産休とは? 期間はいつからいつまで? 出産手当金はいくら? 計算方法は?

産休ってどんな制度? 誰でも取得できる休みなの?

産休ってどんな制度? 誰でも取得できる休みなの?
産休という言葉は出産前後の、特に働くママは当たり前のように使っていると思いますが、どんな制度か詳しく知っていて、誰かに聞かれたときに説明できるでしょうか? 産休は誰でも取得することができるのか、働いているママなら誰でも産休を取得できるのか、産休取得には他に条件があるのか、意外と知らない産休についてご紹介します。

産休は労働基準法で取得が義務づけられた休みです

産休の正式名称は「産前産後休業」と言います。その名の通り、働いている女性が出産の前後で取得することができる休みのことで、略して「産休」と呼ばれます。休みというと、個人の自由で長さを調整したり、忙しい人は取得しなかったりできるのかなと思いますが、産休は労働基準法という法律で取得が義務づけられている休みです。産前に42日、産後に56日、合計98日間の休みと法律で決まっており、必ず取得しなければいけません。双子など、2人以上の赤ちゃんを妊娠している場合の産休は産前が98日、合計154日に増えます

ちなみに、妊娠中の体調の関係や、里帰り出産で産前の42日よりも前にお休みに入る場合は、有給休暇を使います。復職するタイミングによっては産前に保有していた有給休暇の期限が切れてなくなってしまう可能性もあるので、仕事の引き継ぎなどを早めに終わらせ、有給休暇を全て消化して産休に入る方も多いようです。

関連記事

里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
双子を妊娠! 妊娠中のリスクはどんなこと? 経験者のママにインタビューしました

人によって産休期間が違うの? 産休の計算方法

先ほど産休は産前に42日、産後に56日、合計98日間の休みとご紹介しましたが、出産予定日と実際に赤ちゃんが生まれた日によっては産休が長くなったり、短くなったりします。産休の計算は出産予定日をベースに決められるので、出産が予定日よりも遅れると産前休業が長くなり、早まると短くなります。私の場合は予定日より1週間ほど遅れての出産だったので、結果的に休暇が増えたのと、後ほどご紹介する出産手当金も増えて少しラッキーでした。産後休業については、医師の許可が下りれば産後6週間を過ぎた43日目から働くことが可能です。

関連記事

赤ちゃんの定義は何歳何ヶ月まで? 赤ちゃんの後は何て呼ぶ?
出産予定日は自分で計算できる? ママの出産前の準備や分娩までの過ごし方

産休と育休はどう違うの?

区分 休業の種類 休業期間 2019年1月1日に出産だった場合
産休 産前休暇 6週間 2018年11月21日~2019年1月1日
産後休暇 8週間 2019年1月2日〜2019年2月26日
育児休業 標準期間 子供が1歳になるまで 2019年2月27日〜2019年12月31日
パパママ両方が取得する場合 1歳2ヶ月まで 2019年2月27日〜2020年2月29日
延長時 1歳6ヶ月まで 2019年2月27日〜2020年6月30日
再延長時 2歳 2019年2月27日〜2020年12月31日

産休後に取得する人が多い育児休暇(育休)についてもご紹介しましょう。産休は出産の前後に取得することが法律で義務づけられた休みです。育休はパパママが希望すれば取得することができる休暇で、「育児・介護休業法」にもとづいて、育児休暇を取得するための条件(雇用形態や雇用期間など)が定められています。

育児休暇は雇用期間が一年未満のパパママは取得することができないなどの条件がありますが、産休は働くママであれば誰でも取得することができます。なお、産休は取得が義務づけられていますが、育児休暇(育休)はパパママが希望すれば取得できる労働者の権利であって、必ず取る休みではありません

具体的に説明した方がわかりやすいでしょうから、2019年1月1日に子供を出産したと仮定して、産休と育児休暇(育休)の期間を具体的に計算してみました。育児休暇については下記記事で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

関連記事

育児休暇って? 育休中にもらえる育児休業給付金や免除される税金とは?
育児介護休業法とは? パパママにどんなメリットがある法律なの?

産休の取得方法 いつどこに申請すればいい?

産休の取得方法 いつどこに申請すればいい?
産休の取得申請は通常は勤務している会社が行ってくれます。人事部や総務部が窓口になって申請してもらえることが多いでしょう。産休の手続きは産前休業(出産予定日の42日前)に入る前に完了している必要があります。産休申請以外にも社会保険料免除手続きなどもありますから、早めに会社に手続きを依頼した方がいいでしょう。

なお、産休の申請には以下のものが必用になります。

  1. 母子健康手帳
  2. 健康保険証
  3. 通帳など銀行口座がわかるもの
  4. 印鑑

ママが母子健康手帳をもらえるのが妊娠6週~10週頃ですから、産休の手続きは妊娠6週~10週頃以降に申請できると考えてください。

産休中には出産手当金が、育休中には育児休業給付金の支給が受けられます

産休中には出産手当金が、育休中には育児休業給付金の支給が受けられます
産休中、育休中には産休前に働いていた会社の健康保険や雇用保険から支給される手当があります。産休中のママの場合、出産手当金の支給を受けることができます。次の章で詳しくご説明しますね。育休中に支給が受けられる育児休業給付金については別の記事で紹介していますので、そちらをご覧ください。

関連記事

育児休業給付金とは? 月収別の支給金額例と育児休業給付金の計算、申請方法について

産休中に出る出産手当金って何? 会社の給料ももらえるの?

産休中に出る出産手当金って何? 会社の給料ももらえるの?
産休を取得することでママは産後もゆっくりと身体を休めることができますが、働いていないので勤めている会社からは給料をもらうことができません。何かとお金のかかる子育てがスタートするにも関わらず、収入が減ってしまうのは家計には厳しいですよね。

そんなパパママをサポートしてくれるとっても嬉しいお金が「出産手当金」です! 出産手当金はママが産休中の給料が支払われない期間に、ママの働く会社が加入している健康保険から支給されるお金です

出産手当金が支給されるので給料は支払われません

先ほど、出産手当金はママの働く会社が加入している健康保険から支給されるとご紹介しました。そのため、もちろんママが勤務先の健康保険に加入していることが出産手当金の支給条件となります。もう1点、産休中に給料が支払われていないことも条件となります。多くの会社では産休中には給料は支払われませんが、なかには給与の一部が支払われる会社もあります。

出産手当金の計算方法は? 私はいくらもらえるの?

出産手当金の計算方法は? 私はいくらもらえるの?
それでは実際に出産手当金はどれくらいもらえるのでしょうか? これまでもらっていた給料のどのくらいを出産手当金がカバーしてくれるのか、気になるところですよね。計算方法をご紹介します。

出産手当金の支給額は月の給料の67%

出産手当金は産休に入る前の給料の67%が支給されます。仮に産休前の給料が月に20万円だったとして計算してみると、1日の支給額は「20万円÷30日×67%=約4,467円」となります。そのため、産前に42日、産後に56日の合計98日間休んだとすると、出産手当金の支給額は「約4,467円×98日=約437,766円」となります。

2人以上妊娠している場合は産休期間が長くなり、もらえる出産手当の金額も増えます。また、産休についてのお話でもご紹介しましたが、実際の出産は出産予定日よりも早まったり遅れたりしますよね。出産が予定日よりも遅れた場合は産休期間が長くなり、出産手当の金額も増えるので、そういった意味ではちょっとお得になります。

専業主婦やフリーランスの場合、出産手当金は支給されません

専業主婦やフリーランスの場合、出産手当金は支給されません
残念ながら、出産手当金は勤務先の健康保険に加入している人しか受け取ることができません。そのため、専業主婦のママや、働いていても国民健康保険に加入しているフリーランスや自営業のママの場合は支給されないので要注意です。

国民健康保険にはなぜ出産手当金がないの?

国民健康保険にはなぜ出産手当金がないの?
会社の健康保険組合に出産手当金があり、国民健康保険にはなぜないのか、自営業やフリーランスの方は不満に思うでしょう。最近は会社の国民健康保険も運営が大変だと聞きますが、国民健康保険はもっと大変です。常に赤字で運営されている健康保険なので、出産手当金まではカバーされていないのです。なお、国民健康保険には出産手当金はありませんが、健康保険がきかない出産費用をまかなってくれる出産一時金制度は用意されています

関連記事

出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産育児一時金とは? 対象条件や金額、申請方法は?
出産手当金は給料によってもらえる額が変わる? 計算の仕方や申請方法は?

アルバイトや派遣社員の場合、出産手当は支給されるの?

アルバイトや派遣社員の場合、出産手当は支給されるの?
それではアルバイトや派遣社員のママの場合、出産手当は支給されるのでしょうか? 正社員だけでなく、派遣社員や契約社員、パートやアルバイトの方も、パパの扶養家族ではなく、勤務先の健康保険に加入している場合は出産手当金の支給対象となります。

出産手当金が減額や支給される条件とは?

出産手当金は産休中に給料が支払われていないことを条件に支給されるという話を上で紹介しましたが、正確には産休中に支払われる給料によって支給されなかったり、減額されたりします。産休中にママに支払われる給料が標準報酬月額(日額)の67%以上となった場合は出産手当金の支給がなく、67%未満になった場合には、給料との差額分の出産手当金が支給されます

出産手当金はいつ、どのように申請するの?

出産手当金はいつ、どのように申請するの?
出産手当金はいつ、どのように申請すれば受け取ることができるのでしょうか? 詳しくご説明しましょう。

産休が終わってから会社を通じて申請します

出産手当金は会社を通じての申請となります。産休に入る前に「出産手当金支給申請書」を会社から受け取り、産休後(実際に出産してから57日目以降)に会社に提出すれば、会社が加入している健康保険組合に申請してくれます。「出産手当金支給申請書」は出産した産院に記載してもらうため、入院時に窓口に提出することが多いです。

出産手当金はいつもらえるの?

出産手当金は産休時のサポートとなるお金ですが、実際に支給されるのは産休期間中ではないので要注意です! 実際に出産した日によって出産手当金の金額が変動するため、上でもお伝えしたように、産休後に申請をし、出産手当金を受け取るのはさらに後となります。

産休明けの1~2ヶ月後に支給されます

具体的には、多くの場合、出産手当金は産休明けの1~2ヶ月後に指定口座に振り込まれます。ただし、産前と産後別々に出産手当金を申請することも可能なので、分けて支給して欲しい場合は会社に相談してみましょう。ただし、前例がない場合や、産休の手続きに慣れていない会社だと申請に時間がかかり、その分、出産手当金の支給が遅れる可能性があります。気になるママは、産休に入る前に勤務先に出産手当金はいつごろ支給されるのかを確認しておくといいでしょう。

出産手当金は申請しないともらえない

出産手当金は申請しないともらえない
出産後はママ自身の身体の回復や、慣れない赤ちゃんのお世話に心身ともに余裕がないと思います。ただし、出産手当金は申請をしないと受け取ることができません。産休明けから育休を取得する方は、出産手当金の申請書類を会社に郵送し、申請してもらうことが多いでしょう。必要書類はしっかりと揃えて、産休終了後に忘れずに会社に提出しましょう。

育児休暇って何? 育休中に免除が控除される税金があるって本当?

まとめ:出産手当金は産休後に支給されるので、産休中にあてにしないこと!

出産手当金は産休後に支給されるので、産休中にあてにしないこと!
産休で働くことができない期間分の心強いサポートとなるのが出産手当金です。産休期間の計算方法と、支給される出産手当金の金額や時期はなんとなく分かりましたか? 出産手当金が支給されるとはいえ、支給時期はかなり後になります。そのため、産休期間から出産手当金が支給されるまでは、ママの収入は全くない状態となります。

くれぐれも出産手当金をあてにして、産休中の家計を計画しないようにしてください。赤ちゃんが生まれると、オムツやミルク代、ベビー用品などの子育て費用が予想以上にかかります。出産前から計画的に生活費を用意しておくことをお勧めします。

関連記事

ベビー用品の準備リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました