おひなまきとは? いつからいつまでできる? 安全な巻き方も紹介

おひなまきとは?

おひなまきとは?

おひなまきとは、赤ちゃんをママのお腹の中にいた時と同じような丸まった体勢で固定してあげるおくるみの方法です。約10ヶ月もの間、赤ちゃんはママのお腹の中で過ごしています。ママのお腹の外に出てからは、それまでとはまったく異なる環境になるわけですから、不安になり泣き出してしまうのは当然ですよね。そんな赤ちゃんにおひなまきをしてあげることで、赤ちゃんを安心させてあげることができるとされています。

「おひなまき」は有限会社青葉の登録商標

元々「おひなまき」とは、「トコちゃんベルト」でお馴染みの有限会社青葉が開発し販売したメッシュ素材のおくるみの商品名でした。「おひなまき」は商標登録もされています。多くの病院でおひなまきが導入され使われていく中で、布やバスタオルで赤ちゃんをくるむ場合でも「おひなまき」と言われるようになっていったようです。現在では、おひなまきは青葉の商品名にとどまらず、おくるみの方法名として一般的に親しまれるようになりました。

まるまる育児(青葉)

おひなまきはいつからいつまでできる?

おひなまきはいつからいつまでできる?

おひなまきは、生まれたばかりの新生児のころから始めることができ、モロー反射がなくなる生後4ヶ月ころまでの赤ちゃんにおすすめの巻き方です。生後4ヶ月ころになると、赤ちゃんは手足をよく動かすことが多くなり、おひなまきでくるみづらくなってきます。しかしおひなまきを行う期間は目安なので、生後4ヶ月を過ぎても赤ちゃんがおひなまきをされて気持ちよさそうにしているのならば、おひなまきを続けても大丈夫です。逆に生後4ヶ月以前でも、赤ちゃんがくるまれるのを嫌がるようになってきたら、おひなまきは卒業しましょう。

おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
ベビー用品として人気なおくるみ。赤ちゃんをおくるみで包み込んであげることで、赤ちゃんを安心させる効果があります。赤ちゃんがおくるみですっぽり包まれている姿も可愛いですよね。この記事では、おくるみのメリットや選び方、おすすめのおくるみをご紹介します。
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!
トコちゃんベルトの産後使用。コレって私だけ? 困った時の対処法まとめ
トコちゃんベルトの産後使用。コレって私だけ? 困った時の対処法まとめ
産後の体形を考えた時、トコちゃんベルトは妊娠中から産後まで使えて便利! でも、使っているうちに、妊娠中とは違った悩みも増えてくるのではないでしょうか。そこで、トコちゃんベルトを産後に使った時の悩みと対処法についてご紹介したいと思います。

おひなまきで得られる効果

おひなまきで得られる効果
実際に産院などでも取り入れられているおひなまきですが、具体的に、赤ちゃんにどのような効果があるのでしょうか。ママにとってのメリットもあわせてご説明します。

赤ちゃんが安心感を得られる

ママのお腹の中で、手足をたたんだ丸っこい姿勢で羊水の中を漂っていた赤ちゃん。初めての外の世界は不安でいっぱいです。そんな時、約10ヶ月もの時間を過ごしたお腹の中と同じ体勢をとることで、再びママのお腹の中にいるような気分になり、安心感を得られるとされています。

赤ちゃんの寝かしつけがスムーズになることも

泣くのが仕事な赤ちゃんは、眠いのにスッと眠ることができずに、ずっと泣き続けることもありますよね。やっとの思いで寝かし付けても、お布団におろすと背中スイッチが発動してまた起きちゃった…なんて経験のあるママも多いはず。おひなまきは、そんな背中スイッチが敏感な赤ちゃんにもおすすめです。おひなまきをした赤ちゃんを抱っこして寝かし付け、そのままそっとおろせば、赤ちゃんの体勢が変わらないので、背中スイッチの発動が軽減されますよ

赤ちゃんがお布団で寝てくれれば、ママの時間もとれます。出産直後の母体は、出産での体力消耗に加え、回復する間もなく慣れない育児が始まり、睡眠も削られて、想像以上に疲れています。赤ちゃんが眠っている間に家事を済ませたい気持ちもわかりますが、まずはママも一緒にゆっくりと身体を休めるようにしましょう。

子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
育児をしていてどのパパママも経験するのが、子供がなかなか寝てくれず、寝かしつけに苦労すること。どうして子供がなかなか寝ない日があるのでしょうか? その原因がわかれば寝かしつけがスムーズになるはず。寝かしつけのコツもご紹介します。
  

モロー反射を防ぐ

モロー反射とは、赤ちゃんが生まれつきもっている、原子反射と呼ばれる反射的な動作のことを指します。大きな音を立てた時など、眠っている赤ちゃんがビクッとして両手を広げ、抱きつくような反射動作をしたのを見たことはありませんか? あれがモロー反射です。モロー反射は出産直後からみられ、生後4ヶ月頃になると自然と消失します。これは正常な反射反応で、病気等ではありませんので心配しないでくださいね。モロー反射は赤ちゃんが寝ている時でも起き、赤ちゃんは自分のモロー反射に驚いて起きてしまうこともあります。気持ちよさそうにスヤスヤと眠っている赤ちゃんをモロー反射で起こしてしまうのはかわいそうですよね。そんな時にも大活躍なのがおひなまきなのです。おひなまきは赤ちゃんの体を固定するためモロー反射を防ぎ、赤ちゃんの睡眠を妨げません。

ママを癒してくれる

おひなまきをしている赤ちゃんはとっても可愛い! 小さくてコロンとしていて…その姿を眺めているだけでママにとってはかなりの癒しになります。毎日の壮絶な育児に疲れ切っているママも、一度おひなまきを試してみてください。おひなまきでスヤスヤと眠っている我が子の姿を見れば、きっと疲れはどこかへ飛んで行ってしまうことでしょう。

次のページではおひなまきのやり方や注意点を紹介!

続きを読む
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!