あなたはいくつ当てはまる? 産後ガルガル期のママの特徴とエピソード

それってガルガル期かも? 当てはまるかチェックしてみよう


長い妊娠期間を終えて、待ちに待った赤ちゃんとのご対面。新しい家族との新生活が始まったというのに、なぜかそれまで関係が良好だった夫や義実家など、周囲の人にイライラしてしまうことはありませんか。それは「ガルガル期」と呼ばれ、産後のママによく起こる心理状態なのです。「ガルガル期」の代表的な例をご紹介しましょう。

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 特徴や発達について
赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 特徴や発達について
新生児は、生まれてからいつまでのことを言うのでしょうか? 泣き止まない、寝てくれないなど、はじめての育児にパパママは戸惑うことも多いでしょう。新生児の赤ちゃんの成長や特徴についてご紹介します!
赤ちゃんの定義って? 何歳何ヶ月までが赤ちゃん? 赤ちゃんの後は何て呼べばいい?
赤ちゃんの定義って? 何歳何ヶ月までが赤ちゃん? 赤ちゃんの後は何て呼べばいい?
子供が1歳前後になると「もう赤ちゃんじゃなくなってきたなぁ…」とママは感じ始めますよね。では、子供が何歳になると、どんなことができるようになれば赤ちゃんではなくなるのでしょう? 赤ちゃんじゃなくなったら何て呼べばいいのでしょう? 法律上の赤ちゃんの定義についても調査してみました。

他の人に赤ちゃんを触られたくない

ガルガル期のママは自分以外の人に赤ちゃんを抱っこされたり、触られたりすることを嫌がる傾向があります。人によっては、夫であっても嫌だと感じることも。生まれたばかりのか弱い赤ちゃんを「私が守らなければ!」という強い意識が働くからだといわれています

とにかくイライラする

夫や他の家族の言動にとにかくイライラして仕方がないというのも、ガルガル期の心理状態の特徴です。他の人に赤ちゃんを取られたくないという不安から、他の人が赤ちゃんのお世話をしているのを見るとイライラしてきてしまうようです。

周りが敵に思えて攻撃的になってしまう

ガルガル期のママは、とにかく「自分が赤ちゃんを守らなければいけない」という思いでいっぱいです。その強すぎる気持ちの矛先が本来自分を助けてくれるはずの夫や義母など他の家族に向いてしまい、やたらと攻撃的になってしまいます

そもそもガルガル期とは?


そもそも「ガルガル期」とはどういうものなのでしょうか。実はガルガル期という言葉は、医学的に定義づけられているものではありません。「出産後に感情の起伏が激しくなったり、周囲に攻撃的になる時期」を指す俗語としてママたちを中心に使われ始め、産後の女性が抱える問題としてメディアにも取り上げられるようになりました。

産後にガルガル期になってしまうのはなぜ?


女性が産後にガルガル期になってしまう明確な理由は未だ解明されていません。しかし、一因として、産後のホルモンバランスの変化や精神面の不安定な状態が引き起こすものではないかと考えられています。産後は赤ちゃんを迎えて大きく変化した環境や、不眠などによる疲労なども重なり、精神的に不安定になることは否めません。ガルガル期はいわゆるマタニティーブルーの一種ともいわれ、物事をマイナスに捉えがち・イライラしやすくなる・涙もろくなるなどの特長があります。

マタニティブルーは産後に起こる? 症状や解消方法とパパにできること
マタニティブルーは産後に起こる? 症状や解消方法とパパにできること
妊娠中のプレママにとって、マタニティブルーはとても身近な言葉ですよね。「つわりや体の変化で大変な時期にマタニティブルーになったらどうしよう」とつい不安になってしまいます。そんなプレママのために、マタニティブルーの具体的な症状や解消法について詳しくご紹介します。

先輩ママ教えて! ガルガル期エピソード


ガルガル期になると、普段と違う自分の様子にきっと戸惑ってしまうことでしょう。自分で自分がわからなくなり、不安を抱えているママもいらっしゃるのではないでしょうか。そんなママのために、ガルガル期を経験し、乗り越えた先輩ママのエピソードをご紹介します。プレママやこれから妊娠を考えている方も、ぜひ参考にしてくださいね。

どんな気持ち・様子だった?

  • 「里帰りをしていましたが、実母や祖母が子育てについてアドバイスをしてくれたり、赤ちゃんのお世話をしてくれたりすると、『あなたにはできない』と言われているように感じ、落ち込んだり、イライラすることがありました」(30代ママ)
  • 「赤ちゃんのお世話の仕方や夫のちょっとした言葉にイライラして、キツい物言いをすることが多々ありました。旦那も私がなぜそんなに怒っているのかわからず、戸惑っていたようです」(20代ママ)

手伝ってくれるはずの夫や家族に手を出されると嫌な気分になり、イライラすることが多いようです。「赤ちゃんを取られてしまうかもしれない」という不安から防衛本能が働くのかもしれませんね。

いつから始まっていつまで続いた?

  • 「産後すぐに始まりました。やたらとイライラしてしまい、いつまで続くのかと不安でしたが、産後半年もするとだんだん落ち着いてきたように思います」(20代ママ)
  • 「産後すぐに始まりました。入院中は気にならなかったのですが、退院して実家に帰ってからは実母や祖母にきつく当たってしまうことが多かったです。具体的な期間は覚えてませんが、産後1年もすると自然にイライラも治まってきました」(30代ママ)

産後すぐに始まったという方が多く、大体産後半年~1年ほどで落ち着いてくるようです。とはいえいつまで続くのかわからないため、ママ自身も不安に感じてしまいますね。

そのときパパはどうだった?

  • 「私の言動が出産を境にきつくなってしまったため、戸惑っていました。ちょっとしたことで喧嘩をするようになってしまい、この状態がいつまで続くのか不安でした」(20代ママ)
  • 「パパなりに子供に関わろうとしているにも関わらず、何故かイライラしてしまい、きつく当たってしまったことを後悔しています。それでもめげずに私の言葉を素直に受け止めて、家事や育児を進んでしてくれたパパに感謝です」(30代ママ)

パパはママにとって一番身近な存在だからこそ、その言動がいつも以上に気になってしまうようです。そんなママの突然の変化にパパも戸惑いを隠せず、夫婦喧嘩になってしまってつらかったという声もありました。

どうやって乗り越えた?

  • 「一人で悩んでいるとどうしても後ろ向きになってしまうので、先輩ママに相談しました。彼女も同じような経験をしたと知り、ずっと続くものじゃないということがわかって安心しました」(20代ママ)
  • 「新生児訪問で様子も見に来て下った保健師さんに、『イライラして家族にきつい物言いをしてしまう』と相談したところ、ガルガル期について教えてくださり、『いつか終わるものだから』と励ましてくださいました。そこから気持ちが楽になったように思います」(30代ママ)

第三者に相談することで、気持ちが楽になったというママが多数いました。先輩ママから経験談を聞くことで、「自分だけじゃない」という安心感が得られるようです。

ガルガル期を乗り切るために


産後のガルガル期を乗り切るためには、まず自分の状態をきちんと理解することが大切です。産後6~8週頃までは身体の回復を一番に優先させるべき時期。周囲の人に自分が今どんな状態なのかを理解してもらった上で、落ち着いて身体を休めていれば、自然と心にゆとりが持てるようになるでしょう。

ガルガル期をきちんと知る

まずはママ自身がガルガル期について理解し、イライラしてしまう自分を許容しましょう。産後は心身ともに疲れ切っている状態です。「パパや周囲の人に対してきつくあたってしまうのも、今だけの期間限定。いつか終わるのだから焦らずにいこう」と自分の心の状況を受け入れ、心身の休息を最優先にしましょう。

周囲にガルガル期について知ってもらう

妊娠中から周囲の人にガルガル期について知っておいてもらうと、誤解による関係の悪化を防ぐことができます。イライラしてきつくあたってしまうことがあっても、決して家族が嫌いだからなのではなく、母親になったことによる生理的な変化が原因であると知っておいてもらうだけで、関係を必要以上に悪化させることなく、ガルガル期を乗り切りやすくなるでしょう。

気持ちは溜め込まず吐き出す

周りの人々に自分の今の正直な気持ちを聞いてもらうことで、気分も落ち着きますし、家族が快適に過ごすための解決策を一緒に考えることができます。相手もママが今どんなことを思っているのかを理解できれば、きつくあたられても余計に傷つきことなく、落ち着いて対処できるでしょう。また身近なママ友や地域の保健師さんなどに愚痴を聞いてもらったり、相談したりするだけで、気持ちの持ちようが大きく変わってきます。自治体によっては、児童館や保健センターでママ同士が集まるイベントを開催していることがあります。そういった場所に出かけるのも気分転換になりますし、出かけるのが難しい場合には、ヘルパーさんや育児サポーターさんが自宅を訪問してくれるサービスもあります。ぜひ活用してみてくださいね。

子育てに活用できるおすすめスマホアプリはコレ! 有料アプリと無料アプリを紹介
子育てに活用できるおすすめスマホアプリはコレ! 有料アプリと無料アプリを紹介
子育てに役立つアプリは育児のあらゆるシーンでママたちの負担を軽くしてくれるでしょう。しかし、スマホ(スマートフォン)を使った育児を批判する声があるのは事実ですが、同時にアプリを利用することで子育てが楽になることも事実です。今回は子育てに活用してほしいおすすめアプリをご紹介します。

まとめ


助けてくれるはずの周囲の人々に攻撃的になってしまうガルガル期。ホルモンバランスによる影響や、慣れない育児からのストレスで、自分が自分でないように感じるつらい時期でしょう。しかしそんな時期を送っているのは、自分一人ではありません。パパや周りの人々に自分の気持ちを正直に吐き出し、理解を求めて関係の悪化を防ぐことが、ガルガル期を乗り切る重要なポイントです。ガルガル期はいつか必ず終わるものです。自然と治まるまでは、気持ちを吐き出す場所を見つけ、身近な人に助けてもらいながら、心にゆとりを持った生活を心がけましょう。

産後から食欲が止まらないママが急増? その理由と対処法をご提案
産後から食欲が止まらないママが急増? その理由と対処法をご提案
出産後に突然食欲が止まらなくなったママはいませんか? また、子育てのストレスからついつい何かを食べてしまうというママも多くいます。産後のママの食欲が止まらない理由は何なのか、食べること以外でストレス解消する方法はないのかについてご紹介します。
産後のママにはドーナツクッションがおすすめ! 必要な理由とおすすめドーナツクッション11選!
産後のママにはドーナツクッションがおすすめ! 必要な理由とおすすめドーナツクッション11選!
産後のために妊娠中から用意しておきたいアイテムの一つが「ドーナツ(円座)クッション」。産後のママの体の負担を和らげるだけでなく、腰痛や骨盤への良い効果も期待できる優れものです。おすすめのドーナツクッションと使用したママたちの体験談をみていきます!
子育てでイライラしたらどうすればいい? 子供にイライラするのは私だけ? 
子育てでイライラしたらどうすればいい? 子供にイライラするのは私だけ? 
子育て中に子供にイライラしてしまった経験、誰にでもありますよね? イライラしてしまうのは仕方がないとして、その気持ちにはどう対処すればいいのでしょう? 先輩ママの体験談や、その原因と対処方法いついてご紹介します。
産後の骨盤体操はいつから? 寝ながらや座ってできる体操と効果を紹介
産後の骨盤体操はいつから? 寝ながらや座ってできる体操と効果を紹介
産後の骨盤体操は、妊娠・出産を経て負担のかかった骨盤を矯正するために大切なものです。寝ながらや座ってできる体操など、産後でもやりやすいものを動画とともにお伝えします。また骨盤体操をする際に一緒に使いたいアイテムやおすすめDVDや本もご紹介。
子育て中のママや妊娠中の方におすすめのネットスーパー10選! 人気の宅配サービスを大特集
子育て中のママや妊娠中の方におすすめのネットスーパー10選! 人気の宅配サービスを大特集
妊娠中の方や子育て中のママは買い物に行くのも一苦労……。そんな方におすすめなのがネットスーパー。ネットスーパーをはじめ、当日に配達してくれるネットショップやコンビニ受け取りなど、便利なネットサービスをご紹介します。