クーファンって何? 選び方やおすすめ8選! おしゃれなデザインも多数紹介

目次

そもそもクーファンって何?

そもそもクーファンって何?

赤ちゃんを寝かせて運ぶことができるカゴのこと

クーファンは赤ちゃんを寝かせて持ち運べるよう、持ち手のついたカゴのことです。あまり聞き馴染みのない名前ですが、フランス語から来た言葉でスペルはcouffinと書きます。ベビーキャリーやバシネット(新生児用かご型ベッド)とだいたい同じ育児グッズだと考えていただいて大丈夫です。

【タイプ別】今人気のおすすめベビーキャリー12選 抱っこ紐・スリング・ヒップシート徹底比較!
【タイプ別】今人気のおすすめベビーキャリー12選 抱っこ紐・スリング・ヒップシート徹底比較!
お出かけのときだけでなく、家の中で子供をあやすときにも使えるのが「ベビーキャリー」。定番の抱っこ紐タイプから、話題のヒップシートまで、おすすめのベビーキャリーを紹介します。それぞれの特徴やメリット・デメリットも徹底比較します!

育児にクーファンは絶対に必要?

育児にクーファンは絶対に必要?
クーファンはあると便利ですが、育児に絶対に必要なものではありません。寝室とリビングの場所が近い場合はベビーベッドやベビー布団のみで乗り切れますし、パパママの目が届くところに赤ちゃんを寝かせておきたいのであれば、バウンサーやハイローチェアがあれば十分という人もいます。しかし、クーファンには、バウンサーやハイローチェアにはないメリットもあります。このあとクーファンのメリットを紹介していきますので、クーファンを用意するか迷っている方は参考にしてくださいね。

赤ちゃんバウンサーのメリットデメリット! ハイローチェアとの違いやおすすめ5選を紹介
赤ちゃんバウンサーのメリットデメリット! ハイローチェアとの違いやおすすめ5選を紹介
バウンサーは赤ちゃんが動くと自然にゆらゆらと揺れるため、赤ちゃんがご機嫌に遊んでくれると人気の育児アイテムです。ハイローチェアとバウンサーでどちらを買うか迷うパパママもいるので、ハイローチェアとバウンサーの違いもご紹介します。
ハイローチェアが便利な理由! いつからいつまで使える? レンタルもおすすめ!
ハイローチェアが便利な理由! いつからいつまで使える? レンタルもおすすめ!
ハイローチェアは、ベビーベッド、ベビーチェア、ゆりかごと1つで3役こなすとても便利な育児アイテムです。ハイローチェアは多機能なため高額なものが多く、いつからいつまで使えるのか気になりますよね。ハイローチェアがどれほど便利なのか、おすすめ商品もご紹介します。

クーファンはいつからいつまで使える?

クーファンは新生児から、赤ちゃんが寝返りをし始める生後4ヵ月、生後5ヶ月頃まで使うことができます。また4WAY・5WAY仕様のクーファンであれば、クーファンとしての役目を終えた後もお昼寝マットやプレイマットとして1歳頃まで使うことができます。

赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?
赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?
赤ちゃんの寝返りは成長の証。うちの子はいつ寝返りをするのかな…? とパパママも気になりますよね。寝返りをする赤ちゃんの月齢目安や、寝返りの練習方法、寝返りの注意点などをご紹介します。
種類豊富な赤ちゃん用プレイマットの選び方! おすすめ10選を紹介
種類豊富な赤ちゃん用プレイマットの選び方! おすすめ10選を紹介
赤ちゃんを安心して遊ばせられるスペースや部屋づくりをしたいと思っているパパママには、プレイマットがおすすめです。プレイマットにはさまざまなタイプがあるので、用途に合ったプレイマットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

クーファンにはどんなメリットがあるの?

クーファンにはどんなメリットがあるの?
使用できる期間があまり長くないクーファンですが、持っているとどのようなメリットがあるのでしょうか。

赤ちゃんを寝かせたまま移動が簡単

クーファンの一番のメリットは、赤ちゃんを寝かせたままクーファンごと移動できることです。クーファンに寝かせておくことで、パパママの目が届く所へ赤ちゃんを起こさずに移動させることができ、家事をするときも安心です。

外出先でも赤ちゃん寝かせる場所ができる

低月齢のねんね期の赤ちゃんは、外出先で寝かせる場所に困ることが多々あります。そういったときにクーファンを持参していくと、赤ちゃんを寝かせる場所を確保してあげることができます。また、里帰り出産を予定しているママは、実家用の赤ちゃんの寝床としてクーファンを使用してもいいですね。

また、クーファンは自宅内で使用する場合もたいへん便利です。寝室ではベビーベッドやベビー布団に寝かせて、リビングではクーファンに寝かせるなど使い分けてもいいですね。またパパママが大人1人で赤ちゃんをお風呂に入れるときに、脱衣所にクーファンを持っていけばそこで赤ちゃんに待っていてもらうことができます。ハイローチェアだと室内での移動もたいへんですし、外出先には持っていけないので、クーファンがあるとたいへん重宝します。

里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
里帰り出産の期間はどれくらいなのか、いつからどんな準備を始めたら良いか悩むものです。ここでは、里帰り前2ヵ月から里帰り中まで何を準備したら良いか順を追ってご説明。さらに夫や実家にどんな準備や配慮をしたら失敗ない里帰りになるのかもご紹介します。
赤ちゃんのベビーベッドはいつまで使う? 買うかレンタルかで迷うママ向けのアドバイス!
赤ちゃんのベビーベッドはいつまで使う? 買うかレンタルかで迷うママ向けのアドバイス!
赤ちゃんを迎えるためにベビーベッドを検討しているけど、買った方がいいのかそれとも借りるべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで、ベビーベッドを買うかレンタルにすべきか迷っている人のために、それぞれの特徴や選び方についてご紹介したいと思います。
赤ちゃんをお風呂に入れる際に待たせる方法とは? 入浴時の便利なグッズもご紹介
赤ちゃんをお風呂に入れる際に待たせる方法とは? 入浴時の便利なグッズもご紹介
赤ちゃんを一人でお風呂に入れなければいけない時は、やることがたくさんあって慌ただしくなってしまうものです。特に、1歳未満の乳児は目が離せないので、お風呂に入れる際の注意点などは気になるものですよね。そこで乳児親子向けのお風呂の便利グッズを紹介します。

クーファンスタンドを使えばゆりかごに変身

クーファンの種類によっては、スタンドと併用するとゆりかごのように使えるものもあります。クーファンが欲しいけれど、揺らしたりスイング機能があるバウンサーやハイローチェアと悩むな…といったパパママには、クーファンスタンドを使うといいとこどりができるかもしれません。上で紹介した商品は、まるで木馬の土台部分のような木製のクーファンスタンドです。ナチュラルなかごタイプのクーファンとスタンドの木のぬくもりが合わさるとなんともかわいくて、赤ちゃんの寝顔をずっと眺めていたくなりそうですよね。

赤ちゃんが大きくなったらクーファンは荷物入れになる

赤ちゃんが大きくなったり寝返りをするようになり、クーファンとしての役目を終えた後は収納としてクーファンを使用する人もいます。ベビー用品やおもちゃ、ぬいぐるみなどをざっくりと収納するだけでもインテリアとしてかわいいですよ。赤ちゃんの頃に眠っていたクーファンを収納として使うことで、思い出をずっと大切にできるのが素敵ですね。

クーファンの選び方

クーファンの選び方
クーファンの種類や選ぶときのポイントを紹介していきます。

かごタイプかバッグタイプのクーファンか

クーファンは主に、かごタイプのものとバッグタイプのものに分けられます。

かごタイプのクーファン

かごタイプのクーファンは、昔からあるオーソドックスな形のクーファンです。籐(とう)やトウモロコシの茎・皮などの天然素材でできた取手つきのかごに、薄手の敷クッションがセットで販売されていることが多いです。商品によっては、上掛け用のガーゼケットや日よけ・風よけ用の幌(ほろ)がついているクーファンもあり、見た目にもかわいくインテリアにも馴染みやすいです。クーファンを折りたたむことはできないので、それなりに場所をとってしまうのがデメリットです。クーファンとしての役目を終えた後の置き場所も考えてから購入した方がいいでしょう。

バッグタイプのクーファン

バッグタイプのクーファンは布製で、肩から提げられるバッグ型やリュック型に変形することができるので、クーファンを持ち運ぶ機会が多いパパママや使用時以外の収納場所に悩んでいる方におすすめです。バッグタイプのクーファンは、使い道が4WAY・5WAYになっているものが多く、クーファンとして意外にもオムツ交換台やお昼寝マットなどに変形させることで、長くフレキシブルに使うことができます。生地のデザインが豊富なのもバッグタイプのクーファンのと好調で、選ぶのも楽しいですよ。バックタイプのクーファンは一度畳むと再度組み立てが必要になるので、赤ちゃんをすぐに寝かせられない場合もあります。

赤ちゃんの肌に優しい素材が使われているか

赤ちゃんの肌に優しい素材が使われているか
赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。また赤ちゃんは寝ている間にも汗をかきます。ですのでクーファンのクッションや付属の布団など、赤ちゃんの肌が直接触れる部分の素材はチェックしましょう。多くのクーファンに、肌に優しく汗を吸収してくれる綿素材などが使われているでしょう。

クーファンの安全性と耐久性

クーファンに限ったことではありませんが、大切な赤ちゃんの事故や怪我を防ぐために安全な製品を選びたいですよね。安全な製品を選ぶ基準のひとつに、SGマークがあります。SGマークは消費生活用製品の安全性を認証する任意の制度のことで、乳幼児製品や介護用品など様々な日用品が対象になっています。SGマークがついている製品は、万が一その製品の欠陥によって人身事故が発生した場合に損害賠償を受け取ることが可能です。また、クーファンを購入・使用する際は、対象月齢や耐荷重も必ず確認して選ぶようにしましょう。許容されている月齢や体重を超えた赤ちゃんを乗せてクーファンを持つと、取手が壊れて赤ちゃんの落下事故に繋がる危険性があります。

クーファンの持ち運びやすさ

持つ人の体型や力の有無によっては、クーファンが持ちにくいこともあります。赤ちゃんを乗せたクーファンの取手を持って移動するときは、注意しないと赤ちゃんの転落に繋がります。クーファンの取手の長さや太さが主に持つ人の体に馴染む方が持ちやすく事故に繋がりにくいので、できれば購入前に現物を確認することをおすすめします。

クーファンの機能性

クーファンにはシンプルなものもあればいくつかの機能が備えられたものもあります。強い光やエアコンの風をよけるための幌がついたものやメリーのようなおもちゃがついたものなど、赤ちゃんが快適に眠れて、パパママも使い勝手が良い機能がついたものを選べるといいですね。

クーファンのデザイン

クーファンのデザインは、ナチュラルなデザインのものからポップな色柄のものまで様々です。キャラクターのデザインが施されたクーファンもありますよ。ママがクーファンを選ぶ場合は、レースやフリルがあしらわれたガーリーなデザインのクーファンが気になるかもしれませんね。赤ちゃんの性別に合わせたデザインを選ぶのもよし、性別にこだわらずママ好みのデザインを選ぶもよしです。いずれにしても、かわいいと思うクーファンを選んで育児のモチベーションが上がるといいですね。

クーファンを使う時の注意点

クーファンを使う時の注意点
クーファンを使う時には、いくつか注意が必要です。

赤ちゃんがクーファンから転落しないように注意する

残念ながら、クーファンによる赤ちゃんの落下事故は過去に報告されています。低月齢の軽い赤ちゃんだからといって油断は禁物です。赤ちゃんを乗せたクーファンを運ぶ際は、持ち手を両手でしっかり持ち、地面と水平になるようにして細心の注意を払いながら運びましょう。階段など地面と水平に運ぶのが難しそうな所では、なるべく使用しない方が安心です。

不安定な場所にクーファンを置かない

クーファンは床に置いて使うのが基本です。クーファンの底面が完全につかない場所はもちろん、不安定なソファの上や高さのあるテーブルの上など、落下の危険性がある場所にもクーファンを置かないようにしましょう。クーファンに乗せているのが寝返り前の赤ちゃんでも、何が起こるかわかりません。

おすすめのクーファン8選

おすすめのクーファンを紹介します。

おすすめのクーファン1:BOBO

ボボ BOBO タッセルクーファン 8205

ボボ BOBO タッセルクーファン 8205

18,260円(10/14 09:41時点)
Amazonの情報を掲載しています
フォークロア調のデザインがおしゃれなかごタイプのクーファンです。中綿入りの敷布団は底面だけでなく、周囲にも施されているので赤ちゃんの手足がかごの内側に当たっても痛くありません。

おすすめのクーファン2:ナオミイトウ こんぺい クーファン

敷布団、掛け布団にナオミイトウのシンプルでかわいいテキスタイルが使われたかごタイプのクーファンです。赤ちゃんの性別やインテリアを選ばないデザインなのがいいですね。

おすすめのクーファン3:ベビーキャリー クーファン

真っ白なコットンレースがふんだんにあしらわれたかごタイプのクーファンです。このクーファンで寝かせると赤ちゃんが本物の天使に見えてきそうですね。かごには幌がついています。

おすすめのクーファ4:カトージ クーファンベビーラウンジ

シンプルな形状のバッグタイプのクーファンです。リュックのように背負って持ち運ぶことができます。幌つきですが無駄がなくシンプルなので、ベッドインベッドとしても使えそうですね。

おすすめのクーファン5:バッグdeクーファン ベビーポルカ

5WAY仕様のバッグタイプのクーファンです。バッグ型のクーファンというとこのタイプのものが多いです。畳むと薄くなりますし、長く使えるのが魅力的です。

おすすめのクーファン6:フラッフィーフレンズ クーハン

かわいいキャラクターのおもちゃや布団、枕がついたかごタイプのクーファンです。かご型ですが布製で、ベビージムのようなアーチがついているのでそこにおもちゃをぶら下げて遊ぶことができます。お値段もプチプライスで嬉しいですね。

おすすめのクーファン7:プッパプーポ クーファン 【スター】

淡いカラーと星柄がかわいいかごタイプのクーファンです。カバーや布団はすべて国産オーガニックコットンなのが嬉しいですね。敷布団についたクマ耳もかわいいです。

おすすめのクーファン8:ハナサンベビー ママ想いの5通りの使い道5WAYクーファン(クーハン)

ナチュラルな色柄がかわいい5WAY仕様のバッグタイプのクーファンです。掛け布団や枕には柔らかなパイル生地が使われています。

クーファンをレンタルすることもできる

クーファンは使用期間が限定的なので、数か月の間であればレンタルすることも検討してもいいですね。

ベビレンタ

最短で1週間、最長で6ヶ月のレンタル期間を選択できます。1週間クーファンをレンタルした場合のレンタル価格は2,333円~です。レンタルした商品を気に入ればそのまま購入することができるので、お試し感覚でレンタルしてもいいですね。

関連リンク

ベビレンタ クーファンレンタルページ

ベビーランド

最短で15日、最長で3ヶ月のレンタル期間を選択できます。15日クーファンをレンタルする場合のレンタル価格は1,080円~です。レンタル中に商品を汚してしまっても、そのまま返却したら綺麗に洗浄してもらえるので安心です。

関連リンク

ベビーランド クーファンレンタルページ

価格.com

最短で1週間からレンタルすることができます。1週間クーファンをレンタルする場合のレンタル価格は2,592円~です。楽天市場でレンタルを展開しているショップを比較できます。

関連リンク

価格.com クーファンレンタルページ

まとめ


クーファンは使用期間が短いですが、あると重宝するベビー用品のひとつです。かわいい赤ちゃんがクーファンで眠っている様子は、天使のようにかわいく愛しいものです。クーファンがあると、お世話をするパパママの気分も高まることでしょう。ぜひお気に入りのクーファンを見つけて、赤ちゃんとの幸せな生活を送ってくださいね。