新生児はくしゃみが多い? 原因・対処法・受診の目安とは

新生児はくしゃみが出やすい

新生児はくしゃみが出やすい
新生児のくしゃみは特別なことではありません。新生児に限らず、くしゃみは誰にでもあるものです。ただ、生まれたばかりの赤ちゃんが何度もくしゃみを繰り返すと心配になりますよね。とくに、初めての子育ての場合、何度もくしゃみをする新生児を前に大きな不安に駆られることでしょう。新生児がくしゃみをしていても、いつもと同じ体温や体調が変わらなければ心配ありません。

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児=乳児? 特徴や発達について
赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児=乳児? 特徴や発達について
新生児は、生まれてからいつまでのことを言うのでしょうか? 法律で決まっているのでしょうか? 乳児と新生児は違うのでしょうか? 新生児の赤ちゃんの定義や特徴、成長についてご紹介します!

新生児のくしゃみの原因①鼻の穴が狭く鼻毛がない

新生児のくしゃみの原因①鼻の穴が狭く鼻毛がない
新生児の鼻の穴はとても小さいため、ちょっと鼻水が出るだけで詰まってしまいます。また、生まれたばかりの赤ちゃんは、大人のように固くて太い鼻毛がまだ生えておらず、鼻の中に侵入した異物が直接粘膜に付着してしまいます。鼻の中に分泌物や異物が溜まると、くすぐったくてくしゃみをしてしまうのです。体毛は成長とともに濃くなるため、鼻毛が生えてくると少しずつくしゃみの回数も減っていきます。

新生児のくしゃみの原因②環境の変化

新生児のくしゃみの原因②環境の変化
新生児のくしゃみは、いつもと環境が違うときに起こりやすい傾向があります。たとえば、肌寒さを感じたときや太陽の光などを受けたとき、空気が乾燥しているときです。新生児は、空気の湿度や温度、大人は感じにくい光などの刺激に体で反応してしまうことも珍しくありません。太陽光が強いと視神経が刺激されてくしゃみが出やすくなるため、直射日光が当たらないように工夫しましょう。また、肌寒さや空気乾燥は、加湿器などを使って快適な空間づくりをすることが大切です。

新生児のくしゃみの原因③風邪

新生児のくしゃみの原因③風邪
くしゃみと一緒に鼻水や咳が出る、また熱があるときは風邪をひいている恐れがあります。赤ちゃんのくしゃみはあまり心配ないといわれていますが、いつもと違う体調の変化は、パパママがしっかり察知する必要があります。

新生児は体の免疫力が弱く、また体温調整も上手にできません。新生児の平熱は高いことが多くくしゃみをしてもあまり心配ないように感じますが、鼻水や咳・熱といった症状がある場合は早めに医療機関を受診しましょう。

新生児の体温は37度が正常値!? 赤ちゃんの体温の特徴と受診の目安
新生児の体温は37度が正常値!? 赤ちゃんの体温の特徴と受診の目安
新生児は平熱が高く、37度を超えることも珍しくありません。また、赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、測る時間・場所によっても体温は大きく変わってしまいます。赤ちゃんの体温の特徴やどのくらいの熱だと要注意なのか、赤ちゃんの「体温」について解説します。
赤ちゃんの鼻づまりに必要! 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
赤ちゃんの鼻づまりに必要! 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、パパママが赤ちゃんの鼻水をとってあげなければいけません。そんな時におすすめなのが、鼻吸い器(鼻水吸引器)です。いろいろな種類があるので、用途に合わせて選んでくださいね。

新生児のくしゃみの原因④アレルギー

生児のくしゃみの原因④アレルギー
くしゃみと一緒に鼻水が出るものの、咳や熱が出ないケースもあります。鼻水とくしゃみが止まらない理由は、アレルギーの可能性があります。またアレルギーによるくしゃみは、何度も連発してくしゃみをしたり、一定の場所で出ることが多いです。

アレルギー反応によるくしゃみをしたとき、一緒に透明でさらさらとした鼻水が出ます。新生児の粘膜はとても敏感なため、空気中のホコリやペットの毛、ダニやハウスダストなどからの刺激をダイレクトに受けます。鼻水はアレルゲン排出の大切な役割なので大きな心配はありませんが、風邪の初期症状も似たような鼻水が出るため、体調の様子を見ることが大切です。

赤ちゃんと犬は仲良く暮らせる? 家族になるために気を付けたい点とは
赤ちゃんと犬は仲良く暮らせる? 家族になるために気を付けたい点とは
赤ちゃんと犬が仲良く一緒に暮らしてくれたら…と考えているパパママ。赤ちゃんと犬が一緒に過ごしていくためには注意したいポイントがあります。赤ちゃんと犬が良いパートナーそして家族となるために、理解を深めて環境を整えましょう。
赤ちゃんがいる家庭で猫を飼っても大丈夫? 猫と赤ちゃんが一緒に暮らす時の注意点
赤ちゃんがいる家庭で猫を飼っても大丈夫? 猫と赤ちゃんが一緒に暮らす時の注意点
赤ちゃんと猫の同居は、アレルギーや怪我の心配があります。しかし、赤ちゃんが猫と同居する不安点はきちんと対策すれば防ぐことができますし、猫など動物との同居は赤ちゃんの心の成長を促してくれますよ。赤ちゃんと猫が暮らすメリット、デメリット、仲良くできる環境の作り方をご紹介します。

今すぐできる新生児のくしゃみ対処法

今すぐできる新生児のくしゃみ対処法
部屋の温度や掃除など注意をしているのに、何度もくしゃみをしてしまう新生児。快適に過ごすための環境づくりは大切ですが、具体的にどういった対策を取るべきなのか詳しくご紹介します。

室内環境を整える

室内環境を整える
新生児のくしゃみは空気の乾燥や湿度で出やすくなります。空気の乾燥は冬だけではなく、冷房を使う夏場も注意が必要です。湿度が高いときは除湿機を使用し、乾燥しているときは加湿器を使うのがポイントです。加湿器がなくても、洗濯物を室内に干したりやかんなどでお湯を沸かしたりすることで、湿度を高くできます。

ハウスダスト対策をする

ハウスダスト対策をする
こまめに部屋の掃除をしているつもりでも、目に見えないハウスダストはたくさん舞っています。掃除する前に窓を開けて、ホコリが溜まりやすいフローリングや布団、カーテンなどの掃除をしっかりおこないましょう。また、布団にはダニやダニの死骸がついているため、晴れた日に天日干しすることをおすすめします。布団を干すだけではダニの死滅が難しいといわれているため、干した後は布団の表面に掃除機をかけるとダニアレルゲンの数が減少します。

布団の効果的な干し方と注意点、時短お手入れグッズまとめ
布団の効果的な干し方と注意点、時短お手入れグッズまとめ
毎日使う布団は、想像以上に汗をかいているため、定期的にお手入れしないといけません。ここでは布団の種類別干し方や布団干しに適した時間帯など布団干しの注意点やポイント、布団のお手入れグッズなどを紹介しています。

医療機関を受診する目安

医療機関を受診する目安
まだ体が未熟な新生児は何度もくしゃみをしてしまいますが、多くは病的な問題ではありません。ただし、以下のような様子がみられるときは医療機関を受診しましょう。

  • 1日に連続したくしゃみを何度もする
  • 鼻詰まりや鼻水が続く
  • 熱が38度以上出ている
  • 元気がなく機嫌が悪い
  • いつもより授乳量が少ない

このような症状があるときは、医療機関を受診しましょう。どの症状にも当てはまらなくても、パパママが「いつもと様子が違う」と感じたときは、迷わず受診してください。

くしゃみが出たときは状況をメモしておこう

くしゃみが出たときは状況をメモしておこう
出産後、休む暇なく育児に追われていると思いますが、新生児のくしゃみが気になったときはアレルギーの可能性もあるため、状況をメモに残しておくと安心です。メモを取るときは、くしゃみが出始めた日やよく出る場所、時間帯、また掃除をした後や授乳後などどんな行動をしたときに出やすいのかも書き残しておくと受診時に医師へ伝えやすいです。赤ちゃんが生まれてから毎日育児日誌を付けている人は、時間帯でくしゃみの回数などを記録しておくのもおすすめです。

新生児とくしゃみ ママたちの体験談

新生児とくしゃみ ママたちの体験談
「新生児ってこんなにくしゃみをするものなの?」「病院を受診するタイミングは?」など、新生児がいるパパママは悩み事が尽きません。そこで、実際に新生児のくしゃみが心配だったママたちの体験談を、いくつかまとめてみました。

  • 病院ではくしゃみをあまりしなかったのに、退院してから何度もくしゃみをしていました。とても気になり1ヶ月検診で医師に相談したところ「健康状態は良好だから、鼻水が出てないなら気にしなくて大丈夫ですよ」と言われました。初めての子育てだったのでとても不安でしたが、先生の言葉で安心しました。どうやら、新生児期のくしゃみはよくあるらしいです。
  • くしゃみと同時に頬に湿疹が目立つようになりました。なにかのアレルギーかと思い病院を受診したところ、布団などのホコリで肌かぶれとくしゃみを発症していたみたいです。赤ちゃんの肌に優しいオーガニックコットン100%の布団に切り替えたところ、だいぶ症状が落ち着きました
  • 母乳をあげた後、必ず1回くしゃみします。原因を追求するため観察していると、おっぱいを出すために服をめくるときに細かい繊維が舞い上がり、それでくしゃみをしていました。それから赤ちゃんの近くで服などをバタバタしないように気をつけています。
  • うちの子は朝起きた時、朝日を浴びた時などによくくしゃみをしていました。私が太陽を見るとくしゃみをする体質なので、子供も私に似て太陽の光に反応しやすいみたいです。くしゃみを何度も連発するため、レースのカーテンで直射日光を遮ったところ、回数がだいぶ減りました。病院に行こうか迷いましたが、赤ちゃんがくしゃみするタイミングを観察してよかったです。おかげで太陽が原因ということがわかりました。
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。

まとめ

まとめ
新生児のくしゃみは、多くは分泌物が溜まっていることやホコリ・ハウスダストなどです。くしゃみ以外に鼻水や咳、高熱などの心配がないなら、しばらく様子を見ていきましょう。部屋の温度や湿度、床や布団の掃除などに気をつけることで、くしゃみの回数が落ち着くケースが多いです。ただし、鼻水など気になる症状があるときは、迷わず医療機関を受診することが大切です。

新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!