど耳のあたりを出血するほど引っ掻いていた姿を見ていたため、当然のように購入していました。しかし、我が子に引っ掻き癖はなく、結局未開封です。高価なものではありませんが、購入を早まりました。

沐浴剤

お湯をはったベビーバスに規定量(キャップ1杯分くらい)入れれば、石鹸で赤ちゃんを洗わなくて良いとのことで、楽をしたい筆者は迷わず購入。3回くらい使用しましたが、本当にきれいになっているのか疑問に思い、それからは自宅にあった牛乳石鹸を利用しました。沐浴剤は500mlのボトルで購入していたので、ほぼ満タン入ったままそっと棚の奥に…。

赤ちゃんのお風呂に沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介
赤ちゃんのお風呂に沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介
新生児期の入浴は、ベビーバスを使った沐浴がメインです。そんなとき、あると便利なのが沐浴剤。体も頭も洗える上に入浴剤と違って上がり湯が不要、さらには保湿効果もあるため、ママにとって嬉しいアイテムです。必要性や効果など沐浴剤の基本から、ママたちの疑問まで解説します。

ベビードレス

またの名を『セレモニードレス』といいます。赤ちゃんの性別問わず着せられる、純白のドレスのようなお洋服です。産院を退院するときや、お宮参りの際に着用することが多いです。我が子もまさにこの2回のみ着用。しかし退院時はその上からおくるみで包み、お宮参りは上から着物をかけていたので、ドレスは一切見えなかったので、どうせ見えないなら他の衣類でも良かったなと思った次第です。もちろん特別感はありますから、記念にはなりますけどね。

日本製の肌着

日本製ということで安心できるからと、短肌着を3枚、長肌着を2枚購入していました。しかし、紐を結ぶのが煩わしい! 前開きのボディ肌着(ロンパース肌着)に出会ってからは、短肌着も長肌着も使用しなくなりました。最初から前開きのボディ肌着を買っていれば良かった…。

新生児の短肌着は何枚必要? いつまで着れる? おすすめ15選やリメイク方法も紹介
新生児の短肌着は何枚必要? いつまで着れる? おすすめ15選やリメイク方法も紹介
出産準備で赤ちゃんの肌着は必須アイテムです。短肌着はどんな肌着? 夏や冬に産まれた赤ちゃんでは必要な枚数が変わるのでしょうか。長肌着やコンビ肌着の違いや短肌着の選び方、おすすめ商品、リメイク方して長く使う法などもご紹介します。

生まれ月別に用意したいベビー服、ベビー用品は何?

生まれ月別に用意したい出産準備品リスト
赤ちゃんの生まれ月によって準備したい物が異なる場合があります。特に衣類は季節によって種類や枚数などが大きく変わります。そこで、赤ちゃんが生まれた時季を、春秋、夏、冬の3つに分けて、それぞれどんなものが必要かみていきましょう。

これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
赤ちゃんの服装は「大人より1枚薄着で」と言われるくらい大人と感覚が異なります。気温や季節によって変えようと言われても、結局どんな服装が良いのか難しいですよね。そこで、これさえ押さえておけば赤ちゃんの服装選びに困らないポイントを紹介します。
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
赤ちゃんの出産準備で必要な肌着は、短肌着、長肌着、コンビ肌着と種類がありますが、違いがわからないパパママも多いのではないでしょうか。コンビ肌着の特徴や何枚用意する必要があるのか、また、選び方やおすすめをご紹介します。
 

3~5月、9~11月、春秋まれの赤ちゃんに必要なベビー服、ベビー用品

肌着の上に、気候に応じて2WAYオールを重ねたり、レッグウォーマーをはかせたりします。ボディ肌着など足が出てるのが気になるママはコンビ肌着を着せればOK。外出時は肌触りの良いお包みで包んであげましょう。

赤ちゃんに必要な物と枚数

  • 前開きボディ肌着5~6枚
  • 2WAYオール4~5着
  • お出かけ用に綿100%のおくるみや肌掛け1枚

おくるみは何歳から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
おくるみは何歳から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
ベビー用品として人気なおくるみ。赤ちゃんをおくるみで包み込んであげることで、赤ちゃんを安心させる効果があります。赤ちゃんがおくるみですっぽり包まれている姿も可愛いですよね。この記事では、おくるみのメリットや選び方、おすすめのおくるみをご紹介します。
  
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。

6・7・8月、夏生まれの赤ちゃんに必要なベビー服、ベビー用品

室内にいるときは肌着のみで大丈夫です。エアコンで部屋を冷やしすぎないように気を付けましょう。冷房が気になるときは、春秋生まれの赤ちゃんと同様に他の衣類を重ねて、赤ちゃんを冷えから守ってあげてくださいね。柄物やキャラクターなどの肌着であればそのままお出かけしてもOK。ただし、紫外線対策に外では通気性の良い肌掛けをかけてあげるのがベターです。

赤ちゃんに必要な物と枚数

  • 前開きボディ肌着5~6枚
  • お出かけ用に綿100%のおくるみや肌掛け1枚
  • 新生児から使える日焼け止め

赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めを選ぼう! 塗る時の注意点やおすすめ10選を紹介
赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めを選ぼう! 塗る時の注意点やおすすめ10選を紹介
日差しが強い季節になると赤ちゃんの肌の日焼け対策が必要になります。でも、赤ちゃんの肌は敏感…大人用の日焼け止めを使ってもいいのでしょうか? そもそも生後何ヶ月から塗ってもいいのでしょうか? 赤ちゃんに日焼け止めを塗る時の注意点やおすすめ商品を紹介します。
  

12・1・2月、冬生まれの赤ちゃんに必要なベビー服、ベビー用品


暖房がしっかり効いた部屋にいるならそこまで厚着させず、肌着+2WAYオールなどを重ねれば大丈夫です。ベビー服は冬用の厚手の生地を選んでくださいね。ただし、裏起毛のベビー服は汗かきの赤ちゃんにはあまりおすすめしません。外出するときは、室内着の上から毛布のようなおくるみや、ダウン生地でできているオールインワンコートでしっかり防寒してあげましょう。

つま先まですっぽり覆うオールインワンコートは、うさ耳がついているものなどもあり、ぬいぐるみみたいでとても可愛いですよ。また、冬の乾燥が気になるママは、ベビーローションなどを沐浴後に塗ってあげることをおすすめします。

赤ちゃんに必要な物と枚数

  • 前開きボディ肌着(長袖)4~5枚
  • 冬用2WAYオール3~4着
  • 暖かいおくるみや肌掛け1枚
  • お出かけ用に防寒1着
  • ベビーローションや保湿クリームなどのボディケア用品

赤ちゃんにおすすめな暖房器具はどれ? 電気代と安全性から比較してみました
赤ちゃんにおすすめな暖房器具はどれ? 電気代と安全性から比較してみました
暖房器具は寒い冬には欠かせないアイテムですが、気になるのが電気代です。そして、赤ちゃんや子供がいる家庭では安全性も大きなポイント。電気代が安く高機能なコスパの良い暖房器具、子供がいる家庭に安心な暖房器具のおすすめを種類ごとにご紹介します。
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?
ベビーローションは赤ちゃんにとって必要なの? そう思っているママ!ぜひ使ってあげてください。赤ちゃんの肌を守るだけでなく、塗るときのベビーマッサージは素敵なコミュニケーションタイムにもなるんです。ママが使っているおすすめのベビーローションもご紹介します。
赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌は弱く、ちょっとしたことでもすぐ荒れてしまいます。カサカサしていたり、ザラザラしていたり…原因によって症状もさまざまです。この記事では、赤ちゃんの肌荒れの原因とそれぞれのケア方法をご紹介します。クリームやローション、オイルの違いも解説します。

まとめ:出産準備品は生まれ月も考慮して賢く用意しよう

まとめ:出産準備品は生まれ月も考慮して賢く用意しよう
人によって育児環境は異なりますので、必ずしも全員に当てはまるわけではないと思いますが、悩んでいるママ達の参考になれば幸いです。なんでもネットで注文できてすぐに届くこのご時世ですから、必要最低限のものだけを産前に揃え、他のものは必要になってから購入するのが一番賢い方法です。とは言っても、ベビーグッズはどれも本当に可愛くて、ついついたくさん買ってしまいがちですよね。ママは準備も楽しみながら、赤ちゃんを迎えてくださいね(*^-^*)

「満月の日に出産」する可能性は? 統計や出生率、満月出産カレンダーをチェック!
「満月の日に出産」する可能性は? 統計や出生率、満月出産カレンダーをチェック!
出産予定日を間近に控え「もうすぐ満月だからその日に産まれるかもね」と言われたことがあるママもいるのではないでしょうか。「満月は出産が多い」とはよく聞く話ですが、その理由が気になりますよね? 本当に満月に陣痛がくるのか、ドキドキしているママぜひ参考に読んでみてくださいね!

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!